スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISS / KISS

2009年11月04日 03:09

KISS-1sts-.jpg
1997
MERCURY 314 532 3742
原盤のアメリカ発売は1974年、日本発売は1976年。
邦題「地獄からの使者」


ネットの片隅で、地味にひっそり「KISS祭り」開催決定。
なんせ数が多いので、こつこつとファースト・アルバムから順番に、ってことで。
記念すべきデビュー盤(本国アメリカで)です。

”ビートルズのデビュー・アルバムのパロディ”らしい、このジャケですが・・・
似てるかな。
ビートルズのデビュー・アルバムのジャケって、あのレコード会社の手摺越しに
下を見下ろしてるやつだよね?それともアメリカ・デビュー盤ってことかな。
いずれにしても、「顔だけ並べました」でよござんすか。

発売当時、セールス的には成功とは言い難く全米80位台だったアルバムですが
今でもセットリストの定番になってる曲が目白押しの、「代表作」と言っていいかと。
なんせ、オープニング曲が「STRUTTER」ですからね。
「COLD GIN」も、「NOTHIN' TO LOSE」も、「FIREHOUSE」も、「100.000 YEARS」も
収録されてるのは、このアルバムだ。
レコード時代は、B面の最初が「DEUCE」。で、最後の曲が「BLACK DIAMOND」。
やっぱり、間違いなく「代表作」です。

こうしてみると、改めてすごいな、KISS。
デビューのときには、すでにヴィジュアルも含めて「KISSってこういうバンドです」
という確固たるスタイルが確率してたわけだもの。
これ発売当時、ジーン・シモンズが24歳、ポール・スタンレーは22歳になったばかり。

後にジーンが、KISSというバンドのスタイルについて「ヘヴィメタルなビートルズを
やろうと考えたんだ」てなことを言ってます。
(ジーン社長のこれまでの言動を考えると、「またまた、社長、後付けじゃないんスかw」
 ・・・と思わなくもない^^;)
それも、なるほどと納得です。
”ヘヴィメタル”かどうかはビミョーですが、(当時としては)ハードでヘヴィな
”メロディ重視のロック”であることは疑いの余地がございません。

今聴いていても、楽しいっす。
荒っぽい演奏やヴォーカルも、若さ爆発!ピッチピチ!て感じで、好ましい。
みんなスリムだしな~w

メイクがなんだか妙なのは(ピーター・クリスに顕著)、どうやらこの撮影時のメイクは
自分たちではなくメイクアップ・アーティストがやったから・・・という話を、いつだったか
どこかで読んだような気がします。
って、ものすごく心許無い情報ですいません。

個人的には、上記の曲のほかに「LET ME KNOW」も好きです。
メンバーの中では「どうよ?」だったらしい「KISSIN' TIME」も結構好き。
いい曲揃いのアルバムだよ、本当に。

今聴いてるのは、マーキュリーから出たリマスター盤です。
自宅にはLPレコードがあるはず、親が処分していなければ・・・。
「捨てたよ」と言われるのがコワくて、確かめてないっす(^^;)。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/776-e419b441
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。