スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ(と思案事項)

2007年11月30日 02:32

お知らせでございます。
サイドバーのプロフのところに、メール機能を貼り付けました。
もし何かありましたら、そこからご送信くださいm(_ _)m。

実は・・・以前使ってたフリーメールが使えなくなってましたorz。。。

さて、来年のことを言うと鬼が笑う、てなことをいいますが・・・
私、来年は「CDをなんとかする年」にしたいと思います。

具体的には
 1)絶対手元に置いておきたい!というCDを選択する
 2)それ以外のものは、売るなりあげるなりして処分する
 3)CDを買うときは、よくよく吟味して「おもしろそー」とかノリで買わない
 4)買ったCDをちゃんと分類してラックに整理する
以上、「nekometal式CDをなんとかする方法」を考えてみたっす。

鬼が爆笑してそーですが、ほんと、ちゃんとしないと、なんかもう・・・
いい年した社会人(女)の部屋とは思えない状態なんだよぅ(;_;)。

unionで、CD600枚収納できるラックを売ってるんですが
それに入るだけに(限定)したらどうだろうか、と思案中です。
でも、600枚か・・・ちょっと少ないよなぁ・・・
600枚用と300枚用(新製品らしい)を買えばいいかな・・・ううむ(==;)。

年内、もうちょっと考えてみよう。
できれば、年末大掃除のときには、ちゃんとしたい!(←切実)


スポンサーサイト

いい買い物♪

2007年11月30日 01:09

今日は、我ながらいい買い物ができた。ふふふ。

BOB CATLEY / THE TOWER (+LIVE AT THE GODS)
BOB CATLEY / LEGENDS
BOB CATLEY / MIDDLE EARTH
DREAM EVIL / UNITED
BLACK MAJESTY / TOMORROWLAND
WUTHERING HEIGHTS / THE SHADOW CABINET
LUCA TURILLI / PROPHET OF THE LAST ECLIPSE
EDGUY / VAIN GLORY OPERA


以上、8枚。


BOB CATLEY
固め買い(笑)。
ソロアルバムの1枚目から3枚目まで、だーっと。
1枚目は再発でオマケのライヴCDが一緒のやつです。

DREAM EVIL
ガス・Gが抜けた後のアルバムだったので、なんとなく買いそびれてたんですが
今日は思い切って。
MYSTIC PROPHECYもガス・Gが抜けてもいいアルバム作ってたんでねぇ
・・・ちょっと複雑な気分になりつつ(^^;)期待も込めて購入。

BLACK MAJESTY
これも、気になりつつ買いそびれてたアルバム。
SOLDIER OF FORTUNE」カヴァーしてるんですよね(^^=)。

WUTHERING HEIGHTS
引き続きLIONS SHARE祭り開催中でして(^^;)。
ニルス・パトリック・ヨハンソンを追いかけております。

LUCA TURILLI
安価で見つけたので。
手元に置いときたいし・・・で、購入。

EDGUY
以前手放してしまったのですが、自分的には「買い戻し」た感覚です。
何やってんだか・・・今度は手放さないよ・・・orz。


なんだか地味に買い物してます、今月は。
宝くじが当たったら、派手に買い物します(笑)。
って、まずは宝くじを買わねば・・・orz。


WINGDOM / REALITY

2007年11月29日 01:18

wingdom reality.jpg
2005
VICP-63054

元ソナタのミッコ・ハルキンのバンド。
ギターのユッカ・ルオタライネンは、ミッコの幼馴染だそうです。
ヴォーカルのサミ・アスブは「ビッグネームとのプロジェクトを経験」してるそうですが
どこかで聴いているのかも、と思う声ですな。
きれいなハイトーンを響かせる「らしい」スタイル。
元ラプソのサレッサンドロ・ロッタがベース弾いてます。

リリースは、小ティモのHIGH AND LOUDから。
小ティモが彼らのデモを聴いて大絶賛したことから、そういう運びになったようです。

ということからも判るとおり、きれいなメロディとややプログレ風味の展開と
「いい声の哀愁あふれるヴォーカル」という、三拍子そろったアルバムでございます。
北欧メタル好きなら、きっと気に入るに違いない、と思う。

曲も歌詞も、ほぼミッコが書いてるようなんですが・・・どしたの、ミッコ?
といいたくなるくらい、辛く苦しい胸のうちを吐露するような歌詞ばかり(((^^;)。
THE SEESNCE」が、唯一といっていいラブ・ソングなんだけど、これまた・・・

歌詞に重心かけて聴いてると、しょぼーんとなっちゃうかもねぇ・・・
なんてことも、ちょっと心配しつつ、やはり深夜に聴く私であった(笑)。




つながりアルバム購入

2007年11月28日 01:56

ここのところ通勤時の友は、LIONS SHAREのEMOTIONAL COMAでございます。
聴けば聴くほどカッコイイ。
このヘヴィなリフ、この感情ぶつけるような力強いヴォーカル・・・
というわけで、つながりアルバムを購入。

ASTRAL DOORS / NEW REVELATION
LIONS SHARE / LIONS SHARE


ASTRAL DOORS
EOMOTIONAL COMAでものヴォーカルにヤラレ、新譜出てるんだよなーと
手にとった4枚目(最新盤)。
ニルス・パトリック・ヨハンソン、いい声だなぁ・・・ほれぼれするわ。

LIONS SHARE
デビュー盤です。聴いたことなかったので、見つけて迷わず購入。
雰囲気、だいぶ違うっす。


そして、つながりないけど無理やり繋がらせるとしたら(笑)「北欧つながり」の
WINGDOM / REALITY
フィンランドです(またかよw)。


今日は3枚だけ。
年末のセールが待ち遠しいっす。
廃盤セールがけっこう続くような気配なので。ほほほ(^^=)。


遭遇

2007年11月26日 22:17

帰りの電車の中、向いに座ってた男性がバッグの中から取り出したのは・・・
AVANTASIA」(PART 1のほう)だったw。

見たところ20代サラリーマンと思しき男性、嬉しそうにCD開けて
歌詞カードを広げてました。
(トビーのポスター仕様だから、電車の中だと結構目立つw)
なんとなく仲間意識を感じて(?)心の中で、
「いいよー、いいミニアルバムだよー」
とテレパシーを送ってみた(笑)。

今頃、あの男性は聴いてるだろうか。で、歌ったりしてるだろうか。
♪How could I know, how could I see・・・と。

ちょっと嬉しい気分の帰り道でございました(^^=)。


AT VANCE / DRAGONCHASER

2007年11月26日 00:58

at vance dragonchasers-.jpg
2001
VICP-61343

今更のサードアルバムです。
新譜が並んでるのに、なにゆえコレを>自分。

オーラフ・レンクのピロピロピロピロも全開なオープニングから
ベートーヴェンありアバありの、盛りだくさんなアルバムっす。
どの曲からもアレンジからもにじみ出るのは、メロディの美しさですな。
「クラシック育ち」なんだろうなーと思うよ、やっぱり。
なんつーか、「正しくヨーロッパの匂い」だ。

オープニングの「DORAGONCHASER」のピロピロっぷりがすごいから
メロディック・スピード・メタル然とした形に、ちょっとひいてしまいそうになりますが
聴き進めていくうちに落ち着いてくるね。ほっとするよ(^^;)。

AT VANCEも、聴き始めると「次のアルバム、次のアルバム」って聴きたくなるな。
夜遅くに聴き始めるとキケンなバンドの一つですな(笑)。


「クラシック育ち」、からかいの対象になったりしないんスか、いまどきは。
私が始めてバンドを組んだ頃(3億年前)は、よくからかわれたりしたもんですが。
ひらひらのドレスで発表会に登場!的なイメージがあるっつーことで
(確かにそういう過去もあるわけですが^^;)なんかね。

私自身は手首を傷めてしまい、演奏家への道は途切れてしまったけど
(手首を傷めてなくても才能がないから、先はなかったわけですが・笑)
物心つく前からクラシックに触れてたことはラッキーだったと思う、今になって。
お父さん、お母さん、ありがとう(笑)。
と、ここで感謝を述べても、両親も複雑だろうけどさ(自爆)。




LED ZEPPELIN / MOTHERSHIP

2007年11月25日 00:52

motheship lzs-.jpg
2007
WPCR-12779/80

骨折の按配はいかがですか、ジミー・ペイジ様。

ほんとなら、週明けは大騒ぎのはずでしたが・・・ちょっと拍子抜け(^^;)。
しかし「ほんとは骨折なんかしてない、焦らし作戦に違いない」と思ってるのは
私だけじゃないはずだ・・・なコトないっすか(笑)。

ともあれ、やっぱり買っちゃいましたよ「MOTHERSHIP」。
で、リピートしてるわけですよ。あまつさえ、歌っちゃったりしてるんですよ。
うちにある「LED ZEPPベスト」、これでいったい何枚目なんでしょうか。
数えると情けなくなるので、数えないことに決めました。トホホ。
でもね、一応「最新リマスター盤」なんだよ。
・・・だからなんだ。ひー・・・・(;_;)。

と、ああだこうだ愚痴を垂れながらも、聴けばやっぱりいいんだよなー。

LED ZEPPに限らず、いわゆるビッグネームなバンドは「大御所過ぎるから」
てな理由で、あえて聴かないというお若いロックファンもいらっしゃる由。
あと、「音が古臭い」とか「ジミー・ペイジなんてテクないじゃん」とかさ
そういうもんじゃねーでしょー、と思うけどなぁ。
単純に「LED ZEPP聴いてないなんて、もったいない」と思うんだけどね。

「敢えてマイナーどころをイッテるオレ、カッコイイ」も解るけど。
子供のときは、そういう「気概」も必要だと思うし。
(後々、あの時のオレ、はずかしー(><)!って思うのも、ほぼ間違いないけどw)
でも、果てしない音楽の宇宙を自ら狭めるのは、やっぱもったいねーっす。
騙されたと思って、聴いてみなはれ。

と、ジミー・ペイジにカモにされ続けてる私が言うのもナンですけどね(笑)。

ま、カモにされようがなんだろうが、いいものはいいってことです。
シンプルですが、真実ですわ。

LIONS SHARE / EMOTIONAL COMA

2007年11月24日 02:12

lions shares-.jpg
2007
POCE-16014

unionに行ったときたまたまかかってて、あまりにカッコイイので買ってきた
という、衝動買いの1枚です。
でも、正解。ほほほ(^^)v。

LIONS SHAREのメンバーは
ラーズ・クリス、サンポ・アクセルソン、そしてニルス・パトリック・ヨハンソン
この3人ですが、このアルバムに参加してる顔ぶれが豪華。
リチャード・エヴァンサンドがドラム叩いてます。
グレン・ローヴァーとブルース・キューリックがゲストでギター弾いてるし。
(ちなみに、グレン・ローヴァーは「EMOTINAL COMA」で
 ブルース・キューリックは「THE EDGE OF THE RAZOR」で
 それぞれソロ弾いてます。)
これだけでも、お買い得感満点でしょう♪

サウンドは、硬質でビシッと締まってますよぅ(^^=)!
「正統派ヘヴィ・メタル」という看板を、真っ向から掲げてる感じ。
まさに看板に偽りなし!という出来です。

ラーズのギターの音がいいんだよなぁ・・・非常に私好みです(笑)。
ニルス・パトリック・ヨハンソン、巧いし。声いいし。パワーあるし。

リチャード・エヴァンサンドのドラムもかっこいい。
SOILWORK買おうかな。
その前にTHERIONかな。
どっちもかな(笑)。

それはさておき(おくのか>自分^^;)

このアルバム、「超」がつくほど出会えてラッキーだった。
満足満足(^^=)♪

GAMMA RAY / LAND OF FREE Ⅱ

2007年11月22日 01:39

gammaray land of free 2s-.jpg
2007
VICP-63989

HELLOWEENとのカップリング・ツアーに間に合わせるぞ!と、気合入れて仕上げてくれた(らしい)
GAMMA RAY渾身の新作です。

うーん、まさに「力作」と呼ぶにふさわしい出来でございますよぅ(^^=)♪

「LAND OF FREE」の「Ⅱ」。
このタイトルどおりの伸びやかさには、あの名作を彷彿とさせるものがある。
テーマは「自由」と、非常に明確に打ち出してるからか、アイデアが
わんさか詰まってるのに、全体通して聴くと「スッキリ」してる気がするから不思議。
ハンセン・ワールドには間違いないんだけど、メンバー全員がソングライティングに
関わってるというだけあってバラエティに富んでるけど、統一感あり。
カイ・ハンセンが目指した「GAMMA RAYの自由」がここに結実した、ということでしょうか。

個人的には、オープニングとエンディングにガツンとやられました。
特にエンディング(その後にBTは入ってるんだけどさ)「INSURRECTION」。
11分超という大作ですが、ぜーんぜん飽きさせません。
曲の最後まで、その展開にぐいぐい引っ張られます。気持ちいい。

前作「MAJESTIC」より、私はこのアルバムのほうが好き。とても。
「GAMMMA RAYってこういうバンドだよね」と思う(^^=)。


で、やっぱり思うんだけど・・・言っていいスか・・・
カイ・ハンセンさま
 どうか、巧いヴォーカル雇ってくださいm(_ _;)m。


・・・すいません、堪えきれずに言っちゃいました・・・
ゆ、ゆるして~~~~(((((((^^;)。

催眠術にかかった

2007年11月21日 02:40

ええ、買いましたとも。
と、いきなり誰に逆ギレだよ>自分(笑)。

LED ZEPPELIN / MOTHERSHIP

何も言いますまい。
ジミペーの催眠術にかかって早ウン十年、解けないんだよ、この催眠術。

そして、出ましたね♪
GMMARAY / LAND OF FREE II

unionで買うと、オマケはキーチェーンです。
BT、ライヴ曲が入ってます。

初回限定盤のデジパックだったorz。。。買ってから気付いたんだよぅ(;_;)。
収録曲が一緒なら、通常盤のほうがよかった・・・。
デジパックが苦手なんです。
つか、デジパックって何故人気なの?扱いづらいし、気遣うから嫌なんだけど。
というのは、ズボラな私がいけないんです。スンマセン(^^;)。

さ、聴きまくりますかw

鉛の母船は落ちないよ、永遠に

2007年11月19日 03:26

LED ZEPPのベスト盤「マザー・シップ」のCMを見かけました。
テレビでも流れてるんだねぇ・・・びっくりした。

身内にツェッペリン馬鹿一代がいるもんですから、必然的に(?)幼い頃から聴いてます。
同じようで同じでないベスト盤が何枚出ても、まるで何かの決まりのように
やっぱり毎度買ってしまうんですが、三つ子の魂百まででしょうか。コワイ(笑)。
というわけで、やっぱり今回も買うんだろうな~という予感がヒシヒシと。

これでもう二度とツェッペリンが聴けなくなるとしたら、最後に聴くのはどの曲?とか
無人島に持っていく3曲を選べ、とか
ツェッペリン以外に演奏されると心底ムカつくって曲は何?とか
死んだ後自分の墓前に流して欲しい曲は何?とか
身内とは、よくこんな話を延々したりしてます。今でも。何やってんだ(^^;)。

私としては、どうしても「ロックン・ロール」と「移民の歌」が双璧なんですが
ツェッペリン馬鹿一代は、その思い入れの深さと汲めども尽きぬ愛情のせいか
「選ぶ」ということ自体が悶絶と直結するようです。
しかし、その気持ち・・・解る、痛いほど(笑)。

これまでの人生の中で聴いた、最高にカッコイイR&Rは何?と聞かれたら
私は、アレコレと曲を挙げて挙げて挙げて、でも最後には「ロックン・ロール」
と、きっと答えるなぁ・・・と、改めて思うっす。

テレビのCMを見て、そんなことを考えてた風呂上りでございました列


朝狩り

2007年11月18日 02:50

土曜日でも早起きする私。
午後から仕事だったので、買い物に行けるのは午前中しかない!
というわけで、本日の狩りは午前中。なにやってんだか(笑)。

MAGNUM / THE SPIRIT
COLDSEED / COMPLETION MAKES THE TRAGEDY
PAINMUSEUM / METAL FOR LIFE
AT VANCE / DRAGONCHASER
PARAGON / FORGOTTEN PROPHECHIES


控えめに5枚。
まだ覚醒してなかったかも(それが幸いしたってことか^^;)。

MAGNUM
AVANTASIA聴いてたら無性に聴きたくなって衝動買い。
ナツカシのライヴ盤です。

COLDSEED
SOILWORKのビヨーン・ストリッドと、元ブラガのトーメン・スタッシュのプロジェクト。
トーメンは、SAVAGE CIRCUSも脱退してしまったという話だけど、これは続くのかな?
でも、SOILWORKは新譜が出たとこだし、「次の活動」には時期尚早かな・・・
てなことを考えつつ、手に取りました。

PAINMUSEUM
METAL MIKEです。
タイトルがすごいよなー、と改めて思った「METAL FOR LIFE」!
かっけー( ̄▽ ̄=)♪

AT VANCE
今更、3rd買ってみました(笑)。

PARAGON
やっと今年リリースの新譜を買いました。遅いよ>自分(><)!
初回限定盤(が、まだあったんだよ・・・喜んでいいところ?)DVDつき。
午後、仕事で会った若い子にジャケット見せたら「怖い・・・」と言われたっす。
怖くないよー。咬まないよー。大丈夫だよー。


私的にはよいお買い物ができました。
早起きした甲斐があったってもんです。ほほほ。


JORN / LIVE IN AMERICA

2007年11月17日 02:56

jorn live in americas-.jpg
2007
FR CD 347

これ、出たばかりですが、去年9月にアメリカはアトランタで行われた
Prog Power VII Festivalでのライヴ(ヘッドライナー♪)を収めた
豪華2枚組でございます。

JORNにとっては初のアメリカ上陸ってことで、力入ってまっせー!な雰囲気十分。
サウンド・プロダクションもすごくいいっす。臨場感満点です。
これはとーてーもーオススメでございますよぅ(^^=)。

BTもサービスいいっす。
ソロアルバムの新録音曲、未発表曲も入ってる。
それで2700円。なんたるコスト・パフォーマンスの良さ(笑)。

しかし、このアルバム聴いてすげぇぇぇぇっ!と思わず声が出ちゃうのは
怒涛の白蛇メドレーです。(しかもライヴの締めw)
ぎゃーっ!カヴァ~~~!?・・・じゃないよ、ヨルンだよ~んw

選曲がまた、ヨルン・ランデのカヴァ・マニアっぷりを窺わせます。
COME ON」「SWEET TALKER」ときたか~(><)!!!感涙っ!
CRYING IN THE RAIN」・・・歌、巧すぎw
HERE I GO AGAIN」・・・定番www
GIVE ME ALL YOUR LOVE」私の大好きな曲なので、えらくウレシイ。

「んんん~」は本家そっくりだけど、「あぅあぅあぅ~っ!」は本家より薄味w
・・・と、カヴァと比較してしまうのは、そりゃ、しょうがないよね(笑)。

ヨルン本人だって、それは折り込み済み・・・というより、
むしろ「どうだ!」って感じなんじゃないかなぁ、と思ったりします。
ヨルン・ランデというヴォーカリストの力量と魅力は、白蛇を歌わなくても
もちろん十分に解るものだし、十二分に堪能させてもらってますが
こうまで似てると、ちょっと不思議な気分になるのも、また事実。
白蛇の曲に関しては、ヨルンの「趣味」で「お楽しみ」なのかも。

オリジナルの曲もいい曲揃いなので、JORN聴いたことないわーという方には
ぜひ一度聴いてみていただきたいっす。
いい曲書くね、と思われること請け合いっす(^^)。

ライヴ通して聴くと、AVANTASIAでのスタイルとはまた全然違うわけで、
彼のヴォーカリストとしての幅の広さを、改めて認識したっす。

来日してくれないかな~・・・(最近、こればっかりだわ、私w)

TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / LOST IN SPACE PART 1&2

2007年11月15日 23:05

avantasia lost in space 1s-.jpg
2007
MICP-10696

avantasia lost in space 2s-.jpg
2007
MICP-10697

昨日から、何度も繰り返して聴いてます。
飽きない。
全然、飽きない。
これは、すげーっす。トビー、万歳。

年明けにも発表されるというフル・アルバムからの先行シングルとして
2枚同時リリースされたPART1&2でございます。
参加メンバーが、えらいことになってます。
PART 1のほうには
トビアス・サメット VO, B
サシャ・ピート G
ヘニヨ・リヒター G
マイケル・ローデンバーグ KEY
エリック・シンガー DS, VO
アマンダ・ソマーヴィル VO
ヨルン・ランデ VO
ボブ・カトレイ VO
ヴォルカー・ハインツェン VO

PART 2のほうには
トビアス・サメット VO, B
サシャ・ピート G
ヘニヨ・リヒター G
マイケル・ローデンバーグ KEY
エリック・シンガー DS, VO
アマンダ・ソマーヴィル VO
ヨルン・ランデ VO
マイケル・キスク VO

が参加、だってことです。

トビーと、ヨルン・ランデと、ボブ・カトレイと、マイケル・キスクだよ。
これを聴かずにいられましょうか。
この二人が組むたび感じるんですが、トビーと喜助どんことマイケル・キスクの
「声」の合うことといったらありません。
これは、もうなんというか、神様からの贈り物ってやつなんだろうな。
小洒落た言い方すると「二人の生みだすケミストリー」ってやつですかね。
ああ、書いててこっ恥ずかしい(笑)。

PART 1収録の「ANOTHER ANGEL TOWN」でのヨルン・ランデの歌声を
騙されたと思って聴いてみてくださいまし。
圧倒的な存在感とパワーに、泣かされます。

と、無防備になってるところに、次の曲でボブ・カトレイがダメ押しして来る。
非常に大袈裟な、トビーらしい曲なんですが、ボブのヴォーカルがねぇ・・・
すげー疲れて帰ってきて、夜中に独りで聴いてると・・・涙腺緩む緩む。キケン(^^;)。

RIDE THE SKY」(HELLOWEENではないw)では、エリック・シンガーが歌ってます。
これまた、いい声だ。
エリック・シンガーがトビーのことを「nice guy!」と絶賛してたけど
この二人の組み合わせも、とてもいい感じ。
なんと、ちゃんと一緒にスタジオ入ってる写真も載ってた。
(私はてっきり、音源データのやり取りでレコーディングしてるのかと思ってたっす。
 オチャメなポーズも一緒にとってたりして(笑)ムードもよさげ)

PART 2のほうでも、1曲目は「LOST IN SPACE」です。
最初、間違って同じディスク入れちゃったかと思って、ちょっと慌てた(笑)。
でも、何度聴いても飽きないよ。ホントにいい曲。
さっそく、お風呂で歌ってますがな(笑)。

PROMISED LAND」は、トビーも言ってますが、HELLOWEENっぽい。
ライヴでやったら盛り上がりドコロになりそうな1曲。
喜助どんが、イキイキと歌っております(^^=)!
(やっぱ、こういうの歌って欲しいんだよぅ・・・)
この曲は、トビー、ヨルン・ランデ、マイケル・キスクの競演という
私にとっては、鼻血どばーっ!で貧血になりそうなヴォーカル陣なんスよ・・・
ううううう・・・すげーっす(><)!

と、興奮も冷めぬまま、聴き進めていくと、このシングルでは・・・
なんと!トビーがフレディ・マーキュリーをカヴァーしてます。
ある意味、これはすごい賭けではなかろうかと。
しかし、男トビアス・サメット、善戦
IN MY DEFENSE」を、トビーらしく歌い上げてます。
これまた、「様々な思い」が重なってしまい、涙なくして聴けないっす。


と、とりとめもなく書いてきましたが、改めて思うのは
トビアス・サメット、すげーな、ということです。
根っから「創る人」なんだと思う、この人は。
同時に「演る人」でもあるわけだけど、そのどちらにも、彼の持つ力が
遺憾なく発揮されてると、強く強く感じます。

とにかく、寄せ集めとは思えない「一体感」「まとまり」ってものが
このシングルからだけでも、ものすごく感じられるんだよ。
気のせいや、贔屓目の思い込みだけじゃないと思う。ほんとに。
このパワフルな世界を、文字通り「一刻も早く」フル・スケールで聴きたいっ!

で、思うんですけどね、このメンツでライヴやるべきっすよ。
つか、ワールド・ツアーやってくれ
スケジュール、絶対合わないんだろうけどさ。
もったいないよ。これだけの完成度とまとまりは、ライヴで観せるべきだよ。
トビー、なんとか実現してくれないかなぁ・・・。

と、夢のようなことを考えてしまう、夢のような2枚なのでした。
(PART 1には、トビーのポスター(裏は歌詞w)がついてるよん♪
 髪は長いほうがいいな。伸ばせ、トビー・笑)

少数精鋭!

2007年11月14日 02:08

風邪なんかひくのは、こうしてふらふら買い物に出かけたりしてるからでしょうか。
しかし、今日は行かねば!
AVANTASIA、先行シングルの発売だもんっ!!!

というわけで、買ってまいりましたよ。
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / LOST IN SPACE PART 1
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / LOST IN SPACE PART 2


先行シングル2枚かよ~・・・各2100円かよ~・・・
ううう・・・トビー・・・、搾り取るなぁ(;_;)。

しかし、ですよ。

さっそく帰宅して聴いたんですけどね、これ、すげーっすよ。やばいっす。
年明けだというフルアルバムが、待ち遠しい。
つか、今すぐ聴かせろ、トビー(><)!!!


と、興奮してて忘れるとことだった。
もう一枚、ユニオンでかかってたんですが、かっこいい・・・と思いました。
で、AVANTASIA2枚とともに購入。

LIONS SHARE / EMOTIONAL COMA

ヴォーカルが、ニルス・パトリック・ヨハンソンになっとります。


今日の狩りは、3枚のみ。
自制心が働いたというより、新譜3枚で財布がショボくれたので(苦笑)。
でも、今日の「獲物」は、少数精鋭ですな。満足満足( ̄ー ̄)v。


本日の1曲:STILL ALIVE by NOCTURNAL RITES

2007年11月11日 03:02

STILL ALIVE by NOCTURNAL RITES
grandillusions-.jpg
[GRAND ILLUSION]収録

風邪ひいたっす。
熱出たっす。
1日寝てたっす。

ぼーっとしたまま、なんとなくYouTubeで見つけました。
名曲っす。

けど、このPVがかっこいいのかどうか、熱のせいか判断つきかねます。
ジョニーの、ちょっぴりメタボな上半身裸姿が、これでいいのかどうか・・・
ご用とお急ぎでない方、ぜひご意見を~。

熱が下がったら、もう一度検証してみよう、と思う熱ボケの夜w


PROJECTO / CROWN OF AGES

2007年11月08日 00:34

projecto.jpg
2001
US CD-046

ジャケ買いしたイタリアものです。
バンドとしては、2枚目のアルバムのようです。
ジャケット見て、想像したとおりの音でした。
ヘロい

いわゆる「イタリアン・スピード・メタル」ってやつですが、既視感たっぷり
いや、既聴感たっぷりです。
そして、しつこいようですが、ヘロい(笑)。

ピロピロなペケペケ音のGソロ
スットコトコトン系の軽いドラム(タムタムまわせばいいというわけでもなかろうに)
ハイトーンというには、心もとない危うい音程のヴォーカル
・・・ああ、予想通り、ある意味「期待通り」の音だ(笑)。

私的には、これ、ジャケ買いの醍醐味です(爆)。


しかし、こうして聴いてみると・・・
いかにRHAPSODYとかVISION DIVINEとかLABYRINTHとかが凄いか
ってことが、よ~~~~~く解ります。

それと、その国のレベルってことでいうと、フィンランドとかハンガリーとかは
すごいんだなーってことも。
イタリア、国内の格差ありすぎだろ・・・( ̄▽ ̄;)。。。

年末企画:準備2

2007年11月07日 01:34

今年リリースで、ここまでに購入したもの・・・を、ざざーっと挙げてみます。
(一応、ABC順)

AGONIZER / BIRTH/THE END
ALLEN-LANDE / THE REVENGE
AMAZING MAZE / AMAZING MAZE
ANDRE MATOS / TIME TO BE FREE
CIVILIZATION ONE / REVOLUTION RISING
EXCALION / WATERLINES
HELLOWEEN / GAMBLING WITH THE DEVIL
INSANIA / AGONY -GIFT OF LIFE
IRON SAVIOR / MEGATROPOLIS
JORN / UNLOCKING THE PAST
JORN / THE GATHERING
KEMELOT / GHOST OPERA
LABYRINTH / 6DAYS TO NOWHERE
MASTERPLAN / MK 2
MEHIDA / BLOOD & WATER
MYSTIC PROPHECY / SATANIC CURSES
NOCTURNAL RITES / THE 8TH SIN
ORATORIO / REDEMPTION
OZZY OSBOURNE / BLACK RAIN
RIDE THE SKY / NEW PROTECTION
SERENITY / WORDS UNTOLD & DREAMS UNLIVED
SILENT FORCE / WALK THE EARTH
SONATA ARCTICA / UNIA
THUDERSTONE / EVOLUTION 4.0
TWILIGHTNING / SWINELORDS
VISION DIVINE / THE 25TH HOUR
WISDOM / WORDS OF WISDOM


それと、企画モノが
INTO THE LIGHT / NUCLEAR BLAST ALLSTARS
MONSTERVISION / WELCOME TO HELLSINKI 
(シングル)

こんな感じ。
今、ざーっと見ただけなので、モレがあるかもしれません。
それにしても、30枚に満たないとは。
新譜は買ってないなーとは思ってたけど、思った以上に少ないなぁ(^^;)。
中古盤は、多分この5~6倍買ってるだろうか・・・もっとか(笑)?
我ながら、バランス悪いなーと思います。ハイ。

今年中に出る(はず)で購入決定してるのは、AVANTASIAとGAMMA RAY。
あと、どーしようかなーと思ってるのが、とりあえず数枚・・・。

ものすごく偏った(笑)リストの中で、どう選んでいいのやら。
すでに前途多難ですわ(^^;)。

今日もプチ狩り

2007年11月07日 01:17

この秋一番の冷え込みだそうで。
ちょっと(また)喉が痛いよ・・・ひぃ~・・・
そんな私の、今日のプチ狩りです。

HEADSTONE / WINGS OF ETERNITY
PROJECTO / CROWN OF AGES
HEAVEN'S GUARDIAN / STRAVA
SECRET SPHERE / MISTRESS OF THE SHADOWLIGHT
MYSTIC PROPHECY / VENGEANCE

以上、地味に5枚。

HEADSTONE
ジャケ買い。ロゴ買い。
でも、プロデューサーはチェックしたw。ジャーマン。

PROJECTO
完全にジャケ買い。
METALBLADE RECORDSということはチェックしたw。イタリアン。

HEAVEN'S GUARDIAN
怪しいジャケに思わず手が伸びた(笑)。ヘロ・メタルとふんだ。ブラジル。

SECRET SPHERE
MYSTIC PROPHECY

共にデビュー盤を安価で見つけたので、迷わず購入。
なんだか、いつの間にやら両バンドを集めてることになってる状態なのは何故だ(苦笑)。


どーれーかーらー聴ーこーうーかーなー♪
と言ってる間に、すでにこんな時間。いかんいかん。


年末企画、準備開始w

2007年11月05日 03:30

hideさんがブログで書いてらしたんですが、今年も残すところあと2ヶ月弱。
2007年のベスト・アルバム&ベスト・ライヴてのを考えてみようか、なんて画策中。
ネタをパクってすいません>hideさん(^^;)。

しかし、中古屋さんめぐり好きの私は、新譜購入率が低い(苦笑)。
必然的に、2007年リリースのアルバムは、そんなに聴いてないという状況。
気になるバンドの新譜はチェックしてるけど、さほど多くないしなぁ。

それを言ったら、ライヴは全然少ないな(^^;)。
 ANGRA & ブラガ
 LORDI
 STRATOVARIUS(FINTROLL)
 KAMELOT & FIREWIND

これだけだ(笑)。
LOUD PARKは2日間通ったけど、これも入れていいものかどうか・・・。
(入れるとしたら、けっこう数は増えるけど・・・30分のライヴっつのもあるし・・・)

と、こんな体たらくなので、ベストを選ぶなんてのは僭越というもの。
なので、「2007年、非常に気に入ったアルバム&ライヴ」ってことで
こそーっと選んでみようかな、と・・・腰が引けてる私であった(笑)。

あと2ヶ月弱のうちに、どどーんっ!と衝撃を受けるようなアルバムが
更に出てくることも期待しつつ、とりあえず今年リリースのアルバムを並べて
聴き比べしてみることから始めます。

さて、この「企画」、ちゃんとやり遂げることができるんでしょうか((((^^;)。

RIDE THE SKY / NEW PROTECTION

2007年11月04日 02:36

ride the sky new protections-.jpg
2007
MICP-10670

ヨルン・ランデもウリ・カッシュもいないMASTERPLANも、なかなかいい感じで
ヨルンは、また「旅に出た」し(苦笑)、同じく「旅人」(苦笑)ウリリンはどうするの
と思ってたら・・・空を翔けて帰ってまいりました。

つか、バンド名が「RIDE THE SKY」って、あんた(笑)。
HELLOWEEN好きにもほどがある。
そんなオチャメなウリリンことウリ・カッシュのバンド、RIDE THE SKY。

落ち着いた、大人のジャーマン・メタル(のような北欧メタルのような)。
このアルバム、いいです!
何がいいって、曲がいい。
ウリリンの、ソングライターとしての才を感じる。つまり、私好みってことですが(笑)。

そして、ヴォーカル。
ビョルン・ヤンソンは、TEARS OF ANGERですね?CD何処やったかな・・・
と、すぐには見つからないので、後で聴きなおします。
いい声だなぁ。
ヨルンみたいだ。ということはつまり、低音の響かせ方はカヴァーデイルだ(笑)。
こりゃライヴで聴いてみたいぞ、と思わせるものがあります。

ウリリンは「旅人」だったけど、RIDE THE SKYは「自分のバンド」という意識が
相当強いようですから、継続してくれるものと思います。期待します。
ライヴ見てみたい。ほんと。
このクオリティをライヴで見せてくれたら、きっと評価は高まると思う。

この秋はソナタと欧州ツアーだそうです。
アルバム1枚で来日公演は厳しいだろうけど、来年以降に期待。
まずは、次のアルバム、絶対作ってね(^^;)。

本日の1曲:FOREVER by EDGUY

2007年11月03日 02:13

FOREVER by EDGUY
edguy_hellfireclub.jpg
[HELLFIRE CLUB]収録

通勤時、ひさしぶりに「HELLFIRE CLUB」聴いてて、ちょっとぐっときた。
極度の寝不足で、疲れてて、ヘロヘロで、自分でも「何やってんだろ」とか
そーゆー状態でぼーっと聴いてて、そこに「FOREVER」・・・ヤバし。
油断してた。ほんとにヤバかった。
涙が滲んできて、慌てた。そりゃもう、大慌て(つд⊂;)ゴシゴシ。。。。

曲とトビーの声かなぁ・・・「敗因」は(苦笑)。
いい曲だ。うん。本当に、いい曲だ。

かなり久々にこのアルバムを聴いたんだけど、やっぱいいアルバムだなー。
ごちゃごちゃでもあり、テンコ盛りでもあり、荒っぽいところは多々あるけど
このアルバム、好きだなぁ・・・。
トビアス・サメットの魅力全開ですわ。
彼には、ぜひとも今後もスクスクと成長していっていただきたい。
おばちゃん、極東の小国から祈っているよ(笑)。

動画なし、曲だけです。
しかし、だからこそ胸にくるよ。
ああ、またヤバし・・・(((((^^;)。



Sitting by the window
Staring out into the night
Waiting up for the light of day
And the sound of silence
The faintly flaring candle light
Parting has got me
Around to go insane

Alone I try to while away my time
Seconds turn to ages
As I close my eyes and wait
Sometimes I wonder
What's the reason why
We long for someone to embrace
And say hello to say goodbye

Carry on - and I will forever
Longing drives bad memories away
And still I carry on and I will forever
Cause when I see you smile
I dare to believe again

Is there anybody out there
To keep on looking for
If you don't know then lie to me
Blue eyed for a letdown
If this is what it takes
To maybe see the light
I'll dare to shed another tear

Oh I Know
The wind blows cold tonight
But anyhow I gotta go
Tell me girl where are you now

Carry on and I will forever...

I tried to build a wall
And let nobody in
To be on my own
Without love and without pain
Without pain
I don't know why
But every time
I look into your face
Into your face
I am caught and I relapse again

Carry on, it's forever
Longing drives and memories away

Carry on and I will forever...


THE ENCYCLOPEDIA OF GERMAN METAL

2007年11月02日 02:27

encqclopedia.jpg
1998
VICP 60286-87

1985~97年までの、ジャーマン・メタルの集大成といったアルバム。2枚組。
総勢28バンドの33曲を収録。
というだけで、そりゃ手も出るというものです。

バンド(と曲名)の詳細は→こちらでご確認ください。

いかがでしょう、この豪華「共演」。
中古盤を購入したのですが、分厚いブックレットもステッカーも入ってました。ラッキー。

なつかしの名曲から、これぞジャーマン!な名曲まで、一度に聴けます。
CDの入れ替えなしに(笑)。
便利なアルバムです( ̄▽ ̄)v。

80年代以降のジャーマン・メタル・シーンを垣間見ることができると思うし
リアルタイムで聴いていない、お若いメタル・ファンにもオススメでございます。
もちろん、あの時代を懐かしいと思う、お若くないメタル・ファンにもオススメ(笑)。
持ってるアルバムを編集するのがめんどう、というズボラな私にもオススメ(自爆)。

「R35」とかいう、中年世代向けのJ-popオムニバスアルバムが売れてるそうです。
そちらにはまったく触手が動きませんが、こういうのはいいっすねぇ。
思わず頭振り回しちまう、ってもんです(笑)。

REPTILIAN / CASTLE OF YESTERDAY

2007年11月01日 00:41

reptilian castle of yesterday.jpg
2001
MICP-10224

スウェーデンです。

「疾走する麗しきリリシズム・・・
 ネオ・クラシカル進化の美学
 比類なきアンサンブルが創り出す華麗なりし、レプティリアン・ワールド
 鮮烈のデビュー・アルバム!」

と、帯に書いてある。(だから手にとって、今ここにあるw)
「ネオ・クラシカル」という言葉から想像できる通りの曲展開です。
中心メンバーが、元MAJESTICっつーことで。

爽やかネオ・クラシカル

って感じっす。
仕事しながら聴ける感じ。
BGMにどうぞって感じ。

いろんな意味で、帯の惹句どおり。
だけど、ちと・・・飽きてくるかも・・・って感じ((((^^;)。



最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。