スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIBRIA / DEFYING THE RULES

2008年06月29日 02:50

hibria.jpg
2004
SBCD-1019

最強のデビュー・アルバムを出して、それっきり・・・なHIBRIAです。
と思ったら、新しいアルバムはレコーディングもミックスも終わってるようです
(オフィシャル・サイトによれば)。
セカンド・アルバム、楽しみっすね。
これくらい「次のアルバム」が期待されてるバンドも、なかなかないよね
というくらい、物凄いアルバムっす。


曲がいい。
捨て曲ないっす。
どれを取り上げても、盛り上ること間違いなし。
それが10曲・・・新人バンドのライヴだもの、このアルバム、フルで演れば
ショウがやれちゃうよ。
ちゃんとツアー廻ってるようだし、地力もついているはず。
ユーリのヴォーカルも、きっと更に磨かれているはず。
期待は募るねぇ(^^=)。


ブラジルとはいえ、サウンド的にはジャーマンよりな雰囲気が色濃い。
で、ときにはメイデン?と思わせるニュアンスもあったりして、若者だけじゃなく
元若者が聴いててもニヤリとさせられる。
そんなところも非常に魅力的。
そう、「魅力的なアルバム」なんだな。
このアルバムは、ものすごく「出来がいい」です。


そうそう、ユーリにはぜひ髪の毛を伸ばして欲しいけれど、どうなんでしょうか。
と、サウンドと無関係なことが気になってすいませんw
しかし、「サウンドと無関係」なジャケ画が、何より気になってしょうがねーっすw


このジャケットは、ヒドイw。
アルバムの完成度の高さとアートワークのヒドさのギャップが、強烈すぎるw。
こういうジャケ、個人的には大好物なんですが(笑)。


セカンド・アルバムは、ジャケットにも期待したいと思います。
頑張れ、HIBRIA(のアートワーク担当!)。
スポンサーサイト

08年上半期参戦ライヴはこれだけ

2008年06月28日 23:17

2008年上半期、ライヴ参戦はこんな感じ。
なかなか順位はつけられないけど。


2月
HELLOWEEN / GAMMA RAY 新宿厚生年金会館

4月
CHEAP TRICK 日本武道館
SAXON  渋谷O-EAST

5月
ROYAL HUNT  渋谷O-EAST

6月
AVANTASIA 品川ステラボール


あまり行けてないっす。
でも、どーしても行きたい!というライヴには、わりと行けてるかな。どうかな。


下半期参戦予定(つか、決定)は・・・
JUDAS PRIEST
WHITESNAKE / DEF LEPPARD
LOUD PARK '08


まだあと半年あるんだから、あのバンドも、このバンドも、来日して欲しいなー・・・
ラウパには期待してるんだけどな。
そういえば、第二弾の発表はまだなんだろうか。引っ張るねぇ
スラドミ、どうしようかなぁぁぁ・・・・(><;)


お金と時間のハンデを乗り越えて、いいライヴをできるだけ観たいっす。
やっぱライヴは最高っす。


KISS / GOLD (SHM-CD盤)

2008年06月28日 03:28

kiss golds-
2008
UICY-90890/1

1974年から1982年までに発表されたKISS名義のアルバムからだけでなく
メンバー4人のソロアルバムからも1曲ずつ選曲された2枚組ベストアルバムが
SHM-CDで再発。


全40曲のボリューム。初期の名曲がこれでもかと詰まっております。
オススメはDisc2の9曲目まで。70年代アメリカン・ハード・ロックの楽しさテンコ盛り。
(その後は、ソロ曲と第一次KISSの”混迷期”の曲が続きます)
SHM-CDで聴くと、驚くほどタイトでかっこいいっす。
通常CDでも、コレ持ってますが(持ってるのかよw持ってるよwww)・・・
もし、これからこのアルバム買おうかなという方がいらしたら、ぜひSHM-CD盤を。
そうでないと、もったいないっす。
せっかくのいい曲が、いただけない音質のせいで「とっつきにくい」状態だからさ
通常CD盤だと。


70年代のKISSは、勢いとエネルギーはどのバンドより溢れているといえるけれど
正直、サウンドを追求するタイプのバンドではなかったし、演奏力という点でも・・・
チト厳しいものがあった(と思う)。
通常CD盤だと、その「チト厳しい」ところが眼に、いや、耳につきすぎてしまって
肝心の曲や、そのアイデアに辿り着けない場合があると思われます。多分。
特にあの当時の音に慣れていない方には、さぞかし「なんだ、こりゃ」な音だよ。


しかし、このSHM-CD盤は違う。
演奏がうまくなるわけじゃないけど(←当たり前)、すっきりとタイトでくっきり明確な
音と奥行きあるサウンドで、KISSの「曲」と「アイデア」とそのセンスを味わうことが
できること、間違いなし。
「なんだ、こりゃ」な音に、邪魔されないよ。


KISSは、とかくミュージシャンでもアーティストではなくビジネスマンだ、と揶揄されがち。
ライヴも、でかい音(ほんとに音デカいんだ、笑っちゃうくらいw)と派手なしかけで
誤魔化してるとか、批判されがち。
しかし、ですよ。
このバンドの、曲創りのセンスは伊達じゃねーっすよ。


確かに、初期のKISSの演奏や歌は、爆発的に威勢いいけどとても不安定。
しかし、それを補って余りあるセンスがあふれ出てる。汲めども尽きぬ泉の如く。
そこを、ぜひお聴きいただきたい。
SHM-CDの威力が、それを浮かび上がらせてくれてるから。
・・・と、力説してる私も、Disc2の後半(”混迷期”の曲)には困惑なんだけどさ。


とりあえず、SHM-CDで、傑作「REVENGE」を聴きたい!というのが、KISSの
今後のSHM-CD盤リリースへのリクエストです。


あ、この「GOLD」の中で、私のイチオシは、Disc2の4曲目に収録されてる
「I STOLE YOUR LOVE」(邦題:愛の謀略)(←凄い邦題w)です。
カッコよすぎ。

SHM-CD大量リリース

2008年06月28日 00:13

6月24日に、SHM-CDで大量リリースされたタイトルの数々が店頭に並んでますね。
鴨がネギ背負って・・・どころか、鍋も調味料も持参のバカ女nekometal
・・・やっぱり買ってますorz。


しかし、この音の良さは、素通りできねーっす。
30年前の、スッカスカのポコポコだと思ってた「音」が、こんなにタイトでガッツ溢れる
ストレートにカッコいいロックに「なって」、再会できるなんて。
生まれる前から文系の私には、なにがどうなってこんな音質になるんだか
説明されてもサッパリなんですが・・・
先端技術万歳。


この先、どのバンドのどのタイトルがSHM-CDで再発になるのか
(どのバンドの新譜がリリースされるのか、も)
考えると楽しみでしょうがねーっす。
・・・お財布的には「恐ろしくてしょーがねーっす」ですが(^^;)。


ま、私は別にブランド物買うこともないし、ダイヤの指輪を買うこともないし
大好きな音楽だもの、少しくらいお金遣っても、無問題だよ。










明日のランチは・・・おにぎりだな(笑)。

STREAM / CHASIN' THE DRAGON

2008年06月26日 01:41

steam chain the dragon
2003
MAUSOLEUM 251029

98年発表のアルバムの、再発みたいです。
それに合わせてジャケットも変えたみたいですけど、そうなのかな。


そもそも、なんでこれを買ったのかがよくわからない。
多分、ジャケ買い&エリック・シンガーが参加してるってことで買った(はず)。
元々は、Peter Scheithauerのプロジェクトみたいです。
ヴォーカルは、元HOUSE OF LORDSのデヴィッド・グレン・エイズリー
で、ドラムは、AVANTASIAでの来日が叶わなかった(^^;)エリック・シンガー
多国籍軍ですな。


どう?と訊かれたら・・・「ヘヴィ・メタルでした」。
ジャケットから想像した音とは、ちょっと・・・いや、全然違う(笑)。
どうしたんだろう、このジャケ。なんでコレにしたんだろう。謎。
つか、ねーよwですわ。
いえ、個人的にこういうB級臭ぷんぷんのジャケットは好みなんですが(笑)
中身の音とあってなかろう・・・と思う。


若干、サウンド・プロダクションに難有りだと思います。
ちょっと音がぺらっとしててもったいない。もっと重めにつくって欲しいところだ。
デモ・テープかとオモタよ、と言われそうなクオリティなのよ。なんでだ。


なんか、こう、全体的に「・・・うーん」という感じ。
中古屋さんで、1000円とかであったら買いだと思います。
1500円でも、損したとは思わない。
でも、新品外盤3500円だったら・・・買わないかも。すいません。




昨夜の、鋼鉄神と予言者のコラボにすっかりヤラレてて
今夜は、何聴いても、なんだかぼんやりしちまいます。
じわじわキテるのか>鋼鉄神の予言者。
恐るべし、神様!
・・・って、神様なんだから当たり前だよ>自分。

JUDAS PRIEST / NOSTRADAMUS

2008年06月25日 02:33

judas priest nostradumss-
2008
SICP 1914-5

巷で話題の、鋼鉄神の長い歴史の中で初のコンセプト・アルバムです。
2枚組・100分という力作。
ジャケットの予言者の眼も豪快に光っております。怖。


これは・・・むむむむむ・・・手強いぞ。


少なくとも、これまでのどのアルバムとも共通点はないよね、と思う。
前作「ANGEL OF RETRIBUTION」、私はかなり好きなアルバムなのですが
その”次回作”となった「NOSTRADAMUS」は、もう全然まったく別モノだ。


一度聴いて、「これは、気合を入れて聴かねば」と思いました。
で、二度目・・・「こ、これは、更に気合を入れて聴かねばぁぁぁ!」と。
しかし、一晩に三度聴ける感じじゃないっす。


じーっと聴いてると、なんかこう・・・潰されそう(^^;)。
重圧感があるっつーんでしょうか。
多分、何かしながら聴いてると「あーなんかビミョーかも・・・」と思うんだと思う。
でも、じーっとじっくりと聴いてると、身体的にもキモチ的にも、ぐぐぐぐーっと
重金属なプレッシャーがかかってくる。
そういうアルバムだと思う。


嫌な感じも、息苦しい感じも、まったくなく、ただ重圧がかかってくる感じ。
そのことに、戸惑っております。
なんか、ちょっとこれは経験したこと無い感じ。
なんだろう、これ。


何言ってんだよ、って文章になってるのは、百も承知なんですが
正直な感覚です。
うううううううむむむむむ・・・・


これ、もう一度、ちゃんと書くことにします。
今夜、”このアルバムの感想”を書ける気がしません。


鋼鉄神の新譜は、手強い。
予言者、やばいっす。

08年の上半期もそろそろ

2008年06月23日 03:21

はたと気がついたら、そろそろ6月も下旬・・・
2008年の上半期も終わろうって時期です。
昨年末、なんか勝手に こんな記事をUPしたんですが、調子に乗って
今年もやってみようかと。・・・気が早すぎだっつの。


で、とりあえず半年分をまとめておこうと思います。
2008年リリースのアルバム(外盤、国内盤問わず)で、nekometalが購入して
聴いたもの、ということで・・・

SAINT DEAMON / IN SHADOWS LOST FROM THE BRAVE
AYREON / 01011001
TOBIAS SAMET'S AVANTASIA / THE SCARECROW
LEVERAGE / BLIND FIRE
ROYAL HUNT / COLLISION COURSE
TOBIAS SAMET'S AVANTASIA / THE METAL OPERA GOLD EDITION
FIREWIND / THE PREMONITION
NEVERLAND / REVERSING TIME
STORMWARRIOR / DEADING NORTHE
BRAINSTORM / DOWNBURST
ALESTORM / CAPTAIN MORGAN'S REVENGE
THE CODEX / THE CODEX
WHITESNAKE / GOOD TO BE BAD
KIUAS / THE NEW DARK AGE
TESTAMENT / THE FORMATION OF DAMNATION
METALIUM / INCUBUS -chapter seven
DEF LEPPARD / SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE
FIRES OF BABYLON / FIRES OF BABYLON
WHITESNAKE / 30TH ANNIVERSARY COLLECTION
JORN / LONELY ARE THE BRAVE
REVOLUTION RENAISSANCE / NEW ERA


とりあえず、ざざーっと拾って21タイトル。
月平均4枚に満たない購入。
相変わらず、新譜は少ないっす。
選ぶのにも苦労しなさそうじゃん。


・・・とはいきませんがな。
今年の上半期は、好きなバンドのとても好きなアルバムが目白押し。
あさっては鋼鉄神の新譜国内盤の発売ですよ。タイヘンだw


という今夜のお供は、BRAINSTORMです。
かっこいいなぁ(^^=)♪



おまけサンプラー

2008年06月22日 03:27

"CLASSIC ROCK"のオマケのサンプラーです。
20080622024236.jpg

表紙は欧州廻ってるKISS。今月は夏フェスの特集ですな。
白蛇&豹もどーんと出てます。カヴァのインタビューもあり♪
新譜紹介では、JUDAS PRIESTが大きく取り上げられてます。


で、サンプラーに収録されてるのは
EXECUTIONER'S DAY / HEAVEN'S BASEMENT
BURN THE WITCH / STONE GODS
IN THE SIGN OF THE OCTOPUS / THE HELLACOTERS
ALL FOR LOVE / WHITESNAKE
NEVER WALK AWAY / JOURNEY
TEENAGE REVOLUTION / HANOI ROCKS
OVERLOAD / URIAH HEEP
BETWEEN THE LINES / DANNY BRYANT'S REDEYEBAND
PORCELAIN HEART (EDIT) / OPETH
BAD ACTRESS / DEF LEPPARD
DANCERS AT THE END OF TIME / HOWLIN RAIN
START TALKING / MAGNUM
MY BLEEDNIG HAND / THE PINEAPPLE THIEF
LOVE COMMUNION / GLENN HUGHES
以上、たっぷり14曲。


守備範囲外のバンドも、もちろん入ってるんですが、こういうのでもなければ
ずーっと聴くこともないだろうしなぁ・・・と、1曲ずつわりとじっくり聴いてみました。
で、じっくり聴いてるのがツラくなってくる場合もあるわけですが(^^;)
URIAH HEEP買おうかなーとか、思ったりもします。・・・あぶねーw
JOURNEYは買わないなーとかも。(←ヴォーカル違いすぎて、別なバンドに聴こえる)
MAGNUMやっぱライヴ観たいなーとか、グレン・ヒューズ相変わらずだわーとか
けっこう面白いっす。


ちなみに、今月号の裏表紙は、どーんとJUDAS PRIESTの新譜全面広告。
このジャケは怖いw
予言者様の目が光っちゃってるもんなーw


・・・来日公演で、このTシャツ、きっと買います(笑)。

WHITESNAKE / 30TH ANNIVERSARY COLLECTION

2008年06月21日 02:10

20080621011838.jpg
2008
EMI 50999 2 12661 2 6

買おうかな~どうしようかな~と思ってる間に、気がついたら届いてたw
いえ、もちろん自分がクリックしたからなんですけど。面目ない。
今年の欧州ツアーに合わせてEMIから出た「30周年記念ベスト」です。


3枚組、全52曲のボリュームです。
デジタル・リマスターです。
懐かしい写真の数々も嬉しいブックレットも入ってます。
”WHITESNAKE30周年記念”と銘打ってますが、COVERDALE/PAGEの曲も
なぜかしっかり(ちゃっかり?w)収録。さすがカヴァ(笑)。
最新の「BEST YEARS」も収録。
そして、ラストの52曲目は、もちろん「WE WISH YOU WELL」。
白蛇好きには、来日までの、和みのベスト盤といっていいでしょう。
雨林なら、これがわずか3000円。そりゃクリックしちゃうよねw


白蛇のオリジナル・アルバムは、アナログ盤も合わせたら3~6種類ずつ持ってますが
(って、同じアルバム6種類もいらないだろ>自分)、ベスト盤もなんだかイロイロ・・・・
我が家の「白蛇ベスト盤」は何種類目なんだろう。
白蛇用ラックも、けっこうみっちりだ。
とはいっても、別に、私はコレクターではありません。
再発や各国盤コンプリートを目指してるってわけでもありません。
自主的に白蛇組に会費払ってるようなものでしょうか。
厳しい年貢の取立てにあってる、と感じることがないでもありませんが(苦笑)。


しかし、何度聴いても、いいものはいい。
今夜は、このベストアルバムと共に過ごします。
1曲1曲に思い出や思い入れがあるもんだわ。
人に歴史あり、白蛇に歴史あり、nekometalにも(地味にw)歴史あり(笑)。

JORN / LONELY ARE THE BRAVE

2008年06月20日 02:31

jorn lonely are the braves-
2008
FR CD 374L

あの感動のライヴは先週のことでしたねぇ・・・の、ヨルン・ランデの新譜です。
国内盤が8月に出ますが、待ちきれずに購入。


イギリスの雑誌「CLASSIC ROCK」にアルバムの宣伝が載ってたんですが、
Another classic Hard Rcok masterpiece
from the amazing Norwegian singer.
Essential for Whitesnake and DIO fans.
だそうです。
白蛇に異論はないが、DIOか・・・そうか、なるほど。
微妙に違ってる気もするけど、バンドの佇まいとしてはそうかもね。


一言で言うと、「力作」です。
正統といえば、あまりに正統。
真っ向勝負という感じです。
ヘヴィネスとブルーズ・ロックとの強力タッグ、といった仕上がりです。
気合の入ったヴォーカルに、思わず聴いてるこちらも居住まいを正してしまう
・・・居住まい正しておお~っ!と拳を振り上げる、だけど。ほほほ。


どの曲も、ヨルン・ランデのパワーを見せ付けられるわけですが
#1「LONELY ARE THE BRAVE」で、いきなり首根っこを掴まれます。ガシッと。
#3「WAR OF THE WORLD」で、強烈なボディを喰らいます。
#5「SOUL OF THE WIND」、タイトルがもういいもんね。
この曲のオープニング、ああ、ヨルンは北欧の人だ、って思うよ。←ほんと。
#6「MAN OF THE DARK」、この曲好き。物凄く好みだ。
ヨルンの声を、心行くまで味わえます。


ボートラで、「STORMBRINGER」演ってます。
もう、何もいいますまい。
次回作のボートラでは「MISTREATED」を熱烈希望(笑)。


しつこいようですが、国内盤は8月です。
そんなに待てますか?
外盤と国内盤、2枚持っててもいいアルバムだと思うなぁぁぁぁ。






・・・って、どこの回し者だよw>自分(((((((( ̄▽ ̄;

思わぬところで

2008年06月19日 23:56

渋谷をフラフラしてたら「眼鏡一式3150円」という看板を発見。
コンタクトやメガネは、ドのつく近眼の私には必需品。
替えメガネをもう一つ買っとこうかな、と店内へ。
私の度では非球面レンズでないとえらいことになるので、若干金額をプラス
ってことになりましたが、手ごろな値段で新しいメガネを購入しました。

接客をしてくれた店員さんが、私の着ていた某バンドのTシャツを見て
「ファンなんですか?ウチの弟が大好きなんですよ~」と。
おお~!それはそれは!んまー、店員さんの弟さんならお若いでしょうに
お若いファンがいるというのは、素晴らしいことだ。ほほほ。


「そうですか、どうぞよろしくお伝えください」と思わず口走ってしまったけど
何をよろしくなんだよ>自分。
店員さん、すいませんでした(^^;)。
でも、やっぱり・・・・よろしくお伝えください(笑)。

思わぬところで同じバンドのファンだなんて話が出ると、ちょっと嬉しいもんですな。
新しいメガネも、一層快適な気がするぞ(笑)。


REVOLUTION RENAISSANCE / NEW ERA

2008年06月19日 01:13

revolution renaissance new era
2008
FR CD 375


ティモ・トルキ、STRATOVARIUS「解散」宣言後、初のプロジェクトです。
「大ティモのいないSTRATOVARIUS」は、活動を続けるのだろうか・・・
ストヴァリに思い入れのある私は、ちと複雑な気分になってしまいます。ううむ。


と、そんな中、ヴォーカルにトビアス・サメット、マイケル・キスク、そしてそして!
パシ・ランタネン(おー!)を迎えた、このアルバムを聴いております。


このアルバム、文字通り「大ティモの音楽」です。
つか、STRATOVARIUSです
ヴォーカルが小ティモじゃないSTRATOVARIUS」です


というわけで、STRATOVARIUSが好きで、大ティモ節が好きな方には
心の底からオススメいたします。
「お!あのSTRATOVARIUSが戻ってきた!」と思われること、請け合いです。
あの、っていうのは、全盛期の、って意味で。
いい曲揃ってます。
ちょっと懐かしい風味も漂いますが、そこは「これぞ大ティモ節」ってことで。


しかし「STRATOVARIUSは、大ティモ節と小ティモのヘロ気味哀愁声の合わせ技!」
と仰る方には、「何かが違う・・・」と思われると思います。


ヴォーカルをとっているトビーは、それはそれは伸びやかに気持ち良さそうに歌ってます。
”ヴォーカリスト・トビー”がお好きな方は、ぜひお聴きください。とてもいいです。
喜助どんも、余裕のヴォーカルです。これまた、情感たっぷりのバラードなど聴かせます。
ちょっとぐっときちゃうくらい、いいです。


そして、私の大好きな(しかし、いまいちブレイクしないorz)THUNDERSTONEの
元ヴォーカル、パシ・ランタネンが3曲参加。
パシが歌うというニュースを見たときには、躍り上がって喜んだのですが・・・
・・・え・・・パシ?と、正直、驚きました。
THUNDERSTONE時代の、ワイルドなヴォーカル・スタイルとは、ちょっと違うぞ・・・。
若干、細く軽やか系な匂いさえするんだけど・・・。
ううむ。これはどういうことなんだろう。
どう理解すべきなんだろう。
このスタイルでやっていくの?
それとも、今回はアルバムに合わせて、こういうスタイルをとったの?
ううううううううむ(==)・・・わからん・・・。


ちょっと、「パシ問題」は、ひとまず棚上げしときます。


このアルバム、初聴では「・・・なんか物足りない」と思いました。
でも、繰り返し聴いていると、じわじわと沁みてきます、耳に、胸に。
スルメのように、かめばかむほど味が出てくる。
私は、このアルバム、好きです。




問題は、パシの今後の動向だ・・・。ううむ。←しつこいw


お待ちかねの2枚

2008年06月18日 00:16

個人的に「お待ちかね」だった2枚を購入。


REVOLUTION RENAISSANCE / NEW ERA
大ティモこと、ティモ・トルキのソロ・プロジェクト。
ヴォーカルが、トビアス・サメット、マイケル・キスク、パシ・ランタネンという豪華な顔ぶれ。
つか、スリップ・ケースに印刷されてる宣伝には、トビーと喜助どんの名前しかなくて
パシが置いてけぼりなんですけど(涙)。
トビーが#1、6
喜助とんが#2、4、8、9、10
パシが#3、5、7
を、それぞれ担当しています。
パシの”最新”の声なので、是が非でも購入して聴かねば!と。


JORN / LONELY ARE THE BRAVE
国内盤は8月。ちょっと先すぎるよなーと・・・待ちきれず購入。
ボートラが違ったりしたら・・・ええ、買いますよ、買いますとも。ひー(><)!
池袋のunionでは、平積みコーナーにおいてありました。
が・・・翌日には(モトリーの新譜が出たからでしょうか)通常コーナーに置かれてた。
むむむ・・・平積みコーナーへの復帰を希望!


と、2日続けてunionに立ち寄ってる馬鹿は私です。
JUDAS PRIESTの新譜もリミテッド・エディションの、なんかスゲーのが入ってました。
が、こちらは来週国内盤が出るので、来週購入します。


で、白蛇の30周年の3枚組ベスト盤(EMIの)が入ってて、これまた・・・(==;)。
ううう~・・・どうしよう。
音源はそれぞれ、持ってるやつばかり(当たり前w)なんだけど、カヴァペーの曲もあり
それもデジタル・リマスターだっつーのよ。
やはり買わざるを得ないのか>nekometal!?
ああ、オソロシや。


ドリーム・ジャンボは見事にハズレてたので、ただ今お財布と相談中です。とほほ。

JORN / THE DUKE

2008年06月16日 02:58

jorn the duke
2006
MICP-10577


AVANTASIAでの来日も記憶に新しいヨルン・ランデのソロ仕事です。
AVANTASIAのライヴ後、グッズ売り場にも並んでました、このアルバム。
CDを吟味してる人たちに、「このアルバムいいよ~!買いだよ~ん!」と
どれだけ言いたかったか。


というくらい、このアルバムは、完成度高し
ヨルン・ランデのヴォーカルが、とにかく凄まじいです。
圧倒的なヴォーカルにヤラレたい!という方には、強力にオススメします。


曲もまたいいんだよ。ほんと、いい曲揃いのアルバムです。
ヨルン・ランデは、ヴォーカリストとしての評価が高いのはもちろんですが
曲作りの点でも、もっともっと評価されていい人だと思う。


ミドル・テンポの「ザ・ヘヴィ・メタル」なサウンドと曲が満載です。
非常に気持ちよく、ヨルンの絶唱に圧倒されまくります。
個人的には2曲目「BLACKSONG」のような、抑えめヨルン節も好きだけど
やはり、これでどうだ!と強烈な力を見せ付けてくるような曲が魅力かな。
そのまんま白蛇(カヴァ)っぽい「DUKE OF LOVE」や「BURNING CHAINS」
とか、もう、なんか顔がニヤケちまいます( ̄ー ̄=)。


新しいアルバムも(国内盤は)8月に出るってことで、非常に楽しみです。
ヨルン・ランデ、JORN名義で来日すればいいのになぁ。
プロモも兼ねてさ。いい機会だと思うんだけどな~。
ライヴで”2時間ヨルン”・・・このヴォーカルに、ヤラレまくってみたい。
JORN来日、熱烈希望!

AVANTASIA参戦チラ裏話

2008年06月15日 02:27

ショウ当日夜は、幸せすぎて夢の中をフワフワと漂っていたんですが
1日経って、AVANTASIAご一行様も機上の人となり、寂しさひとしおっす(涙)。
南米と欧州後半終わったら、もう一度日本に来てくれないかしら。
9月とかに。
って、この秋の来日ラッシュに拍車をかけようってのか。財布的に自殺行為だろ。
いや、でも、借金してでも観たいぞ!←ムチャw


前日に「頭振り過ぎてコンタクト落とさないようにしないと」と笑い話のつもりで
書いたんだけど、シャレにならなかったんだよ、実は。
出かける準備中にコンタクトを流しちゃったのよ(ぎゃーっ!)orz。
で、急遽近所の眼科へ飛び込んで、間に合わせのコンタクトをゲットした次第。
しかし、私の眼は非常に強度の近視&性質の悪い乱視で、コンタクトは特注。
泣く泣く、中途半端な視力での参戦だったのでした。とほほ。


そんな状態の眼にも、トビーの男前っぷりは焼きついた。
あと・・・ワカメ食え、トビー・・・ということも焼きついた(←余計なお世話)。
私はとても面食いなので(同意してくれる友人は極めて少ないがw)そういう点でも
AVANTASIAのショウは堪能させていただいた。ほほほ。


ヨルン・ランデの奥目っぷりも焼きついた。
陶器のジョッキに注がれたビールが似合いそうな口元と顎も焼きついた。
厚い胸板と、発達した大腿の筋肉も焼きついた。カッコよすぎる。
「ベオウルフ」(←映画ね)に出演してても何の違和感もないはず。
若干ヨレったMCは、時差ボケのせいなのか、本人のキャラなのか不明w
でも、好きだわw


アンドレ・マトスの、シャンプーのCMオファーがきそうな髪の毛も焼きついた。
アマンダ姐さんとの、「サラサラロン毛振り回し対決」は見事だったw
ダイナマイト(すぎる)ボディのアマンダ姐さんと、ふっくらマトスの対決は
ものすごく・・・連獅子でした。
御召替しても、やっぱり「ヒラヒラ」なシャツとイカシたブーツも、もちろん
くっきり焼きついた。
・・・スティーヴ・ペリーにますます似てきた、ということも・・・w


オリバー・ハートマンが、実はちょっと遠くてイマイチ焼き付けられなかった。
マイクスタンドから離れなかったしね。
1曲くらい、ギターを置いてハンドマイクで歌ってもよかったのになぁ。
ってワケにはいかないか。
でも、ほら、サシャが猛烈に弾きまくるとかしてさ(←無理w)。
あ、でも、潔い髪型は焼きついた。カッコよかった。
10ドルでいいなら、授業受けたいっすw


サシャ・ピート、髪の毛もっさーは相変わらず。
普段着でのライヴも相変わらず(笑)。
ギターの音色がやや細めだった気がするけど、あれはそういう狙いなのかな。


アマンダ姐さん、ダイナマイトでした。いろんな意味で。
メンバー紹介のとき、いまひとつ反応が悪い観客(男子に向かってだと思うけど)に
トビーが「お前ら、ゲイか?」って突っ込みいれてたけど、多分、アマンダ姐さんの
ダイナマイトっぷりが、日本男子には荷が重かったんだと思うよ・・・(((((-┃
パンチの効いたいい声だった。
ヨルン・ランデとの掛け合いは、迫力あったな~。


と、うだうだとチラ裏な話を書き続けて、AVANATSIAの一夜限りのショウが
終わってしまったという寂しさを紛らそうとする私であった。ショボン(´・ω・`)。


でも、JORNの新譜ももうすぐだし、EDGUYの新譜も年内って噂だし
AVANTASIAの次回作も作るって話だし、DVDも出るはず(と信じてる)。
それらを楽しみに、また頑張って働くことにする。うん。

AVANTASIA来日公演、行ってきた!

2008年06月14日 01:48

行ってきました>AVANTASIA日本公演。
日本で1回だけ、てゆーか、トビーも言ってたけど「アジアで1回だけ」。
ボブ・カトレイはいなかったけど、喜助どんもいなかったけど、でもでも
文字通り夢にまでみたAVANTASIAのショウです。


会場は品川のステラボール。初めて行った。
映画館や水族館、回転木馬(!)まであるんだよ。その中の一部がホール。
ものすごく横に広い会場で、両脇は客いれてませんでした。
ステージ正面だけを囲って、そこには多分7~800か、もっと客がいたはず。
私は、真ん中、多分前から10列目とかそこらへんに位置取りしてスタンバイ。
ステージ上は中二階が作られてて、ドラムセットの両側に5段くらいの階段。
なんだかステージが低めで、階段の上に立ってくれればよく見えるな~という感じ。


7時を廻ったところで、いよいよAVANTASIA登場!
照明落ちてから開始まで、若干時間がかかったのはご愛嬌w
トビーの登場に俄然盛り上る会場!
真っ黒だった背景に、下から骸骨案山子のでっかいプリントがぐおーっと上がる!


セットリストは、欧州とほぼ一緒。つか、一緒だったのでは。
ヨルン・ランデの登場で、観客大盛り上がり。嬉しい(^^=)♪
ヨルンも楽しそうだったよ。時差ぼけだ(トビー談w)って言ってたけど、あの歌は圧巻。
お馴染みのヒラヒラシャツに身を包んだサラサラヘアーのアンドレ・マトスも楽しそう。
ほんとに元気で、日本語で挨拶までしてくれて、これまたサービス精神旺盛。
さらにふっくらした気がするけどwステージ上を駆け回りつつ伸びのある声を披露しまくり。


「ボブ・カトレイはいないけど、全部やるよ」とトビーがちゃんと説明して
「THE STORY AIN'T OVER」(トビーのヴォーカル)も演ってくれました。


トビーのMCはサービス満点。客弄りが巧いよ。英語もすごく解り易い。
「ANOTHER ANGEL DOWN」の前フリがシモ話かよwと突っ込みたかったけどw
それも含めて、トビーは喋り上手だわ、と思う。
メンバー紹介も良かったなぁ。メンバー同士もうまくいってる感じ。仲良さそう。
個人的には、サシャ・ピートを紹介するとき
「この前はポール・スタンレーみたいな髪型だったけど」
っていうのに笑わせてもらったw
撮影が入ってて、「アジアでこんなにウケてるんだ、ってところを見せたいから
みんな、でかい声頼むぜ!」ってな煽りも、トビーがいうと嫌味ないんだよねぇ。
私も、いつもの3倍の声(当社比)で参加させてもらいましたw


ワールド・ツアーのDVDを熱烈希望。
出してくれ、トビー。
待ってるよ~ん♪


トビーの、ショウマン・シップに脱帽です。
ほんと、凄かった。
改めて、トビアス・サメットだから成しえたAVANTASIAのツアーなんだと思った。
頭髪関係が若干キビシイ感じだったけど(トビー・・・)やっぱり男前だった。
表情豊か、表現力豊か、サービス精神満点の、”座長”トビー、最高です!


ヨルン・ランデのヴォーカル・・・期待に違わぬ圧倒的な存在感に茫然自失。
いやもう・・・参りました。
声といい、存在感といい、デカイ身体にデカイ歌唱といい、とにかくすげー!!!
奥目のヴァイキングは、やっぱり魂振るわせるヴォーカリストでした。


アンドレ・マトス、いい声&いい笑顔&ナイスなヒラヒラシャツw
喜助どんのパートを受け持ったりしたので、喜助ファン(いや、私もだけどさ)には
「マトスじゃなぁ・・・」なんてこともいわれたりしてたようですが(私は言ってない)
アンドレ・マトスのヴォーカル、堪能させてもらいました。
本当に楽しそうで、もしかしたらショウを一番楽しんでたのはアンドレかも・・・
と思うほどだった(^^)。


AVANTASIA来日公演は、文句なしの素晴らしいライヴでした。


ただ、音が小さかった気がする。
もうちょっとデカイ音でお願いしたかった。
オリバー・ハートマンのヴォーカル・マイクのレベルは5割上げて欲しかったかも。
せっかくのいい声がもったいなかったよぅ・・・。


それと、Tシャツのサイズ~・・・ツアーデイトが入ってるやつはSがなかったorz。
しょうがないからM買ったんだけど、なんと私が買ったのがMサイズ最後の1枚。
危なかった・・・Mでもでかいのに、Lじゃタイヘンだったよ。
Sサイズがあったのはコレだけだった。
ライヴ中はコレ着てました(行くときはマンドレイク着てましたw)。
20080614010103.jpg

汗かいたので、帰宅してさっそくお洗濯しました。
多分、この夏、着倒すと思います(笑)。


心地よい疲れと、なんだかまだ夢の中にいるみたいな浮遊感を感じてます。
すごいショウを観せてくれたAVANTASIAに感謝感謝です。
そして、この壮大なプロジェクトを成してくれたトビーに、改めて敬意を表します。


また来てくれ!
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA
最高! 
 



明日の今頃は

2008年06月13日 01:35

いよいよです。
AVANTASIA、たった一夜の来日公演です。


明日の今頃は、もう終わってるんだなぁ・・・
と思うと、すでに悲しくなってるんですけど。←馬鹿。


どの曲のどのパートを誰が歌ってたか、とか覚えてる自信がない。
多分、舞い上がって「うっひゃーっ( ̄▽ ̄=)!」ってなるだけだろうから。
毎度のことですが、明日は初生ヨルンなので、特に。


明日の今頃は、口からエクトプラズム吐きながらぼーっとしてるに違いない。
ライヴ参戦メモがUPできるかどうか解りません(笑)。




とりあえず、頭振り過ぎてコンタクト落とさないようにしないとw


早くこいこい、13日の金曜日♪

2008年06月12日 02:51

今さっき、お風呂に入っててバスタブにつかりながらうたた寝してしまい
ほんの短い時間で夢を見た。


AVANTASIAの公演へ向かおうとしたのだけど、ものすごい豪雨で
電車が止まってる!復旧の見通しはない!
タクシーも全然つかまらない!
どうすんの!?間に合わない~っ(><)!!!


というところで、あやうく溺れかけて目が覚めた。
怖すぎw


楽しみすぎて、夢にまで見るとは。
ま、こんな夢だけどさ。
nekometal、お前は遠足前夜の小学生か。


AVANTASIAご一行様は、今頃どこで何をしているのやら。
13日の金曜日が、こんなに待ち遠しかったことはないよw

来日ラッシュ:嬉しい悲鳴w

2008年06月11日 02:51

"メタル・ゴッド"JUDAS PRIEST の来日が正式発表になりました。
行けそうなのは、9月28日の横浜と翌日の武道館かなー。
ていうか、武道館は絶対行くけど。
遠征できたら幸せだけど、なかなかそうもいかないし。
日程的にも懐的にも厳しいもんなぁ。とほほ。


なんせ、この秋はタイヘンだ。
9月29日が鋼鉄神。
10月18日&19日がラウパ。
10月23日&24日が白蛇&豹。



文字通り「嬉しい悲鳴」だ。
もう、キャーキャーだ。
なに、このめくるめく3週間
夢のようだわ(笑)。


待ち望んで待ちくたびれそうなバンドは、とんと音沙汰がないけれど
それでも、こうして楽しみな来日が続くのは幸せなことだ。


いよいよAVANTASIAまでは、あと2日。
どれほど楽しみにしてるかを書こうと思ったんだけど、言語化できない(苦笑)。
それくらい、楽しみで楽しみで泣けてくる。
・・・馬鹿だねぇ>自分(^^;)。


ANOTHER ANGEL DOWNで、♪WE ROCK THE BALL!って
ヨルン・ランデとトビーがシャウトするのを、生で、同じ空気の中で聴けるんだ。
って、これはもう、眩暈がしそうなくらい、待ち遠しい。




「これ以上」を望んだら、バチが当たりそうだ。
感謝感謝でございます。

祝・ロックの日

2008年06月09日 03:01

寝る前に気がついた。

今日、日、ロックの日じゃん。


というわけで、猫メタルもロックの日をお祝いしたい。
METAL FOREVER!
b398349a.gif

セトリ拾っちゃったけど・・・

2008年06月09日 01:53

事前情報は避けようと思ってたのに、つい拾ってしまったorz。
AVANTASIAツアーのセトリのようですが・・・しかし、参加メンバーが違うので
この通りではないんだろうな>日本公演・・・と思います。


参加メンバーが違うといえば、ドラマーが変更になったそうな。
まさかのエリック・シンガーか!?と一瞬思いましたが、違います。
フェリックスが来ることになったようです。


この後、拾いモノです。
避けたい方は、スルーしてくださいm(_ _)m。

[セトリ拾っちゃったけど・・・]の続きを読む

TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / THE SCARECROW

2008年06月08日 02:36

AVANTASIA SCAREVROWs-
2008
MICP-10710

AVANTASIA 第三弾「THE SCARECROW」は、前二作とうって変わって
渋めのヘヴィメタル・アルバムに仕上がっております。
そして、これ、最高


これに先立ってミニ・アルバムが2枚出て、それを聴いた時点でヤラレまくり
フル・アルバムを今か今かと待ちわびた、あの時間は、自分の中のマゾヒズムを
ちょっと自覚しそうになった日々であったかも。
いや、私にはそーゆー嗜好はないんですが(笑)、ミニ・アルバムの出来が
あまりにも良すぎて、フル・アルバムになったらどーなるんだろーと思いつつ
ジリジリと「早く聴きたい早く聴きたい」と悶々としながらも、お腹がすけばすくほど
ごちそうを食したときの快感は大きいのよね、フフフ・・・なんて思ったりもしてたから
・・・いかん、ちょっと変態はいってるぞ>nekometal・・・


曲のクオリティがハンパなくいい。
このアルバム、曲もアレンジも演奏もヴォーカルも、何もかもが好きだ。


そりゃ、あちこちでアレコレ言われてるのも知ってるけど
そーゆー”アレコレ”が気にならないんだよ。
カチンとくる、ってことすらない。
世界で二番目に短気な私にしては、珍しいことだ。
普段なら、自分の好きなアルバムをアレコレ言われると、「なんだとぅヽ(#`Д´)ノ!」
とプンスカになるところ、このアルバムに関しては、悪評を聴いても気にならない。
そーゆーのが耳を素通りしていくみたいだ。
なぜかはわからん。うーむ。


来日公演には、喜助どんとボブ・カトレイが不参加ということで(ロイ・カーンもだね)
このアルバムで「是非生で聴きたいっ!」と思ってた「SHELTER FROM THE RAIN」が
聴けそうにないかなぁ・・・
でも、マトスとヨルン・ランデとトビーでやってくれないかなぁ・・・


「CRY JUST A LITTLE」が、なんだよってくらい好きなんだけど、これもなぁ・・・
でも、ヨルン・ランデのバラードも生で聴いてみたいから、ボブ・カトレイのパートを
ヨルンが歌ってくれたりしないかなぁ・・・
この曲、ほんとにいい曲だよ。
ほんとに、ほんとに、いい曲だよ。


このアルバムが届いた時点で、AVANATSIAのワールドツアーを熱烈希望していたけど
まさか本当に来日してくれるなんてね。
ヨーロッパまで行かなくちゃいけないかと、かなり本気で考えてましたよ、あたしゃ。
正式に来日決定!の報をJMJさんの「JORN LANDE専門」で見たときには
モニターに向かって「よっしゃー!」とガッツポーズを作りましたがな(実話)。


それが、いよいよ♪もういくつねーるーと♪なんだよ。泣きそうだ(^^;)。ヤバシ。
馬鹿だと思われるだろうけど、ライヴが終わるときのこと考えると、今から悲しいよ。
馬鹿っていうか、痛いよ>自分(苦笑)。
でも、本心。
終わらなきゃいいのに。


ライヴ、6時間くらい演ってくれないかな

TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / THE METAL OPERA II

2008年06月07日 02:29

the metal opera 2s-
2002
VICP-61983

昨日に引き続き、AVANTASIA 。今日は第二弾「THE METAL OPERA II」。
喜助どん、ボブ・カトレイも参加し、いっそう厚みを増すヴォーカル陣に感嘆。


オープニングから、いきなり14分超えの大作を持ってきてるあたり
第一弾成功の自信の表れとみた。「いける」というトビーの気合が見えるね。
で、2曲目の「NO RETURN」は、メロディック・スピード・メタル然とした展開で
喜助どんとハンセン師匠時代のカボチャを彷彿とさせるわけですが・・・
そこから”トビアス・サメット節”全開の3曲目へ雪崩れ込みます。
ここらへんの「飽きさせないよ~ん」な構成は、心憎いなぁ。


そして、4曲目のボブ・カトレイ”演じる”「智の樹」の声にヤラレるわけですw
この曲はやばいっす。ぐっときすぎる。
ああ、ボブ・カトレイ、緊急参戦!とか言わないかぁ・・・生で聴きたい・・・。


そだ!
ラウパの”M”は、MAGNUMでもいいじゃないか~!


と、いきなり横道に逸れましたが(笑)
第一弾と比べると、1曲1曲がバラエティに富んでる気がします。
トビーのサービス精神がそうさせるのか、あるいは「アイデアが泉のように湧いて
いろいろやっちゃう(やりすぎちゃう)」傾向が顕著に現れたのか。
楽しいことは確かです。
かなりの満腹感を味わえること、請け合いです。


アルバムの最後を飾るバラード曲では、エリック・シンガーがドラムを叩いてます。
ここから第三弾へ、と思うと、ちょっと感慨深いね。
(ただし、第二弾完成時にはそういう話~第三弾ではエリック・シンガーが全面的に
 ドラムを叩く~は出てなかった模様)


第一弾&第二弾と、第三弾では、ずいぶんと気配が変わるわけですが
そして、私は第三弾が物凄い勢いで大好きなんですが
だからといって、第一弾&第二弾が色あせるわけもない。


非常にいいっす。
時間のあるときに、第一弾 → 間髪居れずに第二弾 という聴き方するのが
一番のオススメの「メタル・オペラ鑑賞法」です(^^=)♪

TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / THE METAL OPERA

2008年06月06日 03:04

the metal opera
2001
VICP-61260

いよいよ来週でございます>AVANTASIA来日公演


気分が盛り上ってきた、というより、すでに大興奮wドキドキしております(^^=)♪
というわけで。
一週間、AVANTASIAの歴史を振り返りつつ、来日公演を待ちたいと思います。


このアルバムが、AVANTASIAのスタート。
カイ・ハンセン師匠、ロブ・ロック、アンドレ・マトス、大ティモことティモ・トルキなど
錚々たるメンバーによる、壮大な”ザ・メタル・オペラ”です。
アート・ワークも、まさに!って感じっす♪


20代半ばってところのトビーが、これだけのプロジェクトを、企画しただけでなく
立派に完成させて、大成功させたわけですから、これは本当に凄いことだと思います。
これは、決してトビー好きの贔屓目ではないはず。
きっとタイヘンだったに違いない。楽ではなかったであろうにね。
このアルバムの完成と成功は、トビアス・サメットだからこそ成しえたことという気がする。
参加メンバーを見ても、トビーが欧州メタル界に広い人脈を築いてることが解りますが
トビーの情熱と人間性(エリック・シンガーがべた褒めしてた)の成せる業でしょう。


と、盛大に絶賛する私。
いかに来週に向けて気分が盛り上ってるか、ってことだな。えへへ(^^;)。


来日公演、どういう構成になるのかは、わからん。
というか、AVANTASIAのツアーの情報などは避けようと心がけてます(笑)。
喜助どんのパートはどうするのかな、とか考えるのも、また楽しいしね♪
しかし、気になるのは人情、いや、nekometalだけに猫情w
・・・このアルバムからも演る・・・んだよね・・・?
「AVANTASIA」演るよね?
♪ア~ヴァンテ~イジア~♪と、コーラスする気満々なんですけど。←迷惑w


ちょっと久々に聴いたけど、やっぱりいいアルバムだわ。
改めて噛み締めてる深夜。
AVANTASIA来日公演まで、あと7日っす♪


AYREON / ELECTED

2008年06月05日 01:46

20080605012907.jpg
2008
SPV 79803

AYREON vs. AVANTASIA
と大きく謳ったEPです。
AYREON / 01011001に入ってない曲が3曲入ってます。
1曲目「ELECTED」はトビアス・サメットが歌ってます。


そのために1335円払ったおバカさんは私です・・・orz。


いいんだ。
来週のAVANTASIA来日公演に向けて、急激にテンション上がってきてるし
そりゃ勢いで買ったさ。


でも、メタル・オペラ好きにとっては、あまりに物足りない。
EPだもん。
4曲で終了だもん。


やっぱり、アルバム単位で聴かないとなー・・・・
と、自明のことを今更ながら思うnekometalでございました。


しかし、やはり3曲目「RIDE THE COMET」は圧巻
うーむ、凄い!

ROYAL HUNT 東京公演行ってきた

2008年06月04日 02:23

雨の中、行ってきました。
ROYAL HUNT 東京公演 in 渋谷O-EAST。


メンバーは以下の通り(のはず)。
Vo:マーク・ボールズ
G:マーカス・イデル
B:ペア・シェランダー
D:アラン・ソーレンセン
そして、もちろん
Key:アンドレ・アンダーセン


新宿のunionで買ったチケットの整理番号は300番台。
あんまり売れてなかったりしたらどうしよう・・・と思ったんですが杞憂でした。
6時過ぎに入場したんですが、入りはなかなか。8割がたは埋まってました。
恒例のTシャツ購入へ・・・あらま、種類が少ないorz。
とりあえず長袖T(3500円)を購入。
荷物を預けて着替えて、フロア後方真ん中にスタン・バイ。
この会場だと、いつもはなんとなく前の方へ進んでステージ向かって右側の
4,5列目に位置取りするんですが、今回は音のバランス重視で真ん中へ。


油断してたら、7時5分前に開演だよっ(驚)!珍しいでしょう>前倒しってw。
セットリスト拾ってきました。こんな感じ。

01. Intro
02. River of Pain
03. The First Rock
04. Message to God
05. The Clan
06. Long Way Home
07. Hostile Breed
08. Time Will Tell
09. Tears of the Sun
10. It's Over
11. Chaos A.C.
12. Game of Fear
13. The Mission
14. Never Give Up
15. Can't Let Go
16. Flight
17. Cold City Nights

Encore:

18. Third Stage and Solos
19. Last Goodbye

[ROYAL HUNT 東京公演行ってきた]の続きを読む

IRON FIRE / REVENGE

2008年06月02日 02:12

iron fire revenge
2006
TKCS-85147

デンマークといえば、アンデルセンとIRON FIRE。
そのIRON FIREの3枚目(国内デビュー盤)の「REVENGE」です。
これは、いい。


ファーストとセカンドは、もちろん外盤を購入したわけですが
どうにもこうにも、サウンド・プロダクションがよろしくなかった・・・。
好みではあったものの、曲も演奏も、微妙なニオイもしてたし。


それが、この3枚目で「一皮剥けた」「垢抜けた」という感じです。
音質もぐぐっとよくなってるんですが、曲がカッコよくなってるっす。
カッコよくなってるというか、まとまってすっきりしてきたというか。
方向性ががっちり固まったということなんでしょうか。
「漢!でいく」と。


前2作は、ときどき「・・・あらら」とヨロけてしまいそうになったりしたんですが
これは大丈夫!安心して聴いていられます。


アートワークもこのアルバムで垢抜けたしね~。
好みはあると思いますが(笑)、私は、これ、好き~♪


これからIRON FIRE聴いてみようかな、という方はこのアルバムをどうぞ。
ファーストとセカンドも、中古屋さんには出回ってるけど・・・
「オススメは?」と聴かれたら、nekometalはコレを推します(^^)。



ご報告です

2008年06月01日 03:48

全部の記事、改行直しました。
FC2ブログに引っ越してきてから、けっこう経つのですが
一部過去記事が改行されていない状態のままでした。
せっかく見に来てくださっても、非常に読みにくかったと思います。
ごめんなさいm(_ _)m。


とはいえ、記事の内容はマヌケなままなんですがorz。
うっかり者なので、タイプミスとかもあるかも。
違うよ!というところがあったら、ご指摘ください。


以前のブログ「猫メタル」と、現在のブログ「猫メタル neo」の内容は重複しますので
以前のブログはこれで閉鎖します
今後とも、「猫メタル neo」をよろしくお願いします。


最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。