スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行方不明orz

2009年01月31日 01:16

間もなく1月も終わり。
キャンプインの季節がやってまいりました。
・・・いや、そうではなく、いや、そうなんだけど・・・
3月のEDGUY来日、カウントダウンを始めてもいい時期かな、と。

で、全部のアルバムを聴き直そう~♪と思ったら、ナンダナンダタイヘンダ!
「KINGDOM OF MADNESS」が行方不明だ・・・orz。。。
どこ行った~!?

で、記憶の糸を辿ってるんだけど、なんか曖昧模糊としてわからん(´・ω・`)。
もしかして、○○君、キミに貸しっぱなしになっておらんか。
もうこんな夜中だ、電話もできないよ。しょぼぼん。

というわけで、国内デビュー盤「VAIN GLORY OPERA」を聴いている今夜。
トホホな気分を払拭する、若かりし日の(って今もまだ「若い」EDGUYですが)
ウブなEDGUY↓に再会してます。

edguy so cute www
かわいらしいじゃないか(笑)。


借りパク、意図せずやっちまってることがあるけれど
貸したまんまってのも結構あるな~、と思った次第。
ROYAL HUNTとかARTENSIONとかブラガとか、なんか「ない」のがあるぞ。

だ~れ~の~ラックにと~ま~って~る~のぉぉぉぉ(;´Д`)。。。

早く帰っておいで。
オバチャン、待ってるよ~つД`)・゚・。・゚゚


スポンサーサイト

LANFEAR / THE ART EFFECT

2009年01月30日 01:08

lanfear.jpg
2003
MAS CD0349

これは~!
完全ジャケ買いだったのですが、大成功~(^^=)♪
と、思わず自画自賛してしまいましたが、ほんと、これはいいぞぅ!

ジャーマン・メタルにしては、なんというか、音がすっきりしてる。
いや、ヘロくないのよ、全然。
正統派メロパワ、落ち着いてるんだな、なんか全体的に。
曲のクオリティ高し。格調高く、熱い。メロハー好きな方にも受け入れられそう。
演奏、巧い。
サウンド、きれい。
ギター、パワフル。リズム隊も気持ちいい。Keyも出しゃばりすぎずバランスいい。

そして、ヴォーカル、巧いんですけどぉぉぉ・・・・!
ほんと、こりゃビックリだ。
いい声な上に巧い、どこかで聴いた名前の気がするけど・・・
思い出せないノータリンな自分が悲しい。
TOBIAS "NEO" ALTHAMMER、凄いぞ。
”トビアス”で”neo”だよ・・・親近感を感じるわ(←何を言っちょるw)。

とてもとてもとーてーもーいいです。
オススメっす~(^^=)♪


これだからジャケ買いは止められないのよ。
こういう「出会い」があるからね~。
ま、「・・・微妙・・・」ってことも多いわけですが(^^;)。

しかーし!これは物凄い大成功だった!

このアルバムが3枚目らしい。
ファーストとセカンドも探さなくちゃ。ふっふっふ。楽しみが増えたぞぅ(^^=)♪




DRAGONHEART/ THRONE OF THE ALLIANCE

2009年01月29日 01:10

Dragonheart_-_Throne_of_the_Alliances-.jpg
2002
HEL-0220

ブラジルより愛を込めて。いや、込めたかどうかは知らないけれども。
ジャケ買いです。
ドラフォがバンド名を変えることになったのは、このバンドがあったから
・・・というのはほんと?このバンドでいいのかな。
ドラゴン飽和状態だった時期があるもんねぇ。

そのDRAGONHEARTです。
いやー・・・・微妙(^^;)。
ヘタじゃないのに、いっそヘタならよかったのに、と思わせるこの「微妙感」。
ヴォーカルはどうなんでしょう、なんか不安定です。
ギターの音質は(時折安っぽいけど)割と好き。
リフもけっこうカッコイイ(ときがある)。
なのに、なぜか残るのは、なーんか微妙だわ・・・(^^;)という感覚。

出だしに延々と続く「語り」が入ってるんだけど、長いだろ、これw
そして、どかーん!とドラマティックにカマしてくれるのかと思いきや・・・微妙。

ヘロヘロでもなく、ヘタでもなく、箸にも棒にも引っかからないというわけでもなく
なんだか終始「・・・微妙・・・」という感覚が続く感じ。
うーむ・・・何度聴いても、そういう感じ。
少し期間をあけて聴いてみても、やっぱりそういう感じ。
そろそろ諦めろ>自分(笑)。

ジャケットは好みなんですけど。
こういう、「いかにもB級!」って感じの。

”DRAGONHEART”というバンド名
”THRONE OF THE ALLIANCE”というタイトル。
そして、このジャケ。
そりゃ、私は買っちゃうわよ~( ̄▽ ̄=)♪←バカw

「・・・微妙・・・」という感覚を、とことん味わってみたいとおっしゃる方にはオススメ。

・・・って、そんなヒトはいないっすね((((((((((^^;)。スイマセン。

ドラマティック繋がりで(?)意味もなく並べてみたw
20090129000617.jpg
どっちがよりドラマティックかときかれたら、ガラかめ、と答えます(笑)。






愛想がないぞw

2009年01月27日 23:10

なーんか体調悪いし、花粉の季節も近づいてるし・・・病院行ってきた。
風邪だっつーことで薬を貰ってきた。
花粉症仲間のみなさん、薬はもう来週あたりから服用せよとのことですよぅ。
しかも、東京あたりは去年の2倍の花粉が飛びまわるらしいじゃないっすか。
ひぃ~・・・・(><;)。。。
というわけで、すっかり薬頼みのnekometalです。しょんぼり。

で、またこの病院が混んでるんだ。
結局3時間待ちっすよ・・・。
すご~くかかりそうだったので、受付のお姉さんに言って外出・・・
で、unionへ(笑)。

今日のお買い物はひとつだけ。
JORN / LIVE IN AMERICA

DVDです。
これのCDのほうは、すでに2007年に出ています
体調充分で観たいので、まだプレーヤーに入れてないっす。ふふふ。

しかし、外盤にありがちな、コレどうよw
20090127155228.jpg
DVDが一枚ぽつんと入ってるだけだもんね。
愛想なさすぎw

豪華ブックレット!とか
キラキラステッカー!とか
ま、いらないっちゃいらないんですが、でも、やっぱり・・・愛想がないぞw

中身が充実してることが重要。
だから、JORNの場合、まったく問題ないんですけどもね(^^)v。





SYMPHONY X / PARADISE LOST

2009年01月26日 01:01

symphony X paradise losts-
2007
VICP-63905

羽根つながり、「アメリカのバンドとは思えない」つながり
・・・というわけじゃありませんが、SYMPHONY X 「PARADISE LOST」。
体調悪いときって、プログレ・メタルが聴きたくなるんだけど、なぜだろう。
よくわからないけど、熱があったりすると身体がプログレ・メタルを欲する気が。

微熱が抜けずに(いつにも増して)ぼーっとしてるんですが、ボンクラ度が3割り増し
っていう状態でも、このアルバムの素晴らしさはよくわかる。
つか、むしろ雑念が消えていいのかも。
音だけが身体の中に入ってくる感じだ。

マイケル・ロメオ(と打とうとして”トメオ”って打っちゃったよ。トメオってw)のプレイ
そして音質は、心の底からいいと思う。
とても好きだ。
どの曲が、と挙げられないくらい、どの曲「でも」素晴らしい。
けど、敢えて言うなら7曲目「THE WALLS OF BABYLON」はトリップしそうなくらい
気持ちいい。

3曲目「DOMINATION」の、文句なしのカッコよさも
5曲目「PARADISE LOST」の文字通りのカッコよさも
もちろん、泣きそうになるくらい気持ちいい。

このアルバム、よく言われる「捨て曲なし」なんだけれども(と断言するけれども)
本当にそうなんだよ。
どの曲も、始まる曲始まる曲次から次へと凄すぎて、感覚としてはほんと
「あっという間」にエンディング・・・。
だから、もったいないと思っちゃうんだよなぁ・・・。

3時間くらいのアルバムにして欲しいんですけど。

なんでCDはわずか1時間半程度しか入らんのだ。
と、文句言いたくなるようなアルバムなんだよ。

ラッセル・アレンの咆哮も勇ましい。
疾走曲の迫力ある歌声は、魂にくるね。熱上がりそうになるけどw
サウンド負けしないのが凄いな、このバンドで。
と、毎度ながら思うけど、このアルバムは、特に。

で、ジャケットの素晴らしさも是非書いておかねば。
なんてきれいなジャケなんだろう。
LP版の大きさで出すべきだよね、こういうアルバムはね。中身がCDでもさ。

見た目も、中身も、とても素晴らしい。
どこをとっても文句の付け所がないアルバムです。

明日の出勤は、これと共に、と今決めましたw





御礼と「カヴァ化」成らず

2009年01月25日 15:23

カウンタが40000を超えてました。
おいでくださったみなさま、ありがとうございますm(_ _)m。

どこかでどなたかが読んでくださってることを忘れず
細々と地味に更新続けていきたいと思ってます。

これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m。


       


美容院に行ってきました。

cat_barber.jpg

めたりお~んを持参、カヴァの写真を見せて「こういう風になりますか?」と
尋ねてみた(笑)。
美容師さん困惑の表情・・・「ほんとにいいんですか(´・ω・`)?」・・・

あ・・・すみませんでした(((((( ̄▽ ̄;)。

というわけで、これまでどおり、ストレートのままっすw
日本人の髪質でカヴァみたいにしようとしても、なかなかキマらないとのこと。
色も弄らないと「こういう動きは出ないですね~」だそうです。
仕事柄、髪の色は弄れないしなー。
残念無念(^^;)。



STEEL ASSASSIN / WAR OF THE EIGHT SAINTS

2009年01月25日 00:17

steel assassin
2007
SBSL-1010

アメリカ話の続きというわけではないけど、ボストン出身のSTEEL ASSASSIN。
でも、音だけ聴いたら、ほんとにアメリカのバンドなの?と思う。
それくらい、懐かしのNWOBHM な雰囲気漂いまくり。
なんというド真ん中感。

ジャケットもいい感じっす。
甲冑で羽根生えちゃってるもの、もう、これ、たまらんですよw
ジャケ買い大成功です。
このジャケで、この音で、この曲・・・本当にドンピシャ(死語)。

80年代に結成されたけど一度は解散、このアルバムは
「25年越しのデビュー作」ということになるらしい。
だから、チャラけた感じが一切ないのかな。
落ち着いた(でも熱い!)正統派HEAVY METALって感じです。好物です。

ただ、地味かもねぇ・・・
巧いし曲もいいけど、強烈な個性を感じるタイプじゃない気がしなくもない。
すでにベテランの安定感があるっていうか。
ま、実際個々のメンバーは「ベテラン」といっていいんだろうけども。
「若干地味め」なバンド好き(笑)の私は、そこもふくめていいなと思うけど。

ド真ん中の正統派HEAVY METAL(NWOBHM系)がお好きな方にオススメっす~!




LIVE TO WINでYES, WE CAN

2009年01月23日 02:28

アメリカの友人から、妙に前向きなメールが届きました。
新大統領就任で高揚してるのか?と思ったら、なんとその通り。
総理大臣が「はんざつ」に変わってめまぐるしいだけの日本ではありえない
劇的なchangeでYes, We canな雰囲気らしいっす。

北欧メタルやジャーマン・メタルが好きなのに、彼の地を訪れたことがなく
ルーツはブリティッシュ・ハードロックなのに、イギリスへ渡ったこともありません。
てゆーか、ヨーロッパに足を踏み入れたことがない。
そんなnekometal、渡るのは太平洋ばかりなり。あ、あと東シナ海か。

アメリカ(とカナダ)にはしばらく暮らしていたこともあり、仕事で出かけることもあり
少しばかりは雰囲気が想像できる、今のアメリカの。
ロクでもない側面も少なからず知っている(経験している)けれど、それでも
アメリカに”憧れる”ところが、やっぱりある。

それは、「どこまでも前向きでも許容される」というところ。
日本社会のように「どこまでも前向きだと冷やかされたりひかれたりする」ことが
なくはないけど、「許容される」そういう社会の素地がある、というところ。
なんか、こう「正しくアメリカ」って感じの。

例としてふさわしいのかどうかわからないけど、映画「アポロ13」の感じ。
もっと解り難いかもしれないけど、スタートレック「ザ・ネクスト・ジェネレーション」の
あの感じ。・・・やっぱり解り難いかも。ごめんなさい。

それが、「YES, WE CAN」に象徴される気がして、大統領選から就任式までの
一連のニュースを興味深く観ていました。

「LIVE TO WIN」というアルバムをお聴きになった方はいらっしゃいますでしょうか。
KISSのフロントマン、ポール・スタンレーのソロ・アルバムです。
タイトルが「LIVE TO WIN」だよ。
どうです、この、「正しくアメリカ」な感じ。

私にとっての、人生におけるアメリカ初体験はKISSというバンドに間違いない。
こんなに、私の中のアメリカのイメージとぴったり重なるバンドは、他にないっす。
その中でも「アメリカ(イメージ)ど真ん中」なのが、Starchildのポール・スタンレー。
その人のソロ・アルバムのタイトルが「LIVE TO WIN」。

なんかね、今回の大統領選~就任式~友人からの前向きなメール・・・
これらが全部重なって、「LIVE TO WIN」で「YES, WE CAN」なアメリカが
なんかだ妙に懐かしくなってしまった。
いや、住んでたら住んでたで、東京で感じなくてもいい日常レベルでのイライラが
あったりするんだけどさ、山ほどw。

どれだけ前向きか、一度お聴きください(^^=)。




疲れてるのかなーとか思ってたら、熱が出てたよ(^^;)。
みなさまも、風邪にはお気をつけくださいまし~。←説得力ゼロwww




VISION DIVINE / 9 DEGREES WEST OF THE MOON

2009年01月22日 01:22

vision divine 9s-
2009
KICP-1343

羽根、生えてます。
なんか、後光がさしちゃってます。
このバンド、デビュー盤もそうだった・・・
なんだか、このジャケ、オタクな気配のするところがありゃしませんか。
しないスか。そうスか。すまんです。

しかし、いいものはいいのであった。
ふっふっふ。
ファビオが帰ってきたVISION DIVINE、ミケーレが去って「元に戻る」のだろうかと
思って聴いてみたよ。

・・・あああ・・・ファビオだ。ファビオの声だ。ファビオォォォォォ!お帰り~!
(ミケーレ・ルッピも好きなんだけどさ)
オープニングのカッコよさ、これは是非ともお聴きいただきたいっす。
試聴コーナーとかにあったら、どぞ。耳を奪われる(?)こと間違いナシ。
ツカミ、大成功だと思います。
つか、私ががっちりつかまれました。に、にげられない~・・・(><;)!
逃げる必要もないわけですけどもw

バラエティ豊かな内容です。
プログレの気配、正統派メロパワの力強さ、スラッシュ寄りの音・・・
オラフのギターも冴えております。
そして、ファビオの声。
プロデュースが大ティモなので、北欧のエッセンスも感じたり感じなかったりラジバンダリ。
聴いてて飽きません。
むしろ、サービス良すぎでしょう、ダンナ方(^^=)といいたくなるほど。

ボートラではJUDAS PRIESTの「A TOUCH OF EVIL」やってます。
いいねぇ・・・愛情溢れるカヴァーです。

どうもやはり私は少々疲れているようで、4曲目の「ANGELS IN DISGUISE」に
泣けて泣けてしょうがない((((^^;)。
ファビオの大袈裟な歌い上げっぷりに、ベタは重々承知の美しいメロディに、
王道のアレンジに、そしてこの曲のあらゆる要素に、涙腺崩壊っす。ううう。

反則なんだよ、歌詞が、また。
いや、ベタなんだけど。あまりにベタなんだけれども。
Come with me
On the wings of hope and now take my hands
One more time, one more night
Don't lose your faith, I'm here with you
・・・ベタでしょう。
でも、これがファビオの声なんだよぅ・・・(;_;)。。。

と、ひとしきり大騒ぎ(夜中に一人で悶絶w)しているわけですが
多分、しばらくはヘヴィロテだと思います。
「くぅぅぅぅぅっ(><)!」となりながらw



帰宅・・・土産つき

2009年01月21日 01:53

ただいまー・・・と声をかけても、応えるヒトもなし・・・
お久しぶりです、nekometalでございますm(_ _)m。

緊急事態発生ってことで、突然の「出動」。
元来気の利かないタイプなので、オタオタしっぱなしでしたが
なんとか無事に帰ってまいりました。

つ・・・つかれた・・・orz。

疲れついでに、帰宅途中で購入。
20090120231612.jpg
VISION DIVINE / 9 DEGREES WEST OF THE MOON
STEEL ASSASSIN / WAR OF THE EIGHT SAINTS


2枚だけ。
VISION DIVINEは新譜です。
STEEL ASSASSINは翼つながりで、ジャケ買い。←意味不明。

明日からさっそく通常業務に戻ります。
と思ったら、もうとっくに日付は変わって「今日から」でした。
こんなにヘトヘトでやれるのか>自分orz。
yes, I can・・・と、乗ってみました。←バカ。


RATA BLANCA / ORO GRANDES EXITOS

2009年01月11日 01:59

rata blanca oros-
2002
064 930.2

”アルゼンチンのRAINBOW”と呼ばれてる白鼠のベスト盤です。
「呼ばれてる」っていうか、ギターが「アルゼンチンのリッチー」を自称してる
ってくらい、もう「俺たち虹が大好きだ~!」な曲のオンパレードです。
ものすごく好感度高しw

1曲目「EL SUENO DE LA GITANA」のギターが、すでに「KILL THE KING」w
いや~、もう、リッチーに唆されて誘われてHR/HMにどっぷりになった私としては
なんというか郷愁のようなものさえ感じてしまう。
80年代風に言えば「胸キュン」だ。←自分で書いててこっ恥ずかしいぞw

アルゼンチンでは国民的人気バンドだそうですが、さもありなん。
ヴォーカルのきれいな声と切な系絶唱、そこへもってきてスペイン語の哀愁感・・・
鬼に金棒。
グレート・ムタに毒霧。
朝青龍にやる気。
ジャイアンツに松井秀喜。
強すぎです。

リッチー・ブラックモアが大好きなのね、とヒシヒシと骨身にしみるほど感じる。
曲といい、ギターといい、なんだか「とてもやる気のあるRAINBOW哀愁派」ですな。

1曲目が「KILL THE KING」だと書きましたが、
10曲目は「LONG LIVE ROCK 'N' ROLL」です。
いや、違った「HOMBRE DE HIELO」という曲です。
非常にいいです!

いや~、RATA BLANCA、いいなぁ。
若干ショボいサウンド・プロダクションも、むしろいい感じに聴こえるぞ。
大変気に入りました(^^=)♪



テンプレート変更してみた

2009年01月10日 17:36

テンプレートを変えてみました。
トップの画像を入れ替えてもイイヨということなので、猫画像にしてみた。
よかった、すんなりできて。
このトップ画像を週替りにしてみたいという野望を燃やしております。
・・・できるだけ、ってことで(^^;)。

表示変だよとかいうことがありましたら、教えていただければ幸いですm(_ _)m。


うう~む・・・

2009年01月10日 00:06

昨夜テンプレート弄ってたら、なんか妙なことになっちゃってました。
オタオタしながらなんとか落ち着いた・・・かなと思います。
ああ、素人が余計なことをしようとしちゃいかんですな(==;)。

さて。
rock@zakからお知らせが届いてたっす。

● EDGUYの日本公演のスペシャル・ゲストに、
美しきツイン・ヴォーカル「エマ&ティナ」率いる
メロディック・ゴスの新鋭「ALL ENDS(オール・エンズ)」の参加が急遽決定!

大阪公演:3月4日(水) 7時 心斎橋クラブクアトロ
東京公演:3月5日(木)、6日(金) 各7時 渋谷O-EAST
前売¥6,500(税込) チケットは各プレイガイドにて発売中!


うう~む・・・
正直、観たいのはEDGUYだけなんですけど・・・。
入れ替えなわけないし、整理番号を活かそうと思ったら
最初から入ってないといかんよねぇ。

(EDGUYの)時間が短くなったりしないよね?
金曜は遅くなってもいいけど、木曜は結構厳しいなぁ・・・(==;)。
こりゃ、ちょっと参りましたorz。



ええええぇぇぇぇっ!?

2009年01月09日 03:03

これ、まじっすか~(><;)!?
BLABBERMOUTH.NETの記事なんですけど。

 Despite published reports to the contrary Jimmy Page,
John Paul Jones and Jason Bonham have no plans to record and tour together.

 Earlier today (Wednesday, January 7), MusicRadar spoke exclusively
with Peter Mensch, Jimmy Page's manager, who stated categorically,
"LED ZEPPELIN are over! If you didn't see them in 2007
[when they played a one-off reunion at London's O2 Arena; see video below],
you missed them. It's done. I can't be any clearer than that."



もう、「無し」なんですかぁぁぁぁぁ(><;)!?

 Robert Plant made it clear he was not interested in doing
a LED ZEPPELIN tour anytime soon.



やっぱりか・・・やっぱりなのか・・・
ロバプラ~(;_;)。。。

でも、このメンバーでヴォーカルがロバート・プラントじゃない状況は考えられないし
無理やり別のヴォーカルつれてきても、意味ないしな・・・

でも・・・

物凄く期待してたのに > ワールド・ツアー&来日。


・・・orz。。。




AMON AMARTH / TWILIGHT OF THE THUNDER GOD

2009年01月08日 03:38

amon_amarth-twilights-.jpg
2008
MBCY-1101

最初は、店頭で見て、ジャケットが気に入ったのでした。
その時ジャケ買いしなかったのは「メロディック・デス・メタル」という帯の文言が
理由でございました。
その後、いろんな方のブログで絶賛されているのを読んだのですが、やはり
引っかかってたのは「メロディック・デス・メタル」という言葉。

結局、年末に買いに行ったのは「でもやっぱあのジャケは手に入れたい~」
という、ジャケ買い馬鹿の欲望が抑えきれなかったからでした。
でも、生憎売り切れてて手に出来ないまま08年終了・・・。

買い初めの1枚目でございました。
いや~、聴かず嫌いは損だね。

確かに、私は「ぐぉるるるぅぅぅぅ」なデスヴォイスが苦手です。
唸らないでぇ~・・・・(==;)になっちまうヘタレです。
聴き終えた今も、やっぱり苦手だ。できれば唸らないで欲しいと思う。

しかし、このバンドは、つか、このアルバムの曲はいい。
演奏もプロダクションも、とてもいい。この音圧は物凄く心地よい。
アルバムの構成も抜群だ。
そして、これにはこの声なんだろうな、と思う。
必然性のある声なんだわね、このバンドには。

なんか、流行に乗じてぐるぐる唸ってんじゃね?と思うバンドも、正直多い
・・・と思ってるんスよ。生意気な事言って言ってゴメンナサイ。でも、そう思う。
だけど、このバンドは違うね。
この曲で、このサウンドで、この世界観での、このヴォーカルなんだな。
すげーそう思う。
こんな風に思ったのは、初めてかもしれない。
ヘタレなnekometalにさえグロウルを聴かせるバンドだ。
AMON AMARTH、恐るべし。

このアルバム、異常にカッコイイっす。
いい曲揃いで、どれがいいかって選びがたいものがあるけど
1曲挙げるとすれば、9曲目「LIVE FOR THE KILL」だな~。
APOCALYPTICAがゲスト参加。
弦の響きが、非常に印象的。
この重厚で強力で美しい音の融合といったら、形容のしようがないっすよ。
これ、ナマで聴きたいなぁ・・・凄いんだろうなぁ・・・あああ・・・。

なんか、「デス・メタル」とか「ヴァイキング・メタル」とかカテゴリ分け
・・・いらなくね?って思うよ。
こういうサウンドは、私にとっては「ザ・ヘヴィ・メタル」だわ。


そして、しつこいようですが、ジャケ、最高!
このプリントのTシャツ、物凄く欲しいぞw

2008年に聴いてたら、ベスト10に入れてたと思う。
順位が凄く難しくなったと思うけど。


新年早々(つか、去年のアルバムだけどw)いいアルバムに出会えて
今年は幸先いい気がする。
ありがとね、AMON AMARTH。



CUSTARD / FOR MY KING

2009年01月07日 23:51

なんじゃこりゃw
2000
CD 5.3021.20.561

あまりに「凄い」ジャケなので、サムネイル表示にしてみましたw
ジャケ画像をクリックすると大きくなります
是非お試しください

・・・お試しいただけましたでしょうか?
ね、凄いでしょw?
つか、ヒドイでしょ(笑)。
なんでこのジャケにGOサインが出たのか、それが不思議でしょうがない。
あきらかにデッサン狂ってるでしょー。C級の匂いがするでしょー。

しかーし!
実は、中身は”ちゃんとしてる”のであった。
ほんとです。

驚くほどど真ん中の正統派パワーメタル。
サウンド・プロダクションにはやや難有り、曲や演奏の良さと比べて音作りが残念ですが
ウォリアー色のパワーメタル好きにはツボにはまります。

ドラマティックなオープニングから、ハイトーンの雄たけびも勇ましく、疾走してます。
でも、疾走曲ばかりじゃありません。
例えば4曲目「CHARON'S CALL」のような劇的なパワーバラードも聴かせます。
パワフルで美しいメロディとヴォーカルには、思わず聴き入ってしまいます。
そして続く5曲目「FREEDOM FOR ALL」では再び剣を振りかざして駆け出す・・・
といった、ベタといえばあまりにベタな展開ですが、そこが気持ちいいっす。

ベタでややダサなジャーマン・パワー・メタルが好き、という方には
ジャケに目をつぶって(笑)是非お聴きいただきたいっす!

ほんと、このジャケでどんだけ損してるか、このアルバム。
裏ジャケのほうが良かったんじゃね?
・・・いや、本気でそう思うわ。



買い初め

2009年01月07日 00:40

買い初め。
ちょっとだけ。
(軽トラはいらなかったっすw)

20090106124208 (2)

CUSTARD / FOR MY KING
AMON AMARTH / TWILIGHT OF THE THUNDER GOD
DEMON / THE BEST OF DEMON volume one
RATA BLANCA / ORO
MYSTIC FORCE / STEP TO A NEW MACHINE


欲しかったモノ、ジャケ買い合わせて5枚。

控えめな買い初めでございましたw



懸念だらけw

2009年01月05日 13:51

年頭に決めた目標通り、今年のnekometal はCDを買いすぎません。
ほほほほ。
各方面から懸念(失笑?w)を頂いたこの目標、さてどうなることやら。

と、いきなり本人が懸念しまくりじゃねーか( ̄▽ ̄;)。

いやいや、なんのなんの。
まずは今年最初のCD屋さんへGO。

351610ee.jpg



HIGHLAND GLORY / FOREVER ENDEAVOUR

2009年01月05日 02:47

higland  glory forevers-
2005
MAS CD0503

昨日に続いてのHIGHLAND GLORYです。
私が先に聴いたのは、こっち。
で、ものすごく気に入ったのでした。

前作との比較で言うと、こちらのほうが洗練された感じです。
語弊があるかもしれないけど、こちらのほうが「プロ」らしい。
前作が、これまた語弊があるかもだけど若干”インディーズっぽい作り”なのに対して
こちらは正真正銘のメジャーな作り。
本格派メロパワをどうぞ!という感じです。

ジャケットは、前作のほうが100倍好きだけどw
どうもこのうにょ~んとしたイラストが苦手だわ。夢に出てきそうでしょw

しかし、中身はすごいよー!
ヴォーカルは前作からホップステップジャンプしたくらいに格段の伸びっぷり。
コレ聴くと、SAINT DEAMONにスムーズに繋がると思います。
前作からだと、いきなり10枚くらい皮がむけた気がすると思う(笑)。

曲もいい、演奏も、プロダクションもいい。
中古屋さんの棚でも見かけることが多いけど、未聴の方がいらしたら
一度お手にとってみてはいかがでしょうか。

BTがこれまた興味深い。
「WILD CHILD」「LOVE GUN」「THE TROOPER」の3曲です。
KISSの曲というのが異色な気がするかもしれませんが、これがいいのよ。
メロパワ風味のLOVE GUNになっとります。面白いよ。

このアルバム、大好きっす。
次のアルバム早く出ないかなーと思ってすでに3年経ってるんですが
その間にヴォーカルが女性に代わってませんか・・・?
そこが、かなりショックなんですけど(;_;)。。。

でも、そこはSAINT DEAMONがいるからね、と自分に言い聞かせる私であった。
ふぅ・・・。



HIGHLAND GLORY / FROM THE CRADLE TO THE BRAVE

2009年01月04日 21:24

highland glory fromthecradles-
2003
FF018

ノルウェーのメロディック・パワー・メタル
実は、これの次のアルバム「FOREVER ENDEAVOUR」を先に聴いて
とても気に入ったので、遡って手に入れたアルバムです。

でも、このジャケ!非常に好みです!
というわけで、HIGHLAND GLORYのアルバムでなくても買ってた可能性大。
勇者の誕生っすよ、もう、心鷲掴まれするでしょう。ふっふっふ。

中身のほうも、いい感じ。
ヴォーカルは、08年のベストアルバム10位に選んだSAINT DEAMONに「移籍」
・・・と言っていいのか?・・・しましたが、血管切れそうなハイトーンも高らかに
めくるめくメロパワ街道を疾走しております。
オススメの1曲は、ラストのタイトル曲「FROM THE CRADLE TO THE BRAVE」。
曲展開のドラマティックなことといったら、もう。
使ってる楽器の魅力も加わって、ラストを飾るにふさわしい出来でございますよぅ。

バラード系の曲も泣かせます。
4曲目「THIS PROMISE I SWEAR」なんか、ぐっときちまいます。

全体的に「荒削り」という感は否めない気がしますが、そこも含めての
「いいアルバム」。
男っぽいメロパワが聴きたい、という方にオススメでございます。


この次の作品がまた非常にいいんですが、それは次回。
ほほほ。
というわけで、本日から通常営業の猫メタルneoでございましたw


SMOKE ON THE WATER A TRIBUTE

2009年01月04日 03:26

sotw tributes-
1994
APCY-8204

新年ひとつめのアルバム紹介が15年前のモノ。
どうなんでしょう。
でも、新年を寿ぐにはぴったりの1枚だわ、と思ったので、コレw

タイトル通り、DEEP PURPLEのトリビュート盤です。
深紫のトリビュートは数多ありますが、これは参加メンバーが豪華絢爛。

キップ・ウィンガー、レブ・ビーチ、ドン・ドッケン、ジェフ・スコット・ソート
ジョー・リン・ターナー、ヴィニー・ムーア、ジョン・ノーラム、リッチー・コッツェン
そしてグレン・ヒューズ・・・って、オイオイ(笑)。
しかも「嵐の使者」歌っちゃってるよ、この人は~・・・。

オープニングが「SPEED KING」でギターが伯爵様ですもの。
もう、王道を行くトリビュート盤でございますよ。

選曲的には、「深紫好きでプレーヤーになった」人が選んだんだろうなー
という感じでしょうか。
この曲弾きたい、って感じで曲決めたんじゃね?って気がするけど。
なこたないスかw


年明け最初にトリビュート盤ですが、にぎやかに華やかにお正月っぽく。
LED ZEPPもそうですが、オリジナルがいいからトリビュートも映えるよね。ふふふ。
深紫、やはり凄いバンドなんすよ。

と、新年を迎えて、改めて思うnekometal でございました♪



あけましておめでとうございます&「2009年の目標」

2009年01月03日 20:55

FC2 トラックバックテーマ:「2009年の目標」


あけましておめでとうございます。
今年も、いい音楽といいライヴにあふれた1年でありますように。
みなさま、よろしくお願いしますm(_ _)m。

7bnuh9s-.jpg




すっかり出遅れて、三が日最終日に新年のご挨拶・・・orz。
今年もぐずぐずなnekometalです。とほほ。


さて、気を取り直して、nekometalの今年の目標は、ズバリ!

CD買い過ぎない

・・・去年もそんなことを言ってなかったか>自分。
言ってたような気がしなくもない。つか、言ってた。はい。
でも、今年こそ。
ちゃんと試聴して、いいなと思ったものだけ買います。

でもジャケ買いは趣味だもんなー。
止められないなー。
って、いきなり開き直りか。

CD買わない じゃなくて 買いすぎない だから

ぼちぼち、控えめに、買い物します。
ええ、今年こそ。

今年は、新旧あわせて、100枚までにする。

ふっふっふ。
やってやれないことはない!
・・・はず
・・・だと思う

・・・けど



・・・どうかな((((((((((^^;)。





最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。