スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つあぱん

2009年10月29日 03:31

KISS ALIVE 35 TOURのツアーパンフレットです。
20091029022911.jpg
新しい衣装です。
これが、写真で観るよりナマのほうがカッコイイ不思議。
ジーンのプロテクターもきらきらしてます。
ポールのブーツのフリンジが非常にいい感じっす。

中を開けると・・・
バックステージの様子や
20091029022944.jpg
御馴染み、ド派手なステージの様子がテンコ盛り。
20091029023118.jpg
今回のツアパン、写真がきれいです。
これはオススメ。

ただ、新しい衣装ではスタジオでのフォトセッションのものだけで
ステージ写真は旧衣装のものです。
新しい衣装でのステージ写真満載のツアパンも欲しいな(欲)w

一番好きなのは、この写真。
20091029023319.jpg
会場のみんなと「記念撮影」ですな。
会場のファンが、みんな幸せな顔してるのがいいね(^^)。

ステージ上、メンバーの足元に積もっているのは雪ではなく(当然)
例の、ROCK'N ROLL ALL NITEで猛烈に吹き荒ぶ紙吹雪です。

KISSのライヴ未体験の方には、ぜひ一度これを浴びてみていただきたい。
あの紙吹雪(文字通りの「吹雪」w)は、ちょっとした魔法です。
KISSといえば、「火柱」と「パイロ」、そしてこの「紙吹雪」。
これが猛然と吹き上がって会場中を舞う様は、それはそれは絢爛です。

小さなハコでのシンプルなライヴも好きだけど
アリーナでのバカバカしいまでに派手な演出のライヴも好きだ。
KISSには、それがまた似合うしね。

来日公演が待ち遠しい。
ウドフェスの悪夢( ̄▽ ̄;)を断ち切って、ぜひ来日していただきたい。
そのあかつきには、みなさん、万障繰り合わせて
紙吹雪を浴びに参りましょう♪



スポンサーサイト

メタルねたじゃないけど 2

2009年10月25日 02:06

・・・・正直、ほっとした。
まずは、一山クリア。

33992s-.jpg

日本一になるのは、そう容易なことじゃない。
でも、一歩一歩踏みしめてくぞ。
にゃー!





来年のカレンダー

2009年10月24日 03:16

来年のことを言うと鬼が笑うといいますが、そうこうしてるうちに
10月も下旬ですよ。早いな。

というわけで、来年のカレンダーです。
20091024030553.jpg
”クラシックKISS”のメンバーですな。

NYのCOLONY RECORDSで買ってきました。
PA090004s-.jpg
KISSとはちょっとした縁のある店なので、覗いてみたいと思ってて
行ってきました。

街中でカメラを構えるのは、オノボリサン然としててちょっとアレですが
ここは世界中の観光客が集まる街、ま、いいか、ってことでw

場所柄、観光客相手のお店ってことなのか、値段設定は高め。
あれこれとグッズが置いてあります。
KISSのコンサートがあるってことで、外国人(多分ヨーロッパ)の
KISSファンも、すでにTシャツ装備で何人か集まっておりました。

土産物を買うこともなく、観光することもなく、
ヤンキースタジアムに出向くこともなく(テレビでヤンキース特番は観た)
それでもタイヘン愉快なNYでございましたよ。

今年一番めまぐるしかった5日間だったことは、間違いないなw



メタル好き仲間w

2009年10月21日 03:34

最近、このCMが楽しみで。


踊る蝶野。
カッコイイ( ̄▽ ̄)!

同じ「メタル好き仲間」としても(?)目が離せないぞ>蝶野。



KISS / SONIC BOOM

2009年10月19日 00:43

somic booms-
2009
200901

満を持して発表されたKISSのニューアルバム「SONIC BOOM」です。
アメリカではWal Mart限定発売。
どうです、このジャケ。
2009年の今、このジャケ。イカシちゃってるでしょう。
さすがはKISS、わかってらっしゃる。

なんと、billbordのUSチャートでは初登場2位という好成績。
kiss billbords-
この結果には、バンドも喜んでいるのでは。
実際、非常によくできたアルバムだと思います。

ポールが「THIS IS KISS. CLASSIC KISS!」と言ってたとおり、
懐かしくさえ感じるアメリカン・ハード・ロックが楽しめます。
そしてそこはKISS、非常にキャッチーかつきれいなメロディの曲目白押し。
一度通して聴くと、二度目は一緒に口ずさめる勢いです。
この楽しさ、この高揚感こそ、KISSのKISSたる所以。
まさにROCK'N ROLL ALL NIGHT, A PARTY EVERY DAY。

「力作」と言うべきなのか、「佳作」と言うべきなのか迷うところですが
「名作」であることは間違いないっす。
きましたよ、久々の(文字通り久々の)「名作」アルバムです。

ポールがアルバム発表直前に言って通り、今この4人だからできたアルバム
なんだと思います。
今のKISSは、ポール、ジーン、トミー、エリックのバンドなんだと
つくづくしみじみ確信するアルバムに仕上がっております。


いろいろスッタモンダあったとしても、ポール&ジーンという組み合わせは
やっぱり揺るがしがたいものがあるんだなぁ。
共作も多いし、二人が交互にヴォーカル取る曲もあります。
これが、「さすが」のいい曲なんだよぉ(;_;)!

 余談ながら、MSGでは、アンコールで出てきたときに
 ポールがジーンの背中に飛び乗って(オンブだよ!)みたりして
 あのデカいポールを背負ってジーンがのしのしと歩きまわったりして
 ものすごくいい雰囲気だったんですよ。
 一時はステージ上で目も合わさなかった二人が・・・と思ったら
 もうじ~んとしちゃったっすよ、あたしゃ(/_;)ヨカッタ。。。


オープニングの「MODERN DAY DELILHA」は、非常にカッコイイHR。
印象的なリフとコーラスが耳に心地よいです。

「YES I KNOW (NOBODY'S PERFECT)」は、とてもジーン社長らしい曲。
ライヴで演ったら盛り上ること請け合い。

「ALL FOR THE GLORY」ではエリックがヴォーカルを取ってます。
♪I live my life the way I choose
I play to win, no time lose
と力強く歌ってる。これまたアンセムになり得る1曲。大好きです。

「WHEN LIGHTING STRIKES」では、トミーがヴォーカルです。
なんだか”懐かしい”と呟きたくなるような曲。トミーとポール共作。

ラストの「SEY YEAH」、これをライヴで演らないテはないぞ~!!!
来日公演では是非とも演って欲しい。
日本のファンなら、絶対に一緒に歌うよ。熱意が違うもん。
(これについては、また後日・・・)
で、この曲、ただ今nekometalのテーマソングになっとります。
物凄く気合が入る。戦いのリングに向かうに相応しい曲だ。
蝶野にも勝てそうな気がしてくるぞ!(←いや、それは無理)


と、どの曲もいい曲ばかりでほんとに捨て曲ナシなんですが
5曲目の「STAND」は、特筆すべき曲だと思います。

これです、ポールとジーンの掛け合い。大感動の名曲!
バラードじゃなく、”アメリカン・ハード・ロック”なところが
またKISSらしくて素晴らしい!

歌詞がねぇ・・・
もう、泣けてしまうほど暖かく優しく「頼りがいがある」。
「頼りがいがあるってなんだよ?」と思われるかも。でも、そうなの。

この曲、ラブソングとして最高です。
大事な友達へ
KISSからファンへ
そしてファンからKISSへ
非常にふさわしい、普遍的な歌だと思う。敢えて「歌」って言うけど。
私は、KISSにこう歌ってもらえて幸せだし、私もKISSにこう言いたい、
と、心から思う。そういう名曲。
待ってた甲斐があった、って、そういう名曲。


聴けば聴くほどいいところが滲み出してくるアルバムです。
これは多分、とってもスルメなアルバム。
演奏テクニックだとか録音技術だとか、そういうところを超越して
「SONIC BOOM」のライヴを観たい!参加したい!と思わせる
チケット代もグッズ代も奮発しちゃうぞー!
地獄商法どんと来~い!
な気分にさせるアルバムです。
(・・・アブナイのかw?)

「毎度変わり映えしないショウでドサ周りしてるだけの集金バンド」
と、KISSを揶揄してたような輩に一泡吹かせる作品だと思うよ。
KISSはこういう凄いバンドなんだよ、と。
わははははは!参ったか~( ̄▽ ̄)!!←ナニモノw

You wanted the best,
You got the best,
THE HOTTEST BAND IN THE WORLD, KISS!
ここにあり、というアルバムでございますよ、ええ、もう。


国内盤はいつ出るんだろう。
西友がWal Mart提携してるんじゃなかったっけ?
直輸入で売ればいいのに。

そして、来日はいつだ。
いつなんだぁぁぁ(><;)!?


CDはなくなっていくのかしらねぇ

2009年10月18日 23:58

今更ながら。
NYで買ってきたCDはこれ。
PA110031s-.jpg
KISS / SONIC BOOM

ボーナスCD とDVDがついてます。
ぱたっと開けるとこんな感じで、
PA130001s-.jpg
ジーンが登場。
さらにぱたっと開けると
PA130002s-.jpg
トミー登場。
次はエリックだな、と思ったら
PA130003s-.jpg
あ、あれ?オマケCDとDVDになっちゃったぞ・・・
どこ行った~、エリック~!
PA130004s-.jpg
ディスクの下にいた(^^;)。
ぱたぱたぱたぱた・・・若干忙しいパッケージです。


そして、その日のライヴを「連れて帰れる!アナタだけのKISS体験!」
と謳ってる2枚組みライヴ音源。
PA130005s-.jpg
KISS / ALIVE 35 -KISS LIVE EXPERIENCE
at NASSAU COLISEUM


開けたら、なんだ2枚もう入ってるじゃん・・・
PA130006s-1.jpg
と思ったら、右側のディスク(に見えたもの)は紙w
わかりますでしょうか↓

ネットで後日後半分を注文してね、というシステムです。
(お金はすでにCD受け取るときに払ってるので、おっけー)

マンハッタンのCD屋さんは、軒並み閉店してるそうです。
メガストアはつぶれてるしねぇ・・・。
CD、売れない時代なんですなぁ。DL時代なんですなぁ。
なんだか寂しいな。

私は古臭いんだろうと思うけど、やっぱモノが欲しいっすよ。
ジャケットも楽しみのひとつじゃないスか。
新しいアルバムを「手に取る」ことが、どんなに嬉しいか・・・
そういう気分を味わえなくなる日が来るのかねぇ。
ううむ。



祭りに不参加、チョコをかじる

2009年10月18日 16:37

NYトンボ返りのツケでしょうか。
ラウパ直前に体調を崩してしまい、祭りには行けずじまい。とほほ。
宇宙人ばりのドタキャンです。←違。
今年はライヴ(参加)運がヨロシクないなぁ・・・。

一日寝て過ごしてずいぶんよくなったんですが、コレで無理して仕事休む
てなわけにもいかんので、ここは我慢と決めました。
みなさまのレポを楽しみにお待ちします。

鋼鉄神、観たかったなぁ・・・。
あんう゛ぃる、これが最後のチャンスだったかもしれないのになぁ・・・。
しくしくしく(/_:)。。。。


と、自分の日頃の行いの悪さを反省しながらかじってたのは
これ↓
PA110032s-.jpg

m&m'sのKISSバージョン。CDと一緒に買ってきた。
4人それぞれのパッケージがあるんだよねぇ・・・
こりゃ揃えて買わざるを得ないだろう、という
キョーフの地獄商法。
で、これをまた、まんまと買うわけですな。
あははは・・・はぁ・・・。

ひとつひとつに、それぞれのプリントがあるんですよ。
PA110033s-.jpg
ちょっとコワイけど、けっこうちゃんとしたプリントです。

味は・・・普通に”お口で溶けて手で溶けない”御馴染みの味です。
カロリーも通常通りでしょう。当たり前か。
全部食べたら、エライことになりそうですw

ポスターもかわいい。
mmss-.jpg
このポスター欲しいw



宇宙人は来ないorz

2009年10月16日 02:34

ラウパが近づいてきたぞ~、いよいよだぞ~、と思ってたら

エースが来ません

ときたもんだorz。。。ヤラレタ・・・・


でも、半分「こんなことになるのでは」と思ってたことも事実です、正直な話。
当日「実はエース来てません」てなことにならんだろうな、と思ってた。
この数日前での「来ません」は、むしろセーフな気さえする。
いや、決してセーフではないんだけれども。

エースを観るためにラウパのチケットを取った
という人だって多いはず。
実際、そういう人の話も聞いたし。
地方から参戦する方は、ラウパのためにエースのために、チケットを買って
交通費も用意して、ホテルの予約もしたりして、楽しみにしてらしたはず。

私も、すごく楽しみにしてました。
いいアルバムを作ってくれただけに、ナマでこれを聴いてみたかった。
本当に聴きたかった。
半分は「来ないかも」と思ってても、半分は強烈に楽しみにしてました。

なんかね、「やっぱりエース」と思ってしまったりもするんスよ。
そこも含めてエース、っていうか。
どういう事情でこういうことになったのかわからないけど、
当日、エースのステージはないわけで(;_;)。


年末に国内盤が出るらしいっす。
それに合わせて、来日公演が実現することを祈ります。
エース、来てくれよぅ・・・(;_;)。
みんな待ってるよ。


てなわけで、若干ショボくれながら、ラウパに紛れ込みます。
個人的には、怒涛の連続参戦(^^;)
ダイジョウブカ>ジブン(((((^^;)。




KISS @ MADISON SQUARE GARDEN

2009年10月15日 02:45

夢のMSG(←マイケル・シェンカー・グループではないw)。
これまた長くなります。

「MADISON SQUARE GARDENでKISSを観る」というのは、
私にとっては長年の憧れでございました。
いよいよだ~!と気持ちが昂ぶるnekometal。

宿がMSGのすぐ近くだったので、カーゴパンツのポケットに
グッズ購入のわずかな軍資金と、チケット受け取るためのカードとIDを入れて
手ぶらで(←気楽すぎたかw)出発。
(この日もBUCKCHERRYはパス)

KISSのTシャツを着込んだ大勢のファンが集まってきておりました・・・が、
着てるTシャツは結構「なんでもあり」の様相。パチT着てる人もいたりするしw

まずはTシャツを物色。
これまでKISSが演ったMSG公演がずらーっとプリントされてるTシャツは
残念ながらSサイズがなくMサイズを購入。・・・デカいw
他にもNASSAUでは見なかったデザインのがあったので購入。

事前に予約しておいたチケットを受け取るために窓口へ。
NASSAU COLISEUMではカードだけでしたが、MSGではIDの提示も
求められました・・・会場によって違うのか、担当者によって違うのかw
無事チケットを手にして、いよいよ入場。どきどきどきどき。

エスカレーターを上がって、自分の席に辿り着くと、ジーンとエースの
コスプレさんに観客が群がって大撮影大会開催中w
観客の年齢層が幅広いな、という印象。
子供率はNASSAUのほうが高かった感じ。
日本から遠征した人もいたんだと思うけど、遭遇しませんでした。

LOVE GUNでポールが飛んでくる離れステージが近い。やった( ̄▽ ̄=)。
会場では、ビール売りのおじさんやお兄さんが「Beer! Beer! Beer!」と叫びながら
練り歩いてて、瓶ビールが飛ぶように売れている。瓶だよ、いいのかw
で、ここでも(NASSAUほどではないけど)カメラのフラッシュが光りまくりw

で、LED ZEPPが流れて、いよいよ~!暗転~!
「ALL RIGHT, NEW YORK!」キタキタキタ!いつものオープニングだ!

ものすごい爆発音とともに幕が落ちて、DUECE。
おおお~!観客の盛り上がりが、前日比200%。
メンバー(特にポール)のノリも、随分違うぞ!
やっぱりhome townなんだね。
ポールの「エビ反りジャンプ」を見たのは、ものすごく久しぶりだ!
(ショウの様子は、この辺りでイロイロ見られます

セットリストも変えてきました。ラッキー♪
I STOLE YOUR LOVEはなくなったけど、STRUTTERがキマシタ(^^=)。
その盛り上がりたるや・・・
そうか、アメリカで、NYで、KISSを観るってこういうことか(!)
・・・と、ものすごい説得力にガツンとヤラレました。
一言、「すごいっ!」。

  しかし、日本で観るほうがいいなと思うトコロもあるのよ。
  これはまた後日、落ち着いたら考えをまとめてみたいっす。

ショウの構成自体は前日と変わらず、短めの本体(前半)と長いアンコール(後半)。
曲数で言うと、1曲増えたというかたちかな。

そしてとても嬉しかったのは、ポールの声が戻っていたこと。安心しました。
ご本人も気持ち良さそうでございました。なによりなにより(^^=)。

よくわからなかったのは、MCでポールが「昨日UNIONDALEで演ったんだけど」
と言ったとたんの、大ブーイング。
私の感覚だと「昨日も観に行ったよ~♪」なんだけど、そして、きっとそういう客も
多かったに違いないだろうに、大ブーイング。・・・なんで(^^;)?
地元贔屓感覚なんだろうか。NYはKISSのhome townだし、ってことなんだろうか。
  例えば、武道館公演で「昨日さいたまアリーナで演ったんだけど」に対して
  ブーイングが起こることはないでしょう。
  むしろ、「昨日も行ったよ~♪」と歓声が起こる気がするんですけども。
  謎だわ。

残念だった(?)のは、ROCK'N'ROLL ALL NITEでの、恒例の紙吹雪。
相変わらずめちゃくちゃ吹き上げたんだけど、風向きと場所の関係か
私のところには降らず。無念なり(><)!
アレを浴びないと、なんだかもの足りないんだよぅ。
前日のNASSAUでは、ざばーっとw浴びましたけど。

最後のLOVE GUNでポールが「飛んで来た」ときには、nekometal崩壊www
ステージがぐる~んと360度まわるんですが、ああ、どの角度のポールも
物凄くカッコイイ~っ(><。)!!!

で、またもや大爆音で終演。
ああああ、カッコイイ!もう一回出てきてくれ!つか、終わらないでぇぇぇっ!
しかし、そこでスパッと帰っちゃうのが、KISS。
そこもカッコイイぞ。

体力を使い果たしヘロヘロヨレヨレで会場を後に。
会場周辺は警察官の群れw安心安心w
近くのデリで食料買って、宿に戻りました。

熱いMSGでのショウの余韻と冷えたブリトーをもそもそと噛み締めつつ
ちょっと涙が出た。
「もう帰らなくちゃいけないんだな~・・・」と思ったらね。
できることなら、そのままツアーを追いかけたかったっす。ほんとに。

本当に本当に、楽しいショウでした。
無理やりだったけど、行ってよかった。
本当に、行ってよかった。



MSGでのお買い物は、こんな感じ。
PA110038s-.jpg
右上の「NEW YORK ROCK CITY」がMSGでの「ショウ一覧」Tシャツです。

そして、チケット。
PA110039s-.jpg
これは、大事にとっておこうと思う。
私が死んだら、お棺に一緒に入れてもらうことにします。



ツアーは続くよ、まだまだ。
宝くじが当たらないかしら。
当たったら、また飛んでいくよ、あたしゃ。

つか、日本に来てくれ、KISS。
キリンになって待ってます。


KISS @ NASSAU VETERANS MEMORIAL COLISEUM

2009年10月14日 01:56

KISS ALIVE 35 TOUR @ NASSAU COLISEUM。
長くなります。

このツアー、サポートバンドはBUCKCHERRYですが、そこはパス。
  ごめんなさい、BUCKCHERRYは名前しか知らないっす・・・(==;)。


会場について、出発前にネットで予約したチケットを受け取って(ここはカード
だけでオッケーでした。IDは要求されなかったっす。)、グッズ売り場へ。

すげー人、人、人・・・で、日本人としては決して小さくない私ですが、デカい
アメリカ人にぎゅうぎゅう押されてすでにヨレヨレ・・・。
それでも「それとこれとあれと~」とTシャツを買いあさる。
大和魂全開。(←違)

BUCKCHERRYの演奏を聴きながら、飲み物とカッピカピのホットドッグで
腹ごしらえしている周囲は、所謂「白人」さんばかりなり。親子連れ多し。
みんなメイクしてもらって(メイクするよ業者?が派手な車で乗り付けてる)
なんだかとても楽しそう。祭りだねぇ。

で、BUCKCHERRYが終わったところで、会場入り。
席は、一階席、ステージをほぼ横に観る感じ。
ステージは近いけど、ステージがせりあがったりすると部分的に見えなかったり。
観客の入りは、この時点で8割ってところでした。
一応「NO CAMERA」とチケットには書いてありますが、みんなバシバシ撮りまくり。
自由すぎ。セキュリティも全然動かないし。いいのかw

そして、暗転。
くるぞくるぞ!「ALL RIGHT, UNIONDALE~!」
・・・と思ったら、あれ?幕が落ちちゃったぞ???
ステージ中央からせり上がってくるメンバー。きゃー!
・・・でも、「ALL RIGHT, UNIONDALE~!」がない・・・と思ったところで、キタ。

若干間が抜けた感じになっちゃったよ。
やっぱりKISSのオープニングは・・・
  暗転 うぉー!きゃーっ!
  ぶぉ~~~~ん・・・ うぉー!きゃーっ!
  「ALL RIGHT, TOKYO~(例)!」 うぉー!きゃーっ! 
  You wanted the best, You got the best,  (会場もご一緒に!w)
  The hottest band in the world, (会場もご一緒に!w)
  KISS! (と同時に、どかんっ!幕落ちる!ライト、カッ!)うぉー!きゃーっ!
でないとなぁ。

が、しかーし、オープニングのDEUCEが始まったら、なこたぁどーでもいいw
とにかくひたすらカッコイイ!!!
新しい衣装も映えるじゃないか!!!
てか、ポールがカッコよすぎて鼻血でそうなんですけどぉぉぉっ!!!

とか一気にテンション大爆発してたら・・・・2曲目の最初で「・・・!?」。
歌い始めたポールの声の状態が、これまで聴いたことないくらい悪い(゚д゚;) !
「声が出てない」とか「高音が苦しい」とかじゃなく、完全に喉を痛めてる声。
・・・ま、まじっすか・・・
しかし、体調不良を感じさせない動き。
すごく元気(そうに)ステージ上を走り回るポール。だ、だいじょぶなんスか~。

ショウは「クラシック・クラシック」と言うだけあって、昔の曲が目白押し。
「I STOLE YOUR LOVE」が聴けたのには、涙が出るほど感激しました(;_;)。

新曲は「SONIC BOOM」のオープニング曲の「MORDERN DAY DELILAH」のみ。
しかし、観客の反応がイマイチ。すごくカッコイイ曲なのに。
  なんだか、いろいろと考えてしまいました・・・ライヴ終了後に。

エリックのドラム・ソロでは、ドラムセットががががーっとせり上がって、
なんと回転します。
ぐる~んと右へ、ぐる~んと左へ。そして、最終的にはぐるぐる~んと後ろへ!
エリックの後背筋が拝めます。斬新w

ジーンが火を吹いたり血を吐いたり上へ飛んだりするときは、カメラのフラッシュが
これでもかってほど会場中で光りまくる!
だから、いいのか、ってw 
フラッシュの海も、またキレイだったけどもw

ショウは、”二部構成”といった趣。
後半(アンコールね)が、たっぷりです。
「引っ込んでアンコールで出てきて1曲やって”サンキュー”
 また引っ込んでアンコールで出てきて1曲やって”アイ・ラブ・ユー”
 またまた引っ込んでアンコールで出てきて1曲やって”グッドナイト”
 そんなバンドばかりだけど、俺たちは違う。
 これまで皆が観たことのないような長いアンコールをやるぜ!」
なんて、ポール、カッコイイぞー!(多分、このツアーのキメ台詞だw)
で、「LICK IT UP」なども織り交ぜての、本当にたっぷりのアンコール(後半)。

最後の「LOVE GUN」でポールが離れステージに飛んで(すごいスピードだった)
本ステージに戻ったところで、ヤケクソかと思うようなパイロと花火で大団円。
ステージ横だったせいか、鬼のような爆発音でビビりましたがな( ̄▽ ̄;)。
日本で観るより派手にドカンドカンやってた。怖いくらいだったw

ポールの喉は、アンコールの後半でやや持ち直したかな・・・という感じ。
かなりキツそうだったけど、それを補って余りあるショウマンっぷりでした。

終了後、ショウの前に予約した↓「本日のライヴ」CDを受け取りました。
PA130005s-.jpg
前半部分は(disc1)、その当日受け取れます。
後半部分(disc2)はネットで送り先を指定すれば送ってくれます。
マイクから直の音源なので、生々しいよ~。臨場感ありまくり。
これで30ドルは安い!で、やっぱりポールの声がタイヘンだ・・・。

他に、この日のお買い物はこんな感じ。
PA100026s-.jpg
SONIC BOOMのジャケTだけはWal Martで購入。

チケットはバーコードを読みとるだけなので、そのままの形で残ります。
PA100028s-.jpg
これはちょっと嬉しいね(^^)。

そんなこんなで、NASSAU COLISEUMでの夜は終了。
騎馬隊に見送られて(?)会場を後にしました。

さぁ、明日はいよいよ夢のMADISON SQUARE GARDENだぞー!



ここからは、NASSAU COLISEUMへのアクセス情報。
何かのお役に立てば幸いです。
[KISS @ NASSAU VETERANS MEMORIAL COLISEUM]の続きを読む

行ってきた

2009年10月12日 22:34

KISS の「ALIVE 35 TOUR」、見に行ってきました。
PA110034s-.jpg

電光掲示の看板も撮ってみた。
表示がどんどん変わるので、タイミングが難しい!
PA110037s-.jpg
なかなかキレイに撮れたので、ひとりで喜ぶ私であったw


ツアーの日程が出たとき、どこかで行けそうなら行っちゃおうかなー・・・
と思ってたんですが、思い立ったが吉日というし、ここはひとつ、と。
運よく休みも取れたので、気楽にひとりでフラフラと出かけました。


ま、出発が(あの台風で)危ぶまれたワケですが( ̄▽ ̄;)。
数時間遅れたけど、飛行機が飛んでホントによかった。
(でも、すげー揺れました・・・心底怖かったっす;_;)


もちろん、Wal Mart限定の新譜「SONIC BOOM」も買ってきました。
マンハッタンにはWal Martがないので、ニュージャージーまで行ってw
PA110031s-.jpg


非常にタイトな日程でチト疲れましたが、行ってよかったです。
というわけで、ここからしばし”NYでライヴ観てきたよ”記事になります。
どぞ、よろしく。





台風接近中

2009年10月08日 03:26

超強力な台風だそうですね。
外は雨脚がどんどん強くなってきてます。
風も出てきた。
かなり怖いっす。

台風の通り道の地域にお住まいのみなさま
どうぞお気をつけください。
という東京にも大接近らしいっすね。ひー。


そんな中ですが、ちょいと出かけます。
26595.jpg
すぐ戻ります。





MIND ODYSSEY / NAILED TO THE SHADE

2009年10月07日 01:21

mind odyssey nailed to the shade
1999
NPR 286

後の”新生RAGE”の一員、ヴィクター・スモールスキのギターがフル回転。
見事な「パワーメタル・プログレ派」。
非常に好みのサウンドでございます。
ギターも、ヴォーカルも、キーボードも、とーてーもー好き。大好き。

6曲目、タイトルが「APOLLO13」。
これだけで好きかもしれない。
いや、さすがにそれは節操なさすぎか。今更ですが。
でも、曲がまたいいと来てるので、無問題。広東語発音ではモウマンタイ。

なんで今まで聴いてなかったんだろう。
と思って確認。
過去アルバムのジャケを観てみると、聴いている。
このブログをはじめる以前に。
そして、なぜだかこのアルバムは素通りしていた。謎。

国内盤のジャケが違うみたいで、確かに見かけたことはあるなぁ、と。
でも、なんでスルーしたんだろう・・・
ジャケ買い女の琴線に触れなかったのかね。

と、いうことで、この外盤のジャケ。
こちらは琴線に触れまくってアアタ、大変ですのよ。
もう、触れ触れの触れまくり。

ただ、国内盤のボートラ(TOTOのカヴァーのようだ)が聴けてないわけですよ。
とほほ。
なので、国内盤も探してみます。
わりとよく見かけるといえば見かける気がする。

あ、でも、枚数・・・・

年明けに買えばいいか( ̄▽ ̄)b。



STONELAKE / UNCHARTED SOULS

2009年10月06日 02:44

stonelake uncharted soulss-
2008
stone4

スウェーデン。
これが4枚目のアルバムなのかな。
他を聴いていない(多分・・・)ので、よくわからん・・・。

以前unionかどこかでジャケットを見て気になっていた一枚です。
安価で店頭に出てたので、ジャケ買いw

「懐かしい香りのする北欧メタル」という印象です。
メロハーっぽくもあり、メタル色の強い曲もあり、という構成。
なんか突然グロウルっぽいモノも登場したりして(すぐ引っ込むけど)
イロイロアレコレですな。

Peter Grundström というヴォーカルの声が、ちょいと私は苦手かも。
ちょっとググってみたのだけれども、スウェーデン語のWikipediaに
辿り着いてしまった・・・読めないw
で、翻訳クリックしたら

>4月11日 1957 オンゲルマンランド地方で生まれ、 スウェーデンの ミュージシャン、
>歌手やソングライターです。
>彼のダンスバンド ソージョージの人は1976年に活躍したメンバー- 2006年だった。
>彼は、は、他の事柄の間でバースIdoff 1988とは 、 ヴァイキング 1998年に、
>とThorゴラントラックで人Streaplers 1995とcoverhitを受けた私の女性のために
>記録された小型、小さな言葉のように他の曲の間で書き込み。


という謎の呪文が出てきたので、検索終了。←お手上げ( ̄▽ ̄;)

どうも私は、このメロハーっぽい気配が苦手かもかもかも、です。
ジャケ買いだから、こういうこともあるさ。
そうそう、今に始まったことじゃないw
つか、しょっちゅうじゃないか>自分( ̄▽ ̄)

というアルバムでございました。


台風ですねぇ。
なんか「非常に強い」を通り越した「猛烈な」台風らしいじゃないスか。
まじっすか。
それますようにそれますようにそれますように( ̄人 ̄)オネガイシマス!





ACE FREHLEY / ANOMALY

2009年10月04日 03:24

Ace Anomalys-
2009
90176

スリップケースに入ったケースは、組み立式。
組み立てるとピラミッド型になります。霊験あらたかそうだw
デザインはGodエースによるものだそうです。凝ってる。
(けど、ディスクの取り出しがちょっと面倒くさいつくりだw)

約20年ぶりの新譜ということで、ちょっと半分信じられないというか
本当に?という気分で発売を待っていたのですが、本当だった。現実だった。

で、素晴らしい出来

相変わらずの「テキトー」感満点のヴォーカルですが、気のせいか巧くなって
・・・ないか、どうだろう・・・ヘタウマないい声聴かせてくれます。

肝心のギターは、音もフレーズも、間違いなくエース節炸裂です。
胸が熱くなるよ~・・・じぃぃぃぃ~ん(;_;)。。。ああ、エースだ~。
KISS在籍時から、エースのギターが好きです。
テクニックや速さを超えた、「味」勝負。
ジミー・ペイジだと思うんだよねぇ・・・もうずっとそう思ってる。
異論もありましょうが、聴けば聴くほどそう思えてくるざんす。

4曲目では「FOX ON THE RUN」演ってます。SWEETです。
これがまた、いいと来てるんですよ、奥さん!いや、皆さん!
もともといい曲だし、エースのギターにも雰囲気にも合ってる。
70年代のHARD ROCKがお好きなら、思わずガッツポーズでしょう!

5曲目の「GENGHIS KHAN」、大好きです。
カッコよすぎる。ぜひ、お聴きくださいまし。

バラエティに富んだ、エースのセンスが余すところなく披露された
非常に”いい出来”のアルバムです。
エースが、2009年の今、こういうアルバムを作ってくれたことが凄い、と
本当に思う。心の底から。

クレジットの最後に
...AND IN MEMORY OF ERIC CARR & DIMEBAG DARRELLとあります。
エース・・・(;_;)。。。


3年前から禁酒してるんだそうです。
なんか、私には「常に酔っ払ってる」イメージが強くて(^^;)禁酒したと聞いても
ほんとかいな・・・と思ってしまうんですが、
「酔ってなくても曲が書けることがわかった」
と、さすがエースwな、人をくったような発言をしてるようです。
笑っちゃったw

健康のためにも、エースのこれからの活動のためにも、禁酒には大賛成。
そうだよ、お酒なんかなくったって、エース節はこうして輝くじゃないか。


ラウパがとても楽しみです。
KISS時代の、ひょろ~とスレンダーな面影はまったくありません
貫禄たっぷりの髭面オヤジのエースに早く早く会いたいっす(^^=)♪



今年も残り3ヶ月&御礼

2009年10月02日 02:31

自分で書いておいてなんですが、もう10月ですってよ。

光陰矢の如し。

夏場はバタバタ、9月は体調を崩し、あれやこれやで
楽しみにしていたライヴにも行けず、
貧乏暇ナシに拍車がかかる一方で、
「購入したものの聴いちゃいねぇorz」というCDが仕事机に平積み
という、なんだかいろいろダメな感じ満点の今日この頃です。

今年の残り3ヶ月、どうか無事に過ごせますように。
で、予定してるライヴ参戦が滞りなくウマイこと叶いますように。
HR/HMの神様、猫の神様、よろしくお願いします( ̄人 ̄)。。。

            

拙ブログのカウンタが80000を超えておりました。
これもひとえにお立ち寄りくださる皆様のおかげでございます。
ありがとうございますm(_ _)m。

御礼に、ひとつ舞いなど舞ってみました・・・
ebd8e7b0-s.jpg

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
nekometal





最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。