スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年のベストアルバム♪(後編)

2008年12月31日 02:40

では、僭越ながら、nekometal 的2008年ベストアルバムでございます。
♪ダガダガダガダガダガダガ・・・・(ドラムロールw)

あ、その前に。
PAGANS MIND / GOD'S EQUATION
は、非常に素晴らしい作品で、ベスト3にも入ろうかという勢いなのですが
すでに07年に発表されたもので、国内盤は08年に出ているのですが・・・
ちょっと時間差デカ過ぎということで、今回は外しました。
(でも、ベスト3に入るくらい、素晴らしい作品です!)

では、改めまして・・・
♪ダガダガダガダガダガダガ・・・・(ドラムロールw)♪
ジャン!!

10位 SAINT DEAMON / IN SHADOWS LOST FROM THE BRAVE
SaintDeamon-InShadowsLostFromTheBras-.jpg

豪華メンバーによる、正統派メロディック・パワー・メタル。美しい。
北欧好きならこれは外せませんでしょう。
ぜひ次回作も作って欲しいっす。


9位 JORN / LONELY ARE THE BRAVE
jorn lonely are the braves-

AVANTASIAやALLEN/LANDEでも圧倒的な歌を聴かせるヨルン・ランデの
ここがホームグラウンド。
直球ど真ん中っす。
ヨルンの歌で泣け!という1枚。


8位 DARK EMPIRE / HUMANITY DETHRONED
dark empire humanity deathroneds-

ネオクラ風味を利かせた、ヘヴィメタルの新星。
デビューアルバムとは思えない完成度の高さ、曲の良さ、言うことなし。


7位 FIREWIND / THE PREMONITION
FIREWIND THE PREMONITIONs-

FIREWIND、一皮向けました!の1枚。
バラエティに富んだ曲の数々、ガス・Gのギター、アポロの歌・・・
いいバンドになってますよ、FIREWIND!


6位 EVIL MASQUERADE / FADE TO BLACK
evil masquerade fade to blacks-

多分、あまり世間様では話題に上らないであろう1枚・・・
って、地味な感じですが、内容は素晴らしいっ!!
ネオクラ系パワーメタルがお好きな方には超オススメっす!


5位 TESTAMENT / THE FORMATION OF DAMNATION
testament the formation of damnations-

nekometal にしては珍しくスラッシュです。
が、これは一度聴いたら離れられない1枚です。
一言、「かっこいいっ!」。


4位 BRAINSTORM / DOWNBURST
brainstorm downbursts-

これもまた、6位と同じくあまり話題には上らなさそうですが・・・
しーかーしー!漢な正統派ヘヴィメタルなら、今年はこれです。
と断言してもいいアルバムだと思いますっ!


3位 EDGUY / TINNITUS SANCTUS
EdguyTinnitus.jpg

世間様では賛否両論あるようですが、nekometal はもちろん大絶賛(^^)。
トビーはじめメンバーの成長っぷりに目を見張ります。
EDGUYというバンドの”面白さ”を改めて認識しました。


2位 GRAND MAGUS / IRON WILL
grand magus iron will

unionの試聴コーナーで出逢って、これは~!と思った瞬間から
これを書いてる今現在まで、ずーっと飽きません。
ドゥーム色の”ザ・ヘヴィ・メタル”。名作。


1位 TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / THE SCARECROW
AVANTASIA SCAREVROWs-

2008年を代表する名盤。
これは、もう、どうしても外せない。
文句なし。大傑作!!!



・・・というわけで、10枚選びました。
でもでも、選びきれてな~い~(><;)。。。
4位から10位までの差は、ほとんどないと言っていいと思います。

そして、他にもいいアルバムはあった。いっぱいあったんですよぅぅぅ・・・!
10位には入れなかったけれども、
新しめのバンドでは・・・
FORGOTTEN REALM / POWER AND GLORY
LEVERAGE / BLIND FIRE
KIUAS / THE NEW DARK AGE
HIBRIA / THE SKULL COLLECTORS


いい感じに中堅どころでは・・・
ALMAH / FRAGILE EQUALITY
STORMWARRIOR / DEADING NORTHE


ベテラン勢も力作揃いだったし・・・
ROYAL HUNT / COLLISION COURSE
JUDAS PRIEST / NOSTRADAMUS
AC/DC / BLACK ICE
OSSIAN / KULDETES


というわけで、ほんとうにいいアルバムが揃った2008年でございました。

ヘヴィメタルの神様、ありがとうございました(^^=)。
2009年も、いいアルバムがたくさん聴けますように。


・・・と、ここで、「あれ?なんか忘れてないか?」とお思いでしょうか。
ふっふっふ・・・忘れてなんかおりませんですよぅ( ̄▽ ̄)b♪



[2008年のベストアルバム♪(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

2008年のベストアルバム♪(前編)

2008年12月31日 01:00

大晦日でございます。
ぎりぎりになりましたが、2008年を振り返ってみようと思います。

旧譜を買うことが多いので、今年発表の新譜で、購入し聴いたものは
少ないです(例年通り^^;)。

今年発表の”新譜”でも、ベスト盤やSHM-CDでの再発盤などは除きました。
ミニ・アルバム、シングルも除いています。
なので、ここに挙げるのは新作アルバムに限ります

以下、購入順です。

SAINT DEAMON / IN SHADOWS LOST FROM THE BRAVE
AYREON / 01011001
TOBIAS SAMET'S AVANTASIA / THE SCARECROW
LEVERAGE / BLIND FIRE
ROYAL HUNT / COLLISION COURSE
FIREWIND / THE PREMONITION
NEVERLAND / REVERSING TIME
STORMWARRIOR / DEADING NORTHE
BRAINSTORM / DOWNBURST
ALESTORM / CAPTAIN MORGAN'S REVENGE
THE CODEX / THE CODEX
WHITESNAKE / GOOD TO BE BAD
KIUAS / THE NEW DARK AGE
TESTAMENT / THE FORMATION OF DAMNATION
METALIUM / INCUBUS -chapter seven
DEF LEPPARD / SONGS FROM THE SPARKLE LOUNGE
FIRES OF BABYLON / FIRES OF BABYLON
JORN / LONELY ARE THE BRAVE
REVOLUTION RENAISSANCE / NEW ERA
JUDAS PRIEST / NOSTRADAMUS
EMIR HOT / SEVDAH METAL
SENCIROW / THE NIGHTMARE WITHIN
CRYSTALLION / HATTIN
TIMO TOLKKI / SAANA WARRIOR OF LIGHT PT1
GRAND MAGUS / IRON WILL
FORCE MAJEURE / FROZEN CHAMBERS
SOULSPELL METAL OPERRA / A LEGACY OF HONOR
DRAGONFORCE / ULTRA BEATDOWN
DARK EMPIRE / HUMANITY DETHRONED
BOB CATLEY / IMMORTAL
RAGE / CARVED IN STONE
ALMAH / FRAGILE EQUALITY
REBORN / NORTHERN KINGS
FORGOTTEN REALM / POWER AND GLORY
DIVER / SONS OF THUNDER
EDGUY / TINNITUS SANCTUS
AC/DC / BLACK ICE
OSSIAN / KULDETES
RAVENHEART / VALLEY OF THE DAMNED
CRYONIC TEMPLE / IMMORTAL
HIBRIA / THE SKULL COLLECTORS
SYMPHONITY / VOICE FROM THE SILENCE
ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE / ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE
PAGANS MIND / GOD'S EQUATION
EVIL MASQUERADE / FADE TO BLACK
GUILLOTINE / BLOOD MONEY
PARAGON / SCREENSLAVES
CRADLE OF FILTH / GODSPEED ON THE DEVIL'S THUNDER


48枚かな。
相変わらず、新譜は少ねーっす((((( ̄▽ ̄;)。

旧譜は、多分これの2~3倍くらい買ってるのかなと思いますが
平均すれば月に10枚ちょっととか、そんなもんじゃないでしょうか。

という、せまーい範囲からの”ベストアルバム”なのですが・・・
選びます~。



いっぱいいっぱい

2008年12月30日 21:38

今年も年末のテレ朝に笑わせてもらいました。
クラリオン星人www
須藤元気のビリーバーっぷりも堂に入ってきましたなぁ。

今年も残りわずかです。
2008年のベストアルバムを選ぼうと思って、CDを整理してたら
思わぬ並びになっちまいました。

時計回りで・・・・
左上:腕いっぱい 右上:顔いっぱい 
右下:スカルいっぱい 左下:人&お金いっぱい

20081230162455.jpg

今年に限らず、常に「いっぱいいっぱい」なnekometal、思わず苦笑いっす(^^;)。


オマケ:猫いっぱい

nyan101s-.jpg

むふふふふ(=^^=)♪




アナタの心の中を当てましょう♪

2008年12月29日 02:24

大掃除、鍋、お笑い番組・・・と、非常に年末らしい1日を過ごしましたw
で、のんびりついでに面白いサイトを発見。
ここ→akinator.com

ランプの精が、アナタの思い描く人をズバリ!的中させてみせましょう!
という、お遊びサイトです。

PLAYをクリックして、そこからはランプの精(おっさんだけどw)の質問に
答えていくだけ。
質問項目は、例えば↓こんなのw(クリックすると大きくなります)

EasyCapture13 (2)

で、出てきた名前は・・・じゃじゃ~ん!
大当たり~!(クリックすると大きくなります)

EasyCapture15 (2)

ランプの精、凄いぞー(*゚∀゚)!!!
実は一度目の「答え」は、ブルース・ディッキンソンでしたけど(笑)。

そこで「NO!」をクリックすると、質問が追加されるんですね。
で、またアレコレ訊かれてアレコレ答えて、正解に辿り着いた、とw

いやー、これ、正解が出てきたときはけっこう「おお~!」と驚きますよ~。
ランプのおっさん精、伊達に髭生やしてないねw

マニアックな人を思い描いてると、名前が出てこないのかもしれないっす。
ちょいと有名どころで試してみてはいかがでしょう。
でも、質問項目に「その人は国際的有名人?」とかもあるんだよー。
そうでもないっす、と答えたら、選択肢はアメリカ人限定になったりするのかな。

ま、暇つぶしのお供にw


って、・・・年末の忙しい時期に、暇つぶししてるのは私くらいか((((^^;)。



CRADLE OF FILTH / GODSPEED ON THE DEVIL'S THUNDER

2008年12月28日 03:00

cradleoffilth_godspeedonthedevils-.jpg
2008
RRCY 21328

各方面からご心配をいただきつつ(笑)聴いてみました>CRADLE OF FILTH
聴き終えての一言・・・「お腹いっぱい」。

ブラック系ですよ?と釘を刺されましたが、これ、ブラック・メタル・・・?
シンフォニック・デス・ブラック・メタル」と紹介されてたりもするようですが
そこまでアレコレつくと、もうなんだか解りませんw

素直な感想として、なんですが・・・
シンフォニックに彩られ、スラッシュな匂いの充満した、でも、その実は
割と”まっとうにヘヴィメタル”な音だと思うんですけど。
いろいろと(どっさりと)”色”はついてると思うけど、もちろん。

テーマが、青髭のモデルになったジル・ド・レってことで、そういう雰囲気作りには
大成功していると思う。
石造りの暗く湿っぽい地下室とか想像させられて、なんかもう、ジワジワくるわ。
うひー・・・(==;)。。。
ところどころで挿入される子どもの声が、ちょっとまともに聴いてられない。

必要以上に(?)大仰でド派手な(しかし陰鬱な)映画を観るような、そんな感じ。
面白いといえば面白い、お腹いっぱいといえば凄い膨満感、そんな感じ。

コンセプトアルバムなので各曲ごとにっつーのもおかしな話なのかもだけど
個人的には7曲目以降の、「曲ごとにクレシェンド」な感じが好きです。
これでもかこれでもか!と、加速度的に大袈裟感が増してく・・・
そうそう、こうこなくっちゃ!うっひょーっ( ̄▽ ̄)!


でも、実は、オープニングから2曲聴いた時点での第一印象は「わりと薄味?」でした。
いや・・・重厚で荘厳なブラック系って聞いたし、ソンナワケナイヨネ・・・?と思いつつ
でも、どうしてこんな風に薄味に感じるのよ>自分・・・(==)??だったんですが
何度か聴いてみて思い当たったことが・・・。

ドラムの音質が、ちょっとパタパタしてねーすか?
このパタパタな音色が、もうちょっと重めだとカッコイイのになー、と思う。やはり。
とはいえ、なんせこういう音のバンドは聴きなれていないド素人nekometal なので、
言ってることが頓珍漢だったらごめんなさい。


エリザベス・バートリをテーマにしたアルバムもあるっていう話なので、探してみようと
思ってます。
でも、新年を寿ぐのにエリザベス・バートリってのもナンですな((((^^;)。

・・・お正月過ぎてからにします(笑)。


PARAGON / SCREENSLAVES

2008年12月27日 02:38

PARAGON screenslavess-
2008
MAS CD0601

・・・どうやらイマイチ人気がないらしいPARAGONの新譜です。

なんかなー、話題にもなりゃしねー(´・ω・`) 。。。なんでかなー。
そりゃ、バカウマでもないし、気が利いてるわけでもないし、モサいしダサいけど
(って、ヒドイいいようだけど)でもでも、威勢がいいのよー。
おりゃぁぁぁぁっ!なのよー。

と、割と長いこと推してるんだけど、決して同意は得られないっていう・・・orz。

なんだ、今日は愚痴か>自分w・・・違うよーw

新譜だっていっても、「やっぱりPARAGON」です。
金太郎飴のように、何処を切ってもどのアルバムを聴いてもPARAGON。
ちょいダサの、古きよき時代のジャーマン・メタルの匂いがぷんぷんします。
何も考えず、ただただ、おりゃぁぁぁっ!な気分になりたいときにはピッタリです。

女性には人気出ないだろうなぁ・・・やっぱりなぁ・・・って思うけど。
とかいって、nekometal も一応女性だけど。とほほ。

いつか、PARAGONがブレイクするその日まで、わたしゃ推し続けるぞー。
PARAGON、PARAGON を、よろしくお願いしますっ!

・・・なんじゃ、こりゃ(((((^^;)。



GUILLOTINE / BLOOD MONEY

2008年12月26日 03:51

guillotine blodd moneys-
2008
TKCS 85211

私にしては珍しくスラッシュ。
メンバーが、元ノクタのフレドリック・マンベリ、ニルス・エリクソン
そしてPERSUADERのダニエル・サンドボムとエフレム・ユンツネン
ということで、面子買いです。

スラッシュは守備範囲外な感じの私ですが、案の定、1曲目2曲目・・・
やばい~・・・飽きそうかも~・・・な出だしでした。
が、しかーし!
3曲目以降は、まったくそんな心配なし。
最初の不安はどこへやら~。
気づけばヘッドフォンもズレる勢いでアタマ振ってましたw

97年に、フレドリックとニルスはGUILLOTIMEとしてアルバムを発表してるんですね。
11年という時間を経て、今こうして新たにメンバーを加えての「再始動」。
大成功と言っていいんじゃないでしょうか。

スラッシュにはまったく詳しくないので、DESTRUCTIONとかみたいだなーとか
思いつつ、いや、ひょっとして全然違うのか(^^;)?と思ってライナー読んだら
「ジャーマンスラッシュの影響を受けて」ってなことが書いてありました。
お、スラッシュもイケるんじゃないか?nekometal・・・って、短絡的でスイマセンw

と、こうして散々「スラッシュはちょっと・・・」という私でさえ、カッコイイ!と素直に思う
そういうアルバムでございます。
ほんと、特に3曲目以降は正統派ヘヴィ・メタル好きな方もきっとお気に召すと
思いますよぅ!

アルバムタイトルや曲名も、ちょっと懐かしい”スラッシュ”ぽい。
なんたって、タイトルが「血染めの札束」だもん。
「狂気の抑圧感染」「反逆のギロチン」「地獄へようこそ(死、破壊、そして苦痛)」
・・・どうです、この邦題。
うっひゃー(^^;)・・・ですw

それも含めて、このアルバムはカッコイイっす。

年末にきて、いいアルバムが目白押しっす。
ベスト盤選ぶの、大変っす(^^;)。



お知らせっす

2008年12月26日 02:20

ちょこっとお知らせです。

地味にぼそぼそ書いていた「ねこめたる別館」、引越しました。
いろいろとリセットしたい感じの今日この頃なので。


「ねこめたる別館」旧ブログは→こちら

「ねこめたる別館」新ブログは→こちら


HR/HM 話じゃなく、ぼそぼそぼそぼそ書いてます。

FC2ブログのほうが使い方に慣れてるので書きやすいかな、と。
んじゃ、最初からFC2でやれよ>自分って話なんですが。とほほ。

hirame012203s.jpg

なんだかもう、いろいろと彷徨ってます。
ふらふらのぐだぐだです(´・ω・`)。




EVIL MASQUERADE / FADE TO BLACK

2008年12月25日 02:55

evil masquerade fade to blacks-
2008
MICP-10805

アポロが参加して2枚目です。
バンドとしては4枚目。
って、またもやメンバーチェンジしてるよ・・・リズム隊が2人とも変わってます。
ドラムはダニエル・フローレス、ベースはTHRIONのヨハン・ニエマンです。

しかし、幹がしっかりしてるから大丈夫。
ヘンリック・フライマン、今回もいいっすよ~!
いい音だ~~~!

前日のPAGANS MINDが「パワー・メタル、プログレ派」なら、
EVIL MASQUERADEは「パワー・メタル、ネオクラ派」。
リッチー・ブラックモアの香りを残しつつ、伯爵様の気配も漂わせつつ
力強い音作りに大成功しておりますよぅ。ヘンリック・フライマン、凄い!

ネオクラ系ピロピロピロピロがチョット苦手、とおっしゃる方にもオススメです。
リズム隊のヘヴィさとギターの音色と「弾きまくり加減」が、非常にバランスいいです。

そして、やっぱりアポロ・パパサナシオのヴォーカルっすよ。いい!!!
FIREWINDのアポロも好きだけど、ちょっと雰囲気違います。
(いい意味で)力みっぷりがハンパねーっす。
8曲目「DESIRE AND PAIN」、騙されたと思ってお聴きください。騙しません。
アポロの幅広さ、力量が堪能できます。
ヴォーカルスタイルだけとったら、こっちのアポロのほうが迫力あるっす。
と、それはあくまで私の好みなわけですがw

3枚目までもとても好きなんですが、このアルバムでさらに一皮向けた感じです。
売れろ~、EIVIL MASQUERADE~!
そして、来日してぇぇぇぇ!

・・・でも、今の時代、こういう音は売れないんでしょうね・・・ショボン・・・。
ジャケットのことは、もう言いますまい。
このバンドも、なんでアートワークはこんなんなんだろう・・・orz。
もうちょっとなんとかならんかのぅ。

内容は充実度120%。
物凄く、いいのよぉぉぉ~!!!






クリスマスなので、プレゼント

2008年12月25日 01:56

みなさま、MERRY CHRISTMASです。

と、言ってはみたものの、特にクリスマスらしいこともなく、一人で鍋w
しかも、聴いてたのがGUILLOTINEとEVIL MASQUERADEだ。
ギロチン・・・邪悪な仮面舞踏会・・・イヴに。この罰当たり。

そんなnekometal からですが、日ごろの感謝も込めて
おいでくださった方へのプレゼントです。

You can take a stand, or you can compromise
You can work real hard or just fantasize
But you don't start livin' till you realize

God gave rock and roll to you, gave rock and roll to you
Gave rock and roll to everyone
God gave rock and roll to you, gave rock and roll to you
Put it in the soul


この歌詞と曲を。

I know life sometimes can get tough
And I know life sometimes can be a drag
But people, we have been given a gift,
We have been given a road
And that road's name is... Rock and Roll


と、何の照れもなく叫ぶことの大切さ。
これを忘れちゃ、やっていけねーぜ、です。
と、私も照れもなく言ってみた。やっぱね、そこはね。
クリスマスだからね。


KISS / GOD GAVE ROCK'N ROLL TO YOU II






PAGANS MIND / GOD'S EQUATION

2008年12月24日 02:36

pagans mind gods equations-
2008
MICP-10786

相変わらず、目、光ってますw の(?)PAGANS MINDです。
前作では飛んでましたが、今回は腕増加。

外盤が入ってきてから、国内盤が出るまで時間差攻撃でしたね。
で、私は国内盤購入。

これは・・・素晴らしいっ!
前作から3年ですか?3年かけただけのことはある!
こーれーはー、すーごーいー~~~!

帯には「プログレッシヴ・パワー・メタル」と書いてあるけれど、私、思うに
「パワー・メタル、プログレ派」だと。
藤田まことでいえば、「はぐれ刑事、純情派」。
別に藤田まことでいう必要は全くないわけですが。すいません。

5曲目、「HALLO SPACEBOY」はデヴィッド・ボウイーのカヴァーです。
これが、またカッコイイのなんのって、奥さん!いや、みなさん!
もうね、こうきたか~~(><)!くぅぅぅっ!ってなもんですよ。

そこから続く、5~6~7曲目までの流れ。
これはもう、ほんとうに、なんと言っていいやら、言葉にならないカッコよさ。
いやもうほんとに。
ああもうほんとに。

テクニックとパワーとメロディと声の魅力と、ガッチリこれ以上ないスクラム。
向かうところ敵なしだぜ、な勢いです。

PAGANS MIND、ここまでの最高傑作じゃないでしょうか。
だと思います。
これは聴かなきゃ損です。
圧倒されました。
参りました!




今年の最後(の予定)

2008年12月24日 01:42

もうすっかり年末だし、今年最後のお買い物です。
・・・の予定ですw

ま、予定なので、変更もあるかもですが(((((^^;)。

20081224000005.jpg

EVIL MASQUERADE / FADE TO BLACK
SYMPHONY X / PARADISE LOST
GUILLOTINE / BLOOD MONEY
PARAGON / SCREENSLAVES
CRADLE OF FILTH / GODSPEED ON THE DEVIL'S THUNDER


以上、5枚です。

EVIL MASQUERADE
4枚目、出ました。
個人的に、HIBRIAの新譜と同じくらい「早く新譜出ないかな~」と心待ちにしてました。
これまでの3枚、どれも良かったので大いに期待しております。

SYMPHONY X
去年から買おう買おうと思いつつ、買いそびれて今日に至る・・・。
やっと買えた。

GUILLOTINE
スラッシュ。
HEAVENで聴かせてもらって、購入。
つか、”参加メンバー買い”ですな。

PARAGON
キタキタ!新譜だよ~ん(^^=)♪
先日、先行シングルを購入したのですが、こちらがフルアルバム。

CRADLE OF FILTH
アンジェさんのブログを拝見して気になってた1枚。
思い切って買ってみた。
HEAVENのお兄さんに「え、これブラック系ですよ?」と・・・心配かけてしまったw


購入して積んであるけどまだ聴いてないアルバムが・・・けっこうある。
いかんいかん。
というわけで、今年は買わない。もう買わない。

・・・予定(((((((( ̄▽ ̄;)。。。



めたりお~ん

2008年12月23日 01:08

ここでは珍しく雑誌のお話。
METALLIONでございます。

20081223000322.jpg

もう既にご覧になった方も多いかと思いますが、表紙が白蛇&豹。ふっふっふ。
二人の「対談」(という名の2対1インタビュー)記事がどーんと出てます。

これ、お持ちの方は11ページのカヴァをご覧くださいまし。
あああああ、こういう表情するんだよねぇぇぇぇ(><)!
カーヴァースーテーキー~~~~~~(><)!!!!

・・・ウルサイよ>自分。スミマセン。

いつもながらの自画自賛も勇ましく、さすが「キング・オブ・俺様」のカヴァらしい、と
読んでて顔がにやけますw

これを美容院に持参して、「こういう髪型にしてください」と言ってみようかと考え中。
美容師さんも、心の中で「これかよwww」と突っ込んでくれるでしょうかw



つか、ポール・ロジャースが参加してるQUEENの新譜どう思う?って、
この二人に聞いてどうするんだろうか。
意味が解りません。
解らなくていいけど。
ぜんぜん、いいけど。


本日はもう終了したいです

2008年12月22日 03:10

nekometal @まだ仕事中です・・・もう3時過ぎましたorzです、こんばんは。

20061213_209175.jpg

「もう看板ですよ」と言いたい、つか、誰か私に言ってくれないだろうか。


楽しいメタル・イベントへも行けず、ひたすらPCに向かう夜。
ションボリだけど、頑張る。
働いて、スズメの涙の給料を稼いで、新しいCDを買うんだもーん

・・・書いてて悲しくなってきたw
さ、仕事に戻るっす。
夜明け前には少し寝たいなー・・・(==;)。。。


ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE / ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE

2008年12月21日 03:02

voodoo circles-
2008
KICP1334

ジャケットはどうだろと思いますが、中身は濃いよ~!なアルバムです。
SILENT FORCEのアレックス・バイロットのソロ・プロジェクト。
ヴォーカルはPINK CREAM 69のデヴィッド・リードマン
ベースはマット・シナー
という、豪華な布陣でございますよぅ。

この面子から想像できると思いますが、様式美&美旋律、そして哀愁・・・
どこをとってもぐっときちまいます。
冬の夜の散歩のお供にいかがでしょう、という感じ。

実際、今夜、眠気覚まし&むしゃくしゃ解消の散歩に出たとき聴いてたんだけど
ちょっと涙ぐみそうだったもの。・・・疲れてるのか>自分。

と、そんな自分のジジョウは置いといてw

ゲストに、島紀史が参加。
というわけで、ジャパメタ好きな方にもぜひ。
ルディ・サーゾも弾いてます。
なんかね、いい感じなんスよ、これが。

全体的な印象としては、懐かしめな雰囲気漂う正統様式美の構築ここにあり
・・・とでもいいましょうか。

デヴィッド・リードマンの声が、また、泣かせるじゃないか~(/_;)。。。
7曲目「DREAM OF EDEN」とか、8曲目「HEAVEN CAN WAIT」とか、もう・・・
特に「HEAVEN CAN WAIT」は、白蛇ファンの方にもオススメっす。
リッチー・ブラックモアとカヴァが仲良くて、ずっと一緒にやってたらこういう曲になったかも
という、夢物語を思わず語りたくなるような曲です。ううう。

とても良いです!
買ってよかった~(><)!!!



白蛇はクリスマスにどうだろうか

2008年12月20日 22:30

クリスマスに似合う曲を考えてみたっす。
・・・これしか浮かばなかったっす。

先日の、といっても、すでに2ヶ月近くも前のライヴを思い出しつつ。
やっぱりクリスマスだからね、愛情溢れる曲がいいかなと。



なんだか、優しい気持ちになるじゃありませんか。


とか、なんか自分に似合わないことを言う私を見逃してください((((((^^;)。


出ましたなw

2008年12月19日 03:06

以前書いたKISSのパチンコ台、出ましたね。
宣伝のポスターを激写!・・・ブレブレじゃんorz。。。
20081217193018.jpg
でも、真ん中のメイクは、まさにジーン社長。
・・・だいぶかわいくなってるけど。
しかし、ギャンブルは全くワケワカメな私・・・これで儲けることは一生ないでしょうw
腕に覚えのある方、お試しになったら、ぜひどんなもんか教えてください。

KISSがらみで、もういっちょ。
クリスマス・シーズン恒例のこの写真。
KIS42290.jpg
今年はブランケットになってるようです。派手だね、相変わらずw

という私、実は「MERRY KISSmas」シリーズのTシャツも持っているのでした( ̄▽ ̄;)。
季節限定、着て行く場所もメンバーも限定、という、着まわしのきかないTシャツですがw



クリスマスに似合うアルバムとか、探して週末に書いてみようかと思います。
が、しかーし、見つける自信が全然ないっす・・・orz。





SYMPHONITY / VOICE FROM THE SILENCE

2008年12月18日 01:38

SYMPHONITY  VOICE FROM THE SILENCE
2008
MICP-10785

チェコ。
オラフ・ヘイヤーが歌ってます。
DIONYSUSの・・・解散しちゃったけど(;_;)・・・ルカ・トゥリッリのソロでも歌ってた、あの。
という一点だけでも、私としては「買い」ってことで。

イヴォ・ホフマンの鍵盤が華麗に踊りまくります。
もう、ピロピロピロピロキラキラキラキラ・・・えらい勢いですw
キース・エマーソンとか好きらしい。ま、気が合うじゃないの。ほっほっほ。
弾きまくってるけど、煩くない。←ここ、重要。

文字通りの「シンフォニック・メタル」。
コーラスも大仰で心地よいです。
オープニングから、心の中で「うぉ~!きたきた~w」と盛り上る盛り上る。
予想通りの曲展開、ここでこう来て欲しい!と思ったとおりにきめてくれるあたり
メロディック・メタル好きにはたまらんです。
ツボをつきますなぁ。
肩凝り解消。なによりなによりw

ヘロヘロペラペラなメロスピじゃない。
オラフのヴォーカルも、乗ってる。
「声質とサウンドと曲が、ぴたっと合いました」な仕上がりです。
これは、いいじゃないっすかぁぁぁ(^^)。

曲、「つぶぞろい」です。
ダレることなく畳み掛けてきます。
そろそろダレるかな・・・な5曲目で、エンジンをもう一フカし、という感じ。いい!

が、微妙に組曲(#6 #7 #8 )が・・・どうだろ・・・ちょっと飽きるかも。
その辺り、ちょっと気になるけど・・・若干冗長な気配がする・・・気がします。
大袈裟でいいんだけど、なんかちょっとばかり、ううむ。

でも、その直後の9曲目が、いきなりキャッチー。
こういう構成だといいのかもしれないっす。
アルバム単位での構成、まとまりはきれいだなーと思います。

サシャ・ピートが、またもや一枚噛んでます。やっぱりなー(笑)。
DIONYSUSのプロデュースをトビーがやってた経緯もあるし、次のAVANTASIAに
もしやオラフ参加・・・なんてことはないでしょうかねw

とてもいいアルバムだと思うっす。
聴いてて、とても気分いいっす。


クリスマスのイルミネーションがきれいな、この時期の冷たい空気には
非常に似合うアルバムでございます。
クリスマス・デートのお供に、いかがでしょう。

・・・て案は、イマイチだな(笑)。



もうちょっと頑張れ

2008年12月17日 02:45

師走気分満点です。
もう少し頑張れば、冬休みが待っている~!頑張れ、自分~!
というわけで、自分を励ますためにちょっとだけお買い物。

と、なんだかんだ理由をつけてCDを買う私であった。ばかばか。


SYMPHONITY / VOICE FROM THE SILENCE
PAGANS MIND / GOD'S EQUATION
ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE / ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE
CENTURY MEDIA   COVERING 20 YEARS OF EXTREMES


4枚だけね。


SYMPHONITY
気になりつつ未聴だったんですが、試聴→オープニングのイントロで購入決定w
大袈裟だわー・・・好みだわー( ̄▽ ̄=)♪ってことで、即決。

PAGANS MIND
これも気になりつつ・・・という1枚。
前作も良かったので、期待の1枚。

ALEX BEYRODT'S VOODOO CIRCLE
SILENT FORCEのギタリスト、アレックス・バイロットのプロジェクト。
マット・シナーも参加。
ゲストでルディ・サーゾ、リチャード・アンダーソン、ドゥギー・ホワイト、島紀史も参加。
参加面子で購入決定w

CENTURY MEDIA   COVERING 20 YEARS OF EXTREMES
豪華メンバーによる、カヴァーアルバム。
2枚組みというボリュームなので、聴き応えありそうです。


年末に向けて、まだもう少し気になるアルバムがあるんですが・・・
サンタさんももう来てくれるトシじゃなしw
働く女は自分で買うよー( ̄▽ ̄)!




WOLF / EVIL STAR

2008年12月15日 02:23

wolf evil stars-
2004
SHCD1-0053

スウェーデン、2004年発表のアルバム・・・とは思えない。
なんという「懐かしさ」満点な雰囲気。
しかも、メンバーのルックスがまた、ひゃー・・・20年選手かと思ったよー。
いや、そんなことないのは顔みれば一目瞭然なんだけど、そのファッションが、アナタw
ものすごく・・・好感度高いっす(^^)。

この時代に、このファッションとこのサウンド。
しかもバンド名もそこはかとなく・・・いい感じにレトロだ。
ああ、いいなぁ・・・こういうバンドには、オバチャン星を5つでも10でも差し上げたいよ。

メイデンとか好きでしょー、と思ったら、そのようです。
EDGUYのサポートでツアー回ったこともあるそうなので、きっとトビーとも話が合ったに
違いない。

非常にいいです。
ヴォーカルの声質が、若干ヨレ系のきれいな声なのもサウンドに合ってていいな。
曲もいい。

オープニングのタイトル曲、とても印象的。
ライヴ映えしそうな曲だ。
トリオだけど、ライヴはサポートメンバーいれてツインギターになるとか。
今もそうなのかな。

ちょっとまとめて聴いてみようと思うバンドです。
正統派。
懐かしさを感じさせるけど、狙ってないつか、素直つか、そんな感じ。
きっと、あの頃の音が大好きなんだろうなーと思わせるバンドです。
そういう、あざとくないストレートなところも、かっこいいっす!




2008年 ベストライヴ(気が早いw)

2008年12月14日 02:12

今年のライヴ参戦を振り返ってみよう!と思い立ちました。
年内は終了、明日はお休み(やった~><;)なので、ちょっと気が早いけど
2008年の思い出のライヴっす。


 2月 HELLOWEEN / GAMMA RAY (新宿厚生年金会館)
 
 4月 CHEAP TRICK (日本武道館)
 
 5月 SAXON (渋谷O-EAST)
 
 6月 ROYAL HUNT (渋谷O-EAST)
     
     AVANTASIA (品川ステラボール)
 
 9月 JUDAS PRIEST (日本武道館)

10月 DRAGONFORCE 
     SONATA ARCTICA 
     CARCASS  
     以上、LOUD PARK '08 (さいたまスーパーアリーナ)
    
     WHITESNAKE / DEF LEPPARD (日本武道館)


ライヴに出かけるのは、頻度でいえば「2ヶ月に一度」程度の私なので、
数的にはこんな感じっす。
もともとが出不精なもんですから、ほんと、少ないっす。面目ない。
白蛇と豹は二日連続、「東京公演は毎日通いました」。←違う。すいません。

いずれも素晴らしいライヴだったので、甲乙つけがたいです。
特に白蛇は、私の中では「治外法権」扱いだしw


そんな中での、2008年 nekometal的ベスト・ライヴ

SAXON
去年のラウパでの約束を果たす形での来日公演。
ただただ楽しく、ライヴの良さがぎゅぅぅぅぅっと詰まりに詰まった強力なライヴでした。
演奏もステージングも、超一流のライヴバンドだわ、と改めて思います。
SAXON、漢っす!このバンドのライヴは観なきゃ損です。大損です。
次回の来日公演を心待ちにしております。(←もう?w)

AVANTASIA
実現するとは思っていなかった来日公演、夢のようでした。
個人的な思い入れという点では、SAXONより強かったっす。
トビーのパフォーマンスは最高。ゲストたちの歌声も最高。曲も最高。
えらいことになってるスケジュールの中、日本で演ってくれたAVANTASIA、最高!
かなり本気でヨーロッパ行くことを考えていた(でなきゃ観られないと思ってた)ので
来てくれたこと自体に感激したし感謝したし、素晴らしいライヴに心の底から感動しました。
ワールドツアーのDVDが出ることを、今は念じております~(><)!

HELLOWEEN / GAMMA RAY
CHEAP TRICK

このバンドに関しては私の中にイロイロアレコレあって、深くじわじわとくるものがありました。
イロイロアレコレを書き始めるとウザくなること必至。自重します(^^;)。


鋼鉄神はもちろん素晴らしかったし、
CARCASSは守備範囲外の私をもコテンパンにしてくれました。
ROYAL HUNTの美しい「音の絵画」も忘れがたいっす。


来年は3月に怒涛の来日ラッシュがやってきますw
とりあえず、EDGUY 2days は参戦決定(問題は、「その前日」だわ^^;)。

来年もいいライヴが観られますように。
メタル好きのみなさま、どこかの会場でお会いしましょう(^^)。



働く男

2008年12月13日 15:41

2008年、ものすごく働いた男といえば、トビアス・サメット

Tobias_sammets-.jpg

AVANTASIA と EDGUYで、もう1年間出ずっぱりの働きっぱなし。
軽く仕事中毒気味のnekometalとしては、他人とは思えない。
って、なにもかもレベルが全然違うだろうがよ>自分。スミマセンスミマセン・・・。


そんなトビーと共に、すっかりAVANTASIAの顔になったヨルン・ランデ



奥目とサラサラな髪、野太く力強く聴く者を圧倒する声、若干イカレ気味のMC(笑)
そして、どのステージに立っても「俺様」なカッコよさ。
どこをとっても、カッコいいっす。ふっふっふ。

カレも、これまた働きっぱなしのご様子。
AVANTASIA と JORN と ALLEN LANDE・・・まさに八面六臂の大活躍だ。
で、DVDも出るよー、アルバムも作ってるよー、ということだそうです。

ヨルン・ランデがらみの情報は、「JORN LANDE専門」さんに詳しいです。
いつも(勝手に)お世話になっとります。

来年はEDGUYがやってくる。
JORNにもぜひ来ていただきたい。

地味にこっそり一生懸命働いて、私もチケット買うから(笑)。




だだだだっ!だだだだっ!だだだだだだだだだだっ!

2008年12月12日 01:58

昨日の「求む、目覚ましの1曲」に、いろいろお薦めいただき
感謝感謝でございます。
ありがとうございましたm(_ _)m。

そういえば・・・携帯にコレ、入れてました。
ぼわーっとしてたり、ウトウトしてるとき、突然アラームで鳴り出すと
「うわっ!」とビビリますw

難しいことはひとつもしてないけど、このイントロのドラムは
やっぱりインパクトありますねぇ・・・。

というわけで、↓ナツカシのノーメイク時代のライヴで、どぞ(^^)。






おーしーえーてぇぇぇ・・・

2008年12月11日 02:30

HIBRIA の新譜、さいこーっす。

と、昨日から聴き続けているnekometal。
疲労がピークっす。
もはや、こんな感じ↓

7f1a4482-s.jpg

眠気覚ましにも、THE SKULL COLLECTORSはぴったりです。

他に、かーっと目の覚めるアルバムは・・・

どうでしょう、EDGUYのヘルファイアなんか。
オープニングでガッと目が覚める(覚まされる)という点では、COBのヘイトクルーもいいっすね。

年末まで、もう、何枚あってもいいっす>眠気覚ましにぴったりのアルバム。


オススメあったら、教えてくださいまし~・・・・(==;)!



HIBRIA / THE SKULL COLLECTORS

2008年12月10日 01:30

hibria the skull collectorss-
2008
POCE-16043

「待たせたなっ!」というわけで、最強のデビューアルバムから実に4年。
HIBRIAの新譜がやっと出ました~。待ちましたねぇ、みなさま。

そして、これ、待った甲斐のあるアルバムに仕上がっておりますねぇぇぇ(^^)!
一聴しての感想は「力強い!」の一言です。

パワフル。
どりゃぁぁぁぁぁぁっ!
と、これでもかこれでもかと圧してまいりますよぅ。気持ちいいっす!
万年肩凝りも一気に解消。
眠気も吹き飛ぶ、怒涛のヘヴィメタルです。

デビューアルバムのときにも感じたことですが、曲がいいよ、HIBRIAは。
アルバムの構成もうまいと思う。
だから、アルバムの途中でダレることがない。
オープニングからラストまで、だーっ!と一気呵成に聴かせてくれる。

しかも、ただの「だーっ!」じゃなく、グッグッと「念を押す」感じがするのよ。
1曲の中に、そしてアルバム全体を通しても、念押しされてる気がする。
ここを聴け、ここを頼りにこの曲を聴け、このアルバムを楽しんでくれ、って。

セカンドアルバムにして、すでにリスナーを意識してる感じ。
媚びてるんじゃなく、
「これがHIBRIAの音だ」って自負を強烈に感じさせるって感じ。
デビューアルバムですでに完成度高いバンドだと思ったけど、より一層だよ。

本当に待った甲斐があったし、バンド側としても「待たせた分のものは作ったぜ」という
手ごたえが充分にあるんじゃなかろうか。
4年待った?どうだ、これで文句はあるまい!
って啖呵きってるに違いない(笑)。
いや、そう高らかに声をあげてもらってかまいませんぞ。
ていうか、そう言うべきでしょう、HIBRIAは。
それだけの価値のあるアルバムだ。


アラ探すつもりはないけど、ドラムにはちょっと踏ん張ってもらいたい気がするかな
・・・と思ったら、ドラムはメンバーチェンジしたんだね。

とりあえず、来日していただきたい。
ライヴを観せていただきたい。
心の底から願います。
このアルバム聴いたら、さらに今までの100倍その思いが強くなったぞ。

ただ、ジャケは・・・やはり微妙なのであったw
なんでこうなるんだろ・・・
サウンドのカッコよさが100とすると、ジャケのカッコよさは20って感じだ。
デビュー盤同様、ジャケで損しかねないのでは、とチト心配(苦笑)。


年末にきて、これまた強力な1枚が登場しましたなぁ。
こりゃ凄いぞ。
今年は、豊作でございますなぁ(^^=)♪



CRYONIC TEMPLE / IN THY POWER

2008年12月08日 02:36

cryonic tmple in thy power
2005
SBCD-1028

前作に続き、これまた「正調パワーメタル」を聴かせてくれてます。
ジャケの戦士は、ちょっと人らしくなったね。
甲冑だよ、甲冑。大好物だw

またもや、なんですが、力強く疾走しておりますよぅ。
グレン・メタルのヴォーカルもパワフルです。
速い曲がお好きな方には、5曲目「BEAST SLAYER」とか、オススメっす。
”軽やかメタル”とは少し違うので、ペラペラのメロスピはちょっとなーという方にもオススメっす。

6曲目「WOLFCRY」みたいな曲を聴くと、北欧っぽさ満点です。
スウェーデンから来ました!という自己紹介みたいな曲だ。
とても好きです♪

ただ、前作と比べると、第一印象が薄いっす。
正直、一度目聴いたときは「・・・あれ?」。
なんだか、さらーっと終わっちゃったよ、って感じだったっす。
しかし、2度3度と聴くうちに、じわじわきます。なんだろう、これは。じわじわじわじわ。
耳に染み入ってくる感じ。
なので、ぜひ畳み掛けて(?)お聴きになることをおすすめいたいします。

グレン・メタルはこれで脱退したのかな。
新譜ではメンバー・チェンジがあったようです。
出逢ってすぐに別れの時間、って気分だ。
残念だなぁ。合ってるのになぁ。
ううむ(==;)。



GRAND MAGUS / MONUMENT

2008年12月07日 04:29

grand magus monuments-
2003
VICP-62718

めっきり冷え込んだ真夜中、これを聴くにはぴったりな状況です・・・
てな感じの色のアルバムです。

ドゥームっつーんですか。
サバスっぽいと思った。
IRON WILLのほうが、ヘヴィメタルっぽい。
と、ジャンル分けることにさほど意味はない気がするけども、そんな感じっす。

JBに出会ったのは、割と最近です。
SPIRITUAL BEGGARS→GRAND MAGUS の順で聴いたので、GRAND MAGUSがメイン
だというJBには、なんだかちょっと申し訳ない。

IRON WILL は今年のベストアルバム10枚に入る勢いで好きなんですが、
それと比べると、こちらは若干薄味かも。
あくまで「IRON WILL と比べると」ってことですが。

陰鬱色がありすぎるからかな、私にとっては。
苦手なんじゃないけど、つか、むしろ好みの方向なんだけど、もうちょっとこう・・・
ガツンとくる感じがなぁ~・・・ってのは「IRON WILL」とどうしても比べちゃうからかな。
それだけ「IRON WILL」が強力だってことで、ひとつ。

JBのヴォーカルはいいなぁ。
力強く、適度な湿度と陰気な影があって、響く。
カヴァ好きでもあるらしいじゃないっすか、JB。
どうりで私が「好き」だと思ったはずだ(ほほほほ)。

陽光まばゆい空の下で聴くタイプのサウンドではないと思うし
クリスマスシーズンにも似合わないけど(笑)
いい感じの深夜の友になってくれそうなアルバムです。



チケット到着(^^=)!

2008年12月06日 16:33

来年のことを言って鬼を笑わせよう。
EDGUYのチケット、到着しました。ふっふっふ。

20081206161714.jpg

5日のほうは整理番号がフタケタ・・・
先行予約のお知らせが来て即申し込んだわけじゃないのに、割と若い数字なのは
ちょっと微妙だわ・・・チケット、売れてますように( ̄人 ̄)。

6日はさすが週末、整理番号はミケタ。
よきところにもぐりこめますように( ̄人 ̄)。

こうしてチケットを手にすると、さらに盛り上ってきますな。
3月の、怒涛の来日ラッシュが楽しみですw


ふたつの「嵐が丘」

2008年12月05日 02:44

一つ前の記事に書いたとおり、KATE BUSH の「THE KICK INSIDE」を購入。
kate bush tkis-
1995
TOCP-3005

メタルなCDを手にレジに向かう途中で発見してしまったのよ。

このアルバム、大昔乙女だった頃に聴きました。
LPは多分実家にある(はず)。
収録されている「嵐が丘」は、ラジオで聴いたのが最初です。
もうね、なんでしょう、ショックで動けなくなりました。
多分、何か書いてたと思うんだけど、マンガみたいにペンを持ったままフリーズ。
その形のままで聴き終えたのでした。

なんでそんなに克明に覚えてるかっつーと、やはり衝撃が大きかったからでしょうなぁ。

「嵐が丘」って、ヒースクリフへのキャシーの気持ちって、こうだったのか!
と、ケイト・ブッシュを通して理解した私であった。
・・・って、その昔、ハンパな文学少女で、ちょっとめんどくさいカンジだったんスよ、自分。
お恥ずかしいw

で、時は流れて、ANGRAANGELS CRY」の登場。
angra angels crys-
1993
VICP-5314

どひゃー!「嵐が丘」やってるじゃん!コピーじゃん!アンドレ・マトス、恐るべし!
・・・と、一人で大騒ぎしつつ、聴いた聴いた。聴きまくった。

この曲が好きなんだなーと思います、我ながら。

ケイト・ブッシュのアルバムは持っていたけれど、CDに買いなおしてはいなかった。
今回、偶然の再会でまた手にしたアルバムを、じっくり聴きなおしております。
「嵐が丘」メインで。

ケイト・ブッシュの嵐が丘と、アンドレ・マトスの嵐が丘は、場所が違うかもね。
キャシーも別な人だ。
似てるけど、違うキャシーだなと思う。
ヒースクリフも、ケイト版キャシーに「Let me in your window」と言われるのと
マトス版キャシーに言われるのとでは、対応が違いそうな気がする。

個人的には、あまりに男女のサガを追究しているヒトを見かけると、なんか
ちょっと息苦しいっつーか、そこまで「オンナ」「オトコ」ってところに嵌り込んで
溺れそうになってなくても・・・と、若干ひいてしまうんだけど・・・
でも、思った。
ケイト版キャシーの激しさや怖さを、男性は理解し得るんだろうか、とか。
マトス版キャシーのほうが、理解し易そう、とか。

歌詞が変わってるわけじゃないので、あくまで、ケイトとマトスの表現の差異が
こんなことを、頭の悪い私に、こんな夜中に(笑)考えさせるわけですが。
てか、勝手に妄想してるだけとも言うけどw

冬休みには「嵐が丘」を読み直してみよう。
なんだか、楽しみなような、コワイような。



なにが「ちょっと散歩」だorz

2008年12月05日 02:08

「ちょっと散歩」のはずが、御茶ノ水に向かったせいで・・・

CRYONIC TEMPLE / IN THY POWER
CRYONIC TEMPLE / IMMORTAL
GRAND MAGUS / MONUMENT
KATE BUSH / THE KICK INSIDE


アラ不思議、なぜかunionの袋を提げて帰宅する私。

・・・なにやってんだか。
PARAGON の新譜も出てた。それは次回。HIBRIA と一緒に買おう。
・・・って、だから、なにやってんだか。

CRYONIC TEMPLE は、サードと新譜とまとめ買い。
GRAND MAGUS は、コレがあまりに良かったので見つけて即買い。

で、このブログでは異色の KATE BUSH
御茶ノ水の駅前の2階に行っちゃったもんだから。
あそこはジャンルも様々だから、危険度が高まりますなぁ。


次回の散歩は、CDショップのないところを目指します((((((^^;)。




最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。