スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIBRIA / BLIND RIDE

2011年02月02日 03:20

HIBRIA blind ride
KICP-1530

3作目にして、すでに「安心のHIBRIAブランド」となってる感あり。
ブラジルの威勢のいい兄ちゃんメタル、HIBRIAの新譜です。

まずはジャケがカッコよくなってる。
そこかい、と言われそうですが、アートワーク第一報でビックリしたんだもん。
第一作の、「なぜこのジャケでおっけーになったんだ」感
第二作の、「なんかかっこいいのか悪いのか微妙」感
あれと比べたら大人しい、あるいは、普通になったとも言えるんでしょうけれど
「カッコよくなった」んだよ、やっぱり。
でも、裏ジャケには烏。・・・怖い。

このところ、烏だの巨大な水鳥だのと、鳥怖い私にはビビるジャケが多いorz

さて、中身ですが。
最初に書いたとおり、「安心」。
それは決して「つまらなくなった」という意味ではありません。
やはり”威勢よく、張り切って、気合入れて暴れてる”のです。

マルコが抜けたことで、どうなるんだろうと思いもしたけれど
それは杞憂だったな、と。

曲のクオリティも高い。
バンド側が言うとおり、ライヴ映えしそうな曲がこれでもかと次々登場。
イントロからのNONCONFORMING MINDとか
そのまま突入する#3 WELCOME TO THE HORROR SHOWとか
スラッシュ的なアプローチの#6 THE SHELTER'S ON FIREとか
ざっと挙げただけでも、想像するだけで酸欠になりそうなジャンプ曲が満載。

HIBRIAワールドとでもいうべきメタルの世界が構築されていく、
まさにその過程をわくわくしながら見つめている感覚です。
年明けから、いいアルバムが届いて嬉しい。
2011年はいいぞ。きっと、いい年になるぞ。

「ライヴが楽しみだ!」というアルバムでございます。
ユーリのヴォーカルも、いっそう伸びやか。
大変素晴らしい。

あの、全身バネみたいなエネルギッシュなステージがまた見られるんだねぇ。
今度は遅れないように行くよ。なんとしても。
・・・品川だけど。
・・・あそこ、ステージ低くて首痛くなるけど。
今から首を鍛えておかねばな。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekometal.blog47.fc2.com/tb.php/998-c44e3a1f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事です(・∀・)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。