スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEEP PURPLE / DEEPEST PURPLE The Very Best of Deep purple

2009年06月29日 02:25

deepest purples-
1991
WPCP-4545

1980年発売のベスト盤のCD化。最初に出たやつですな。
改めて見てみると・・・私のCDもずいぶんと年季が入ってるw

アルバム発売当時すでに”解散”してたバンドのベスト盤がチャート1位という
このアルバム、選曲に関してはいろいろ意見の出るところだとは思うけれど
個人的には、この選曲で満足。
第二期と第三期のベストだもん。
これだから1位にもなったんだろうしな、とも思うところあるし。

BLACK NIGHT
SPEED KING
FIREBALL
STRANGE WOMAN
CHILD IN TIME
WOMAN FROM TOKYO
HIGHWAY STAR
SPACE TRUKIN'
BURN
STORMBRINGER
DEMON'S EYE
SMOKE ON THE WATER
以上、12曲収録。
ヒット曲目白押し。

やっぱり、ここにスタート地点があるんだと思う。

PURPLEを聴いていないメタル系のミュージシャンはいないと思うし
(いたら、それは驚きだけど)、コピーしたことのない人もいないと思う。
多かれ少なかれ、この音に影響を受けてるでしょう、誰もが。

さて、ただの素人の私の思い出話。
PURPLEはレコードが(文字通り)擦り切れるほど聴いたし、
必死の思いでコピーもしました。
多分、初めてコピーしたのは「HIGHWAY STAR」(のキーボード・パート)。

「CHILD IN TIME」も弾きたかったけど、歌えるヴォーカルがいなかった。
そりゃそうだ。
いたら・・・凄いわw

「SAPCE TRUKIN'」をコピーしたときは、ギターの先輩に訊いたっけ・・・
「ギター、壊さないんですか?」( ̄▽ ̄)。
かえってきた答えは
「nekometalのシンセをぶち壊すことにするか?」。
怖いよ、先輩w
貧乏学生に、学園祭でギターを破壊するほどの勇気(?)はなく
私の当時の相棒KORGも無事だったw

高校時代も大学時代も、HR/HM系のバンド仲間は、PURPLEのコピーを
必ずといっていいほどやってました。
今のお若い方はどうなんでしょう。
演ったことないなーとおっしゃる方には、オススメします。

きまったときの爽快感といったらなかったもんな~。
きまるまでが、大変なんですけども( ̄▽ ̄;)。。。


そんな、nekometalの”青春の日々”の思い出もギッシリつまった感じ
そんなベスト盤でございます。



スポンサーサイト

KISS / THE BEST OF KISS VOLUME 2 The millennium collection

2009年06月28日 02:48

the best of kiss 2
B00002549-02

いろいろシリーズで出てる「20th CENTURY masters」のひとつ。
KISSのは他にも出てますが、今夜たまたま手にとったのがこれ。
神様の思し召しだろうか。
ありがたく聴きました。ていうか、まだ聴き続けてます。リピートリピート。

ジャケットからも判るように、いわゆる「ノーメイク時代」のKISSです。
わたしゃ、この時代のKISSもとても好きだよ。
見てくれが「・・・スティール・パンサー?」てな感じですが、時代ですなぁ・・・。
この、カラフルさとかスパッツとか(メイデンだってスパッツだった時代だ^^;)
今見ると、うひゃー( ̄▽ ̄=)だけど、これが「カッコよかった」んだよぅ。

このアルバム、いわゆる「寄せ集めベスト盤」なんですが、実は結構お買い得。
この時代の名曲がごそっと収録されています。
「KISSは70年代の曲しか知らんなぁ」という方も多いかと思いますが
このアルバムで、80年代のKISSが堪能できます。
もちろんダイジェストだけど。
中古屋さんで安価で出てること多し。買いです、買い(^^)。

80年代の後半に、来日してたんだよん。←ご存じない方も結構いらっしゃるけど。
武道館に走りましたよ、あたしゃ。
当時、「ええ~、KISSってまだやってたの?」なんて言う人も多かった・・・。
そりゃね・・・あの70年代の「大ブーム」とは”状況”が違ってたからねぇ・・・。

だけど、あのショウは本当に素晴らしかった。
独りで行きました。
行ってよかった、本当に。
今思い出しても、しみじみそう思う。

このアルバムにも入ってる名曲「CRAZY CRAZY NIGHTS」はこちらで、どぞ!


戻ってまいりました

2009年06月28日 01:46

一週間(とちょっと)のご無沙汰でした。
玉置宏じゃなくてnekometalです。
古過ぎてお若い方にはわかりませんね。申し訳ない。

社会の末端でこっそり生きてる私、働かなくち食べていけない!
という、バリバリのプロレタリアート。
このご時勢で仕事があるだけありがたいと思わなくちゃね。
というわけで、がしがしと働いておりました。

その仕事も、ようやく一段落。

今日なんか、この暑いのにパンなんか焼いちゃってました。
(↓証拠写真:イメージ)
107.jpg
なにやってんでしょうかw

フライパンでもパンは焼ける。
と聞いたので、やってみたのよ。実験実験。
メタル聴きながら焼いたパンは、鋼鉄のように・・・いや、普通にふかふかでしたw

てな感じで、またボチボチ更新してまいります。
どうぞよろしくm(_ _)m。



ちょっとだけお休み

2009年06月19日 02:30

ごあいさつs-

おいでくださった方、ありがとうございますm(_ _)m。

猫メタルなのにナマケモノな私、あとでーあとでーとか言ってたら、
さすがにちょっと仕事が抜き差しならない状況に陥っておりまして。
自業自得。
とほほ。

仕事をガンガンやっつけて、体調も戻ったら
また地味~にこそ~っと書いていきたいと思っております。

というわけで、ほんの少しばかりお休みいたします。
再開のあかつきには、またどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m。





KISS / PSYCHO-CIRCUS

2009年06月17日 03:04

kiss psycho_circus
1998
314 558 992-2

いきなりKISSです。
オリジナル・メンバーが再結集して製作された「PSYCHO-CIRCUS」。
とはいえ、誰が演奏しているのか・・・なんて噂されてもいましたが
真相は藪の中でしょうか。
あるいは、アカラサマに・・・でしょうか(^^;)。

アンプラグド~リユニオン・ツアーへの流れ、その熱狂的な受け入れられ方と
ツアーの大成功の割りには、セールス的にいまひとつだった(らしい)アルバム。

でも、いい出来だと思うんだけどなぁ。
曲のクオリティも高い(アルバムとして聴くと若干散漫な印象はあるけれど)
サウンドも安定してる(誰が演奏してんだか・・・という噂はこのあたりから?)
歌詞も泣かせる(か、どうかは、多分に聴く人によるだろうけれど)
なんで売れなかったかねぇ。

こうして10年経って、ふと思いついて聴いてみて、やっぱりいいなと思う。
ただ、やっぱり、温度差があったんだろうかねぇ・・・メンバー間に、とも思う。
フクザツだ。

4人が交互にヴォーカルを取る「YOU WANTED THE BEST」(6曲目)は
こりゃ、やっぱり、いろんな意味で「残る曲」なんだろうな。
それ以降のツアーでは聴いたことないですけど。
エースとピーターが(またもや)抜けてからは、封印されてるんだと思うけど
・・・ま、そうだろうなぁ。

この曲を、現在のラインナップで演奏することはないんだろうなぁ・・・。
「SHOCK ME」をトミーが歌い、「BLACK DIAMOND」をエリックが歌っても
この曲をジーン、ポール、トミー、エリックで演るってことは意味がない。
あるいは、別に意味を持つことになるし。

曲だけのことを言えば、いい曲だと思うし、ライヴ映えする曲だとも思うけど
もし今ライヴでコレ演りはじめたら、ただただ驚愕するだろうなぁ(^^;)。

個人的に好みの曲は7曲目「RAISE YOUR GLASSES」。
ポール・スタンレー節全開です。

アメリカン・ハード・ロックがお好きな方にオススメでございます。
できれば、「あのKISS」というフィルターを外して、どぞ。


ジャケットは、なんていうですか、3-Dっつーんですか。
プラケースの表面に細かい溝が掘ってあって、角度によって図柄が変化するアレ。
私はアメリカで買ったんだけど、国内盤は仕様の違うのもあるはず。

このアメリカ盤は、歌詞カードにグッズ・カタログがついています。
さすがKISS。
コインセット279ドル、Tシャツ20ドル、バックプリントもついてると22ドル
レザージャケット(ライダース)は650ドル、レザーベストは375ドル
ブランケット(ジャケットのデザインの。落ち着いて寝られないだろw)が70ドル・・・
やっぱり、さすがKISS( ̄▽ ̄)。


今年発売というオリジナル・アルバムの進捗状況はどうなんだろう。
とても楽しみにしているんだけど。
それに伴うツアーでの来日も、物凄く楽しみにしているんだけど。

・・・貯金しなくちゃね( ̄▽ ̄;)。。。



MANTICORA / DARKNESS WITH TALES TO TELL

2009年06月15日 03:04

manticora darknesss-
2001
SC-031-2

外盤です。
ちょっと古いアルバムを・・・と書いてふと思う・・・2001年ってもう8年も前なのね。
時の経つのははやいもんだね。

だからというわけではなりませんが、このアルバム、疾走しております。
疾走、疾走、また疾走!
どこまでも走ってゆく様はタカヒロか松本か工藤か、って感じ。
草原のチーターも舌を巻く疾走っぷり。

ジャケット、赤いし。
近作のジャケとは色合いが違う。
焚き火のそばで誰か倒れてますが、走り疲れでしょうか。←それも違う。

しかし、どんなに疾走しようとも、がっちりした演奏には安定感あります。
例えてみれば、高性能のスポーツカーに高機能のセーフシステムって感じ。
非常にかっこいいっす。

ただ、私には、このアルバムはちょっとマブシイ(+_+;)かも。
なんていうんでしょう。
私には、ちと「若々しすぎる」。
とても好きなバンドなんですが、好みとしてはもうちょっと後の作品のほうです。
ま、これは単に私の嗜好ってことで。

このアルバムそのものは、疾走する充実した音に間違いなし!っす。

寝る前の時間帯に聴いちゃったので、ちょっと睡魔が退散しちまいました(^^;)。
こりゃいかん。
この時間に血気盛んになってどうする>自分。

ちょっと頭冷やしてからベッドに入りますw



「お気に入りのCDジャケット!」ってことで

2009年06月14日 22:22

 第750回「お気に入りのCDジャケット!」


このTBテーマ、気になりつつ時間が経ってしまいました。
古今東西のアルバムからひとつだけ選ぶってのは無理があるし、
かといって、お気に入りを全部並べるのもまた無理があるし。

というわけで、ちょっとしたカミングアウトを。

私の深紫好きは、すでにここで何度となく書いております。
そして、中でも「BURN」が好き、ということもくどいほど書いております。
なんせ、「BURN」は私をHR/HMの世界に連れてきてくれたアルバム。
そして、カヴァとの(超一方的なw)出会いのアルバムでもあります。

じゃ、やっぱり「お気に入りのCDジャケット」もBURNだろ、と。
それが、実は・・・
深紫の中で、一番お気に入りのジャケは↓これでございます。
deep_purple_machine_head.jpg
BURN じゃねーのかよw

そうなんです、BURNじゃないんです( ̄▽ ̄)。。。
あ、ジャケね、ジャケの話ね。
  いや、もちろん「MACHINE HEAD」は大好きです。
  という個人的嗜好の話だけではなく、HARD ROCKの歴史に燦然と輝く金字塔です。
でも、これはあくまでも「お気に入りのジャケット」の話ってことで。
「BURN」のジャケは、なんだかあのままメンバーが溶けてしまいそうでチト怖い(^^;)。


CDの時代になって、ジャケットも小さくなっちゃって、そこは残念。
LP時代は、そのまま壁に飾ったりしたもんです。というのは、オバチャンの昔話。
いまやDLが当たり前という時代に突入だもんね。

「お気に入りのジャケット」という言葉自体が死語になってしまう日もくるんだろうか。
それは、とても寂しいなぁ。
オバアチャンになっても、こっそりジャケ買いしたいのになぁ。


お知らせっす

2009年06月14日 01:59

思うところあって、ブログランキングへの参加をとりやめました。
これまでポチしてくださった方、ありがとうございましたm(_ _)m。

が、しかし・・・登録の抹消ができないorz。。。

Q&Aにあったとおりにやってみても、チェックを外すボックスに辿り着けないorz。。。
どうしたらいいのー・・・と、あれこれやってみたんですが解決に至らず。
「3週間pingを飛ばさなければ自動的に抹消される」らしいので、そうしてみます。

「参加やめました」といいつつ、ランキングのページに、まだ「猫メタルneo」の名前が
あるんじゃかなと思うんですが・・・こんなワケです。見逃してくださいm(_ _;)m。


ブログはこれまでどおり、地味にぼそぼそ続けていこうと思っております。
vl2_099432s.jpg
どうぞよろしくお願いします。



NORTHERN KINGS / RETHRONED

2009年06月13日 03:13

おうさまs-
2008
5051865147725

外盤です。
今更ながら、北方の王様方の、まさかの第二弾。
いえね、第一弾が出たとき、てっきり一度限りの大宴会だと思ったんスよ。
二度あることは三度ある。
あるのか!?>第三弾。

それにしても、いや~、さすが王様方、お仕事が堂々としてらっしゃる。
第一弾同様、原曲にはメタル曲ひとつもありませんが、これがア~ラ不思議。
ちゃんとシンフォニック・メタルに聴こえちゃうぞー( ̄▽ ̄=)♪

なかでも、民草nekometalが気に入ったのは
#3 KISS FROM A ROSE
#4 A VIEW TO A KILL
#8 TAKE ON ME

「KISS FROM A ROSE」はSEAL'S。
原曲も小耳に挟んだことがあるような、ないような、あるような・・・
やっぱりないようなw
王様方総出演でございます。

「A VIEW TO A KILL」はご存知DURAN DURAN。
これは知ってる。007だ。
曲の途中に、非常に印象的に007のテーマの一節が挿入されてますが
いや~、スパイもメタルになると違うな。
なんか、あっという間に見つかりそうだ。大丈夫か。ダメだな。
なんせ、スパイなんですから。
豪華絢爛な一曲に仕上がっております。
こちらも、王様方総出演。

そして「TAKE ON ME」。
もはや説明もいらない大ヒット曲。もちろん知ってる。
大昔、ディスコでかかっておったのぉ・・・あれは300年ほど前かのぉ。
クラブじゃなくてディスコね。
「TAKE ON ME」は、他にもメタルバンドがカバーしてたりしますが、コレはすごいよ。
ここまでメタルになってる「TAKE ON ME」は初めて聴いた。
こちらも、またまた王様総出演。

王様方にかかったら、「どんな曲でもメタル」。
魔法のようだ。

こうなるとは思わなかった・・・と絶句したのは(?)
#9 I SHOULD BE SO LUCKY
タマゲタ( ̄▽ ̄=)!
こんな♪I should be so lucky, lucky, lucky♪は、ありえんwww
魔法というより、黒魔術だw
かっこよすぎる。

しかし、どうしても魔法がかからない曲がある。
それは
#6 MY WAY
もう、何をどうしても、頭にフランク・シナトラがぼわわわ~んと浮かんでくる。
この曲に関しては、何をどうしてもシナトラの腕力にかなわないのかも。
その昔(大昔)ピストルズシドがパンクにしようとしてたけど
王様方をもってしても暴れん坊シナトラの歌い上げっぷりのイメージは払拭できず。
恐るべし。
よくわかんないけど、シナトラ、豪腕www

ま、もともと実は非常に苦手な曲なので、
華麗にスルーしてますが>MY WAY。


これ、ほんとに面白い。
北方の王様方はそれぞれお忙しいと存じますが、
ぜひとも第三弾を!とお願い申し上げる次第。

なんか、チャレンジ曲ないっすかね。
「それはメタルにならんだろ~」って曲。

BAY CITY ROLLERSの曲とか、どうでしょう。
「二人だけのデート」とか。
「ロックン・ロール・ラブ・レター」とか。
「サタデー・ナイト」を疾走曲にするくらいは、朝飯前だろうか。

・・・やばい。
すごく聴いてみたい( ̄▽ ̄=)!


6月13日追記
記事中に間違いがありましたので、訂正いたしました。
666さん、ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m。
不用意な文を書いちゃいかんですね。
nekometal、いろいろと考え中。
それに伴い、一部削除した部分があります。
乞御容赦。





JORN / SPIRIT BLACK

2009年06月11日 03:48

jorn spiri blacks-
2009
FR CD 415

MASTER PLANに復帰か!?という噂のヨルン・ランデ、
自身のバンドJORNの新作です。
EU盤、限定デジパックです(が、私はただのプラケースの方が好きだw)。

まずは、ジャケが怖い。いつものカーラースー((((((((( ̄▽ ̄;)。
なんかもう、今回は燃える十字架をバックに洋服着てポーズとっちゃってるもの。
ジャケ買いはしないかも。色合いは好きだけど、なんせ烏。怖いよ、かぁー。

ソレより何より、中身ですよ、中身。
前作「LONELY ARE THE BRAVE」路線を踏襲していると言っていいかと。
が、一層ブルージー化が加速してる気がします。

「今、2009年にこの曲作りか」
というのが、私の第一印象。

それは、「よくぞやってくれた、ヨルン・ランデ!」という賞賛なんですが。

ヨルン・ランデのルーツが解る、見える、聴こえる、そういう曲作り。
非常に素晴らしい。
非常に好み。

ミドルテンポのパワフルな曲が目白押し、これでもかと押しまくり。
ヨルンの野太く深いヴォーカルに、感涙必至。
朝の通勤電車で、思わずnekometal、拳を堅く握り締めておりました。
「うぉぉぉぉぉっ!」と、(心の中で)叫びました。

まさに、燃える闘魂。
あるいは、一球入魂、心願成就、家内安全、商売繁盛、完全優勝・・・
もう、どんな願いも叶いそうです。
ヨルン大明神と呼びたくなるような、そんな魂のヴォーカルです。

オープニングはタイトル曲、これが素晴らしい。
そして5曲目「CITY IN BETWEEN」がまた素晴らしい。
7曲目「BURN YOUR FLAME」がまたまた素晴らしい。
聴き入ってしまいます。

国内盤はいつ発売なんだろう。
ボートラ違ったりするのかな。
(ちなみに、この限定盤のボートラは「THE SUN GOES DOWN」)
違うなら、買うぞー!←カモネギ女w

前作を聴いたとき「次回作のボートラでは「MISTREATED」を熱烈希望」とか
書いてたんですが・・・実は、まだ期待しているw
今回はなくても、どうスか、ヨルン、次回にでも( ̄▽ ̄)。



6月9日はロックの日

2009年06月10日 03:16

タイトル通り、6月9日は「ROCKの日」だったのに、記事を書きそびれました。
いかん。

とりあえず、一曲歌っておこう!

utau neko
♪ I wanna Rock'n Roll all night ♪

おっと、この曲にするならメイクが必要だったかしらw



見つけた( ̄▽ ̄=)

2009年06月10日 02:11

情報をくださったみなさま、ありがとうございました。
お蔭様で、無事購入できました~。

20090609230718.jpg
とても久しぶりにタワレコで買い物しました。
左上の丸いのはシールです。ジャケットデザインじゃありません。

JORN / SPIRIT BLACK

・・・ジャケットが怖い~(((((( ̄▽ ̄;)←鳥苦手。
デジパックwだけど、国内盤が出たらそっちも買うのでおっけー。
・・・プラケースでありますように。

ところで。

「出遅れた」記事にコメントをくださった方がいらっしゃいますでしょうか?
MIKAさん、hideさんにはお返事できたのですが、もしかしたら他に
「コメント入れたのに反映されてないぞ!」とおっしゃる方がいらしたら
お知らせくださいまし。

もしかしたら、こちらの手違いでコメントを削除してしまっている可能性があります。
申し訳ありませんm(_ _;)m。

スパムコメントがやたらに入っていて、気づき次第バシバシ削除しているんですが
もしかして、うっかりせっかくいただいた記事へのコメントまで削除してしまうという
とんでもなく失礼なことをしでかしてしまったかも・・・と、心配になってます(==;)。。。



出遅れた(;_;)?

2009年06月08日 02:46

雨林で、JORNの新譜(外盤)を買っちゃおうかなー、とか思ってたら
なんだか「一時的に在庫がない」とかなんか言ってますけどorz。
出遅れましたか>私。

front_spiritblack_hi_res_convert_20090512234951.jpg

店頭に並ぶのを待つか・・・とほほ。
国内盤までは待たないぞ。ほほほ。

LOUD PARKに、「J」来るよ、って情報はないっすか。
いや、鋼鉄神じゃなくて、JORNの「J」ね。

ぜひとも観たいんだけどなぁ。
観たら、きっとみんな俄然気に入ると思うんですよ。
ライヴ映えするもん>ヨルン・ランデ。

新譜を手に入れたら、プチJORN祭りをやろうかしら。
こっそりとw


鋼鉄神降臨!LOUD PARK '09

2009年06月06日 00:21

発表されましたね>LOUD PARK '09 出演者第一弾

JUDAS PRIEST
SLAYER
ROB ZOMBIE
MEGADETH
ARCH ENEMY
FAIR WARNING
NAPALM DEATH
OUTRAGE
POISON THE WELL
LAZARUS A.D.

来ますよ、来ますよ!鋼鉄神!

や・・・やるよね?完全再現。おおお~!!!
実は真剣に渡米を考えておりましたが、こうなるとちょっと事情が変わるぞ。
「ええ~と、一週間休み欲しいとかいったら、どうなりますかねぇ・・・」なんて
職場で根回しし始めてたんだけど、やめてよさそうかなw

皆勤賞アモット、ベガーズで来て欲しかったけどな~・・・
と、ちょっとぐずぐずいいつつ、とりあえず鋼鉄神がヘッドライナーなら
すでに参戦決定でございますわ~( ̄▽ ̄=)♪

アメリカでは一緒にまわる白蛇の名前は影も形もありませんが、仕方ないよね。
私もフェスでみるよかフルスケールのライヴが観たいし>白蛇に関しては。

さて、第二弾の発表はいつになるんでしょう。
欧州メロパワ系バンドの出番はあるでしょうか。
あって欲しいぞ~!!!
ぜひぜひっ(><)!




「移民の歌」つながり

2009年06月04日 03:19

美容院へ行ってきました。
・・・なんだか書き出しが「オシャレ☆ブログ」的だなw←違。

今回もカヴァにはなれずw、フツーに「ストレートのロング」のままなんですが。


そんな地味地味オンナのnekometalも、ワカカリシ頃、アレコレ試したことがある。

一度、ココ↓を目指して・・・
ろばぷらs-

なぜだか、ココ↓に辿り着いてしまったことがある・・・
ブロディ
・・・いえ、もちろん、髭はナシでしたけども。

ま、「移民の歌」つながりってことで。
と、強引にまとめてみた。

まとまってないか( ̄▽ ̄)。。。



アメリカへ行きたい

2009年06月03日 02:58

突然ですが・・・


アメリカへ行きたい


鋼鉄神が「BRITISH STEEL」完全再現やるんですよね・・・
しかも、白蛇と、ですよ・・・

すごく観たい。
スーゴーくーみーたーいぃぃぃぃ~っ(><;)!

nekometalに休みを!nekometalに渡航資金を!
あああ、メタルの神様、お願いします~・・・

って、その「神様」のライヴだっつの。。。




MYSTIC PROPHECY / FIREANGEL

2009年06月01日 02:45

mprophecy fireangel
2009
POCE-16055

カテゴリ「南欧」にしたけど(ギリシャ出身ってことで)、活動の拠点はドイツ・・・
「独逸」にしたほうがいいんだろうか。

そんなMYSTIC PROPHECYの新譜です。
前作「SATANIC CURSES」が、ガス・Gが抜けた後にも関わらず、物凄くカッコよかった!
それで、新譜も非常に楽しみにしておりました。

フロントマンのR.D.リアパキスのヴォーカル、今回も冴え渡っております。
しゃがれた、なのに、伸びのある声質と、ヘヴィなサウンドの、この絶妙なバランス!
試聴できるようなので、ぜひご一聴くださいまし!→コチラ

ルックスは、優しそうなんだけどねぇ。
人は見かけによらないね。
このかわいらしい丸顔から、この声が出てるのかと思うと・・・( ̄▽ ̄=)!

メンバーの入れ替わりが激しく、バンドとして落ち着かないイメージがあるかもだけど
今作から新たにギターのコンスタンティン(DESCENDING)が加入。
マーカス・ポールとのコンビネーションも巧くかみ合っているし、まずは安心。

いまどき珍しくなっちゃった感さえある、ド正統派ヘヴィメタルです。
ヘヴィメタルど真ん中。
小賢しいアプローチは微塵もありません。
なんという清々しい「ヘヴィメタル馬鹿一代」っぷり!

強く、逞しく、荒々しく、うぉりゃぁぁっ!な、硬質&高質ヘヴィメタルをお探しのアナタ
MYSTIC PROPHECYの「FIREANGEL」が、きっとアナタを満足させること請け合いです。
ジャケットも、非常に素晴らしい!ちょっと怖いけどw、ジャケ買い女の血が騒ぎます。

余談ながら、内ジャケのイラストもかっこいいっす。
ブックレットのR.D.リアパキスが着てるTシャツにプリントされてます。
このTシャツ、ものすごく欲しいぞ~。

オンナコドモにゃ用はないぜ!(って言われると、nekometalも困るワケですがw)
漢のメタルを、どぞ(`・ω・´)!!


私は国内盤を買ったんですが、BTが入ってるのと、なんか曲順も変更されて
日本オリジナル曲順になってるらしいっす・・・そうする意味がわからんのですが。
外盤の曲順に編集してみようかな。
通勤の友のMP3プレーヤーでは、それで聴いてみようかと思っとります。




最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。