スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEEP PURPLE / STORMBRINGER

2008年09月07日 02:41

dp stormbringers-s-
1996
WPCR-873

74年の名作の、これはデジタル・リマスター盤。
ナツカシのエントリの後は、ナツカシの名盤を。温故知新。うむ。

黄金の、しかしあっという間の第三期。
リッチーの(スタジオ録音)最後のアルバムってことでも、やっぱ特別だ。
カリジャムの時点で、すでに仲良さそうには見えないステージングだったわけで(苦笑)
リッチー脱退もやむなしだったんでしょうねぇ。

とはいえ、今だからそういえるけど、リッチー脱退の報にはパニクりました。
でも、まだ子どもだったし、リッチーのバンドだと思ってたから、悲しいとかじゃなく
単純に「・・・え・・・そんなこと、あり得るの?」って茫然としたんだけど。

リッチーの中に、後にカヴァに殴りかかるほどの鬱積があったにせよ、
このアルバム自体はとてもいい。とても好き。
若干「グレン・ヒューズ、ファンキーすぎ^^;」とは思うけど。
で、そこがちょっぴり残念といえば残念とは思うけど。
正直言えば、第三期のヴォーカルがカヴァひとりだったら・・・と思わないでもないけど。
すいません。
確か、リッチーも後に「ファンキーなニオイがいやだ」的な発言してたと思う、
このアルバムについて。

でもでも、いいアルバムなんだよぅ!
と、今更いうまでもなく、いいアルバムだ。

STORMBRINGERで始まり、SOLDIER OF FORTUNEで幕を閉じるこのアルバムは
ドラマティックで深い。
涙腺も派手に緩みっぱなしだ。

なんだか、すごーくしみじみ聴き入ってしまいました。
久しぶりに聴いたし。
いいものは、何十年経って聴きなおしても、やっぱりいい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/368-4813d288
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。