スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙人、キタ!

2009年09月30日 01:04

ラウパに降臨する「God」エース・フレーリー、なんと約20年ぶり(!)の
新作でございますよ。キマシタ。

20090929201919.jpg
ACE FREHLEY / ANOMALY
OZZY OSBOURNE / RANDY RHOADS TRIBUTE


「新作を作っている」と聞いてから、何年経ったんだろう・・・(^^;)。
地球では随分時間が流れましたが、エースは宇宙時間で生きてるのか
なかなか完成しないなー発売されないなー・・・な日々でしたが、ついに。
店頭で見つけたとき、手にとったときの気持ちは、ちょっと何と言っていいのか
「あった!」(・・・・本当に出てる・・・!)てな感じでございました。

早速聴いております。
あああ、エースだ・・・(><、)!

オジーのランディ・トリビュートはBLU-SPEC CDを見つけたので
どんな音質なのか聴いてみようと思います。
楽しみ。




スポンサーサイト

CAIN'S OFFERING / GATHER THE FAITHFUL

2009年09月27日 00:00

cains offering gtfs-
MICP-10851

遅まきながら。
”フィンランドのメタル界総力を挙げたアルバム”といったら言い過ぎかな。
言い過ぎか。

いや、しかし、ヤニと小ティモがタッグを組んだんだから・・・
”総力挙げた”は言い過ぎでも、フィンランドらしさ満点というのは間違いなく。

ということは、私の好みにびしーっ!とど真ん中に156キロのストレートを
投げ込まれたかのような、そんなアルバム。
もう、オープニングから「おおおおおおおおっ!キタキタキタキタっ!」てな
そんな感じ。

ヤニのギターもそうなんだけど、小ティモのヴォーカルがまた、とても「力強い」。
もう少し繊細(悪く言えば非力)なものをイメージしちゃってたんですが、完全に
大間違いでございました。私のばかばか。

パワー全開で「ごわ~っ!どわ~っ!」というのとは、もちろん違うけれど
芯の太い、肉厚の、まろやかにパワフル、という感じ。
松坂のストレートというよりは、ダルビッシュのストレート、そんな感じ。

例えがわかりにくい。

SONATA ARCTICAと比較されたり
STRATOVAIRUSと比較されたり
するんだろうなーとは思うけれど(それは当然だけれども)
一歩もひけをとらない出来だと思います。
曲のクオリティも、演奏のクオリティも、アルバムとしてのまとまりも。

折りしも、SONATA ARCTICAが素晴らしいアルバムを作り
STRATOVARIUSも素晴らしいアルバムを作った、このタイミングで
CAIN'S OFFERINGが、「GATHER THE FAITHFUL」発表・・・
どうなんでしょう?と思わなくもなかったけれど、聴いてみればハマったわ。
とても好きです(^^=)。

このアルバムを作ってくれたヤニに感謝。
日本へ来るって話もあるとかないとか・・・是非来ていただきたい!


やっぱいいわ、フィンランド。
さすがサンタの国、ロマンがあるよ。
さすがスナフキンの国、哀愁があるよ。
さすがトナカイの国、骨太だわ。

今年のベスト10には、きっと入るアルバムだと思います。はい。




メタルねたじゃないけど・・・

2009年09月24日 02:43

          やった
                      とうとう。やっと。



           V3.jpg
                      V3!!!







「伝説のチャンピオン」に、すこしだけ近づいたかな。
映像貼るのは日本一になってからにしよう。

・・・幸せだ(^^、)。。。しみじみと、今夜は噛み締めるわ。



「がんばれ!と応援したい人・モノ」それは・・・

2009年09月23日 01:52

 FC2 トラックバックテーマ:「がんばれ!と応援したい人・モノ」



今、「がんばれ!と応援したい人」は、もちろん、マジック1のチームだわ。
ていうか、「がんばったから、今、マジック1」なんだけど。
そして、「がんばったから、三連覇する」んですけども。

ついでに、自分にも「がんばれ」と言いたい。
「応援したい」つか「叱咤したい」。

お蔭様で、謎の微熱が回復しつつあります。
  お気遣いくださった皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
やはりストレスフリーの連休がよかったんだろうか・・・。
睡眠不足が解消されたのがよかったんだろうか・・・。

連休が終わったら、ぐわ~っと働くっすよ。
ぐわ~っと働いて、ぐわ~っと出かけて、またぐわ~っと働いて
ぐわ~っとラウパですわ。
見掛け倒しな体格番長(体力ナシw)の私にとっては怒涛のスケジュールだけど
がんばれ、自分!

そのエネルギーになる音源を手に入れました。よっしゃー( ̄▽ ̄=)♪
6時間の睡眠よりも、完全フリーの連休よりも、はっさくゼリーよりも
nekometalを元気付けてくれるのは、コレだわ。

「コレだけで、ごはん三杯いけます」ってよく言うけど、ごはんもいらないw
胸がイッパイで、ごはんもノドをとーおーらーなーいー( ̄▽ ̄=)←アホアホw




LOUD PARK 09、二日とも参戦

2009年09月21日 01:30

初日だけでもいいかなとか思ってたら・・・

HIBRIAとROYAL HUNTが二日目でしたねぇ( ̄▽ ̄;)。。。

というわけで、こりゃ二日間参戦せねばですな。
個人的にはスケジュールが非常に厳しい状況ですが・・・。
ううう・・・

こうなると、いっそう場所がなぁ~と思ってしまうわ。
都心でやってくれればいいのになぁ。
もうちょっと、こう、「通い易い」場所で。

もちろん、もっと遠いところからいらっしゃる方も多いと思うので
こんなのはワガママなんですけども。
でもなー・・・けっこうキツイなぁ~(==;)。。。



人類代表

2009年09月20日 03:03

NHKのBSで、JOURNEYのライヴを観た。
いわゆる「全盛期」のライヴ。

スティーヴ・ペリー、巧すぎ。
改めて思った。
大事なことだから、もう一度書いておこう。

「スティーヴ・ペリー、歌巧すぎ」


人類はここまで巧く歌えるのね。
先日の世界陸上で、ウサイン・ボルトが(傍目には)余力ありそうな表情で
とんでもない世界新を出したけど、それを呆然と見ていたときと同じ気持ちで
全盛期のスティーヴ・ペリーをみてしまったわ。

JOURNEYの音楽性と自分の嗜好は合致しないけど、聴いているのは
スティーヴ・ペリーの歌←ココ。
いやぁ・・・参りました。
もう、最初から参り続けてるけどw

改めて、ほんとに凄いわ。
彼は、人類代表ヴォーカリストの一人だわね。
それも、かなり上位の。とても上位の。

眼福ならぬ、耳福でございますよ。
ありがたや。



SONATA ARCTICA / THE DAYS OF GRAYS

2009年09月18日 02:56

sonata tdog
2009
MICP-90045

初回限定盤。
ボーナスCDとしてUNIAツアーのライヴ音源が付属してます。

トニー・カッコ本人が言うとおり、前作「UNIA」と比べると「解り易い」。
あ、「とっつき易い」か。
「とっつき易く、聴き易く、かつ、解り易い」だと思います。
ご覧の通り、ジャケ画も含めて。(←・・・狼どこだ。岩か?岩なのか?)

まだ2回しか聴いてないんですが、第一印象は、「綺麗だ」。
本当に美しい。
ケミは、もう、きっとこの音みたいな季節なんだろうな。

私、「UNIA」も好きだったんですが、賛否両論だったという話もあり
世間様の評価がどうだったのかしら、と今更ちょっとだけ思いました。
  でも、ちょっとだけw 
  世間様と意見が合わないことも多いので(((((( ̄▽ ̄;)。

それはさておき、新作「THE DAYS OF GRAYS」はタイトルもいいなぁ、と。
タイトルとサウンドと曲とアートワークとが、ぴたっと合った感じです。
この、なんというか統一感みたいなものが、「らしい」っす。

改めて振り返ってみると、ソナタも10年か~・・・ですな。
10年経ってこのアルバムが出来た、と考えると、これまた感慨深い。
いいアルバム出来上がりました!という仕上がりだと思う。
ほんと、このアルバム作ってくれてありがとう、と言いたくなります。
「UNIA」はちょっと・・・だった方にも、ぜひともお聴きいただきたい逸品。
#12「EVERYTHIG FADES TO GRAY」、とても好きです。

ちなみに、ライナーではキャプテンが「QUEEN的」という表現を使って
いらっしゃるけれど、個人的には「・・・そうかな」と。
むしろ、「トニー・カッコ的世界の深化」ではなかろうか、と。
それは、多分(だけど)「QUEEN的」と同義ではないような気がするざんす。


ボーナスCDは2008年の欧州ツアーの音源です。
「OFFICIAL BOOTLEG LIVE AROUND EUROPE 2008」。
「PAID IN FULL」はじめ、全8曲。これはお楽しみ(^^=)♪

わずか500円の差、限定盤のほうが絶対お徳だわ。
・・・と、ちょいとビンボーくさいことも書いておきますw




ANDRE MATOS / MENTALIZE (SHM-CD)

2009年09月17日 02:24

andre matos mentalizes-
2009
MICP-30016

マトス、日本先行発売の新譜です。SHM-CD。
歌詞カード(というかブックレット)が凝ってます。透かし。
(その分、歌詞が読みにくいけどw)

前作「TIME TO BE FREE」も、非常に好感度高いアルバムだったんですが
新作「MENTALIZE」は・・・素晴らしい!
プロデュースはサシャ・ピート。今回もいい仕事してます、サシャ。

どこまでも疾走する#4「SHIFT THE NIGHT AWAY」の後には
マトスの声の力を見せ付けるバラード「BACK TO YOU」とか
ベタなつくりではあるんだけど、それがとても心地よいです。
曲のクオリティは、前作を凌ぐと思う。
曲調はバラエティに富んでいるけれど、全体像として「まとまった」という感じ。
耳に残るきれいなメロディと、キメどころを外さない「キタキタw」という演奏が
「単独ライヴ観たいな~」気分をぐっと押し上げます。

一昨年のラウパでは、マイクトラブルに翻弄されまくったライヴでしたが
万全の環境で、このノッてきた感のあるバンドの音を聴いてみたいっす。

タイトル曲「MENTALIZE」、カッコよすぎ
熱でぼんやりな頭をぶん回したくなる。・・・自重するけども。さすがにw
いい曲揃いのアルバムの中でも、nekometalイチオシざます。
どこかでご試聴の際には、ぜひ。

てなわけで、ただ今、私の中ではこのアルバムがヘヴィロテ中です。
とても好きです。
・・・他のアルバムになかなか辿り着かないw



ライナーノーツを読む限り、マトスが日本のファンを大事に思ってくれてる感じが
とてもします。ありがたいことだわね。

それもあってのボートラ「手をとりあって」なんだと思うけれども、これがね・・・
とてもいいです。
「真正面からがっぷり四つに組んでみました!」という・・・
なんだろう、この「清々しさ」( ̄▽ ̄=)。

フレディの「手をとりあって」が、神々しく、色合いでいえば
映画「The Lord of the rings」のミナス・ティリスの色だとすれば
アンドレ・マトスの「手をとりあって」は、力強く素朴なエドラスの色だ。
・・・と、独りよがりな例えで申し訳ない。

♪てをーとーりあってーこのまーまいこうー あーいするひーとよー
のフレディに対して
♪てをーとーりあってーこのまーまいこうー あいするひーとよー
のマトス。
メロ取りは若干違うけれども、どちらもよろしいですねぇ。

♪いとしきおしぃえぃよぅ いだ~きー
のフレディに対して、「を」をキレイに発音するマトス。
でも、「ひかり」の「h」をすっとばして「いかり」と発音するマトス。
(静かな宵に「怒り」を灯す・・・のか、コワイぞ、マトスw)
これまた、どちらもいいですねぇ。

QUEENの曲を、フレディがヴォーカルの曲を、フレディ以外の人が歌って
こんなに(邪念なく^^;)しみじみと聴けたのは、初めてかもしれないなぁ・・・。



厳しいかもだけど、多分大丈夫

2009年09月16日 03:12

体調イマイチな日々が続きすぎて、キレちまいました。

ちょっと前に買ったモノ。
cds.jpg
GENIUS / A ROCK OPERA -EPISODE2 IN SEARCH OF THE LITTLE PRINCE
LAST TRIBE / WITCH DANCE
A TRIBUTE TO THE PRIEST
QUEEN / A DAY AT THE RACES


QUEENは、記事でも書いたとおり借りパクされたままだったので再購入。
PRIESTのトリビュート盤、何種類か持ってるんですが、これは初めて見た。

そして、キレて買った(?)のが、これ。
20090915193433.jpg
CAIN'S OFFERING / GATHER THE FAITHFUL
STONE LAKE / UNCHRTED SOULS
MIND ODYSSEY / NAILED TO THE SHADE
SAIDIAN / PHOENIX
TIME MACHINE / REVIVISCENCE
SONATA ARCTICA / THE DAYS OF GRAYS


CAIN'S OFFERING
やっと購入。遅。

STONE LAKE
MIND ODYSSEY
SAIDIAN
輸入盤セールだったので、手を出してしまったw

SONATA ARCTICA
新譜。ライヴCDのついてる初回限定盤。(もちろん通常盤もあり)
これは例えキレてなくても購入。←当然。
オマケのシール(ジャケ画と同じ)もついてました。
unionの特典はピンバッジ。(しかし割引券にしてもらった私w)


買って、帰りの電車でふと我に返って・・・
残り枚数が俄然キビシクナッテキタゾ(==;)。。。
ここまでで83枚か。
あと3ヶ月半で、17枚・・・イケるかな。どうかな。どうだろう。

いや、大丈夫。
月5枚平均でいけばおっけー。
そう、大丈夫。

きっと。

たぶん。

・・・と、思うんだけどな~(((((((( ̄▽ ̄;)。。。



QUEEN / A DAY AT THE RACES

2009年09月14日 02:08

racess-s-.jpg
TOCP-8275
1993

検査しても原因がわからない微熱に、未だヤラレているnekometalっす。
お久しぶりです。
みなさま、お元気ですか。
って、自分が元気じゃねーだろ、って話なんですけども。とほほ。

某氏に借りパクされたままの「華麗なるレース」です。
借りパクされたのに、なんでココにあるのさ?
買ったからです、また。むきー!
でも、返ってくるアテはないので、再購入は正しい選択。
リマスターもしてない古いバージョンですが、聴いてて充分に楽しい。

実は、アンドレ・マトスの新譜のボートラに触発されまくって
「どうしてもオリジナルの『手をとりあって』が聴きたい!」
という欲求に勝てなかったというのが、再購入の大きな理由のひとつです。
You Tubeにもあったけどさ、やっぱりCD欲しくなるじゃないスか。

体調がサエないからか、浮世のアレコレがめんどくさくなってるからか(w)
どうも気分がロクデモナイ感じになりがち。
そこにきての「手をとりあって」ですよ。

ひょっとしたら、
”「華麗なるレース」は「手をとりあって」である”
という私のような意見は、QUEEN好きな方からは邪道と見られるのかも・・・
と、若干の危惧を抱きながら、でも、やっぱり私にはこの曲なんだよなぁ。

初めてこのアルバムを(もちろんレコードさw)聴いたときに感じた
初めて「手をとりあって」を聴いたときに感じた
あの気分に、今もこうして戻れるってのは、すごいことだわ。
とても幸せなことだと思う。

「神々しい」
フレディのヴォーカルが、コーラスが、ピアノが、バンド自体が。
そう思っちゃうほどだ。

私は、特に信仰を持たない者ですが、なんていうんですかね、こういうの。
歌詞がね。
もうね。
民を慈しみ愛してくれる神様が存在するなら、
こんなふうに言ってくださるんじゃないだろうか、
って、そんな気持ちがする、とても。


そもそもは、QUEENを「発見した」日本のファンへの出血大サービス!な曲
だったんだと思うんですけど、そこを突き抜けた名作。

このクオリティの高さは、QUEENというバンドの力量なのか、
当時の「日本のファン」が、ものすごく愛されていたという証明なのか、
いずれにしても、非常に幸運なことだと思うんですよ。

なんだかね、ありがたいっす。



・・・弱ってるのか>nekometal( ̄▽ ̄;)アブネーw


すとらとう゛ぁりうす・・・

2009年09月09日 02:18

やばしやばしです。
土曜日のチッタ、行けるかどうかが極めて怪しくなっております(;_;)。

・初夏から続くバタバタな状態が続いている
・熱が下がらない
・浮世の義理と重なった(!)

と、問題山積。
特に三番目はなぁ・・・まさかブッチ切るわけにもいかんしなぁ・・・
うううううう・・・・

ああ、ロブ・ロックにも会いにいけなかったってのに、
小ティモにも会いにいけなくなるのか、nekometal・・・ノД`)・゚・。・゚゚・

なんか、ライヴに全然行けてない。
なんでこう「重なる」かねぇ。

かわいそうすぎるぞ、私(´;ω;`)。。。



日頃の行いが招くのかねぇ、こういうのは。
とほほorz。。。



やっと手元に

2009年09月08日 02:50

取り置きしてもらったままだったアルバムが、やっと手元に~。

20090908013046.jpg

ANDRE MATOS / MENTALIZE
・・・CDの後ろが週刊ベースボールですがw


体調がイマイチのまま仕事してて、通常の5割増しで疲れてしまった週明け、
プログレ聴いてココロと身体を休めました。
体調の悪い時はプログレが効く。←本当です。ツライのが半減する。不思議。

で、やや体調が回復した(ような気がする)ところで、ボートラが「手をとりあって」という
(それだけですでに泣ける)新譜をさっそく聴いておりますよ~。

感想は改めて書きますが・・・これは・・・

♪あ~ん~ど~れ~ま~と~すぅぅぅ~、最高っす!



確定!

2009年09月07日 01:28

先日ちょこっと書いた「まだ確定じゃない情報」、確定になりました。

なんとラウパに、まさかのエース降臨!

KISSの元祖宇宙人、生エースはいったい何年ぶりだろう。
ううう・・・感涙が止められません(;_;)。
宇宙人だけに、「降臨」ではなく「襲来」だろうか。いや、「幕張に着陸」か。
もう、なんでもいいっす~。

長年(ほんとに長いこと^^;)あたためまくった新譜もいよいよ発売だし
来日までしてくれちゃうし・・・こりゃすごい。すごすぎる。夢のようだわ・・・。

ラウパ、どーしよーかなーとか思ってたんですが、絶対行く。
二日目はわからないけど、初日は絶対行く。
こんなチャンスを逃してなるものか~!


ということをさっさと書きたかったのに、ここ数日発熱のためヤラレてましたorz。
インフルエンザではなく、ただの風邪。
微熱がだらだら続いて、いつにも増してボンクラです。とほほ。
しかし、仕事は休めないし、頑張らないと。

「ただの風邪」とはいえ、インフルエンザにかかりやすくなるから気をつけて、と
お医者さんに釘をさされました。うう。

みなさまも、どうぞ風邪には、そしてインフルエンザにはお気をつけて~。




ここまでのお買い物

2009年09月03日 02:47

気がついたら、バタバタしてるうちにもう9月。
今年もあと4ヶ月です。気が早いけど。

というわけで、今年、ここまでのCD購入枚数をまとめておこう。
なんと、ここまでの購入枚数は、わずかに72枚。
ほほほほほ( ̄▽ ̄=)。
やーれーばーでーきーるーのーねー。

今年の目標は「年間100枚までにおさめる」。
あと29枚でしょ。あと4ヶ月でしょ。
楽勝だわ。ほほほ。

少なくともこれまでのペースの半分以下なのは間違いない。
ほほほ。

内訳は以下のとおり。
新譜旧譜入り混じってます。買った順(下から)です。

LIONS SHARE / FALL FROM GRACE
MADE OF IRON / MADE OF IRON
LANFEAR / TOWERS OF FEBRUARY
LIAR SYMPHONY / THE SYMPHONY GOES ON
LANFEAR / ANOTHER GOLDEN RAGE
LANFEAR / X TO THE POWER OF TEN
SENTIMENT / FROM HERETO EVER AFTER
SAIDIAN / ...FOR THOSE WHO ALK THE PATH FORLORN
GUARDIANS OF TIME / EDGE OF TOMORROW
NEVERMORE / ENEMIES OF REALITY
WHITESNAKE / SLIDE IT IN 25TH ANNIVERSARY SPECIAL EDITION
SAINT DEAMON / PANDEAMONIUM
REMORSE / D.U.H
JORN / SPIRIT BLACK
MYSTIC PROPHECY / FIREANGEL
KALAPACS / AZ ELSO MERENYLET
KALAPACS / KERESZTES HABORU
KALAPACS / OSZTON
NORTHERN KINGS / RETHRONED
FIREWIND / LIVE PREMONITION
PHARAOH / BE GONE
REVOLUTION RENAISSANCE / AGE OF AQUARIUS
MANTICORA / DARKNESS WITH TALES TO TELL
EDGUY / FUCKING WITH F*** LIVE
STRATOVARIUS / POLARIS
LIONS SHARE / DARK HOURS
BURNING POINT / EMPYRE
MASTERSTROKE / SLEEP
MASTERSTROKE / APOCALYPSE
KREYSON / CRUSADERS
EQILIBRIUM / SAGAS (CD&DVD)
BLACK MAJESTY / TOMORROWLAND
MANITOU / DEADLOCK
TO/DIE/FOR / Ⅳ
ADAGIO / ARCHANGELS IN BLACK
CELESTY / VENDETTA
DOMINE / EMPEROR OF THE BLACK RUNES
MAGICIAN / TALES OF THE MAGICIAN
NEVERMORE / THE YEAR OF THE VOYAGER
WIZARD / ODIN
TWISTED TOWER DIRE / CREST OF THE MARTYRS
ETERNAL LEGACY / THE COMING OF THE TEMPEST
HIGH ON FIRE / BLESSED BLACK WINGS
CRADLE OF FILTH / CRULTY AND THE BEAST
PYRAMAZE / MELANCHOLY BEAST
VIOLENT STORM / VIOLENT STORM
EIDOLON / THE PARALLEL OTHERWORLD
IMPELLITTERI / WICKED MAIDEN
HAMMERFALL / NO SACRIFICE, NO VICTORY
TESTAMENT / LIVE AT THE FILLMORE
ARMAGEDDON / ARMAGEDDON
MANTICORA / THE BLACK CIRCUS part I~LETTERS
SYMPHORCE / GODSPEED
MUNDANUS IMPERIUM / THE SPECTRAL SPHERES CORONATION
THY MAJESTIE / DAWN
GAIA EPICUS / DAMNATION
EDGUY / KINGDOM OF MADNESS
RATA BLANCA / RATA BLANCA
SUPREME MAJESTY / TALES OF A TRAGIC KINGDOM
SCELERATA / SKELETONS DOMINATION
CRADLE OF FILTH / MIDIAN
NIGHTMARE / THE DOMINION GATE
STEEL PROPHET / DARK HALLUCINATIONS
DEEP PURPLE / CALIFORNIA JAM 1974 (K2 HD MASTERING)
XYSTUS / EQUILIBRIO A ROCK OPERA
DEEP PURPLE / LAST CONCERT IN JAPAN 
VISION DIVINE / 9 DEGREES WEST OF THE MOON
STEEL ASSASSIN / WAR OF THE EIGHT SAINTS
CUSTARD / FOR MY KING
AMON AMARTH / TWILIGHT OF THE THUNDER GOD
DEMON / THE BEST OF DEMON volume one
RATA BLANCA / ORO
MYSTIC FORCE / STEP TO A NEW MACHINE

ちなみに、DVD作品は数枚しか買ってないです。
(デカいのが1セットあるけどw)





AVANTASIA絡みの嬉しいニュース

2009年09月02日 03:08

なんだかパソコンがガリガリブツブツ言ってるんですけど・・・
ヴォリュームの壊れたラジオみたいに
あるいは、ラジオのチューニングがうまくいかないときみたいに
そして、スピーカーの接続がヤバくなったときみたいに
・・・なんスか、これ・・・怖い(;_;)。。。


それをものともせずに(ものともしたほうがいいのでは>自分)
AVANTASIA絡みの嬉しいニュースをまとめてみました。
(詳細は、コチラでどうぞ~)

ALEX HOLZWARTH AND ERIC SINGER ON DRUMS
「エリック・シンンガーがKISSで忙しい(でも、KISSを辞めろとは言えないしねw)から」
ってことで、ニューアルバムはドラマー二人になりそうです。

JORN LANDE ON FORTHCOMING AVANTASIA EPIC
ヨルン・ランデ、またもや参加。
そりゃ当然だわよね(^^)。

SCORPIONS SINGER KLAUS MEINE ON AVANTASIA
私としては、これに狂喜乱舞w
ねこまたぎさんのブログで知って、モニター前で「まじで・・・」と
思わず声をあげたっす。
いや~、楽しみだ!

EX-JUDAS PRIEST SINGER RIPPER OWENS ON AVANTASIA
ティム”リッパー”オーウェンもキタ!
新譜はヘヴィ度を増すのであろうか・・・期待が高まる~。

MAGNUM SINGER BOB CATLEY ON AVANTASIA
そうそう、そうです。
もはやボブ・カトレイの声は「AVANTASIAにはなくてはならない」です。
また泣かせてくれるんだろうなぁ・・・。

MICHAEL KISKE RETURNS TO AVANTASIA
これが最新情報かな。喜助どんも、キマシタ( ̄▽ ̄=)!

これでヴォーカル陣は出揃ったのだろうか。
・・・いや、姐さんはどうした?これから?

ニュース読んでるだけでワクワクしてきますな(^^=)。
さぁ、来い、新譜!
(まだ待たなくちゃいけないだろうけどw)

そして、ええと、ツアーDVDはどうなっとるんでしょう・・・。
ワールド・ツアーDVDが出る!今年出る!と、信じてたんですけども・・・。
う~ん・・・

ま、気長に待ちます。
気長に待つけど・・・絶対出してね、トビー(><)!






最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。