スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE COMPANY OF SNAKES / HERE THEY GO AGAIN

2008年05月16日 03:17

snakess-.jpg
2001
SPV 085-72112 DCD

不思議なアルバムだ・・・。
ミッキー・ムーディ、バーニー・マースデン、ニール・マーレイといった
元白蛇の面々が、そのまま白蛇やってるライヴ。
ヴォーカルは、ステファン・バーグレン(て発音でいいの?Stefan Berggren)。
ちょっとかすれたりするところが、エリック・マーティンに似てなくもない感じ。


お馴染の曲、お馴染のサウンド。
けど、なんだか不思議な感覚。
ものすごく本格的なコピーバンド・・・?
いや、コピーというのは違うな。元々白蛇さんたちだったんだし・・・。
うう~む(==)。。。


ヴォーカルが巧いのが、また不思議度を加速するよ。
白蛇は、ディヴィッド・カヴァーデイルあってこそのバンドなわけで
そこが「入れ替わってる」状態だからねぇ・・・
妙な感覚。
もしかしたら、白蛇(もちろん、カヴァの)を聴き込んでいない方のほうが
違和感なく楽しめるのかも。
私は、このTHE COMPANY OF SNAKESを「楽しむ」には、ちょっと・・・
あまりに白蛇を聴きすぎてる(苦笑)。


しかし、ですよ。
このアルバムを聴いて、ものすごく明確に明快に腑に落ちるところがある。
それは、白蛇の曲はいいということ。
名曲揃いだ。ふっふっふ。




・・・SINCE YOU BEEN GONE も演ってるんだけどさ(謎笑)。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/257-b8591610
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。