スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGONIZER / BIRTH/THE END

2007年08月27日 01:58

agonizer.jpg
2007
SP1320cd 173454-0

unionの視聴コーナーで偶然耳にしたバンドです。
フィンランドの新人バンドのようです。国内盤は出てないようです。
「ようです」ばっかでスイマセン。

オフィシャル・サイトは→ここ
サイトの言語は、フィンランド語と英語のみですが、トップページに
堂々のカタカナ表記が。
こりゃ、ずいぶん日本のマーケットを意識してますな(^^)。
国内盤も出るのかな?

ここをみてみると、シングルを何枚か発表して、アルバムはこれが1作目かな。
バンド自体のキャリアは9年、メンバーチェンジ頻繁にしてる。下積みが長いね。
だけどその結実がこのアルバムなら、非常に意味のある下積みだと思います。

いいよ、このバンド。
強力にオススメっす!

フィンランドのシーンから出てきたんだなーっていうメロディック・メタル。
曲のクオリティ、高いっす。
こなれた、ツボを押さえまくりつきまくりの展開に、「くぅ~(><)」ってなる(笑)。

下にも書きましたが、一聴して瞬間的に感じたのは「THUNDERSTONE!?」でした。
どちらのバンドも、下積み長くてキャリア十分、満を持してのデビューという共通点が。
ただ(時期ってこともありますが)、デビュー・アルバムだけを比べれば
AGONIZERのほうが完成度高いです。
THUNDERSTONEのデビュー作は、ちょっと甘かった(笑)。
(それ以降、昇り龍の如くグングン良くなってるわけですが・ホホホ)

そうそう、共通点といえば、「ヴォーカリストの名前が、どちらもPASI」(笑)。
フィンランドには多い名前なんでしょうか。
そして、二人とも、えらくガタイがいいです(笑)。
THUNDERSTONEパシのほうが、頭髪がずっと豊かですけど(爆)。
声質は違う。
スタイルは似てなくもないけど、THUNDERSTONEパシのほうが太くて丸い。大好き♪
AGONIZERパシも、ライヴ聴いてみたいヴォーカルです。

演奏はやや抑え目な気がするけど、これはサウンド・プロダクションの問題かも。
ただ、ギターはかなり好みです。
これで、もうちょっと音がゴリッと太かったら、最高です(^^=)。

うーん、このバンドはいいっ!
非常にいい買い物しました(自画自賛・笑)。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/61-7cd68dc8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。