スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAGNUM / PRINCESS ALICE AND THE BROKEN ARROW

2008年05月17日 04:03

MAGNUM PAatBAs-
2007
KICP-1247

まさに「至宝」と呼ぶにふさわしいバンド、MAGNUMです。
これは13枚目、今現在「最新作」ですね。


このバンド、なんで日本ではイマイチ売れないんだろうな・・・
本当に理由がわからん(--;)。
オーソドックスすぎるんだろうか。
正統派HRが「時代遅れ」と言われて久しいマーケット状況のせい
・・・なのかねぇ・・・。
なんだかさびしい話じゃないスか。


MAGNUMといえばトニー・クラーキン、なんだろうけれども
(それは当然なんだけれども)
私の中では、MAGNUMといえばボブ・カトレイでございます。
歌モノ好きにはたまらないヴォーカルです。


10曲目「DESPERATE TIMES」の彼の歌を聴いてみていただきたい。
この声、このヴォーカルが、週末深夜の私の心を掴んで話さない。
ツボをつきまくる美しいメロディ・ラインを、強力に押し上げてくる
ボブ・カトレイのヴォーカルは、もう、なんつーの、反則だよ(;_;)。
(そして、この曲は歌詞もやばい。涙腺のコックをがばっと開かれるよ)


AVANTASIAへの参加で、MAGNUMを知らないお若いHR/HMファンにも
ボブ・カトレイの名前は浸透してたりするんじゃないかと期待してます。
MAGNUM?おっさんバンドだろ?とおっしゃらず、ぜひ一度聴いてみて
いただきたい。
メロ・パワ好きな方、サウンドはヘヴィ・メタルではないけれど、これはきっと
お気に召すと思います。
メロディの良さ、一聴の価値大有りです。


確かに「おっさん」たちには違いないけれど、「かっこいいおっさん」も
世の中にはたくさんいるわけで。
MAGNUMは、そんな、非常にかっこいいおっさんたちです。
ほんとです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/258-96ec1738
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。