スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS / ROCK AND ROLL OVER

2012年05月11日 01:32

kiss rock and roll overs-
2008
UICY-93656

「地獄のロック・ファイアー」です。SHM-CD紙ジャケ仕様。

前作とはうって変わったシンプルでストレートなアルバムに仕上がりました
というアルバムです。
劇場での録音で、ステージでの演奏を意識して製作されたってのも、前作と
ずいぶん違う方向性を打ち出したといえるのでは。

このアルバム、大好きです。
いや、KISSのアルバムはどれも(・・・どれも?www)大好きなんだけど
初期KISSの、nekometal的ベストはこれだな。

なんせオープニングが「I WANT YOU」ですから。
かっこいいなぁ・・・・・・・。惚れ惚れする。
ポールの曲の、こういうスタイル(静かな哀愁のイントロからド派手に展開する)が
好きなんだな、私。ドラマティック好きw

他の収録曲も
「Put your hand in my pocket
 Grab onto my rocket」
という衝撃の歌詞(”オレのロケット”って・・・ポール、アンタってひとはw)で
おなじみのタイトなロケンロー「TAKE ME」をはじめ、
「雷神」と並んでジーンのイメージを決定付けた「CALLING DR. LOVE」
哀愁のロッカバラード「HARD LUCK WOMAN」
リフはT-REX♪げりろ~ん♪が元ネタでよろしいですね?wの「MR. SPEED」
ただただかっこいい「MAKIN' LOVE」と
いい曲揃いでございますね。ええ。

ジャケットもいいですねぇ。大変よろしい。
アメコミのヒーローみたいですけどもね。
デザインとしてとてもイカシてる。KISSらしい。
派手で、陽気で、愉快な感じ。
KISSの真骨頂って感じ。

発売は76年ですから、世の中的にもはやKISSが”大騒ぎ”になってた時代。
アメリカのみならず、初来日(77年)を果たした日本でも、そりゃもう大騒ぎ。
ド派手なロゴ入り飛行機で日本に降り立ったKISSのみなさんは、機内で張り切って
メイクしたら「そのままじゃ入国審査通過できません」てことで一度メイクオフ。
再度メイクして、羽田でメンバーの到着を待ってた1000人からのファンの前に
颯爽と登場!
→ファン、どどどどどどどーっと押し寄せる。
→メンバーの乗った車がぶわーっと囲まれる。
→車ぐらぐら揺れる。
→メンバー「日本人ておとなしくてシャイなんじゃなかったのか!?」とビビる。
という状況だったそうな。

大ブームでございますよ。

来日公演・伝説の武道館ライブはNHKの「ヤング・ミュージック・ショー」で放映。
それまでKISSを知らなかった人には、あれがかなり大きかったんじゃなかろうか。
特にKISSは、音源の魅力だけじゃなく映像のインパクトがデカいからねぇ。
あれでファン層は一気に拡大したはずだ。
ネットのない時代、あれが「動くKISS」を観た最初だという人もけっこういるそうな。

なつかしいね。

なつかしいといえば、邦題だ。
このアルバムの邦題、すごいの揃いだもの。レコード会社の人たち、ノリノリである。
「いかすぜあの娘」「燃える欲望」「悪魔のドクター・ラヴ」
「熱きレディズ・ルーム」「激烈!ベイビー・ドライヴァー」
「愛の絶叫」「情炎!ミスター・スピード」「悪夢の出来事」
「果てしなきロック・ファイアー」・・・。
カタカナ表記にしただけの「ハード・ラック・ウーマン」以外は、もうなにがなにやら。

最近はこういうのがないもんね。
私はけっこう嫌いじゃないけどな。
この、「突き抜けてる感」てやつw




コメント

  1. tead | URL | -

    Re: KISS / ROCK AND ROLL OVER

    親がこのアルバム持っていたんですが、このジャケットを子供の頃見て怖い思いをしました。
    でも、「I Want You」を聴いてその怖さが飛んでカッコイイと思っちゃいました。静かなイントロからあの派手な展開は一回聴いただけでハマっちゃいました。
    「Calling Dr.Love」も大好きな曲です。

    「Take Me」の歌詞凄いですね。ww
    こういうところも突き抜けてます。ww

    邦題もよくわかりませんよね。
    でも、KISSだから許せてしまう。

    今日は久しぶりにKISSを聴きまくろうと思います。^^



  2. nekometal | URL | -

    ■teadさん

    KISS聴きまくりの宵はいかがでしたか(^^)

    > 親がこのアルバム持っていたんですが、このジャケットを子供の頃見て怖い思いをしました。

    それはw
    親御さんも、まさかTeadさんが怖がるとは思っていらっしゃらなかったことでしょうw
    曲は名曲揃いですよね~♪

    > でも、KISSだから許せてしまう。

    そこがKISSのいいところでございますねぇ(^^)v
    どんな歌詞でもw
    どんな邦題でもw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/1086-19a83365
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【KISS / ROCK AND ROLL OVER】

2008UICY-93656「地獄のロック・ファイアー」です。SHM-CD紙ジャケ仕様。前作とはうって変わったシンプルでストレートなアルバムに仕上がりましたというアルバムです。劇場



最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。