スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS / DESTROYER

2012年05月09日 01:17

kiss destroyers-
2008
UICY-93655

「地獄の軍団」です。これもSHM-CD紙ジャケ仕様です。

「ALIVE!」の大成功の後ここが肝心!と、KISSが緊褌一番発表した傑作。
よく出来ている。
ものすごくよく出来ている作品だ。

ボブ・エズリン、いろんな意味ですげぇ。
スタジオ録音の過去3枚と違うバンドみたいになってるもんな。
こう、SHM-CDで改めて聴くと、その思いが強くなるわ。
「プロの作品」になってるんだよなーと思うんだ。
曲のつくりとか編曲とか曲順とか、アートワークも含めて。
捨て曲なし。
客観的に聴いても、本当に「捨て曲なし」だ。

まずはやはり「デト」こと「DETROIT ROCK CITY」でしょう。
初めて聴いたとき、なんてかっこいい曲なんだ!と思ったんだけど
「・・・し、死んじゃうんですか・・・(((((゚Д゚;)」とビビりもした。
アルバムのオープニングからこれかよ、と。
インパクトでかすぎ。
このイントロ、KISS好きじゃないヒトだって絶対歌えるはずだ。

そして「暗黒の帝王(KING OF THE NIGHT TIME WORLD)」。
これまたかっこいい!
nekometalの大好きな曲のひとつでございます。

大好きといえば、「雷神(GOD OF THUNDER)」。
幼い頃の私はボブ・エズリンが「これはジーンが歌ったほうがいい」と言った
とかそういう情報は知らなかったので、ポールがジーンのために作った曲だと
思い込んでおりました。
イメージがぴったりだもんね。
さすがポール、わかってる!
・・・とか思ってたんだけど、実はポールは自分で歌う気満々で、エズリンに
「これはジーンで」と言われて大ショック&憤慨したってことを後に知って
・・・(^^;)アレ?と思ったんでしたw
それはともかく、もはや「雷神といえばジーン・シモンズ」のイメージは
この曲で完全に固定しましたな。
今となってはポールのヴォーカルは考えられないもんな。
もちろん、後に、この曲はやっぱジーンで正解だったと、ポールも言ってる。

  ただ、この曲に入ってる子供の声が怖くてたまらないのよ、私。
  理由は自分でもよくわからない。ただただ怖い。←今も。
  なんだろうな、これ。
  ついでに「X-files」のDVDのクレジットの最後に入る「I made this」という子供の声も怖い。
  
「地獄の遺産(GREAT EXPECTATION)」は、なんでこの邦題なんだ???と。
それが一番の思い出だw
そして、この歌詞のエロ度を理解するまでには、まだまだ時間がかかる
乙女な時代のnekometalであった。ほほほ。

「燃えたぎる血気(FLAMING YOUTH)」、またまたかっこいい!
そして、またまた大好き!
ライヴで聴きたいぞ。今でも。
そして、邦題凄すぎw

「SWEET PAIN」、この曲も好き。
ジーンらしくて、とてもよい。
sweet painという言葉も好きだ。ロマンティックだな、ジーン。

「狂気の叫び(SHOUT IT OUT LOUD)」、通称「しゃりらー」。
「ROCK AND ROLL ALL NITE」に続くKISSの代表的ロックアンセム。
ライヴにかかせない1曲でございますね。
♪しゃーりっしゃーりっしゃりらっらー♪
と陽気に歌った経験は、きっとみんなあるはず。
私は今でも料理する時とかよく歌っているw

「BETH」。
アメリカで生活してたときよくラジオを聞いてたんだけど、この曲は
けっこうかかってた記憶がある。20年も前の曲なのに、と思いながら聴いてた。
客観的には「捨て曲なし」なアルバムだけど、個人的には、実はこの曲は
とばしちゃうことがある。
こういう「バラエティに富んだ」ところもKISSなんだけど、個人的には・・・
この曲自体があんまりなぁ・・・なnekometalでございます。
同じピーターのヴォーカルだけど、曲は圧倒的に「HARD LUCK WOMAN」のほうが・・・。

そして、超名曲「DO YOU LOVE ME」。
”ザ・ポール・スタンレー”な最高最強の曲。
ちょっと切なくなったりもする。
今でもライヴではこの曲がこっそり一番の楽しみだったりする私でございますのよ。
ほほほ。

と、全曲紹介になっちゃったんだけど・・・。

このアルバムは、KISSのサウンド面での「出世作」だと思う。
(セールス的には「ALIVE!」が出世作だろう)
バンドがどんどん巨大化していく第一歩でもあったと思う。
今も、KISSの1枚を選べといわれたらコレを挙げる人も多い。
もちろん、私もよく聴いた(聴いている)。

ただ、私は、なんつーか「ちゃんとしすぎてるKISS」だとも思う。
なんか白蛇における「紋章」のような・・・というか。
いろいろと”思い入れの強い”アルバムなのは間違いないっす。


そうそう、このSHM-CD盤には、最後になんかオマケが入ってる。
でも、これ・・・要る?



コメント

  1. tead | URL | -

    Re: KISS / DESTROYER

    KISSのアルバムの中でもかなり好きなんですよねぇこのアルバム。
    「Detroit Rock City」も良いけど、「God Of Thunder」や「「Shout It Loud」も入ってて大好きです。
    「Do You Love Me」も名曲ですよね。

    nekometalさんの言っていることは良くわかります。
    でも好きなんですよね。
    白蛇の「紋章」も実は好きなんですけどね。

  2. nekometal | URL | -

    ■tead さん

    このアルバムが好きという方は本当に多いと思います。
    という私も好きなんですよ。
    名盤だと思います。ていうか、名盤です(←断言)。
    KISSを観にNYへ行く飛行機の中では、これをほぼエンドレスで
    聴きつづけておりましたw

    白蛇とKISSに関しては、頭の中にも心の中にもいろんなコトが詰まってて
    (詰まり過ぎてて?)ついついアレコレボソボソやっちゃいます(((^^;


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/1083-f5b4b2fa
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【KISS / DESTROYER】

2008UICY-93655「地獄の軍団」です。これもSHM-CD紙ジャケ仕様です。「ALIVE!」の大成功の後ここが肝心!と、KISSが緊褌一番発表した傑作。よく出来ている。ものすごくよく



最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。