スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく

2009年05月30日 01:57

携帯から更新しておりますよぅ。

突然ですが、短歌を詠んだことはおありでしょうか。
三十一文字に思いん込めて、詠うもよし、味わうもよし。
千数百年の歴史は、懐が深い!
最近は携帯で短歌を詠んだりもするそうです。

というわけで、いかがでしょうか
メタル短歌。

EDGUYの次の来日再来年 すでにキリンの首で待ってる

EDGUYの大ブレイクのその日まで なんとか踏ん張れ トビーの毛根


考えるの、面白いな(笑)。
ちょっとハマりそうだわ〈迷惑( ̄∇ ̄;)
スポンサーサイト

宝くじが当たったら

2009年05月29日 03:20

「宝くじが当たったら・・・」

誰でも、一度くらいは、獲らぬ狸の皮算用に耽ったことがおありでは。
俗物一直線のnekometalなんか、もう、耽りまくらちよこですよ。
妄想だよ、おっかさん。
てなもんです。

宝くじが当たったら

仕事を休む(辞めると言い切れない、この貧乏性のワーカホリックw)
ツアーに出る(好きなバンドのツアーに「帯同」)
引っ越す(防音室完備のところへ)
ホームシアター設置(ライヴDVD堪能)


そして、呼ぶ

THUNDERSTONE(パシも一緒に)を
BRAINSTORM を
BURNING POINT を
BLOODBOUND を
PARAGON を
MYSTIC PROPHECY を
LIONS SHARE を
EVIL MASQUERADE を

なかなか単独じゃ来日困難な、でもいいバンドを、呼んだるでぇ~!

フェスだ、フェス。
名付けて「地味だけど、カッコいいバンド大集合!フェスティバル」だ。
フェスの名称がダサいけど、キニシナイ!

場所はどこがいいかしら。
O-EASTでどうでしょう。
狭いですか?・・・え?広すぎる・・・?そ、そんな・・・( ̄▽ ̄;)。。。

フェスの後は、打ち上げだ。
美味しいものいっぱい出して、バンドのみなさんに「ニッポン、サイコー!」と
喜んでもらおう。

サイン会だってやっちゃうぞー。
ご希望のお客様には、ハグつきだ。

雑誌の取材とかも大歓迎。
ブロガーのみなさんのライヴレポも大歓迎。
宣伝してもらって”地味だけどいいバンド”に、ブレイクしてもらっちゃうぞー。

そしたら、どのバンドもがんがんアルバム作ってくれて
ツアーだってやってくれて
次の来日だって決まっちゃうぞー。
うっひょー( ̄▽ ̄=)♪

予算はいくらくらいあればいいんだろう。
2億で足りる?足りるよね?
余裕があったら、フェス第二弾だー。


と、妄想炸裂。
ほっほっほ。

さっさと寝ろよ>自分。


待望の新作!

2009年05月28日 01:16

各方面で話題になっている・・・といいなぁ・・・
20090526230546.jpg
MYSTIC PROPHECY / FIREANGEL

待望の新作です。
前作、nekometalの2007年のベスト10アルバムの中の一枚だったんですが
いよいよ新譜が出ましたよ~!というわけで、買ってきました。

が、店頭で見つからず、「え、まさか売り切れたとか!?」と内心興奮しつつ
カウンターのお姉さんに聞いてみたら、在庫ありになってるから・・・と
探してくれました。
ありがとう、union池袋のかわいいお姉さん!
無事、発見。購入することができました。

ジャケットが怖いw
この画像じゃまっくらでよく判りませんが、デススラッシュかと思うような
かっちょええジャケットです。

ああ、でも、ここにもカラスorz。
ケモノが好きだけど、鳥は苦手だ。
カラス、怖いよ(;_;)。。。


BLOODBOUND / TABULA RASA

2009年05月26日 03:28

blood bound tabula rasa
2009
MICP-10830

帰り道、目が回っちゃってスッ転んだnekometalです、こんばんは。
・・・痛いw
貧血のみなさま、お互い気をつけましょう。


このバンドも、私の中では新譜が待ち遠しかったバンドのひとつ。
・・・イマイチ地味だとは思いますが。
そう、またもや「猫メタルneo」では御馴染みの(?)
「いいバンドなのよー、・・・でもなんか地味・・・なんかブレイクしない・・・orz」
ってバンドです。

しかし、この新譜「TABULA RASA」は、もしかし~た~ら~・・・!?

前二作と比べると、ぐっと本格派っぽい色合いが濃くなっております。
そして、ぐぐっとパワフルさに磨きがかかっております。
そしてそして、曲の出来のいいこと!

ヴォーカルに、オリジナルメンバーのアーバン・ブリードが戻ってきました。
いい声です。(しかも、巧くなってるぞ!)

ギターはトマス・オルソン。こういうギター、大好きです。
音質といい、プレイスタイルといい、ソロの美しさといい、大好物。ほほほ。
ツインギターの相棒はヘンリック・オルソン。この二人、実の兄弟。
オルソン・ブラザーズ、いいぞ~(^^=)♪

バンドの中心人物は、キーボードのフレドリック・バーグです。
曲は、ほとんどがオルソン兄とフレドリックが作っていますが、さすが鍵盤奏者、
きれいなんだよ、曲が。
カッチリ作ってます。

5曲目「NIGHT TOUCHES YOU」は、KAMELOTかと思うような
6曲目「TABULA RASA part2」では、ノクタかと思うような
そんな感じをぷんぷんと漂わせております。

もう、全編、見事なまでの「メロディック・パワー・メタル!」。
ノクタ好きな方には、ぜひとも一度お聴きいただきたい!
  ジョニーと比較しちゃうと、さすがにヴォーカルが厳しいか・・・とは思うけど、
  それはジョニーが特別に強力に突出しているからで。
アーバンの歌も、充分に頑張っておりますよぅ~!


え?ジャケットがダサい?
・・・それは、もう、このバンドの「恒例」です(((( ̄▽ ̄;)。
前二作と比べたら、これが一番かっこいいんスよ・・・w
でも、ほら、HIBRIAの例もありますでしょ?
ジャケがダサくても、中身はいい!・・・そういうバンドなーのーよー( ̄▽ ̄)b。


REVOLUTION RENAISSANCE / AGE OF AQUARIUS

2009年05月25日 02:43

RR age of aquariuss-
2009
VICP-64671

ティモ・トルキが「もう一度バンドやる気になりました」ということで
私としては、それだけでありがたい。
(プロジェクトだと、ツアーに出るのが大変だしさ・・・来日だって
 遠くなっちゃうでしょうよ)

「マイスペで募集をかけた」って、すごいな。そういう時代なんですねぇ。
ワールド・ワイドですよ、ってことで、新メンバーはブラジリアン。
カテゴリ「北欧」でいいのか。いいんだよね、大ティモのバンドだもん。

前作「NEW ERA」は、STRATOVARIUSのアルバム用の曲をそのまんま
”引き継いだ”作品で、ゲスト・ヴォーカルも喜助どん、トビー、そしてパシ!
ということで、キラキラ度高かったんですが、これは全然違います。

昨日の記事で、現STRATOVARIUSが「SUTORATOVARIUS」って名前を
使えることになっててよかった、と書いたのは、RRの新作を聴いてたからです。

RRは、STRATOVARIUSではございません。

当たり前だけど、大ティモが、その当たり前をホントにやったよ、おい、ということに
私、ちょっとした衝撃を受けているのでございますよ。
ああ、この人(大ティモ)、本当に「STRATOVARIUSを脱退」したんだなーってね。

大ティモのギターは、華麗に舞い踊ります。美しいっす。
ヴォーカル、素直でいい声です。切ない表情を持ってる声だと思う。
サウンド・プロダクション的には、前作の「NEW ERA」より重厚な印象。

それは、曲の質感のせいかもしれないけれど。
全体的なアルバムの色として、この言葉が正しいのかどうか微妙だけど
「陰鬱」。

「北の国の長い冬を耐え忍び、苦難の道を、敢えて歩いている」といった感じ。
  敢えて、っていうのがキモね。
  ここしか歩く場所がない、んじゃなくて
  敢えてこの道を選択したぜ、てな、ナルシシズムにも似た矜持を感じる。

ああ、ティモ・トルキだ・・・と、思います。はい。
良くも悪くも大ティモだ。

だから「大ティモが好き」っていうか「この人を見届けねばと思ってる人」(私とかだw)は
「そうか、こう来たか」・・・あるいは「こう行くか」と噛み締めたりするんじゃなかろか
このアルバムを。

このアルバム、「つまらん」という人もいるんだろうな。
とっつき易くはないもんな。(←婉曲表現)

でもね、このアルバム聴いて思うことは、「次のアルバムはどうなるんだろう」ですよ。
このキモチを文章化する能力が、私にあればなぁ。
無念です・・・。


ジャケットが、70年代のプログレみたいだ。
その辺も、なにかヒントになるんだろうか。
てのは、深読みしすぎだろうか・・・だろうな( ̄▽ ̄;)。


あ、そうそう、大ティモが寄せてる文に酷い誤植があります。
「『エイジ・オブ・アクアリウス』には進級の良質なサウンドが・・・・」
進級ってなんだよ。
新旧だろ、文脈的に。
萎えるわ~(==;)。。。

STRATOVARIUS / POLARIS

2009年05月24日 02:05

stratovarius polaris 1s-
2009
VICP-64708

リスニング・パーティは門前払いを喰らった私ですがw
CDは発売日前日に(笑)がっつり購入。
待ってたからね、やっぱね。

思い入れのあるバンドなので、大ティモの「脱退」騒動前後のアレコレに
非常に複雑な思いをしておりました。
自分の胸の中にもアレコレ湧いてきちゃって、そうそう人様にお話できる感じでもなく
結果的には「ブログには何も書かない」ことになってましたが、それも、もう終わり。

大ティモは大ティモで歩き始めているんだし(RRのアルバム記事も書くぞぅ~!)
STRATOVARIUSも、こうして新たな一歩を踏み出した。
それが全てじゃないか>自分。うん。


このアルバムを聴いて、私が最初に思ったのは
「STRATOVARIUS名義を、このバンドが受け継ぐことが出来てて、良かった」
でございました。

STRATOVARIUSからティモ・トルキが「居なくなる」という状況って
例えば、深紫からリッチーが居なくなる、みたいな状況じゃん、と思ってたので
そこんところを(大袈裟に言えば)危惧しておりました。

  音楽性というか、方向性というか、バンドの「名前」が示してきたものが
  変容するのか、どう変容するのか、どの程度変容するのか・・・とか
  これまでのものを踏襲するのか、新ギタリストはどういう存在になるのか・・・とか

存続する「大ティモが居ないSTRATOVARIUSは、STRATOVARIUSたり得るのか」と。


STRATOVARIUSでした。

もうね、がっつり「ど」のつく哀愁のメロパワ、STRATOVARIUSのアルバムです。
しかも、これは、過去の名作と比べても遜色ない、できのいいアルバムですよ。

行間ならぬ「音間」から零れ落ちる、きらきらと輝くSTRATOVARIUSらしさ・・・
これが聴こえない人もいるのかもしれない。
だけど、在るのよ、確かに。

大ティモが去ったバンドが、新しい若いギタリストを迎えて作った
「STRATOVARIUSのアルバム」には、
バンドの、「STRATOVARIUSファンを裏切らないぞ」という強烈な意志が
いっぱいに詰まっている気がする。
きっと、これも、確かに。

「過去の名作と比べても遜色ない」っていうか・・・比べるのは正しくないな。
ここが、スタートなんだもんね。
そう思うと、「このアルバムが聴ける幸せ」でいっぱいだ。
「感謝」と言ってもいいかも。


思い入れのあるバンドの”新装開店”アルバムなのでね、どうもね・・・
なんかウザいっすね>自分。面目ないっす。


アートワーク、最高にきれいです。
  このジャケ画プリントのTシャツ、絶対作って欲しい!
  バックプリントはツアーデイトで、よろしくねぇぇぇ!!!
ただし、初回限定のパッケージなので、扱いに気を使いますw
あたしゃ、ふつうのプラケースでいいんだよぅ・・・。
ついでに、歌詞カードがものすごく見難いです>縦開きw

あ、あと「スカルびっしりプリント」の小ティモのブルゾンが・・・なんじゃこりゃw
カッコいいのか、わるいのか、なんだかよく解りません( ̄▽ ̄;)。。。


来日公演が待ち遠しいっす。
「DEEP UNKNOWN」「BLIND」、そして「SOMEHOW PRECIOUS」を
ナマで聴けることを大期待っす!




JORNの来日を実現させよう!プロジェクト

2009年05月23日 02:31

JORN、待望の新譜が発売決定~♪

front_spiritblack_hi_res_convert_20090512234951.jpg

コレに伴い、
JORNの来日を実現させよう!プロジェクト
に勝手に参加中( ̄▽ ̄=)。

詳しくは、「ヨルン・ランデを知るならココ!(・・・を目指す)」で御馴染み
ヨル専ことJORN LANDE専門さんへ!

ぜひとも来日公演を実現させて欲しいっす。
AVANTASIAのヨルンも良かったけれど、フルスケールの「ヨルンだらけ」LIVEを
たっぷり楽しみたい。

来日してくれ、JORN!


狼、来まくり

2009年05月22日 02:23

HIBRIAのサイン会の前に、unionをハシゴした。
実は、サイン会の後にも、ハシゴした。
私、馬鹿なんじゃなかろうか。いや、文字通りの「馬鹿」。ばかばか。

でも、新宿はセールだとか言うし、御茶ノ水はHIBRIAの半券あれば割引だとか言うし
池袋はクーポンが1800円分もあったんだもん・・・
って、言い訳にもなわんわ。

で、買ったのはこれ。
ろくまい
KALAPACS / AZ ELSO MERENYLET
KALAPACS / KERESZTES HABORU
KALAPACS / OSZTON
NORTHERN KINGS / RETHRONED
FIREWIND / LIVE PREMONITION
PHARAOH / BE GONE


追加で買ったのはこれ。
追加
REVOLUTION RENAISSANCE / AGE OF AQUARIUS
MANTICORA / DARKNESS WITH TALES TO TELL


ハンガリアン・メタルから、輸入盤が激安でオイデオイデと呼んだモノまで
計8枚。
いい買い物だったのよ。ほんと。

union新宿HR/HM館は・・・どうしちゃったんでしょう。運が悪かったかな。
店内でかかってたのが、あまりにも”えふゆーしーけー”だったので
珍しく一枚も買ってません。
購買意欲が200%減でございましたよ。ええ。

御茶ノ水と池袋は良かったなー>品揃えも、かかってたのも。
購買意欲が刺激されて、危ないところだった。
これでも、手にとった半分にしたのよ。あとは棚にちゃんと返しました。

「もう買わない」とか言ったって、「狼がきたぞー」状態のままです。
そして、貧乏をこじらせる一方。
馬鹿だから。とほほ。


来週も待ってた新譜の発売だ。
買うのはそれだけにしろよ>自分。
・・・ううう・・・(==;)。。。


HIBRIA in union御茶ノ水HR/HM館

2009年05月22日 00:41

たいがーぱんちを繰り出して、疾風怒濤の来日公演を終えたHIBRIAが
union御茶ノ水HR/HM館に来る!ってことで、行ってきました。

実は、3時には店に着いてイロイロと物色してる間に、気づけば4時直前!
あわてて2階に下りようとすると、すでに3階まで列が続いてる~。
「前の取材が押してるから、到着が遅れてます」とのこと。
というわけで、3階でメロデスを聴きながら待つこと20分・・・

ようやく列が進み始めました。
おしごとちゅう2
おお~!サインしてる~!

おしごとちゅうs-
一緒に写真撮ったりしちゃって、愛想がいいぞ~。
ていうか、ユーリはサイン待ちの列を自分のカメラで撮っていたw
手を振ったらカメラを向けられた・・・メロイックサインで応えてみた。ほほほ。

ありがとーさいんs-
nekometal「昨日のショウは素晴らしかった!とても楽しかった!」
ディエゴ 「俺も楽しかったよ!日本の観客は素晴らしいよ!」
nekometal「次はいつ来る?」
ディエゴ 「まだわからないな~。でも、すぐまた来たいな。」
nekometal「来週w?」
ディエゴ 「・・・うわっはっはっ( ̄▽ ̄=)!(隣のアベルに)彼女面白いぞwww」
などと、ちょこっとオシャベリしながら、サインをもらう。
アベルとともにnekometalも手だけ写りこんでみたw

のりのりs-
ユーリとエドゥアルド、ノリノリですw
「東京はエンジョイできた?」と聞いたら「いや、全然。ショウとホテルだけだよー」とのこと。
「じゃ、次に来るときはオフの時間があるといいね」と言ったら「そうだといいな~」と
かなり本気っぽかった。

エドゥに、と小さな袋に入ったモノをプレゼントしたら「え、俺に?」と驚いてた
(隣が一番人気(?)のユーリだったから?)。
「そう、あなたに」と言ったら、とても喜んでくれた・・・けど、中身を見てザケンナwwwと
思ったかもしれない>中身は、金ぴかの小さい招き猫( ̄▽ ̄)w

貰ったサイン↓
さいんs-

そのまま帰国の途に着くらしく、かなり「早く早く!」のサイン会でしたが
(マルコにはサイン貰って、あいさつして、終了・・・って感じでした^^;)
メンバーは最後の最後まで愛想よく、ファンサービスもとてもいいHIBRIAでした。

また来てね、HIBRIA!
いいショウとサイン会を、おぶりがーど(^^)!



HIBRIA @ 渋谷O-EAST

2009年05月21日 00:59

たいがーぱ~んち!に、間に合わなかったよ(;_;)しくしく。

渋谷に着いた時点で既に7時過ぎ・・・ひぃ~っ・・・道玄坂を8cmヒールで
駆け上がった(←気分だけは)けど、会場入りは7時20分。

閉演後、TTさんにうかがったところ、ほぼ時間通りに開演だったそうなので
3曲くらいは聴き逃した感じでしょうか。しょんぼり。

Tシャツは一枚もなかった。売り切れてたのかな。だよね。とほほ。

会場に入ったらドアの前にビッシリ人人人・・・
一番後ろで観てました。
それも、超ナナメ位置の最後列。
音のバランスもなにもねーっす。
移動しようにもできなくて、しょうがなく「超ナナメ(ほぼ横位置)」「最後列」での
初HIBRIA。

ドラムセットをはさむように舞台セットが組んであって、ドラムの半分が見えない。
音は聴こえるけど、そしてとてもパワフルで素晴らしかったけど、見えない・・・。
ツインギターは聴き応え満点。
でも、やっぱりバランス悪い・・・これは位置のせいかと。残念無念。
ベース、すごい。
高い位置でのベースは好みじゃないけど、津軽三味線並みのハゲしい演奏に
血沸き肉躍るnekometal・・・でも、遠い(;_;)。

ユーリのヴォーカル、ちょっと音が小さくて残念でした。
多分、これも私のいた位置のせいかとは思うんだけど、どうなのかな。
ただ、途中ハウったり、音のレベルが急に変わったりしてたので、卓のせい?と
ちょっとだけ疑ってしまったけど・・・正面で観た方、どんな感じでしたでしょうか。

オープニングを見逃している私が、何を言えるんだか、と思うんですが・・・

観客の様子はよく見える位置でしたが、若干大人しめだったでしょうかね。
それでもだんだんあったまってきて、いい感じに盛り上ってきたぞ~・・・と思ったら
カヴァー曲(PANTERA)・・・どうなんでしょう、あれ。
あれは入れなくてもよくなかったっすか。
個人的には、(曲の好き嫌いではなく)流れが止まった感じを受けました。
いいアルバムを2枚持ってるんだから、それだけでよくなかったすか。

アンコールのたたみかけは素晴らしかった。
アンコール、あと1時間やってくれればよかったのに。←ムリ。

元気溢れる(特にユーリのバネは素晴らしい。高飛びの選手になれそうだ)ショウ。
位置取りは失敗だったけど、でも、楽しい1時間半でございました(^^)。

メンバーは、みんなとても楽しそうだった。
ユーリの英語が聞き取りにくかったけど、こっちもポル語はサッパリなのでお相子(?)。
ファンサービスもいい感じ。
エドゥ、最後はスティックの束(!)持ってきたもんねw投げる投げるw
「この後はHRCで会おうぜ!」ってことで、今頃盛り上ってるんでしょうか>HRC(笑)。

残業の上、持ち帰り仕事が山ほどある私は、そのまま帰宅の途に着きました。
(そして、まだ仕事は終わっていないorz)


どこかにセトリは上がってないでしょうかね。
最初の数曲を確認したい。しくしく。
もう一度グチらせて・・・「残業なんてキライだ(;_;)」。


あ、それと・・・
ステージにむかって左側、カウンターの突き当たりに座っていたスタッフ氏
(だと思うんだ>パス下げてたから)
ずーっと携帯の液晶の光が気になってしょうがなかったっす。
スタッフ同士の連絡に必要なのかなぁ・・・と思って我慢したけどさ。
でも、もうひっきりなしにパカパカやってるから、気になる気になる(==;)。
ナントカしてほしかったっす、あれ。


20090521005346.jpg
でもでも、多少無理してでも行ってよかったっす!
HIBRIA、また来てね。
できれば、休日に・・・( ̄▽ ̄;)。



たいが~ぱ~んちっ!

2009年05月20日 02:19

今の大阪は「人が集まるところ」だとマスク着用率が高かったりするんでしょうか。
個人的には「うつさない・うつらない」ために、着用したほうがいいよね、と思うけど
HIBRIAのライヴではどうだったんだろう。

という私も、明日、いや、もう今日、O-EASTに向かいます。
が、残業決定的なので、間に合うかどうか・・・ひ~っ(><;)!
ダッシュします。

が。

まったく予習していません(^^;)。
特にしなくていいか・・・アルバム2枚分だもんね。
いいアルバムを作ってくれたバンドの、いいライヴ、期待しております!

・・・その前に、仕事ガンバレ>自分orz。

で、翌21日には、HIBRIAのサイン会があるようです。
unionの御茶ノ水HR/HM館で、夕方4時くらいから。

ライヴには参戦できないけど、メンバーに一言
「たいがーぱ~んち!」
と言いたい!という方、チャンスです( ̄▽ ̄)b。



買った(^^=)♪

2009年05月19日 23:42

買ったよ~ん( ̄ー ̄=)♪
20090519225854.jpg

EDGUY / FUCKING WITH F*** LIVE
STRATOVARIUS / POLARIS


EDGUY / FUCKING WITH F*** LIVE
タイトルwww 
DVDとCDが一緒になってる初回生産限定盤です。
ゆっくり観たいっす。楽しみっす!

STRATOVARIUS / POLARIS
先日のリスニング・パーティは残念ながら聞き逃しましたが、
CD買ったから無問題。ほほほ。
こちらも完全初回生産限定盤のスペシャル・パッケージ゙仕様です。
やたらにキラキラしてますねぇ。キラキラキラキラ・・・「らしい」っすねw
ピクチャーディスクです。
きれい!


で、unionのクーポンも1800円分貰った( ̄▽ ̄)。
欲しいものがあるので、足しにしようと思ってます。

・・・と、まだ買う気の私であったw



超希望的予想(ていうか妄想)

2009年05月18日 02:35

ラウパ出演バンド予想、たくさんのメタル好きさんたちがしてらっしゃいますが
ちょいと便乗。
多分、「ねーよwww」の連続になります。
ええ、解っていますとも。メロパワ枠はそんなにナイんでしょ。しくしく。

DとS、C, C, H, T , R , F,?

D
DREAM EVIL


S
SILENT FORCE 
STORMWARRIOR
SCELERATA
SYMPHONY X
SAINT DEAMON

C
CELESTY
CRADLE OF FILTH ←これはアリじゃなかろうか。どうでしょう。

H
HAMMARFALL
HELLOWEEN

T
THUNDERSTONE ・・・絶対ないよねw・・・orz
TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA  ・・・もっとないわwww

R
RHAPSODY OF FIRE
REVOLUTION RENAISSANCE

F
FIREWIND
FIRES OF BABYLON
FREEDOM CALL


・・・書き出してみて、やっぱりこの面子が揃うことはないよねぇ、と
自分でも思います(^^;)。
でも、こんな面子なら絶対いーくーわー。万障繰り合わせていーくー。
854830.jpg
お願い、よーんーでー( ̄人 ̄)・・・お祈りしてみたw

ていうか、「B」が来るって話はないのかなぁ。
Bですよ、B。
BURNING POINT とか BRAINSTORM とか BLOOD BOUND とか、どうでしょう。
って誰に言ってんだよ>自分。



THE SNAKES / LIVE IN EUROPE

2009年05月17日 01:48

the snakes lives-
1998
POCY-01318

ようやくウチに来てくれたよ(;_;)のTHE SNAKES 「LIVE IN EUROPE」。
思ったとおり、アートワークはやっつけ感満点。自主制作ですか?って感じ。
しかし、そんなのどーでもいいんです。
中身だ、中身。

で、その中身ですよ。

あああああ・・・WHITESNAKE~(><=)!
しかも、初期~!私の大好物の初期白蛇~!


ありがとう、両M。
こういう音源を残してくれて。
バーニー・マースデンもミッキー・ムーディも、素晴らしいプレイでございます。
古臭いといわれようが、ロートルと笑われようが、やっぱコレだよ。
なんて気持ちのいいギターだ。惚れ惚れしちまうぜ。くぅっ(><)!

  ”カヴァのWHITESNAKE”なんですよ。そうなの。
  だから、ギタリストが誰であろうが、録音時とツアー時でメンバー違おうが
  「カヴァが歌ってる」=「WHITESNAKE」なんですよ。
  良し悪しや好き嫌い越えて、カヴァはそういう存在なんです。
  そして、私は、いつもどの白蛇も物凄い勢いと深さで、大好きなんです。
  ↑
  敢えて言う必要もないほど自明のことですが、一応、念のため。

それを踏まえての、このアルバム。
私の思い出の中の「あの、WHITESNAKE」です。
この音、この音・・・泣けてきちゃうよ。

このアルバムは、紋章前夜の「あの頃」のWHITESNAKEに思い入れのある方なら
脳裏に(心に)さまざまなコトが走馬灯のように過ぎること請け合いです。
98年に、両Mが、「ほとんどコピー」のヴォーカリストを据えて、初期白蛇を演った
そのことを、噛み締めるアルバムだと思います。


ヴォーカルは、ジョニー・ランダ表記のヨルン・ランデ。
元々がカヴァ信者のヨルン、そしてバンドに合った喉を聴かせる実力者ってことで
もう、なんか若かりし頃のデヴィッド・カヴァーデイルが化けて出てきたみたい。
ちょっとキモチワルイくらいだ(笑)。

ただ、カヴァと違うところは、もちろん大アリです。

ヴォーカル・スタイルは、まんま「完コピ」ですが、ものすごく丁寧に歌ってます。
きちんと感、はんぱねーっす。(カヴァは、こんなに丁寧に歌ってねぇw)
エモーショナルでエロエロなカヴァ・スタイルを完璧に表現しているけれど
心底”俺サマが世界一だぜ”なカヴァの”歌”とは違う、
そういうカヴァが大好きだぜ!いっちょやったるで!なヨルンの”歌”って感じ。

解りにくくて申し訳ねぇっす。
でも、そういう風に聴こえる、私には。

とても、いいです。
これ聴いて、いっそうヨルン・ランデが好きになったぞ。
ヨルン、あんたはやっぱり同志だ!←何を勝手に>自分。


このアルバム、誰のためのアルバムなんだろうな。
そう考えると、出てくる答えは一つだけだ。
「なんだかんだあるけど、そんな白蛇をずっと好きな”WHITESNAKEファン”のため」
(演ってるほうも、聴いてるほうも、含めてねw)

多分、間違ってないと思います。
はい。



御礼 と 「しょんぼり・・・」

2009年05月16日 21:25

カウンタが60000を超えていました。

武道館なら6days・・・と、毎度変わりばえしない感想ですみません。

ここに引っ越してきたときには思いも寄らなかった数字で、驚いております。
これもひとえに、おいでくださった皆様のおかげです。
ありがとうございます

心ばかりの御礼に、歌わせていただきます!
utau neko 2
You gotta understand I'm walking in the shadow of the blues

相変わらず地味なブログですが、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m。



さて、楽しみにしていた「リスニング・パーティ」ですが・・・
なんか、ずっとエラー表示で聴けないorz。。。
もうすぐ発売だからいいんだけどさ。しょんぼり。

せっかくの企画なんだから、スムーズに行くとよかったのにね。
なんか開始時刻も押したようだし(その分延長になって11時までだそうです)
私もぎりぎりまでトライしてみるっす・・・。


遠征

2009年05月15日 02:41

噂の(?)淵野辺のunionへ行ってまいりましたよぅ。
普段の生活圏からは随分と離れた場所なので、ちょっとした「遠征」でした。

セール目当てだったんですが、肝心の目当てのモノはセール対象外。
というわけで、結局新譜を購入。←何やってんだw

初めて行きましたが、しばし棚に張り付き(これはいつものことだw)
その後はお隣の珈琲店で休憩。
  この店、名古屋で行ったことがあります。
  コーヒーにお菓子?がついてくるんだよね・・・名古屋方式なのかな。
20090514164832.jpg

BLOOD BOUND / TABULA RASA
MIND ODYSSEY / TIME TO CHANGE IT

購入したのは、以上2枚。

手前に写っているのは、購入したのではなく「プレゼント」。
ずっと欲しくて探していた
THE SNAKES / LIVE IN EUROPE

これ、中古屋さんでもホントに出てなくてねぇ・・・。
たまにネットで見つかると、これが・・・お高い!ひー!

というわけで、欲しい欲しいと呪文のように唱えていたんですが
・・・見つけてくれたヒトが、くれた( ̄▽ ̄=)アリガトー!
ものすごく嬉しい~♪

さっそく聴きながら、これ、書いてます。
いや~・・・ヨルン・ランデ・・・カヴァ声だ~( ̄▽ ̄)。。。




ケモノ系バンド名を考えてみた

2009年05月14日 02:53

蛇とか豹とかライオンとかジャッカルとか、HR/HM系のバンド名には
生きものが使われることも多いですが、なんか字面のカッコよさだけで
バンド名になりそうなのはないでしょうか。

私の愛読書のひとつに「世界哺乳類図鑑」というのがあります。
(新樹社 ジュリエット・クラットン=ブロック著)

それを眺めてると、なくもない>字面のカッコいい”名前”。
ちょっと考えてみた。←ヒマなのか>自分。

  ※今日の記事は、「スクロールよろしくお願いします」です。
    ご面倒おかけして、申し訳ないっす。



例えば GREATER GLIDER
なんか「大空を飛翔する大いなる翼!」みたいなタタキが目に浮かびませんか?
北欧の爽やかメタルに似合いそうじゃないっすか?

GREATER GLIDERの正体↓

































GREATER GLIDERs-
フクロモモンガ


じゃ、これなんかどうでしょう RUFFED LEMUR
ヘヴィなリフが売り物の、正統派メタル!なイメージでどうでしょう。

RUFFED LEMURの正体↓


































RUFFED LEMURs-
エリマキキツネザル


個人的に、これが一番気に入ってるんですが TEMMINCK'S PANGOLIN
PANGOLIN・・・一発かましてくれそうな名前じゃないっすか?
闘う騎士の物語・・・エピックメタルって感じでしょうか。違。

TEMMINCK'S PANGOLINの正体↓


































TEMMINCKS PANGOLINs-
サバンナセンザンコウ


モモンガやキツネザルはかわいすぎてダメかもだけど・・・
でも、センザンコウはアリじゃないだろうか。
なんか、だし。

深海にはスケーリーフットっていう鎧野郎がいますが、小さいw
センザンコウは50~60cmはあります。
どうだろう。
ダメか。
主食、だしな。




オンライン・リスニング・パーティーですって

2009年05月13日 02:47

来る5月20日・・・といえば、HIBRIAですが、こちらも忘れちゃいけません。
STRATOVARIUSの新譜「POLARIS」が発売になります。

で、Victorからメールが届いてた。
VICTOR ROCKS OFFICIAL MySpaceページでオンライン・リスニング・パーティーを
開催するんだそうです。
完全時間限定でVICTOR ROCKS MySpaceページでフルでストリーミング再生可能
って、太っ腹だね。

時間は 5月15日19:00 ~ 5月16日19:00 24時間限定
URLは http://www.myspace.com/victorrocksofficial

で、アルバム・レビュー・コンテストってのもあるそうです。
  聴いた感想をブログ、もしくはSNSの日記(全体に公開)等オンライン上で公開。
  応募したアルバム・レビューはすべてそのリンクをビクターHM/HRサイト
  「VICTOR ROCKS」で紹介。
  そして「厳選なる審査の元」優秀作品にはそれぞれ賞品をプレゼント!
応募方法はこちらへどうぞ→http://www.jvcmusic.co.jp/rock/

これまた太っ腹。もう大ティモはいないのに、太っ腹。←違。


これ、5月27日発売のAMORPHISについても、同様のイベントが開催されるそうです。
AMORPHIS 「SKYFORGER」 5月23日19:00 ~ 5月24日19:00 24時間限定
URLは、同じく http://www.myspace.com/victorrocksofficial


それぞれのアルバムについて、詳しいことはこちらへ~。
STRATOVARIUS「POLARIS」アルバム情報ページ
AMORPHIS「SKYFORGER」アルバム情報ページ


今月来月と、待ちわびてた新譜が続々リリースされるわけですが
非常に楽しみであると同時に、CD屋さんへ足を踏み入れる自分が
ちとコワイですw



MAGICIAN / TALES OF THE MAGICIAN

2009年05月11日 01:01

Magician tales of the magicians-
2007
TKCS-85183

大袈裟なイントロから始まるマジシャン物語。
一見(いや、一聴)「ブラガ?」と思わないでもないけど、ブラジル。
しかし、本人たちが「ジャーマン好き」を公言してることからもわかるように
HELLOWEENやブラガを思い出しちゃうよね、やっぱね、なアルバムです。

あと、初期ANGRAか。
そりゃそうだわね。

メロパワ、それもコテコテの、って感じで、非常に好感度高し( ̄▽ ̄)。
そこに、プログレ風味をキラリと覗かせたり、ネオクラなギターソロを入れたりと
まるで私のために作ってくれたんじゃなかろうかwと巨大な勘違いをしそうな
そんな曲とサウンドでございます。

ルックス的にも、いい感じ。
長髪の、垢抜けないゴツくて濃い顔のオニイサンたちが勢ぞろい。
いいねぇ(^^)。
こうこなくっちゃねぇ(^^)。

ものすごく個性的ってわけじゃないけれど、この「プログレ風味」と大仰な造りが
もっとこなれてきたら面白くなりそう!な気配を感じるデビュー盤ですな。
少しクセがあるけれど、そこは好き嫌いの分かれ目かも。
私はけっこう好きです。
ややダサめなの(^^;)。でも、そこがいい感じなのよ~。

ミックスとマスタリングはGAMMA RAYのダークとアルネ・ラーケンマッハー。
アルネはHIGH GAINのエンジニアだそうで、人脈もちゃんと築いているあたり
期待も高まるってもんです。

いや~、ブラジル、いいなぁ。
そのブラジルから、もうじきHIBRIAがやってきますな。
そちらも、楽しみ楽しみ(^^=)♪



ちょっと調べてみた

2009年05月08日 03:17

ドーム帰りのnekometalです。こんばんは。
いやー、タオルまわしたまわした( ̄▽ ̄=)。

ホーム球場だと、選手がバッターボックスに入るときに流れるテーマ曲
(球団によっては登場曲と書いてある)がありますが、ジャイアンツ選手の
HR/HM曲使用率はとても低い。

松本が「HIGHWAY STAR」を使っているくらい。
(ご存じない方のために→松本は、足が売りの外野手です)
あと、ラミレスの最終打席(であろう打席)での「THE FINAL COUNTDOWN」。

で、他球団はどうなってんのかな~と、ちょっと調べてみました。

HR/HM 率が高いのは、阪神タイガースと判明。
こんな感じ↓
  蕭 一傑 SEPARATE WAYS/JOURNEY
  新井 貴浩 IT'S MY LIFE/BON JOVI
  林 威助 Have A Nice Day/BON JOVI
  ケビン・メンチ SAD BUT TRUE/METALLICA
  中村 泰広 Walk This Way/AEROSMITH
そうか、甲子園ではMETALLICAが流れているのか・・・。

あと、ソフトバンク・ホークスの竹岡が
「CAN'T STOP LOVIN' YOU」を使ってるようですな。

「IT'S MY LIFE」を使っている選手は、新井のほかにも数名。
人気だねぇ。

SURVIVORの「BURNING HEART」と「EYE OF THE TIGER」を
使っている選手も、少しいるようです。

映画の影響か、やはり「WILD THINGS」を使ってる選手は多い。
ちなみに、ジャイアンツの雷神さまこと越智もそうです。


個人的には、やっぱ気合の入る曲で登場して欲しい!と思うので
軽めのポップスやまったりした感じのR&Bなんかだと、「・・・あら・・・」
と思ってしまうんですが、これは選手の好みでしょうしねぇ。

阿部慎之助のように、テーマ曲と応援が一体化しちゃってる選手は
曲を変えるってのも、そう簡単じゃなさそうだけど。


HR/HM には、カッコイイ曲がわんさかあるんだし
選手のみなさんには、ぜひともHR/HM を使っていただきたい。
球場にもメタルを~!

・・・と、とても勝手なことを言う私であった((((( ̄▽ ̄)。。。



メタルの行く道:地域密着とグローバル化

2009年05月07日 02:20

メタルがテーマのドキュメンタリーを続けて2本観ました。

「HEAVY METAL IN THE COUNTRY」と「GLOBAL METAL」。
面白かった。
非常に興味深く観ました。


「HEAVY METAL IN THE COUNTRY」
御馴染みNuclera Brast の本拠地があるドイツの田舎町ドンツドルフの
どこまでの長閑な風景が、印象的。ほんとにキレイなんだ、風景が。
でも、Nuclera Brast では近所のオバチャンたちが世間話しながら
メタルグッズの梱包作業をしてたりするわけですよ。
で、こじんまりしたニット工場では、メタルTシャツ作ってたりしてるわけだ。

映画の宣伝文句にもあったけれど、この長閑な村では「メタルが産業」になってる。
雇用を生み出し、税収を生み出し、地域密着型の産業として成立してる。
これって、すごいことだと思う。

長髪・黒ずくめの格好、デカい音・・・ってところだけ取れば、ファン以外の人からは
嫌われる要素の多いHR/HM だけれど、Nuclera Brast は地域に溶け込んでる。
重ねて言うけど、これはすごいことだ。
レーベルが安定してなかったら、アーティストはせっかくの音楽を世に送り出すことが
難しくなってしまう。
そうなったら、リスナーにとっては大きな損失だもの。そんなの嫌だもの。

メタルレーベルがこうして地域に溶け込むことって、はるか極東の地のいちファンにも
恩恵があるってことだわよ。
素晴らしい。

「産業」ってことで、余談ながら。
よく、「金儲けするバンドなんでクソ!」ってな、蒙古斑クッキリな発言をする
オコチャマがいるけれど、私に言わせりゃ「何言ってんのw」だ。
儲けがなかったらアルバムを作ることも、ツアーやることもできないんだっつの。
現に、いい音楽をやってるバンドが経済的に立ち行かなくなって解散する、という
悲しい現実は、そこここに溢れている。特にHR/HMはね。

私が望むのは、「いい音楽作って、聴かせてください」だ。
そのために私はお金を払ってる。
それでバンドやレーベルが潤って、次のアルバムやツアーへの資金になるわけだから
アーティスト側とリスナーは、音楽を作る・楽しむことにおいて、持ちつ持たれつ。
ある意味、一蓮托生。

「儲けすぎ」なバンドがいたって、レコード会社があったって、文句はないよ。
それでいい音楽作ってくれるなら、ドンペリのプールで泳いでたって文句ないわw


「GLOBAL METAL」
世界各地、様々な文化と問題と宗教を持つ場所での、メタルの存在を丁寧に録った
サム・ダンの仕事っぷりに、まずは敬意を表します。アンタはえらい!

HEAVY METALが「欧米文化」であることは、間違いない。
それは、キリスト教圏の文化と、ある意味イコールってことだ。
前作「HEADBANGER'S JOURNEY」には、そこのところに重点があったように思う。

恩恵とともに問題も山積の”グローバリズム”と”HEAVY METAL”・・・
”HEAVY METAL”を「伝統文化」と置き換えたら、それほど目新しい視点でもないけれど
(さんざん語られてるし)、そこはサム・ダン、メタルを持ってきました、ってところが
「新しい」というより、「巧いな」という感じだ。

ただ、日本については、ちょっとなーと思った。

マーティが語る「日本社会と日本文化におけるHEAVY METAL」ってのは、つまり
”「ソト」からみたもの”だもんね、いくらマーティが”日本通”でも。
もっと「日本社会で日本文化の中で育った人」の話を取り上げて欲しかった。
サム・ダンの眼と、マーティの眼は、「欧米文化の眼」って意味では同じだもん。
なんかフィルターが二重にかかってる気がしたよ。そこだけ残念。

でも、前作も興味深かったけれど、今作は、より人類学的なアプローチを感じた。
サム・ダンの本領発揮ってことでしょうか。
すでに次が楽しみだ。また録ってね。



今日の記事は長いな。
しかも、くどい。
いや、面目ねーっす(==;)。


まだ5月だorz

2009年05月05日 03:36

今年のnekometalの目標は「CDを買いすぎない」
新旧合わせて100枚まで
という、各方面から「無理無理~w」と失笑を買いまくりのw枚数制限をも
自らに課したんですが・・・

ここまでで48枚

まだ5月はじめだっつーのに、制限枚数の約半分。
若干ペースが速い。
これが6月終わりなら、いい感じのペースだけど・・・約2ヶ月ズレてるぞ。
大丈夫か>私。

しかし、これでも去年までと比べたら半分のペースだ(多分)。
エライぞ~。
・・・って、ちっともエラくねぇorz。。。

まだ5月か~・・・
あれ?ほんとはもう9月とかじゃね?
・・・5月だよorz。。。

いや、しかし、まだ諦めるには早すぎる。
大丈夫。
根拠はないけど、だーいーじょーぶー。

・・・と、自分に言い聞かせる私であった。←反省しろ(呆)。



メタル好きさん集合の夜 in 渋谷

2009年05月05日 03:04

なんか調子悪いかな、FC2ブログ。
これで3回目なんですけど・・・途中で消えるorz。
今度こそ書けますように。

渋谷へ行ってまいりました。
ものすごい人出でした。いや~、人酔いしそうだった・・・
って、自分のその「人出」の中の一人だったわけですが。

「メタル好きさん集合の夜 in 渋谷(unionも行ってみよう!)」でした。
hideさん
アンジェさん&カーンさんご夫妻
WESTさん
TTさんご夫妻
greenさんブラザーズ
とご一緒させていただきました。
みなさま、ありがとうございました~(^^)。

今日のテーマはなんだったんだろう・・・
「世の中には、誘惑するワルイw大人が多い」でしょうか(違)w
いやぁ、でもライヴやCDは「出会い」ですからなぁ( ̄▽ ̄)←ここにもワルイ大人がw

残念ながら、私はunionにはご一緒できなかったんですが、すれ違いで
一回りぐるっとしてみました。充実しましたね~。
今後、徘徊場所が増えそうです(危険w)。

タワレコにも立ち寄ったのですが、危うくEDGUYのライヴを買いそうになりました。
もう半月もすればDVDとセットで出るっつーのに・・・アブネー(^^;)!
でも、音だけでも聴きたいという気持ちは強く・・・
フライングしないように気をつけますw


そうそう、話題の(?)イスラエルの「国歌」、これです。

ちなみに、私が買ったCDは↓これ。
20090503023040s-.jpg
「世界の国歌集 吹奏楽で聞く世界の国歌」ってやつです。
演奏は、なんと陸海両自衛隊の音楽隊(!)。
CD、出してるんですね~。





BURNING POINT / EMPYRE

2009年05月04日 01:38

burning point empyres-s-

2009
MHV00063

フィンランドからこんばんは。いえ、私が、じゃなくて、BURNING POINTね。
nekometalは変わらず都内某所で篭っておりますよ。ほほほ。

「いつも燃えてるジャケット」で御馴染みの、BURNING POINTの新譜
通算4枚目ですかね。でーまーしーたーよー。
かれこれ2年ぶりじゃないでしょうか。待ったわ~。

しかし、これが、待った甲斐があった~!という仕上がりです。
素晴らしい!!

なんと、「ゴッド・ファーザー愛のテーマ」ですよ、イントロが。
どうしたんだ・・・BURNING POINT・・・と思ったけど、そこからタイトル曲の
「EMPYRE」への流れが、うぉぉぉぉぉ~っ!ですよ、もう。

そして、強力なリフ・リフ・リフ!かっこえぇぇぇぇっ(><)!!
4曲目「FACE THE TRUTH」、超オススメ曲です。
試聴の機会があったら、この曲だけでも是非!
パワー全開です。
圧倒的なエネルギーをぶつけられるから、「受けて立ったるでー!」という
気合が必要です。が、それが非常に心地よい( ̄▽ ̄)w

でも、やはり地味。(←私が推すのはこういうバンドが多いっすねぇ・・・)
何が地味なんだろう。
正統派過ぎるのかな。
・・・ルックスか((((( ̄▽ ̄;)?

しかーし!地味でも、いいものはいいのだー!

ヘヴィなリフと、クオリティの高い曲、男臭いヴォーカルがお好きなら、
きっとお気に召していただけるはず。
バンドの気配としてはノクタに近いものがあるかな。

でも、やっぱりフィンランド。
ちょっとした泥臭さというか、若干垢抜けない哀愁の色があります。
そこがこのバンドの魅力だと思う。
スマートにスタイリッシュになりきらない(なりきれない、ではない)力強さ
そういうものが詰まっております。

このバンド、聴いたことがないなーとおっしゃる方は
ファーストとこのアルバムを、まずはお試しくださいまし。
ぜひぜひ(^^=)!


ちなみに、私が買ったのは欧州盤。
国内盤とはBTが違います。
そうなのよー、違うのよー・・・やーばーいー・・・
か、買わないけどね・・・


・・・しばらくは((((((((( ̄▽ ̄;)。。。



LIONS SHARE / DARK HOURS

2009年05月02日 00:20

lionssharedarkhourss-.jpg
2009
KICP-1366

前作が店頭でかかってたのを聴いて、あまりのカッコよさに
「一目惚れ」ならぬ「一耳惚れ」して以来、これを待っておりました。

LIONS SHAREの新譜です。
このアルバムについて書くべきことは、一言だけです。

「カッコよすぎる!」

ラーズ・クリス、弾きまくり。
このリフのカッコよさに、頭くらくらしちまいます。
この人のコンポーザーとしての力も見せ付ける仕上がりでございますよぅ!

そして、やはりニルス・パトリック・ヨハンソンですよねぇぇぇ。
1曲目からラストまで、これでもか!ってくらいパワフル&巧すぎる。

ちょいと、騙されたと思って、PV「聴いて」ください。


そうそう、11曲目「BEHIND THE CURTAIN」では、マイケル・ロメオが弾いてます。
これまた、聴かなきゃソン!ってやつですよぅ(^^=)!

ライヴ観たいぞ!
ラウパでもいいから、観たい。
こういうバンドを呼んでくださいよー(><)!

nekometal は、ただいまこのアルバムを絶賛オススメ中です。
GWにCD屋さんを覗いたら、まずはコレです、コレ( ̄▽ ̄)!




篭る準備はおっけー

2009年05月01日 02:06

GWだってのに、なんだかすごいタイミングで・・・豚インフルエンザの上陸か?
という怖いニュースが飛び込んでまりましたね。
そりゃ、この時代だもの、どこで新型ウィルスが生まれようが、どの国だって
上陸を阻止するなんて至難の業だよorz。。。

パニックになっちゃいかんですが、各自できるだけの対策はとらんとね。
慌てず、騒がず、慎重に。
マスクと、手洗い&うがいですな、まずは。
そして、むやみに人ごみに突っ込んでいかない、と。
(あ、でもドームに野球観に行く予定なんだけど・・・)

だからってわけじゃありませんが、地味なGWを過ごす予定の私は
準備に抜かりなし(?)。
20090430202828.jpg
(随分光っちゃって見難いっすね・・・^^;)

LIONS SHARE / DARK HOURS
BURNING POINT / EMPYRE
MASTERSTROKE / SLEEP
MASTERSTROKE / APOCALYPSE
KREYSON / CRUSADERS
EQILIBRIUM / SAGAS (CD&DVD)


以上、6枚購入してまいりました。

LIONS SHAREとBURNING POINTは、待望の新譜。
さっそく今LIONS SHARE聴いてますが・・・ヤバイ。カッコよすぎる。

先日、本も6冊購入したところ。
GW、nekometalは、篭る準備おっけーです。





最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。