スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地獄に仏」を体感する夜

2011年03月08日 02:23

ここ一週間ほど、激動である。

KISSが来る!

やっぱり来ない!まじかよー・・・

FIREWIND来た!凄かった!ひゃっほー!

ああ、KISS、来ないんだよなー、ほぼ中止なのかなー・・・

WHITESNAKE新譜来る!

そして今

といった感じ。ジェットコースターである。

「楽しみにしてた来日公演が延期(いつまで延期?)」ってのは
実にダメージが深い。じわじわとボディブローが効いてきてる感じっつか。
ほっとくと、被害妄想というのかやさぐれすぎというのか
「ああ、こんなに待ってるファンがいることをKISSは知ってるんだろうか」
「”行くよって言っといてやっぱ行かないよ、ってのはファンに悪いことしたな”
 とか、ちらっとでも思ったりするんだろうか・・・しないだろうな(諦観)」
なんて考えが、ぐるぐると頭の中で湧いたり消えたりする。

実際、KISSは日本を「魅力あるマーケット」とは思っていないのだろう。
ある時期、KISSにとって日本は特別だったはずだと思うんだけど
それも今は昔。
「行くよ」といいつつ「やっぱ行かない」・・・それでもいいや、という
KISSにとって、そういう「場所」なんだろう、もう、日本は。

こういうの、なんていうのかね。
じわじわと、しかし確実に見捨てられていく感覚ってんでしょうかね。
寂しく悲しいものだね。
そして、とても不安なものだなぁ。
やがて、これにも慣れていくんだろうか。慣れたくねーな。

暗い。
今の私は、どんよりとタマシイだかエクトプラズムだかがダダモレの
ボンヤリ野郎になっている。

しかし、ここは待つしかないわけです。
いやー、忍耐力が試されるね。ないけどね、1グラムも>忍耐力。
じっと耐えるしかないっつのが、どうもね。
こう、息苦しくなっちゃうね。


そんなとき「白蛇、待望の新譜」が明日やってくる。
なんという運命的なタイミング。
捨てる神あれば拾う神あり。
なんか違うか。

FIREWINDで高揚した気分が落ち着いて、そのまま春を迎えてたら
ちょっといただけない感じだったかもしれない。
そこにニョロリと白蛇が登場だ。
うーん・・・なんだか凄いタイミングである。

私にとっては、まさに地獄(の軍団にヤラレたところ)にカヴァ

ありがたい。ほんとに。
これがあるから大丈夫、と思える展開でございます。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/1012-6b7a6671
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。