スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARMONY / THE DAWN OF ENLIGHTENMENT

2008年11月02日 16:50

ARMORY THE DAWN OF ENLIGHTENMENT
2007
ARMONY 001CD

6人編成大所帯。
アメリカはマサチューセッツのバンドだけど、完全に欧州スタイルです。
ルックス的にはなんだか見事にアメリカンな感じ。なんかコンボイとか運転してそうだ。
ヴォーカルが知り合いと同姓同名でビビりました。勿論赤の他人ですがw

多分、GAMMA RAYとか好きなんだろうと思います。ジャーマンな匂いがする。
ツインギターが弾きまくり、ドラムが叩きまくり、ヴォーカルが声を限りに張り上げてます。
カッコいい!
心地よい疾走感がある。曲も全体通していい感じです。
ジャーマン&北欧のメロパワとか大好きでしょうないってなメンバーが集まったのでは。
メイデンの曲のカバー(←これは特にヒネリなし)とかも演ってるけど。

その名前で私をビビらせたwヴォーカルには、トビアス・サメットの霊が降りてます。
あそこまでコブシを効かせてはいないけど(笑)、マンドレイクの頃とかのイメージかな。
ときおり、ヨルン・ランデが白蛇やってるとき並みのソックリさんぶりが発揮されてて
ちょっとコワいくらいです。
なんか、微妙に「ピッチは・・・あってんのか?」と思わなくもないところがありますが
非常に、全力投球&直球勝負だぜ!な思い切りのいい感じが溢れていて、好感度高し。

バンドのロゴとアートワークはギターのジョー・カーランド(表記これでいいスか?)が
担当してるようです。好みです。めちゃめちゃ好みです。ジャケ買いだもんw
ヴォーカルのアダムと同姓ですが、兄弟でしょうか。それともキンキキッズみたいな偶然?
どっちでもいいけど、写真を見る限りヒョロいギターに比べるとガチムチなヴォーカル・・・
似てる感じはあんまりしないかな。

メジャーと契約できたりすれば、もうちょっとお金かけてアルバム作れるのかな。
サウンド・プロダクションが微妙な感じなのが惜しいと思う。
とても気に入ったので、是非次のアルバムも作って欲しいっす。

これ、帯はついてますが、外盤によくついてるナンチャッテ帯です。
手作り感満点。
それもまた、美しき哉。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/469-382aebf3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。