スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOUD PARK 08 出演バンド!

2008年05月31日 03:18

LOUD PARK 2008 第一弾アーティスト発表

ということで、やはり大方の予想通り、SLIPKNOTでしたね。
トリということでいいんでしょうね。


すると、もう片方のトリは?
さぁ、誰だっ!?
いろいろと期待してしまいますが、願いごとは口に出しちゃいけないというし
心の中で、念じておきます(笑)。


とりあえず、メロパワ系好きにとっては、ソナタとドラフォの名前があるのが
まずは「一安心」という感じw
しかし、もうちょっと・・・・男っぽい漢なメタルも熱烈希望。


こないかなぁ・・・BRAINSTORM
って、言っちゃったじゃん>自分(((((^^;)。





スポンサーサイト

音楽話だか野球話だか・・・

2008年05月30日 02:48

今日は、音楽話のような、野球話のようなw。


今季、自分が観戦した試合は3連勝中だったんですが、初黒星を喫しました。
とほほ。
あーあ、やっぱノーアウト満塁であの拙攻じゃ、勝てないよね(´・ω・`)ショボーン。


選手のテーマ曲を、もっとこう、気合の入るタイプの曲にしたらどうでしょうかね。
HIP-HOP系(?)じゃなく、ガリゴリ系な(つまり私の好きなw)曲にしてみては。
慎之助や清水や二岡(いないけどorz)は、もう続く応援と一体化してるから
変更はなかなか難しいだろうけど、他の選手はどうでしょう。


ラミレスは、最初から「THE FINAL COUNTDOWN」を使えば良いのになぁ、と
いつも思う。あの前奏は、やっぱインパクトあるもんね。

脇谷は、曲変えたほうがいいよぅ・・・。
ルックス的にも地味なんだから(←失礼だろ>自分)威圧感のある曲とか。
推薦曲 「FOR THE GLORY OF...」 by TESTAMENT

坂本も、どうでしょう。
売り出し中なんだし、若いんだから、威勢のいい感じの曲とか。
推薦曲  「HELLFIRE CLUB」 by EDGUY

亀井も、帰ってきたら(早く帰ってこい;_;)ゲン直しに曲変えよう。
ここはシンプルにカッコイイ曲、ってことで。
推薦曲 「BURN」 by DEEP PURPLE

カトケンも、変えてみたらどうだろう。
あの優しそうな顔が、相手にしてみたら怖くないんだろうから、ゴリッと一発。
推薦曲 「THE SUMMONING」 by KIUAS


・・・って、自分の好きな曲を並べただけじゃん、という話もありますが(笑)。
でも、音楽って重要だと思うんだよねぇ。


個人的に、今一番曲を変えて欲しいのは、谷だわ・・・
どうもあの曲が流れると、気持ちがナエナエになっちゃうのよ(´・ω・`)。。。





と、テーマ曲のせいにして現実逃避を試みたorz。
ケガ人続出のこの現状、なんとかならんかのぅ・・・・ つД`)・゚・。・゚゚・

管理人から、御礼と近況^^;

2008年05月29日 02:59

今さっき気付いたら、カウンタが10000を超えていました。
武道館なら満員だ。


いつも覗いてくださってる方、たまたま通りすがっただけという方、
地味なブログですが、もしよかったら、またどうぞお立ち寄りください。
コメントやTBもお気軽にどうぞ。

(TBはスパム対策のため承認制になっておりますが、ご容赦ください)


今後とも、「猫メタル」をよろしくお願いしますm(_ _)m。



最近、友人に「オススメのヴォーカルを聴かせろ」と言われております。
彼女は「カヴァやロバプラは知っているけど”HR/HMのヒト”ではない」ので、
少し迷いつつ、ノクタのジョニー、ブラガのハンズィ、ジョン・ウエスト、ロブ・ロック
そしてもちろんヨルン・ランデとボブ・カトレイあたりをファイルしてるんですが
こういうの、楽しいっすね(^^=)♪
どの曲を組み合わせたらこのヴォーカリストの魅力が一番伝わるかな~とか
考えてるのが、とーてーもー楽しい♪
”マイ・ベスト”を作ってるようなもんだもんね。


しかし、選曲はなかなかタイヘン。取捨選択の「捨」が難しい。全部入れたくなるw
このアルバムとこのアルバムと・・・ってやってると際限ないし(苦笑)。


コンピレーション・アルバムを企画してる人ってすごいな。
もしも私が企画したら・・・
200枚組とか、そういうバカな枚数の「大全集」になっちゃいそうだ・・・。
って、そんな企画、通らねーよ(自爆)。

「これがSHM-CDだ!」←凄。

2008年05月28日 02:08

聴き比べのサンプラー「これがSHM-CDだ!」をウッカリ購入w
またしてもカモられる気マンマンのオバカさん・nekometalです。

SHM-CDサンプラー

こんなとぼけたジャケットですが、世にも恐ろしい、違った
世にも面白いサンプラーです。


収録曲はこちらをご覧ください。
通常CDとSHM-CDで、同じ曲を聴き比べてみようというサンプラー。
うーむ・・・これは面白い!
中には「これは音質とか極めなくてもいいじゃなかろうか」と思わないでもない曲も
なくはないような気がするけどキニシナイ。


とりあえず、KISSの「DETROIT ROCK CITY」を聴き比べてみました。
(聴き比べた順序は、通常CD→SHM-CD)

おお~・・・バランス良い~(驚)!
絵画に例えるなら、遠近法の存在をくっきり感じるといいましょうか。
サウンドの奥行きが、通常CDとは比較にならないくらい”在る”のが解る~!


すっきりしてるけどキンキンしない音質。
ひとつひとつの音の輪郭がクッキリしてる。
でも、先にも書いたようにバランスが物凄く良いので、まとまった音として
そのまんま聴こえてくる。
コーラスもきれいだ。
6月に出るSHM-CDでの紙ジャケ、やっぱり買いです。
・・・カモられた(自爆)。



RAINBOWの「SINCE YOU BEEN GONE」も聴き比べてみよう!
(今度は、SHM-CD→通常CDの順)

おおお~~~~!これはタイトだっ!
サウンドが”締まってる”。なんだ、これ。
この曲は、もうちょっと甘いサウンドだったでしょうよ。


個人的には、コーラス、大注目(大注耳?)だ!と思います。これは、カッコイイ!
なんだなんだ・・・下手すると曲のイメージそのものが違って聴こえるぞ・・・
というくらい、の、サウンドの”締まり按配”。


通常CDを確認してみましたが、ううむ・・・やっぱり違う。
サウンドの「クッキリ感」と、奥行きが違う!!!
RAINBOWで聴き比べると、これ、かーなーりー強烈です。


・・・やばい。
虹も買いなおしかよ(涙)orz。。。


ああ、やっぱりこれは「世にも恐ろしいサンプラー」だったよ(;_;)。
と、泣き言も出てしまいますが、SHM-CDすごいな。←素。


これ、他のレコード会社所属のアーティストも聴きたくなってしょうがないっす。
YES 聴いてみたい、これで。
BOSTON 聴いてみたい。これで。


ううう・・・いい音響システム欲しい病を発症してしまったorz。
そこまで資金はないっ!きーっ(><)!!!
当たれ、宝くじ!


KISS / HOT IN THE SHADE

2008年05月26日 03:22

hot in the shade
1989
PHCR-6118

「猫メタル」では珍しい、”アメリカン・ハードロック”です。
先日のエントリでも取り上げた「FOREVER」が収録されているアルバム。
全15曲というボリュームたっぷりの、心地いい「ザ・アメリカ」って作品。


アルバムのタイトル(と、とぼけたwジャケ)から連想するわけじゃありませんが
暑い季節にぴったりという雰囲気です。
ドライヴのお供にふさわしいかと。
ああ、でも、これはアメリカのどこまでも真っ直ぐなハイウェイとかでないと合わないかも。
じめっと蒸し暑い東京の、混み混みの渋滞道路じゃダメかもorz。


しかし、あらためて聴くと、しみじみいい曲>「FOREVER」。
これから結婚式挙げるカップルにオススメですw


KISSといえば、凄い企画があるんだよね。
ノーメイク時代の分は買いですな。
SHM-CDの音質の良さは、白蛇の三作で思い知らされました。
ほんとに音質(と、バランス)が物凄いクオリティ。
このシステムつかった作品は、聴きなおしたい病を抑えきれない(笑)。
もう、すっかりカモ。
”鴨メタル”と呼ばれても致し方ない(自爆)。


この音質で「FOREVER」を聴いてみたい。
広がり出るんだろうな~。楽しみだ♪

BRAINSTORM / SOUL TEMPTATION

2008年05月25日 02:46

brainstorm Soul Temptation
2003
Metal Blade 3984-14437-2

力強く男臭いHEAVY METALが聴きたいときには、BRAINSTORMですな。
今夜は03年の「SOUL TEMPTATION」です。
カッコイイ。


雨も降ってるし(低気圧に弱いんスよ、猫だから←嘘w)、体調もテンションも
いまひとつ上がらずにウダウダしてたんですが、BRAINSTORM聴くと
気合が入るよ。うん。


地味なんだけどね・・・
派手さがない分、余計な飾りが無い分、スシッとくるわけですがね。ほほほ。
このアルバムでは、7曲目「FORNEVER」~8曲目「SOUL TEMPTATION」の
流れが個人的にツボでございます。
「SOUL TEMPTATION」のリフには、思わず首もうねるってもんです(笑)。


そういえば、新譜「DOWNBURST」は、本国よりもハンガリーで売れてるようです。
ハンガリーのチャートでは15位だとか。立派なもんだ。
ハンガリーといえば、地味ながら正統派漢メタルのいいバンドを輩出してるお国柄。
BRAINSTORMがウケるのも、よく解る気がする。


というわけで、漢メタルに魂を誘惑されたい方には、強力にオススメいたします。
しつこいようだけど・・・


今年のLOUD PARKに呼んで~!
お願い、クリマンさ~ん!

夕刊を開けてビックリ!

2008年05月24日 01:10

夕刊を開いてビックリ!
20080524003916.jpg

すげー・・・デカデカと載せてますね、ウドーさん。
社運を賭けてたりするんでしょうか。
まさか、あのウドフェスの赤を取り戻そうとか・・・?←禁句。


それにしても、なんだかやっぱりDEF LEPPARDメインぽく見える気が・・・
白蛇好きの僻みでしょうか(苦笑)。


カヴァが、ジミー・ペイジから(LED ZEPPワールド・ツアーの前座の)オファーが来るのを
待ってるんだ~♪てな発言をしてるとかしてないとかいう噂を聞いたんですが
どうなんだかね、それ。
正直、微妙。
つか、ジミペーがオッケーでも、ロバプラが嫌がるでしょうよ(苦笑)。
それとも、あの「わだかまり」は乗り越えたんでしょうか(大苦笑)。


あ、これ、朝日新聞の夕刊なんですが、他紙にも載ってたんでしょうか?

ひとりHR/HMカラオケ

2008年05月23日 02:53

「ひとりでカラオケ」というのが流行ってるそうですが、ほんと?
私はもう何年もカラオケ行ってませんが、こんな話を聞くと
・・・ちょっとその気になっちゃうなw


バンド活動を始めたのは、中学生のとき。
ありがちな「ピアノ弾けるんだからキーボードやってくれない?」というアレです。
で、最初のバンドではキーボードを担当。「ハイウェイ・スター」で掌がつったのも
いまではいい思い出だ。ほんとか。
高1で初めて自分でバンド組みました。サイド・ギターとドラムを担当。ナゼ(笑)。
その後、助っ人(という名の数合わせ要員w)として、いくつかのバンドで活動し
(もちろん全部完全な趣味バンド)、なんと、ヴォーカルやったこともある(恥)。
で、ここ10年くらい、バンドはやってない。
たまにギターを引っ張り出しては、自分の腕の無さを思い知る日々です。


私のギター、ベース、ドラムは凄いよ。聴いたらみんな吃驚仰天だ。
なんせ、15歳のときから、ひとっつも進歩がない!
スタジオ・ミュージシャンになった先輩からも、「ある意味、才能」と太鼓判をおされた私。
楽器演奏の才能のなさには、ちょっとした自信があるのよ。ほっほっほ。・・・orz。


ヴォーカルだって、かなりものだよ。
声量無い、音域狭い、喉弱い、の三重苦だからね。はっはっは。・・・orz。


バンドで集まるには、音楽仲間が(私もふくめて)忙しすぎる。
働き盛りだしさ、年齢的にも社会人としても。
しかし、カラオケなら!
最近は、HR/HM系の曲がいっぱい入ってるカラオケもあるらしいしさ。
ひとりでカラオケ、なんて考えたこともなかったけど、アリらしいし。
nekometal、ひとりカラオケデビュー間近か(笑)?


最初は「BURN」を歌おう。
それっきり喉がつぶれる、に100万円かけるけど。


教えて「FOREVER」

2008年05月22日 02:03

「FOREVER」
このタイトルをつけられた曲に、捨て曲なし。
これは私の持論です。
ちょいと集めてみました。
いずれ劣らぬ名作揃い。涙腺を刺激されまくること、間違いなし。


Y&T



STRATOVARIUS



KAMELOT



EDGUY



KISS




他にもあったら教えてください。
どぞ、よろしくm(_ _)m。

学習能力欠如者の願い

2008年05月21日 01:39

「出なさそう」と聞いてたVIPERの新譜
国内盤が発売されましたorz。
ま、いいんですけどね。トホホ。


どうもここの所、国内盤が待ちきれず外盤を購入→その後BTつき国内盤発売
という、パターンが続いています。
待てばいいんでしょうけども。
でも、待てないんだよねぇ・・・お、これは!と思うと、催眠術にかかったように(?)
レジに持ってっちゃうんだよねぇ・・・


今後もこのパターンを繰り返してしまうんだろうな。
学習能力がないにも程があるんだけど。
「このアルバム、国内盤がもうすぐ出ます」って表示しといてくれないかしら。


・・・ないよね(苦笑)。

悪い癖

2008年05月19日 02:49

ベテラン勢が、やっつけや焼き直しではない力作を発表し続けてる今日この頃
新譜のリリース・ラッシュと来日ラッシュに嬉しい悲鳴をあげながら、財布の悲鳴も聞いてますw


すでにラック溢れてしまい、ラックの前にCDタワーがいくつかできている。
いかん。
少し整理せねば。


と思って♪ドナドナドーナードーナー♪と荷馬車にCDを積んでunionへ行っても
泡銭を手にすると、このバカnekometalはそのまま店内をうろついてしまい
気がつけば泡銭に財布から取り出したお金をプラスして、CDを買ってたりいるorz。


ほんと、この癖、治さないといかんよ(´・ω・`)。。。


仕事が立て込んでくると、聴けずに積んだままになってしまうCDも出てくるし
1日は24時間、耳はふたつ、有限なんだから>自分。
2週間くらい、なにも予定のない時間があればいいなぁ。
アルバム鑑賞三昧な休暇・・・夢のようだ。


宝くじ、買いに行きます(苦笑)。

TESTAMENT / THE FORMATION OF DAMNATION

2008年05月18日 01:29

testament the formation of damnations-
2008
KICP-1299


(私にしては)珍しくスラッシュ。
スラッシュ系はあまり聴かないんですが、TESTAMENTはちょっと別で、聴く。
アルバムは何枚かしか持ってないですけど。すいません。
という程度の「おつきあい」なので、ドラマー復帰ということもアルバム購入まで
知らなかったっす。重ね重ねすいません。


そんなレベルの私が、なんで新譜を購入したかというと、「聴いちゃったから」。
unionへ行ったんですが、棚を一巡(嘘、数巡w)して何も手に取らず(!)
店を出ようとしたとき・・・「お、これは?」・・・店内でかかってたんですよ、
このアルバムが。


「かっこいいじゃないかぁぁぁ・・・」
で、スラッシュ系だねとは思ったんですが、レジのお姉さんに聞いちゃったよ。
そしたら、お姉さんはご存知なくて(なんでw)HR/HM担当の人に確認してくれた。
で、「これです」とわざわざ持ってきてくださったんですよ。
特典(バンド・ロゴのピンバッジ)つきの「そのもの」を。
「これです」と手渡されて、「TESTAMENTですか、わかりました、どうも」って
・・・返せないしさ(笑)。


他にもパワー・メタル系外盤に気になるアルバムはいくつもあったんですが、結局これを
購入してしまった次第。
ああ、買い控えるはずだったのにorz。


しかーし!
このアルバムは、買いですよ、買い!
迷っているアナタ(って誰w)、これは買わねば。
(別にキングレコードの回し者ではありません)


第一印象の通り。やっぱ一目惚れならぬ「一耳惚れ」したものは逃しちゃいかんね。
ザクザクのリフは心地よいし、チャックのヴォーカルは劇的に渋い。
オープニングから、ガシッとガツンときまくりです。
まだ2回しかリピートしていませんが、個人的には
4曲目(タイトルチューン)~5曲目~6曲目
の流れがツボにはまりすぎて肩凝りも治りそうな勢いです。


で、勢いついちゃってTESTAMENTのマイスペまで見てきちゃいましたw
そこでみかけた「THE METAL MASTERS NORTH AMERICAN TOUR」の面子に
これまた心を鷲掴みにされましたがな。
(下のほうへぐーっとスクロールすると出てきます)
これ、観たいなぁ・・・(><)!


今年のラウパは誰がくるのさ、と最近よく話してるのですが、こんな面子だったらいいのに。
現実的じゃないけれども。でも、この豪華なラインナップには羨望の溜め息です。


TESTAMETが来るとしたらスラドミだよね・・・
ラウパじゃだめかなぁ・・・だめだよねぇ・・・
オバチャンには、スラドミは敷居が高いっすorz。

MAGNUM / PRINCESS ALICE AND THE BROKEN ARROW

2008年05月17日 04:03

MAGNUM PAatBAs-
2007
KICP-1247

まさに「至宝」と呼ぶにふさわしいバンド、MAGNUMです。
これは13枚目、今現在「最新作」ですね。


このバンド、なんで日本ではイマイチ売れないんだろうな・・・
本当に理由がわからん(--;)。
オーソドックスすぎるんだろうか。
正統派HRが「時代遅れ」と言われて久しいマーケット状況のせい
・・・なのかねぇ・・・。
なんだかさびしい話じゃないスか。


MAGNUMといえばトニー・クラーキン、なんだろうけれども
(それは当然なんだけれども)
私の中では、MAGNUMといえばボブ・カトレイでございます。
歌モノ好きにはたまらないヴォーカルです。


10曲目「DESPERATE TIMES」の彼の歌を聴いてみていただきたい。
この声、このヴォーカルが、週末深夜の私の心を掴んで話さない。
ツボをつきまくる美しいメロディ・ラインを、強力に押し上げてくる
ボブ・カトレイのヴォーカルは、もう、なんつーの、反則だよ(;_;)。
(そして、この曲は歌詞もやばい。涙腺のコックをがばっと開かれるよ)


AVANTASIAへの参加で、MAGNUMを知らないお若いHR/HMファンにも
ボブ・カトレイの名前は浸透してたりするんじゃないかと期待してます。
MAGNUM?おっさんバンドだろ?とおっしゃらず、ぜひ一度聴いてみて
いただきたい。
メロ・パワ好きな方、サウンドはヘヴィ・メタルではないけれど、これはきっと
お気に召すと思います。
メロディの良さ、一聴の価値大有りです。


確かに「おっさん」たちには違いないけれど、「かっこいいおっさん」も
世の中にはたくさんいるわけで。
MAGNUMは、そんな、非常にかっこいいおっさんたちです。
ほんとです。

THE COMPANY OF SNAKES / HERE THEY GO AGAIN

2008年05月16日 03:17

snakess-.jpg
2001
SPV 085-72112 DCD

不思議なアルバムだ・・・。
ミッキー・ムーディ、バーニー・マースデン、ニール・マーレイといった
元白蛇の面々が、そのまま白蛇やってるライヴ。
ヴォーカルは、ステファン・バーグレン(て発音でいいの?Stefan Berggren)。
ちょっとかすれたりするところが、エリック・マーティンに似てなくもない感じ。


お馴染の曲、お馴染のサウンド。
けど、なんだか不思議な感覚。
ものすごく本格的なコピーバンド・・・?
いや、コピーというのは違うな。元々白蛇さんたちだったんだし・・・。
うう~む(==)。。。


ヴォーカルが巧いのが、また不思議度を加速するよ。
白蛇は、ディヴィッド・カヴァーデイルあってこそのバンドなわけで
そこが「入れ替わってる」状態だからねぇ・・・
妙な感覚。
もしかしたら、白蛇(もちろん、カヴァの)を聴き込んでいない方のほうが
違和感なく楽しめるのかも。
私は、このTHE COMPANY OF SNAKESを「楽しむ」には、ちょっと・・・
あまりに白蛇を聴きすぎてる(苦笑)。


しかし、ですよ。
このアルバムを聴いて、ものすごく明確に明快に腑に落ちるところがある。
それは、白蛇の曲はいいということ。
名曲揃いだ。ふっふっふ。




・・・SINCE YOU BEEN GONE も演ってるんだけどさ(謎笑)。

METALIUM / INCUBUS -chapter seven

2008年05月15日 02:57

metalium incubuss-
2008
TKCS-85179

ラーズ・ラッツ先生、新譜購入が遅れて申し訳ありませんでした。
と、まずは謝っておこう。
METALIUM、7枚目は夢魔(淫夢を見せるコワい魔物)。コワい。


ヘニング・バッセが、なんだか一層丸くなってる(身体が)気がするけど
そこには目をつぶって聞き込む私であった。
この人、本当に「ヴォーカルがイケメン」だ。
FIRE WINDの助っ人での来日公演では、とてもナイスwな人柄を見せてくれた彼
歌い始めると別人に変身。
カッコイイ。カッコよすぎるといっても過言ではない。ほんとに。
いや、リアル・へニングがかっこ悪かったってわけじゃないけどさ、もちろん。
ただ、ステージの彼はこういう「正統派イケメン(ヴォーカル)」のキャラとは
ちょっと違ってた気がするんだよねぇ。
ほんとぉぉぉぉぉに、カッコイイ。
目はならなくても、耳がハートになるよ、こりゃ。


個人的には、4曲目~5曲目~6曲目への流れがたまらん。
ぐっとくること請け合いです。


ラーズ・ラッツ先生、相変わらずの漢プレイ。
お腹にずしっとくるっす。
拳を突き上げるというよりは、腰の辺りでぐっと握り締める感じになるっす。


ギターに、新メンバーが参加してるそうです。
いや、新メンバーとはいえないのかな・・・マティアス・ランゲの代役というわけでも
なさそうなんですが(マティアス・ランゲは脱退していないとのこと)、けっこうな割合で
ギター弾いてるみたいです。
確かに・・・ちょっと気配が違う・・・それが嫌な感じはぜんぜんしませんが。
ただ、個人的には微妙に落ち着かない・・・ううむ。


とかいいつつ、やはり「METALIUM」なので、そこは安心。
「ヘヴィ・メタル」を聴きたい夜には、どうぞ。
ジャケットもいいっす。
ブックレットのアートワークもカッコイイっす。
全体的に「好み」です。ふふふ。

先行予約開始

2008年05月14日 02:22

WHITESNAKEとDEF LEPPARDのカップリング・ツアー
先行予約が始まりましたね~。

ウドーさんはこちら

e+はこちら


S席、A席・・・って指定があるのか。
どういう区分になるんだろうか。
S席は13000円ですが、このカップリングなら良心的な価格ですな。


とはいえ、地方からいらっしゃる方は交通費や宿泊代も必要でしょうし
学生さんには決して安くはないでしょうしね。
でも、きっと素晴らしいライヴを観せてくれるに違いない。
期待して、待ちましょう。


10月か~・・・5ヶ月も先なのか~・・・
待ち遠しいねぇ(^^=)♪

DEF LEPPARD / SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE

2008年05月12日 03:06

def leppards-
2008
B0011004-02

うっかり熱帯雨林でポチってしまった外盤です。
国内盤と仕様が違ったりするんでしょうか。BTとか入ってるのかな。
だとしたら、普通に国内盤買えばよかったよorz。
夜中の雨林は危険です。トホホ。


さて、久々のDEF LEPPARDの新譜・・・一聴しての感想は
「おお、こりゃ売れそうだ」でした。
で、実際どうなんだろうか。
売れてそうな気がしますが。
店頭でもいいところに平積みになってたりしますしねぇ。


メロディといい、サウンドといい、DEF LEPPARDらしさ満点。
前作はまともに聴きこんでいないという体たらくですが、比較してどうでしょ?
これ、断然いいでしょう。


白蛇とのカップリング・ツアーも大成功を収めているというし
DEF LEPPARD、一花咲かせにキタ!と言えるのではなかろうかと思います。
大昔のファンだったという人も、呼び戻すアルバムじゃないかなぁ。


オマケのこれ↓も面白いね。
20080512024938s-.jpg

って、すいません、またボケボケ写真ですが(^^;)
このピック、切り抜いて(?)使えるんだろうか。使えそうだけど。
でももったいなくて使えないな。


これ使ったら、うまくなるかな(ならないよねw)。
あーあ、ギターうまくなりたいなぁ・・・と、何十年言い続けてるんだか>自分orz。

祝・WHITESNAKE来日決定!

2008年05月11日 01:22

すでにご存知に方も多いと思いますが

祝・WHITESNAKE 来日決定!

かねてから言われていたとおり、DEF LEPPARDとのカップリング。
(しかしこの記事、白蛇のほうが扱い小さくないかね?解せない・・・)


「GOOD TO BE BAD」からは、どの曲を演るんだろうか。楽しみだ。
しかし反面、ライヴの定番曲が削られるのはさびしいねぇ。
・・・白蛇だけで3時間演ってくれないかな。ほほほ。


とか罰当たりなことを言ってますが・・・
DEF LEPPARDの新譜「SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE」も
なかなか良い出来でございます。
ここは素直に、両雄揃い踏みの豪華ツアーを楽しみにいたしましょう。


でも10月の後半か~。
追っかけるには、ちと時期が厳しいなぁ。
東京は絶対として、どこを廻るかにもよるけど、どこまで追いかけきれるかな。
経済的なモンダイもあるしねぇ(苦笑)。


白蛇貯金、開始でございます。
(CDは買い控えます。←今度こそ、本気モードだ~!)

禍々しいらしい

2008年05月10日 03:00

ハゲしくブレていますが(笑)
20080501222814.jpg


去年のラウパのときと同じ図柄のTシャツです。
背中には今回の日本ツアーデートがプリントされてます。


先日、とある場所へ行くのに「何着ていこうかなぁ」と呟いたんですよ。
そしたら、言われました。
「いつものカッコでいいじゃん。あの、禍々しいTシャツで」


・・・ま、禍々しい・・・って、こういうの着てるから言われるのかorz。


一応私も社会人の端くれ。
仕事に行くときは、ちょっと気取ってパンツスーツなんか着てるのに
普段のカッコが「禍々しい」評価(笑)。


立派な大人として、どうなの、それ?

5月の買い収め(予定)

2008年05月07日 02:26

5月入ったばかりですが、もう今月はこれで買い収めです。
・・・の、予定です。
ですけど・・・。


そんな心もとない(笑)nekometalの今日のお買い物。
WINTERS BANE / REDIVIUS
METALIUM / INCUBUS~chapter seven
ULTIMATIUM / NEW DAWN
GRIFFIN / LIFEFORCE
GALLOGLASS / LEGENDS FROM NOW AND NEVERMORE
GRAVE DIGGER / HEART OF DARKNESS
GRAVE DIGGER / TUNES OF WAR
THUNDER / LIVE
WHITESNAKE / GOOD TO BE BAD (UK ver)



WINTERS BANE
BT入った音源を持っていなかったので、見つけて即買い。
カッコイイなぁ・・・

METALIUM
ラーズ・ラッツ先生、新譜買うのが遅れて申し訳ありませんでした!

ULTIMATIUM
フィンランド買いw

GRIFFIN
帯の惹句買い(そういうのがイカンのだよ>自分・・・)

GALLOGLASS
ジャケ買い(だから、そういうのが・・・)

GRAVE DIGGER
なぜか持っていなかった2枚を購入。

THUNDER
2枚組ライヴ盤。THUNDERはやっぱライヴでしょう、ってことで。

WHITESNAKE
下の記事どおり、これで一応3バージョンコンプリート。


GWの前半は働きまくり、後半は働きまくり&風邪っぴき(涙)でしてねぇ・・・
最後の1日だけがオフだったので、風邪をおして(←バカw)CD屋さんへ。
さすがGW、人が多かったよ。
体調のせいもあるけど、人混みに酔った(==;)。
休日の人出って、通勤の満員電車とはまた違った圧迫感がありますなぁ。


ライヴの人混みは大丈夫なのにな。
不思議なもんだ。

UK盤も手に入れた♪

2008年05月06日 23:37

WHITESNAKE 「GOOD TO BE BAD」の国内盤、US盤に続いて
UK盤も手に入れました。
三枚そろい踏みの図。
20080506225113s-.jpg

左からUS盤、UK盤、国内盤。あんまり変わらないかなw
違いといえば、US盤の黄色い丸いステッカーに見えるのは、実はガッツリ印刷だ(笑)。


で、UK盤の「X」部分は、箔っぽくなってます。
20080506225155s-.jpg

この画像じゃ判りにくいかな・・・でも、渋いよん♪
UK盤(限定盤)は箱仕様になってます。箱を開けると・・・
20080506225352s-.jpg

これでもかってくらい折りたたまれた(苦笑)ポスターと
他、いろいろと入ってます。
20080506225320s-.jpg

左上から時計回りで、箱の蓋、CD本体、フォトカード、ステッカー
BTとビデオの入ったCDです。


BTは、「SUMMER RAIN」のアコースティックver(これは国内盤にも入ってる)
「ALL I WANT ALL I NEED」のラジオedit(これはUK盤だけ)
「TAKE ME WITH YOU」のライヴver(これはUS盤に入ってる)
「READY TO ROCK」のビデオ(これもUK盤だけ)という布陣。
微妙に被ったりズレたりしてるんですが、一応これでコンプリートw


あ、ちなみに、裏ジャケの曲目のところ、ちゃんと「GOOD TO BE BAD」でしたw
やはり「GOOD TO BE」までのミスはUS盤だけなんですなwww

FIRES OF BABYLON / FIRES OF BABYLON

2008年05月05日 01:54

ire of babylons-
2008
METAL HEAVEN 00052


ヴォイス・オブ・メロディックメタルことロブ・ロックと
ゴリッとしたカッコイイリフ弾かせたら天下一品ルー・セント・ポールが
タッグを組んだっす。
強力な正統派ヘヴィ・メタルっす。
オープニングから、思わず頭を振ってしまうっす。


さすがのルー先生、これでもか!のヘヴィなリフを繰り出してくるっす。
そこに「さぁ、聴けっ!」とばかりにロブ・ロックのヴォーカルが被さってくるっす。
アホみたいな物言いになってるのは自覚してるっす。
でも、こうしか言えないっす。


カッコイイっす!


ライヴ観たい~~~~!
今年のラウパに来ないかなぁ。
それもアリでしょう?


GW後半は正統派ヘヴィ・メタルを聴いて過ごしたいという方は
今すぐ音源をチェックですぞ!


連休も関係なく働きづめのnekometalの、心強い味方になってくれそうな
FIRE OF BABYLON。
ありがとー、ロブ&ルー!!!


というわけで、これからWINTER BANEを聴いてから寝ますw
今夜は「ルー先生の夜」だw

WHITESNAKE / WHITESNAKE

2008年05月04日 02:41

monnshos-.jpg
2008
UICY-93464

ゲフィン移籍以前の作品はリマスターをそろえたので、ここを避けては通れない
というわけで購入決定。
SHM-CDってやつは初めてなのですが、どんなもんだろう・・・と気にもなるし。
しかし、我が家の「紋章」はこれで4枚目?アナログ盤入れたら5枚目?
・・・そんなにいらないだろう>自分(苦笑)。
でもなー、やっぱり欲しかったのよ。


常々言ってることですが、白蛇に関しては「ゲフィン以前」のほうが好きな私。
ゲフィン移籍(=「紋章」の異常とも言える商業的な大成功&その後の迷走)は
なかなかどうして、一言では言えない、私的には「葛藤の日々」であった・・・
というのは大袈裟ですが(笑)、しかし、あながち外れてもいない。


久しぶりに聴きましたよ、紋章。


いいじゃないか・・・(驚)。
あの、シャラシャラシャンシャンシャーシャーした音色が、ぐっと落ち着いて
締まった印象に大変身。恐るべし、SHM-CD。
私のプレーヤーなんてショボショボの安物なんだけど、それでも違うぞ。ビックリ。
紋章との「新たな出会い」って感じだ。
若いときにカッコイイ男は多いけど、年とってカッコイイ男は「本物のカッコイイ男」。
その「『本物のカッコイイ男』の若い頃」を見せてもらった気分だ。解りにくいw
でも、そんな感じ。
紋章に持ってた「なんだかイケ好かないイケメン」的イメージが払拭できた気がする。
買ってよかった。


サウンドさえ落ち着いて聴ければ、曲はいいんだもんね。
今聴くと、この若々しさが眩しすぎるきらいはあるけれど(^^;)。


このシリーズ3枚のうち、聴いたのは紋章だけです、今のところ。
この調子で、「聴くたび『・・・おいおい』って気分になる」SLIP OF THE TONGUEも
もしかしたら「いいじゃないかぁ!」ってなるだろうか。
・・・どうかな(笑)。


これ、シリアル・ナンバーが入ってます。
私のは「3388」。
奇しくも、長嶋さんと原さんだ。
感慨深い(・・・そうか?>自分^^;)。

買っちゃった

2008年05月03日 02:07

買いました。
20080503001827s-.jpg

なぜ今更・・・紋章?


違うんですよぅ・・・いや、3分の1は合ってる・・・
これです↓
20080503002008s-.jpg

紙ジャケの、リマスターの、SHM-CDの、ボックスつき・・・です。


紙ジャケ苦手だしボックスも特にいらなかったんだけど、でもリマスター盤は欲しい
・・・で、結局購入と(^^;)。
これから、じっくり聴いてみます。
(このSHM-CD、私のしょぼいプレーヤーでも効果発揮するんだろうか・・・)


そうそう。
先日のSAXONで会った知り合いが、
「注文してるの忘れてて某CDショップで買ったアルバムが、帰宅したら届いたorz」
ってな話をしてて笑ってたんですが・・・・
あれ?ウチにもなんかきたぞ・・・


熱帯雨林で注文したこと忘れてました>DEF LEPPARDの新譜。
よかった、unionで買わなくて。アブナカッタ(((((^^;)。


これからは、ぽちっと買ったアルバムはメモして仕事机の前に
貼っておきますorz。

SAXONはやっぱり凄かった!

2008年05月01日 23:15

行ってきました。SAXON JAPAN TOUR 2008


無駄に早く渋谷についてしまったので、甘味など食してエネルギー補充w
会場と同時に着いたO-EAST前には、なぜかメタルとは無縁そうな若者達が・・・
「SAXONのファン層、すげー変わったのか!?」と思ったら、お隣で日本の
ヒップホップ系(?)ミュージシャンのライヴだったようです。びっくりした(笑)。


去年のラウパで買いそびれてた日の丸を掲げた騎士のTシャツ(バックプリントが
今回のツアー日程に変更されてる)と、最新アルバムジャケのツアTを、まずは購入。
遭遇した知り合いと(って、何見に行っても知り合いに会うなw)しばし談笑の後
ツアTに着替えてポール前(ステージ向かって右側ブロック)の前から4列目に位置取り。
ふと気がつくとSEはダークネスwなつかしのファルセットが微妙w


開演7時の10分ほど前から、湧き上がるSAXONコール。
「これ、途中で消えたらショボイぞ・・・」と妙な危機感を覚えてしまう私(^^;)。
女声でのコールは心苦しかったけど、途切れさせてなるものか、と使命感さえ感じ(?)
コールし続けました。
そして、約15分間にも渡る絶え間ないSAXONコールのなか、メンバー登場!
異様なまでにもりあがるオーディエンス!そして、私(笑)。


ビフ、相変わらずコートにマフラー(スカーフ?)という「重装備」。かっこいい~!
ポール、サングラスを頭の後ろできゅっと結んでる。なんかイイぞ~♪
大盛り上がりの会場に、メンバーはみんなすごく楽しそうだ!


セットリストはレア~。
ラウパが「定番ヒット曲満載セットリスト」なら、今回は「レアだよ~♪セットリスト」と
言ってよかろうかと。
正直、すいません、知らない曲もありました(((((^^;)。


しかし、ですよ。
これが、もう、言葉もないくらい、楽しいっ!
どの曲も、身体を突き上げてくるっつーんですか、もう、じっとしてろってのが無理。
ジャンプジャンプ!ヘドバンヘドバン!拳を突き上げ叫ばずにいられんっ!
・・・と、我を忘れる1時間・・・って、え?もう終わり!?早っ!


もちろん、鳴り止まぬSAXONコール。ほっほっほ。
程なくアンコールで登場のビフは、セットリストを書いた紙をべりっとはがし
「こんなのカンケーねー」とばかりにビリビリと破り、なんと食べちゃうというパフォーマンスw
ずいぶんと漢な羊だなw
「747」、良かったなぁ・・・・くぅぅぅっ(><)!!!
「DENIMI AND LEATHER」は、やっぱ名曲中の名曲だよぉぉぉ(><)!
というアンコール後も、やはり鳴り止まぬSAXONコール。
「CRUSADER」「BANDS PLAYED ON」で2度目のアンコールは終了。


・・・って、ヘビメタさんは~!?
あ、3回目のアンコールがあるのねっ♪よっしゃ、SAXONコールだ~♪
・・・って、あれ?会場の照明ついちゃったよぉ・・・終わりなのかいっ!?
そう、「HEAVY METAL THUNDER」なしだったのよぉぉぉぉ・・・ショボ~ン・・・


いやいや、ヘビメタさんが無くったって、超強力なライヴでしたとも。
7時すぎにはじまって9時前には終了、実質90分というところでしょうか。
もっともっと観ていたい、聴いていたい、と心から思った。
大満足、大興奮、名古屋と大阪も行きたい!と思ってしまうライヴでした。


ビフが、「ロンドンにいるみたいだ」と感慨深げに話してたのが印象的でした。
バンドのパフォーマンスが物凄く良かったんですが、観客の盛り上がりも凄かった。
メンバーも喜んでくれたんじゃないかな、と思います。
ほんと、観に行けて幸せでした(^^=)。
筋肉痛で二の腕や首が痛いけど、幸せな痛みだわ(笑)。




ここからは余談ですが。
こんな凄いライヴだっつのに、禁止されてるのに携帯で撮影をしてる人が居てさ・・・
液晶、邪魔。ライヴ中、視界に入るあの液晶がどんだけウザいか(--;)。
つか、あの迫力のライヴが、ちっぽけな液晶画面に入ると思ってんのか。
バンドに対する敬意がないよ。腹立つなぁ。
ほんと、ああいうのは止めていただきたい(--;)。

ちょっとお知らせ

2008年05月01日 22:27

こんばんは。
SAXONコールのし過ぎでノドに疲労が来てます、nekometalです。


コメントをくださる皆様に、お知らせです。
コメント入力の仕方が、少し変わります(一手間増えてごめんなさい><)。
コメントを入れていただく際、表示される任意の数字の入力をお願いいたします。
ご面倒をおかけして、申し訳ありませんm(_ _;)m。


なぜだか、突然アイドルのなんたらとか宣伝コメント(?)がついていて驚きました。
地味なブログなので、ここに宣伝置いていかれても効果はあまり期待できないと
思います>宣伝コメ置いていかれた方。
(って、買いても機械的に置いて行くものだろうから、意味ないんでしょうけど^^;)


拙ブログでは、宣伝目的のコメントは削除させていただきます。
生意気言ってすみません。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m。



最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。