スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDGUY新譜情報

2011年05月10日 00:04

EDGUYの新譜情報、来てました。

タイトルは「AGE OF THE JOKER」。
8月に発売(日本でも?)とのこと。
13曲録ってそこから多分10曲ピックアップするの?
全部世に出してくれたらいいのにな。

9月、10月には欧州ツアーが決まっているてんですが
・・・日本には(´・ω・`)?

新譜も来日も、心待ちにしておりますよ。

クィーン&MUSIC LIFE展

2011年04月30日 13:15

QUEENはメタルではないけれども。
クィーン&MUSIC LIFE展~クィーンが愛した日本~」行ってきました。
(画像はクリックすると大きくなります)
queen5.jpg
池袋の東武百貨店で開催中(5月5日まで)。

紳士服売り場(なぜ?)の一角で”こじんまりと開催”といった趣ですが
なつかしのチケット類とか
queen1.jpg

なつかしの衣装とか
queen3.jpg
queen4.jpg
展示中。

ブライアン・メイとロジャー・テイラーからは、東日本大地震被災者への
メッセージも届いておりました。
queen2.jpg

MUSIC LIFEの特集号復刻版やTシャツ、グッズも販売。
売れてる様子であった。


QUEEN、私は一度も生で観ておりません。
「次来たら行こう」と思いつつ、なんだかんだで行けないまま
何度かの来日を逃し、それでも「また来るだろう」と思い込んでいました。
それが、まさか・・・。

QUEENは、私に「行けるときに行っとけ」「観られるときに観とけ」ってことを
思い知らせてくれたバンドでもある。

ほろ苦い思いで、展示を見てまいりましたよ。



ペコペコに凹みまくり

2011年04月25日 03:56

なんだろうね、この立て続けに凹むニュース。

K.K.がいなくなるとか、なんだ、それ。
ないでしょ、それ、ないでしょ。
K.K.いなくなるとか、ないでしょ。あっちゃいけないことでしょ。
なんでよー(;_;)。。。

と、しばしショックで言葉もありませんでしたが・・・事実なのね。
まじかよ。
ほんと、なんでよ。

というショックも冷め遣らぬうちにNEVERMOREもかよorz
どうなってんの。
ソングライターいなくなるとか、どうすんの。

てところに、間髪入れずにKAMELOT・・・
ロイ・カーンいなくなるとか、ダメでしょ。
KAMELOTじゃなくなっちゃわね?
別のバンドになっちゃわね?
待ってたのに。ロイ・カーンの復帰待ってたのに(;_;)。
The good news is; God was there after all...
って、アンタ・・・orz

もう、どのバンドもこのバンドも、なんだってんだよぅ・・・。
凹みすぎて、どうもならん。
悪い冗談だと、誰か言って。
もう、ほんとやだ。
なんなの、この春。


気になるアレコレをチョコチョコと

2011年04月13日 03:20

チョコチョコと気になるニュースが。

カイ・ハンセン、ついに喜助どんと合流!
というわけで、UNISONICにハンセン師匠が加入。
素晴らしい。
やはりAVANTASIA効果だろうか。だろうな。ふふふ。
日本でのあの盛り上がりがいい影響を与えたに違いない。
(と、手前味噌を仕込みまくる私であった)

EDGUY、新譜製作に取り掛かる!
働き者・トビーは、AVANTASIAの大忙し後すでに働いている。
えらいぞ、トビー。
で、来日はいつ?
(そればかりが気になる。いや、その前に新譜の発売日だな・・・)

そうそう、AVANATSIAといえば、アマンダ姐さんのツイッターによれば
欧州でのセールスが非常にいいらしい>THE FLYING OPERA
何よりでございます。
(日本での売れゆきはどうなんだろう)

そして、ロイ・カーンの代打としてファビオ・レオーネを擁してツアー中の
KAMELOTからはこんな気になるニュースが。
ロイ・カーン、精神的に参ってるって話じゃなかったの?
宗教絡みな感じなの?
いや、それも精神的に参ってるところから来た話なの?
なんか・・・次のアルバムでもロイ・カーンが「できない」「やりたくない」
って言ったら(ロイ・カーン以外の)パーマネントなシンガーを探さなくちゃ
とか言ってますけど・・・オイオイ・・・(´;ω;`)ソリャナイヨ・・・
「そうはしたくない」と言ってるので、ロイ・カーン次第てことなんだろうか・・・
あああ、戻ってきてくれ、ロイ・カーン!
アナタでなければ、KAMELOTじゃないだろう~(´;ω;`)シクシク


今夜は冷えるね。
明日の日中は5月の陽気らしいけど。
気温差にヤラれそうだわ。
気をつけないと。



今年の轟音公園

2011年04月01日 04:48

 今年の轟音公園は "METAL FOR JAPAN"

2011年の轟音公園は、力強く復興する日本のために
続々と大物バンドが集結!

3月の来日公演が中止になった鋼鉄の処女はもちろん
これで見納め(?)鋼鉄神蠍団もやって来る!
このフェスのために、ついに深紫第三期がリユニオン!
もちろん、フロントマン・かう゛ぁ氏は白蛇を率いて参加!
地獄の事情で「いくやっぱやめる」攻撃をかました接吻も堂々の参加!
江戸男炎風脳嵐嵐石など実力派中堅バンドも挙って参加!
そしてあもっと氏は皆勤賞なのでもちろん参加!

「このバンド観たい!」という出演リクエストには100%応えるとして
世界中のあらゆるHR/HMバンドが、日本からの声を待っているという。
さぁ、キミも今すぐリクエストしよう!



4月1日の、夢でございます。

届いた!

2011年04月01日 03:34

20110331170227.jpg
SYMFONIA / IN PARADISUM

メロパワ好きにとっては、まさに「夢のスーパーバンド」
SYMFONIAの船出でございます。

震災の影響で、発売日が延期、プロモ来日が中止となりましたが
こうして無事手元に届きました。
いやぁ・・・いいジャケですねぇ。
さっそく聴いている。
いやぁ・・・いい音ですねぇ。
記事は後ほど。

AVANTASIAのDVDは明日届く予定。
楽しみだ。

こういうことがありがたいね。

今日は、ちょっと早い夜桜を眺めながら散歩してきた。
ライトアップはないけれど、十分美しかったよ。
何があっても桜は咲く。
今年の春も、いつもどおり、日本の春だ。




Save me

2011年03月29日 04:04

不眠気味。
AVANTASIAを聴いたりEDGUYを聴いたりするうちに
こんな時間だ。
節電しやがれと叱られそうだ。ごめんなさい。

どこかでこのブログを読んでくださる方がいて
それが真夜中で
同じように眠れなかったら、どうぞ。
6~7年前の、長髪のころのトビーです。若いね。





このところ、学生時代の教科書を読み返している。
倫理学、哲学、人間学(ていうのが、わが母校の必修であったのよ)
心理学、キリスト教学(私はキリスト教徒ではないけれど、これも必修だった)
余計に眠れなくなるんだけども。だめじゃん。

私は、学べども利口にならず、今日に至っている。
これじゃいけません。
人間は、学んで賢くならねば。

落ち着いて地に足をつけなくちゃいかんです。
興奮して(リアルでもネットでも)暴れるようなマネをしちゃいかんです。
投げやりになったり厭世的になったりしちゃいかんです。
自分の心の嵐に、他人を巻き込んじゃいかんです。

危険だと思い知ったことやものを「喉もと過ぎれば…」にしちゃいかんです。
次の世代にまで禍根を残すような愚行を重ねちゃいかんです。


エリック・シンガーはいいシンガー

2011年03月26日 04:02

KISSのファンの中には、「オリジナル・メンバー以外のKISSは認めん!」と
主張する人たちもいらっしゃる。

私は、違います。

70年代の「大ブーム」以降離れてしまったファンも少なくない。
というか、多い。
80~90年代前半の「ノーメイク」時代のKISSを横目で見てた人も少なくない。
というか、けっこう多い。
リユニオンで「戻ってきた」人たちも少なくない。
というか、かなり多い。

…という”浮き沈み”の間も、ずーっとKISSが大好きでくっついきた(?)私には
いつも「今のKISS」がKISSだ。
自明のことだ。

KISSのドラムはエリック・シンガーである。
だから、「BLACK DIAMOND」はエリックが歌うのであるよ。それが当然。

でも、「BETH」を歌うとなると、主張する人たちからなんらかの声が挙がりそう…
ナンカヘンナイミヅケサレタリシテ…チョットコワイ( ̄▽ ̄;)と思わなくもないけれど、
EXPOでだから、そうはならんかのぅ…ドキドキ…

エリックが、ジョン・コラビと共に「BETH」を歌いました。
インディアナポリスでのKISS EXPOでのことです。
ここで、東北関東大震災被災地のために義捐金を集めてくれたのです。
ありがとう、エリック&ジョン。



エリックのお腹がチトやばいぞ
ジョンがなんかえらいことになってるぞ(ルックス的な意味で)
とか余計なことも気になりつつ
エリック&ジョンと、インディアナポリスに集ったKISSファンに、ありがとう。

地道な実践

2011年03月22日 03:09

私の愛するHR/HMは電気なしには成り立たない音楽である。
と、私は思う。
アンプラグドもいいけれど、ずっとそのまんまじゃやはり困る。
アンプに火を入れてくれ!と叫びたくなるに決まってる。

福島原発のことを考えると、「クリーンだ・資源のない日本には必要だ」
と言われても、いざ事故になったときのリスクがデカすぎるということを
今まさに実感しているわけで・・・

電気は必要、じゃどうやって十分な電力を安全にまかなうのか
HR/HM好きな私は、複雑な思いを抱えている。
(ということにこれまで思い至らなかったのか、馬鹿め、との批判は
 それはもうそのとおりですと甘受せざるを得ないです)

せめて・・・
計画停電実施区域外に住んでいる私も、極力節電しようと心がけています。
使わないときはプラグ抜くとか、地道にやっている。
家で使うモノの消費電力をちょっとググってみた

とりあえず暖房は消しているし、電子レンジも使っていない。
照明は必要最低限にしてる。
PCモニターの灯りでキーボードは打てる。
ドライヤーも使っていないし、掃除機も使わずコロコロと雑巾で掃除してる。
洗濯物は極力手洗い(大物の脱水だけ使ってる)で
アイロンかけなくていいように干すときパンパンやってるし
加湿器代わり(と花粉症対策)に室内干しだし
炊飯器使わず鍋炊飯も慣れてきたし
食洗機はそもそも持ってない・・・

だからCDプレーヤーの電気は大目に見て、というわけじゃないけれど
できることを地道にやってくことだな、と。


スピベガのチケット分は、赤十字に送るつもりだったけど
ユニクロのレジ前の募金箱に投入してきた。
ここならちゃんと被災地に届けてくれそうだ。

明日は久しぶりにCD屋を覗いてみようかと思ってる。
「CDを一枚よけいに買ったつもり」を実践しようと思ってる。
そして、音楽記事も書き始めようと思ってる。



普段どおり・いつもどおり

2011年03月18日 03:39

3月23日は新譜ラッシュ・・・の予定でしたが
 震災に伴う災害復旧優先による物流事情や安否確認などに利用される通信環境への
 負荷の軽減等に鑑み、 3月30日(水)に発売延期することを決定致しました。(AVALON HP
ということで、延期になっていますね。
もう1週間待ってね、とのこと。

SYMPHONIAのプロモ来日SPIRITUAL BEGGARSの来日も中止になりましたが、
それもまた止むを得ないところ。
スピベガ分は、赤十字に直行。
また来てくれるのを待ちましょう。(きっとラウパに・・・)


長い道のりだと思うけれど、ぐぐっと踏ん張っていかねば。
息切れしないように、落ち着いて、地に足を着けて、やっていかねば。
カラ元気でもなんでも、普段どおり・いつもどおりに、やってく。
できることを、地道にやってく。
そうする。



HR/HMを愛するみんなへ 2

2011年03月15日 02:17

海外に住む友人からメールが届く。
みんな心配してくれて、できることはないかと尋ねてくれる。
必ず「被災者と日本のために祈る」とひと言を添えてくれる。
英語(母語がそれぞれ違うので共通言語が英語)の決まり文句とはいえ
そのひと言がありがたいと思う。

そんな中、エコノミストの友人から言われたのが
「経済活動を自粛することは避けるべきだ」。
私が、「HR/HMを愛するみんなへ」で書いたように、いつも10枚買うところを
9枚8枚にしてその分を募金する、と書いたメールへの返事にあった言葉です。

  10枚買うつもりなら10枚買え
  そして、11枚買ったつもりでその分を募金しろ
  未曾有の災害は、未曾有の損失をもたらす
  自分が被害を受けていないなら経済活動を停滞させちゃイカン
  国の復興はオマエにかかってるんだぞ

と、ざっくり言えばそういうことを指摘されました。
国の復興が私にかかってるとは思えないけど(←当たり前)、日本に住んでて
円だてで生活しているんだから、その一翼を(物凄く小さいレベルで)担ってるのは
確かだ。
なるほど。

というわけで、記事を一部訂正しました。
地道にできることをやっていこうと、改めて決めました。


つい30分ほど前に、安否のわからなかった宮城在住の親戚の1人の無事が判明。
本人はネットを利用する人じゃないので、自分から発信するとは思えなかったけど
どこかで安否確認はできないかと、私たち親族はネットを彷徨っていました。
結局、安否確認ができたのはネットじゃなかったけれど・・・

おなじように不安を抱える人が全国にいらっしゃるでしょう。
無事だけどそれを伝える術がない、という方も多いと思います。
私も、引き続きもう1人親戚を探しています。
一日も早く、みんなが再会できますように。



HR/HMを愛するみんなへ

2011年03月13日 04:55

大変なことが起こっている。
ニュースを見聞きするたび、その被害の大きさに言葉もありません。
被災地域の方には、心からお見舞いを申し上げます。

こんなときに、自分に何ができるのかと考える人も多いと思う。
私もそう。
何ができるのか、何をすべきなのかを考えました。

被災地には、大勢の音楽を愛する仲間がいるはず。
HR/HMを愛する仲間が困難に直面しているときに、私たちのできることは
寄り添うことだと思う。
一過性のものでなく、長い復興への道のりを寄り添っていくことだと思う。

現地に飛んでいって救援活動に参加するといっても、現状では難しいでしょう。
物資を送るにもしても、必要なものを必要な場所に届けることも困難なようです。
被災地のみなさんのために
現地で救助・救援活動をしている人たちのバックアップをすることが
今、私たちにできることじゃないかと思います。

じゃ、何をしたらいいのか・・・今すぐにできることがある!

いつも10枚買うCDを9枚にする。8枚にする。
いつも10枚買うCDを11枚、12枚買ったつもりにする。
その「つもり」1枚分を、その2枚分を、赤十字に寄付する。


日本赤十字社
↑若干表示され難いかも。
こちら↓もご覧ください。
募金情報まとめ

ひとりひとりの力は小さくても、その力が集まれば、大きな力になるはず。
HR/HMを愛するみんなが、被災地のHR/HMを愛する仲間に、その力を送るってのは
どうでしょう。
HR/HMを愛するみんなと、声を掛け合いませんか。

どうか、みんな元気でいてほしい。
いつか必ず心から笑ってHR/HMを楽しめる日が来ることを信じて。
被災地のみんな
被災地にご家族やお友だちがいるというみんな
どうか、どうか。

お互いに、声を掛け合いましょう。
孤立することなく、ここを乗り越えましょう。



新宿で地震に遭い、詳しい情報も得られないまま心細かったけど
日本語が全然ダメという外国人旅行者としばし行動を共にした。
拙い英語だけれど、お役に立ててよかった。
彼を無事目的地まで送り届け、私は徒歩で帰宅した。
3時間半以上歩く中、いろんな人のいろんな心遣いに助けてもらった。

「困ったときはお互い様」ってのは日本の美徳だ。
今、その美徳を、私たちは体現すべきときだと思う。

どうか、誰も「独り」にならないように。
お互いに寄り添っていこうね。




「地獄に仏」を体感する夜

2011年03月08日 02:23

ここ一週間ほど、激動である。

KISSが来る!

やっぱり来ない!まじかよー・・・

FIREWIND来た!凄かった!ひゃっほー!

ああ、KISS、来ないんだよなー、ほぼ中止なのかなー・・・

WHITESNAKE新譜来る!

そして今

といった感じ。ジェットコースターである。

「楽しみにしてた来日公演が延期(いつまで延期?)」ってのは
実にダメージが深い。じわじわとボディブローが効いてきてる感じっつか。
ほっとくと、被害妄想というのかやさぐれすぎというのか
「ああ、こんなに待ってるファンがいることをKISSは知ってるんだろうか」
「”行くよって言っといてやっぱ行かないよ、ってのはファンに悪いことしたな”
 とか、ちらっとでも思ったりするんだろうか・・・しないだろうな(諦観)」
なんて考えが、ぐるぐると頭の中で湧いたり消えたりする。

実際、KISSは日本を「魅力あるマーケット」とは思っていないのだろう。
ある時期、KISSにとって日本は特別だったはずだと思うんだけど
それも今は昔。
「行くよ」といいつつ「やっぱ行かない」・・・それでもいいや、という
KISSにとって、そういう「場所」なんだろう、もう、日本は。

こういうの、なんていうのかね。
じわじわと、しかし確実に見捨てられていく感覚ってんでしょうかね。
寂しく悲しいものだね。
そして、とても不安なものだなぁ。
やがて、これにも慣れていくんだろうか。慣れたくねーな。

暗い。
今の私は、どんよりとタマシイだかエクトプラズムだかがダダモレの
ボンヤリ野郎になっている。

しかし、ここは待つしかないわけです。
いやー、忍耐力が試されるね。ないけどね、1グラムも>忍耐力。
じっと耐えるしかないっつのが、どうもね。
こう、息苦しくなっちゃうね。


そんなとき「白蛇、待望の新譜」が明日やってくる。
なんという運命的なタイミング。
捨てる神あれば拾う神あり。
なんか違うか。

FIREWINDで高揚した気分が落ち着いて、そのまま春を迎えてたら
ちょっといただけない感じだったかもしれない。
そこにニョロリと白蛇が登場だ。
うーん・・・なんだか凄いタイミングである。

私にとっては、まさに地獄(の軍団にヤラレたところ)にカヴァ

ありがたい。ほんとに。
これがあるから大丈夫、と思える展開でございます。



「地獄の事情」で、KISS来日延期

2011年03月05日 01:47

セーソクせんせいから残念なお知らせ。
「地獄の事情」で、KISS来日公演延期
(5日1:30現在、ウドーさんでは正式発表なし)

・・・はぁ・・・

ポールのソロ・ツアー
サマソニ
に続いて「二度あることは三度ある」を見事に具現化。
なんてこったい。

「夢のようだ!」と大喜びしてたら、夢でした、ちゃんちゃん、って感じだ。
理由がわかんないから、どうもね。
「地獄の事情」じゃ、しょうがないし。

発表から1ヶ月ちょっとで、ってスケジュールも強行だったもんな。
インドネシアかどっかのイベントも中止だとか。
なんか・・・なんだろ、これ。
よほどのことがあったんだろうか。

メンバーの体調が・・・とかいうのは絶対やだけど。
どうかそうじゃありませんように。


スケジュールに合わせて移動手段とか宿の手配とかイロイロはじめてたんだけど
一気に気が抜けちゃった。
ぼんやりしてる。
でるのはため息ばかりなり。

いえね、待つのは慣れてるんですよ。
だから平気。ダイジョブ。
フェアウェルの悪夢再びって話もあるけど(;´Д`)。。。。
慣れてるんだ。大丈夫だ。凹むな>自分。

秋とか?

じゃ、それまでに新譜出してもらって
国内盤も来日記念盤ってことでどどーんと出してもらって
こっちもスケジュールと予算を十分にとる準備して
ダイエットも頑張って
万全の態勢でKISSを迎えようじゃないか。
えいえいおーだ。

凹んでる暇はないぞ。おー。
FIREWINDで気分転換だ。おー。




・・・でも、ちょいと胸の奥がぺこんぺこんでございますよ(´;ω;`)



「幸せだな、って思うこと」 KISSが来てくれること

2011年03月02日 04:08

FC2 トラックバックテーマ:「幸せだな、って思うこと」



それは、KISSが来日してくれること。
7回も公演してくれること。

それを観に行ける状況であること。
このことに感謝してます。
誰にお礼を言えばいいのかわからないけど、ありがたいことだと思う。

KISSが歴史を重ねているように、我々ファンも年齢を重ねているから
社会人として、父として母として、夫として妻として、忙しかったり
あるいは子供として介護など様々な事情で会場に行けないという人も
きっといらっしゃるはず。
自分の努力や気合だけではどうにもならないことって、あるもんね。
そういうことを理解して実感できるのも、年をとったからかもしれません。

若いときは、行けないという人に「え、ファンなら行くでしょ」と言ってたかも。
若いときは、もっとバカだったから(今もさほど利口になってないわけですが)
いろんな事情があるものだと思い至らないことが多々あった・・・。
若気の至り。反省してます。

と、大バカな私が中バカにステップアップできるくらいの年月を
KISSはやってきたわけだ。
その歴史は波乱万丈であったけれど、こうして今尚現役感ばりばりで
ウドーフェスの悪夢を乗り越えて(?)極東でツアーを敢行!

幸せだな、と心から思う。
本当に、幸せだ。

20110302032142.jpg
来日公演の広告が、新聞に載ってました。
曰く「不滅のロックン・ロール・サーカス 地獄の軍団上陸!」。

地獄の軍団が、幸せを運んでやってきますよ。
待ちきれませんな(^^=)♪



KISS、来日決定!

2011年02月27日 03:24

公式発表が来るまでは、とジリジリしておりましたが
やっと来ました、公式発表!

KISS来日決定!!

全7公演。
まわるねぇ・・・。

なんせ前回が前回だったから、来るとしても東京で2日間だけ、とか
そういうパターンかと思ってたら、ちゃんと「ツアー」だ。
嬉しい誤算。
・・・で、チケット代だけで7万オーバーなわけですが(;∀;)ヒャー

なんにしても、嬉しい嬉しい嬉しいっ!!!
1年半ぶりのKISSだ~!!!
お財布に優しくない感じだけどwキニシナイ!

SONIC BOOMからもやって欲しいな。
好きな曲がいっぱいあるんだ。
もちろん「ザ・ヒットパレード」な選曲でも文句はないけど
せっかくいい曲揃いなんだし、日本なんだし、新しいところも、是非。

早速週明けに、休みをとる算段をはじめなければ。
なんかアッチ行ったりコッチ帰ってきたり大忙しだw
4月の北海道って、まだ寒いのかな。春の格好で大丈夫かな。
名古屋と神戸はとんぼ返りだな。
東京と近郊で4回ってすごいな、ウドーさん(゚▽゚;)ダイジョブカ

お祭りだ。
KISS観たことないって方には、是非ともオススメ。
楽しいよ。
KISSは、本当に楽しい。
世界遺産みたいなもんだ、一度観ておいて損はないです。
そして、一度観たら何度でも観たくなるはず。ふふふ。

ああ、待ち遠しい。
待ってるよ~、KISS!!!



にゃんにゃんにゃんの日

2011年02月22日 22:22

ririshii.jpg

2月22日の猫の日。
猫メタルneoのnekometalなので、僭越ながら、お祝い。

世の中の猫たちと、猫好きな人に幸多かれ。
猫以外のけものたちにも
猫苦手な人にも
幸多かれ。

にゃー。



「もしも魔法が使えるなら?」・・・呼ぶ!

2011年02月21日 02:49

FC2 トラックバックテーマ:「もしも魔法が使えるなら?」



もしも魔法が使えたら、「呼ぶ」。
そりゃもう、自分が観たいバンドを、がんがん呼ぶ。

魔法じゃなくても、お金があれば呼べるのか・・・
でも「金積まれても日本には行かねぇよ」というバンドもあるかな。
どうかな。
反日バンドとかいるのかな。
(いなくもなさそーだけど)

ギャラは任せとけ。
魔法で金銀財宝をわさわさと出現させる。
魔法なのか錬金術なのかよくわかんないけど、言い値でおっけー。

会場も、お好みの場所・お好みのキャパのところを用意する。
客も、希望通り集める。
伝説のウ○ーフェスみたいな惨状は起こさないわ~。

だから、来て、KISS。

ここ2日ほど、気になってしょうがない
「KISS来るかも」説

サマソニみたいなこともあるからなー…
噂に浮かれて、ポシャっちゃうと後がツライ(ノω;)

もしも魔法が使えるなら、もう二度とポシャらせない!
…いや、魔法が使えるなら、飛行機に乗らないで観に行けるか…
だよね。

でも、呼ぶ。
武道館で観るのが一番好きだから。ほほほ。


「さえずり言語起源論」が腑に落ちる夜

2011年02月11日 03:10

理化学研究所の岡ノ谷一夫氏が唱える「さえずり言語起源論」が興味深い。

人類が言語を獲得するその元にあったのは小鳥のさえずりのような「歌」で
その音の流れを切り分けることでチャンク(単語)ができたのではないか
という説。

  ジュウシマツのような小鳥の「歌」は、求愛、つまり子孫を残すための武器。
  ジュウシマツのオスは、他人(他鳥?)より複雑な「歌」を歌うことで
  メスにアピールする。目立つために、歌うのだ。
  それ、すなわち「メスよ、ここにイケてるオスがいるぞ!」である。

  言われてみれば、ってことだけど、野生の世界で「目立つ」のは危険だ。
  メスに振り向いてもらうためだけど、天敵にも振り向いてもらっちゃうわけで。
  しかし「その危険を冒せる余裕(賢さや体力)のあるオレ」をアピール!
  オスのジュウシマツ、漢である。やるな。

人類のみが獲得し得た「意味と文法を持ち、具体的に事例を説明し、蓄積可能で
新たな表現をつくりだせる」言語の始まりが「歌」だったのでは、という仮説は
音楽を愛する私にとって
そして、カヴァのような"ザ・ヴォーカリスト"が大好きな私にとっては
非常に魅力的である。

  よく、HR/HMのアーティストが「オンナにモテたかったから」と、音楽を始めた
  きっかけを語るのを見聞きするにつけ、そういうのって露悪的な、あるいは
  それっぽく煙に巻く手段としての発言だとばかり思っていた。
  でも、ホントにあるのかも>「オンナにモテたかったから」。

小鳥の気持ちはわからないけれど、人類のオンナの端くれとしては、確かに思う
「歌う」オトコは、大層魅力的だ。
声で「歌う」オトコも
ギターやベースやキーボードやドラムで「歌う」オトコも。

You are all I want と言われても「ドラマの見すぎじゃね?」と思うけど
同じことを歌われたら、目はハート心臓はばくばく足は地を離れて空中浮遊だ。
(ま、相手によるけど。って、それはお互い様でありましょうとも、ええ。)

  ふざけてるのかと思うほどのメイクで
  捻挫も厭わぬ上げ底ブーツで
  目もくらむパイロと火柱と花火で
  耳を劈く大音量で
  「歌う」KISSは、もしかしたら、動物としての本能を体現してるのかもしれん。

  というのは、飛躍しすぎにしても、だ。

太古の昔、我々の祖先が言語を獲得するときに「歌っていた」のかも、とは
こうして「歌う」オトコたちに有無を言わせぬ説得力を感じる私には
ものすごく腑に落ちる説ではある。

「そーゆーこっちゃねーんだよ」
なのかもしれないけども。それは承知の上で。


「歌」から「ことば」が生まれ、その「ことば」で「歌」を語る・・・・・・
こうしてネットの片隅でぶつぶつぼそぼそやってる私も、貧弱で脆弱ではあるけど
それなりの言語文化を持って生きてるわけで、なんだか面白いな、と思う。



「さえずり言語起源論」については、
「言語はなぜ生まれたのか」(岡ノ谷一夫 文芸春秋社刊)をオススメ。
子供から大人まで楽しめます。
また、街角で売られているビッグ・イシュー160号もオススメ。
ジョニー・デップの表紙です。


ゲイリーが逝ってしまった

2011年02月08日 01:42

ゲイリー・ムーアが逝ってしまった。
「"HARD ROCK"に完全復帰」の予感が(勝手に)あっただけに
返す返すも残念だ。
本当に残念だ。


第一報を知って、あまりにも突然のことで気が動転した。
動揺したんだな。
自分でも驚くくらいの動揺っぷりに、自分自身にも怯えてしまった。

私がゲイリーをとても熱心に聴いてたのは、10代後半の3年間くらいだったと思う。
その後も、もちろん聴いてはいるけれど、がーっと聴いてたのはそのくらい。
そんなに(激しく動揺するほど)思い入れがあったかといえば
そうでもないんだろうと思う。
思ってた。

それなのに。


少しばかり落ち着いてきて思う。
この動揺は、決してゲイリーのことだけではないのだろうと。

ディオがこの世を去り
プリーストがワールドサイズのツアーを引退するといい
蠍団が解散するというとこに、このゲイリーの訃報…

自分のトシのこともあるんだろうなと思う。
人生が終わる方向へ向かってまっしぐら感、強いし。
そういうことも相まってだと思うんだけど。

もうね、どんなジイサンになってもいいから
死なないで欲しいよ。誰も。
100歩譲って「引退」「解散」はあってもさ、死んじゃだめ。

ゲイリーの訃報を聞いたとき、去年の春の、あの気持ちがぐわっと蘇って
そして(振り払おうと努力してるけど)頭のどこかを過ぎることが。

私には、見送る自信がない。
耐えられる自信もない。
どう考えても無理だ。
だから、誰にも死んで欲しくないし、一分一秒でも長生きして欲しい。

20年前には、想像もしなかったことだけど
時間は流れ、人は年齢を重ねているんだな。
避けて通れない道なのは解ってる。
解ってるけど、通りたくないんだ、ほんとに。


ううむ。
やはりまだ落ち着いてはいないようだわ。
動揺してる状態なんだろう。
とてもフラットだとは思えん。

ゲイリーのアルバムを引っ張り出して並べてみたけど
再生することもなく、ただ眺めてるだけだ。
ただただ、心の底から、残念だ。





最近の記事です(・∀・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。