スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOBIAS SAMMET'S AVANTASIA / THE METAL OPERA II

2008年06月07日 02:29

the metal opera 2s-
2002
VICP-61983

昨日に引き続き、AVANTASIA 。今日は第二弾「THE METAL OPERA II」。
喜助どん、ボブ・カトレイも参加し、いっそう厚みを増すヴォーカル陣に感嘆。


オープニングから、いきなり14分超えの大作を持ってきてるあたり
第一弾成功の自信の表れとみた。「いける」というトビーの気合が見えるね。
で、2曲目の「NO RETURN」は、メロディック・スピード・メタル然とした展開で
喜助どんとハンセン師匠時代のカボチャを彷彿とさせるわけですが・・・
そこから”トビアス・サメット節”全開の3曲目へ雪崩れ込みます。
ここらへんの「飽きさせないよ~ん」な構成は、心憎いなぁ。


そして、4曲目のボブ・カトレイ”演じる”「智の樹」の声にヤラレるわけですw
この曲はやばいっす。ぐっときすぎる。
ああ、ボブ・カトレイ、緊急参戦!とか言わないかぁ・・・生で聴きたい・・・。


そだ!
ラウパの”M”は、MAGNUMでもいいじゃないか~!


と、いきなり横道に逸れましたが(笑)
第一弾と比べると、1曲1曲がバラエティに富んでる気がします。
トビーのサービス精神がそうさせるのか、あるいは「アイデアが泉のように湧いて
いろいろやっちゃう(やりすぎちゃう)」傾向が顕著に現れたのか。
楽しいことは確かです。
かなりの満腹感を味わえること、請け合いです。


アルバムの最後を飾るバラード曲では、エリック・シンガーがドラムを叩いてます。
ここから第三弾へ、と思うと、ちょっと感慨深いね。
(ただし、第二弾完成時にはそういう話~第三弾ではエリック・シンガーが全面的に
 ドラムを叩く~は出てなかった模様)


第一弾&第二弾と、第三弾では、ずいぶんと気配が変わるわけですが
そして、私は第三弾が物凄い勢いで大好きなんですが
だからといって、第一弾&第二弾が色あせるわけもない。


非常にいいっす。
時間のあるときに、第一弾 → 間髪居れずに第二弾 という聴き方するのが
一番のオススメの「メタル・オペラ鑑賞法」です(^^=)♪


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/276-3dbcef37
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。