スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MANTICORA / DARKNESS WITH TALES TO TELL

2009年06月15日 03:04

manticora darknesss-
2001
SC-031-2

外盤です。
ちょっと古いアルバムを・・・と書いてふと思う・・・2001年ってもう8年も前なのね。
時の経つのははやいもんだね。

だからというわけではなりませんが、このアルバム、疾走しております。
疾走、疾走、また疾走!
どこまでも走ってゆく様はタカヒロか松本か工藤か、って感じ。
草原のチーターも舌を巻く疾走っぷり。

ジャケット、赤いし。
近作のジャケとは色合いが違う。
焚き火のそばで誰か倒れてますが、走り疲れでしょうか。←それも違う。

しかし、どんなに疾走しようとも、がっちりした演奏には安定感あります。
例えてみれば、高性能のスポーツカーに高機能のセーフシステムって感じ。
非常にかっこいいっす。

ただ、私には、このアルバムはちょっとマブシイ(+_+;)かも。
なんていうんでしょう。
私には、ちと「若々しすぎる」。
とても好きなバンドなんですが、好みとしてはもうちょっと後の作品のほうです。
ま、これは単に私の嗜好ってことで。

このアルバムそのものは、疾走する充実した音に間違いなし!っす。

寝る前の時間帯に聴いちゃったので、ちょっと睡魔が退散しちまいました(^^;)。
こりゃいかん。
この時間に血気盛んになってどうする>自分。

ちょっと頭冷やしてからベッドに入りますw





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/696-d68f07a0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。