スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MEHIDA / BLOOD & WATER

2007年10月26日 00:30

mehida.jpg
2007
NPR 216

先日のラウパで初めて観て、巧すぎ~!と思ったトーマス・ヴィクストロム。
彼が参加してるってんで、買ってみました>MEHIDA。
「FINNISH MELODIC METAL」ってステッカーも貼ってあったし(笑)。

アルバムのレコーディング自体は、去年の初夏から夏にかけて行われたとのこと。
一応、参加メンバーを。
Thomas Vikstrom:Vo
Jarno Raitio:Bass
Markus Niemispetolo:Dr
Jani Stefanovic:G
Mikko Harkin:Key
なんか・・・ちょいと見知った顔ぶれではありませんか(笑)。

さて、トーマス。
期待通り、歌、巧すぎ
なんという「いい声」っぷり。

こうしてCDで聴くともちろん巧いんですが、ライヴだと、なんだよーってくらい巧い。
声質も、ライヴで聴いたほうがいいな、と思ったっす。
声の深みっつか、質がいいんだと思います。はい。

このバンドは、これから続けていくバンドなんでしょうか。
それとも、とりあえず集まってみました、ってバンドなんでしょうか。
unionの宣伝文句ほどの熱さは、正直感じないんですが(^^;)
(だって、なんかえらい勢いで褒めちぎってあったんだよぅ・・・)
北欧らしく哀愁溢れるメロディと、かっちょいいリフにはぐっときます。

次のアルバムが(もし)出たら、きっとまた買うと思う。
これっきりだったら、ちょっともったいないと思います。
これ、国内盤も出るのかな。
出そうな気もするけど、つい勢いついて買っちゃったよ(^^;)。

で、このバンド名は、なんて読めばいいんでしょうか・・・?


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/111-8097e0ba
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。