スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QUEEN / A DAY AT THE RACES

2009年09月14日 02:08

racess-s-.jpg
TOCP-8275
1993

検査しても原因がわからない微熱に、未だヤラレているnekometalっす。
お久しぶりです。
みなさま、お元気ですか。
って、自分が元気じゃねーだろ、って話なんですけども。とほほ。

某氏に借りパクされたままの「華麗なるレース」です。
借りパクされたのに、なんでココにあるのさ?
買ったからです、また。むきー!
でも、返ってくるアテはないので、再購入は正しい選択。
リマスターもしてない古いバージョンですが、聴いてて充分に楽しい。

実は、アンドレ・マトスの新譜のボートラに触発されまくって
「どうしてもオリジナルの『手をとりあって』が聴きたい!」
という欲求に勝てなかったというのが、再購入の大きな理由のひとつです。
You Tubeにもあったけどさ、やっぱりCD欲しくなるじゃないスか。

体調がサエないからか、浮世のアレコレがめんどくさくなってるからか(w)
どうも気分がロクデモナイ感じになりがち。
そこにきての「手をとりあって」ですよ。

ひょっとしたら、
”「華麗なるレース」は「手をとりあって」である”
という私のような意見は、QUEEN好きな方からは邪道と見られるのかも・・・
と、若干の危惧を抱きながら、でも、やっぱり私にはこの曲なんだよなぁ。

初めてこのアルバムを(もちろんレコードさw)聴いたときに感じた
初めて「手をとりあって」を聴いたときに感じた
あの気分に、今もこうして戻れるってのは、すごいことだわ。
とても幸せなことだと思う。

「神々しい」
フレディのヴォーカルが、コーラスが、ピアノが、バンド自体が。
そう思っちゃうほどだ。

私は、特に信仰を持たない者ですが、なんていうんですかね、こういうの。
歌詞がね。
もうね。
民を慈しみ愛してくれる神様が存在するなら、
こんなふうに言ってくださるんじゃないだろうか、
って、そんな気持ちがする、とても。


そもそもは、QUEENを「発見した」日本のファンへの出血大サービス!な曲
だったんだと思うんですけど、そこを突き抜けた名作。

このクオリティの高さは、QUEENというバンドの力量なのか、
当時の「日本のファン」が、ものすごく愛されていたという証明なのか、
いずれにしても、非常に幸運なことだと思うんですよ。

なんだかね、ありがたいっす。



・・・弱ってるのか>nekometal( ̄▽ ̄;)アブネーw




コメント

  1. 中年OYAJI | URL | -

    Re: QUEEN / A DAY AT THE RACES

    まいどです!
    「Somebody to Love」ですか~。名曲ですなぁ~。
    昔CMで使われてた気がするですが、フレディじゃ無かったような・・・?あれ?そもそもCMで使われてない・・・?(無責任ですいません。)
    とにかく名曲だ~。コーラスとかが「オペラ座の夜」から抜け出せてない感じがとっても好きです。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. nekometal | URL | -

    ■中年OYAJI さん

    「Somebody to love」も名曲ですね。
    が、「Teo toriatte」のほうでお願いしますw
    QUEENの曲、CMにつかわれることも多いですね。
    耳に残る良さでしょうか。

    ほんと、久しぶりにアルバム通して聴きました。
    改めて、いいアルバムだわと思いました(^^)♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/743-43adf692
この記事へのトラックバック


最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。