スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS / LOVE GUN

2012年05月12日 02:09

kiss love guns-
2008
UICY-93657

このアルバムで「地獄シリーズの邦題」が(いったん)終了。
LOVE GUN・・・・超シンプル&ストレート。かっこいい。
「地獄のラヴ・ガン」にしなかったのは、正しい判断であったといえましょう。
バンド名がそもそも超シンプル&ストレートだもんね、KISS。
いいわ。
こりすぎてなんかイタイ感じになっちゃうのはねぇ・・・かっこわるい。
そんなのやだわ。

このアルバムが製作された当時のKISSは、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで
なにがかっこいいのかわからなくても「KISSがやってることがかっこいい」時代。
(私の中では、今もそれが続いているわけだがw)
もう、ノリノリである。

白塗りのオネエチャンたちを侍らすジャケットもかっこいいじゃないっすか。
この(LOVE GUNツアーの)ポールの衣装、好きなんだな~。

「ROCK AND ROLL OVER」が大好きだけど、このアルバムもかなり好きだ。
ものすごく「かなり」。

オープニングは「愛の謀略(I STOLE YOUR LOVE)」。
この前奏のかっこいいこと。
「All right!」というポールのシャウトもまた悶絶するほどかっこいい。
今でも非常に好きな曲です。
ライヴ映えする曲でもある。

ジーンの「CHRISTINE SIXTEEN」も名曲。
ピアノも印象的。これ、のちにバンドでコピーしました。
なつかしい・・・。

エース、初のリードヴォーカル・デビュー「SHOCK ME」も名曲。
けだるいというか、やる気なさげというかw ほんと、エースらしい。
この曲は、かっちり歌っちゃいかんです。
エースのヴォーカルが正解です。

そして、日本へ来る機内でポールが書いたというタイトル曲「LOVE GUN」。
ポールが客席へ飛んでくる曲として御馴染み。
聴いたら一度で心を鷲掴みされるイントロと、エースの衝撃の(!?)ソロ。
これは傑作。
ロック史に残る曲であろうと思います。

ずっと後に日本の若い子たちのバンドが、まんま「使う」とは思わなかったわ。
アレ、なんだったんだろう。
最初に聴いたときは、あんまりにそのままだったんで大丈夫かと思ったけど
特に問題にならなかったのかな?
ジーン社長が知ったら黙ってなさそうだけどなw

アルバムの最後にはカバー曲「THEN SHE KISSED ME」が収録されている。
なんというかわいらしい選曲。
「ヤング・ミュージック・ショー」以降KISSのファンになったという女子には
この曲、非常にウケがよかったという記憶が蘇ってまいりました。ええ。

他にも、ポールお気に入りの「TOMORROW AND TONIGHT」
私お気に入りの「PLASTER CASTER」も、このアルバムに収録されております。

当時はイギリス発祥のパンクロックが盛り上がってきてたとこですが
どう聴いてもこっちのほうがはるかにかっこいいだろ、と私は思っていた。
それは当時も今も変わらない。

この頃のKISSは、すでにバンド関連商品をガンガン作ってガンガン売り出して
なんかコミック(メンバーの血液を混ぜたインクで印刷された)も作っちゃって
バンドの「商品価値」がぐんぐんと上がっていく一方だったこともあり
「怒れる貧しい若者のムーブメント」パンク好きのみなさんからは敵対視される
もっとも目立つ対象ともなっておりました。

KISS好きな私も、パンク好きなヒトから「商業主義の犬め!」みたいな
どこのドラマの台詞だよってことを言われたりして、ちょっと笑っちゃって
一層彼の怒りに火をつけてしまったことがある。

しかし、これは当時も今も同じなんだけど、私は、バンドが金儲けしようが
誇大広告をぶち上げようが、一向にかまわないと思っている。
ポイントは、そのバンドの音楽がかっこいいかどうか、その一点のみだ。
KISSはかっこいい。
それ以外のことは、まったくどうでもいいことだわ。
ていうか、それ以外のことがKISSの音楽とどう関係あるってんだ、だわ。

「自分の聴きたい音楽に、相応の対価を支払う」のは、
リスナーとして当然のこと。
創り手と受け手の、健全で当たり前の関係だ。

とやかく言われがちな、いわゆる”地獄のKISS商法”についても
「商品」があって、それが欲しければ、お金は出す。これまた当然。
それは、KISSの音楽の質とは全く無関係のことだ。
自明のことだわ。

と、つい熱くなっちまいましたがw
KISSは、音楽的になにかと”過小評価”されちゃいがちなんでね
ちょっと黙っていられねぇ、ってことで。ほほほ。


さて、寝る前にもう一度聴くとしましょう。
愉快な気分で眠れるように。




コメント

  1. tead | URL | -

    Re: KISS / LOVE GUN

    タイトル曲の「Love Gun」は名曲ですよね。
    エースのソロが印象的です。
    このアルバムはタイトル曲しか知らないんですよね。

    昨日は「Rock And Roll Over」と「Destroyer」を聴きました。
    ライブ映像も見ましたけどカッコイイです。
    やっぱKISSはライブですね。

  2. nekometal | URL | -

    ■teadさん

    > このアルバムはタイトル曲しか知らないんですよね。

    おお・・・それはモッタイナイ。
    ぜひ一度お聴きください。
    かっこいいっすよ~。

    > やっぱKISSはライブですね。

    同感です。
    今「ALIVE II」を聴いていたのですが、これ聴いてると
    早く来日してくれないかな~と強く思います。
    KISSのライヴ観たいっす。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/1087-77757cfd
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【KISS / LOVE GUN】

2008UICY-93657このアルバムで「地獄シリーズの邦題」が(いったん)終了。LOVE GUN・・・・超シンプル&ストレート。かっこいい。「地獄のラヴ・ガン」にしなかったのは、



最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。