スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE GREATEST HITS / DAVID COVERDALE

2008年04月19日 03:01

coverdale greatest hitss-
1995
TECX-20922

カヴァ初期の2枚(「WHITESNAKE」と「NORTHWINDS」)の
実質カップリング・アルバムです。
ただ、入りきらなかったとみえて「CELEBRATION」が抜けてます。


なぜ今更コレを?
今日はへとへとなんスよ。
ここはひとつ、カヴァの声に頼ろうかと。
それに、週明けには新譜がま~って~い~る~♪
温故知新ってことで。ほんとかよw


私がこのアルバム(オリジナルのほうね)を初めて聴いたのはいつだったか
・・・多分、15~6歳の頃かな・・・高校生になるかなったか、そこらへんだ。
もう5万年くらい前の話で、記憶も化石になりそうな昔のことでございます。


ものすごぉぉぉく気に入って、友達やバンド仲間に勧めまくって迷惑がられた
いえ、喜ばれたw思い出があります。
「渋すぎるだろ(いぶかしげな視線つきw)」と言われたっす。
ま、確かに今聴きなおしてみると、うら若き乙女(美化しすぎ。すいません)が
「これは素晴らしい!これを聴かずしてなんとする!」と一人で盛り上ってる図
というのも、妙な感じ。
なんだったんだ・・・あの頃もへとへとだったのか>私w


しかし、ですよ、答えは多分1曲目じゃなかろうかと思うっす。
「LADY」の、♪You are my woman♪だったんだろうな、と。
この声、この深く太く感情の奥深くに響くこの声で「お前はオレの女」なんて
歌われたら、そりゃ、高校生の小娘なんかイチコロっすよ(笑)。


と、今ではすっかり大娘になっちゃったnekometal、自己分析してみました。
カヴァの歌う「BURN」を聴いて、この世にこんなカッコイイ声の人がいるなんて!
と衝撃を受けたのは小学生の頃でしたが、この声の魔力にヤラレたのは
やはりここなんだろうな、と思う次第です。


それにほら、この頃もカヴァは男前じゃないの。
面食いだからさ、私。ほほほ。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/233-a9f35729
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。