スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRC と DMC

2008年08月24日 01:50

正直、凹んでおりますorz。
ああ、日本野球はもっともっと力があるはずなのに。
しかし、この惨敗の事実をがっちり受け止めないことには「次」もないわけで。
検証と分析をしっかりやって、「次」へ向かわねば。
日本野球、頑張れぇぇぇ・・・(><)!

今夜はちょっと気分転換が必要だわ。



dmc drc

転換しすぎ?
「デトロイト・ロック・シティ」のDVDと、「デトロイト・メタル・シティ」のフライヤーです。

DRCのほうは、青春ドタバタ熱血コメディ。
KISSのコンサートに行きたくて行きたくてたまらん!という高校生4人組の
アホアホ珍道中と、だけど熱く真っ直ぐ素直な情熱満載の、佳作。

この映画はいいよー。nekometalは大好きです(^^=)。
もしかしたら、10代の人より、すっかり大人になった人のほうがいいと思うかも。
中高生のころ、親の理解が得られない種類の(笑)音楽を聴きまくっていたり
それがゆえのちょっとした暴走を、想像したり経験したりしたことがあれば、尚更。
ラストのKISSのライヴ(78年という設定)では、思わず胸が熱くなったりします。

DMCのほうは、昨日から公開されてる映画。
説明の必要もないほど、情報も宣伝も溢れていますが。
私も一応、コミックスは読んだ。笑った( ̄▽ ̄)。あほや~。

ジャック・イル・ダーク役で、KISSのジーン・シモンズが出演(笑)。
DRCでは奥さん(結婚はしてないけど)が出演してたけど、本人はこっちかよ~w
というツッコミを入れつつ、マンガのあのテンポがどうなるんだろうかねぇ・・・と
思ったりもします。
邦画を観に行くことがほとんどない私、果たして観に行くのか?行っちゃうのかw?


「ボクがやりたかったのは、こんなバンドじゃない」と呟く主人公の気持ち、
ちょっと解る気もするんだ。大学生の頃、一度あったのよ。
ギターの巧い先輩に誘われてスタジオ入ったときに、私も心の中で呟いた。
だって、とってもオサレなポップスバンドだったんだもん・・・(((((^^;)。
クラウザーさんとは、逆パターンですなw



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/354-f8a6f6eb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。